«前の日記(1998年08月27日) 最新 次の日記(1998年09月05日)» 編集

混沌の庭研究所

1998|06|07|08|09|10|11|12|
1999|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|06|07|08|09|10|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|05|06|07|08|10|11|12|
2011|01|03|09|
2012|02|03|
2013|05|12|

1998年09月04日 金曜日 [長年日記]

_ [読了] 1998年09月04日の日記

うお・・・1週間もご無沙汰してしまった。スティッキーズはまだ不調だし・・・ま、気を取り直して、久々に最近読んだ本の紹介でもいってみよ〜。

冴木忍『新・風の歌 星の道 1 今日も元気!』(角川スニーカー文庫)・・・『風の歌 星の道』の続編です。前作に登場した盗賊・疾風のソードとリドルフィ王国の王女レティシアとの間に生まれた娘セラフィンが登場します。この子が両親に内緒でフィンレック王家の「義務」の旅に出発したところから物語が始まるのですが・・・セラってば可愛らしいし、すごくいい子なんだが、5歳にして親に内緒で旅に出るってのは無茶だと思うぞ。まあ、空飛ぶ子豚こと高位の妖魔リルがついてるから全然大丈夫なんでしょうけど。道中、馬車から転がり落ちて森の中を歩いているところを、とある貴族の帰国の護衛を兄王に命じられた黒獅子ディスクリートおじちゃま(笑)と合流し、セラは南国ユードに向けて旅を続けます。実はこの貴族、重大な秘密を持っていて、彼らはその秘密を巡る陰謀に巻き込まれていくことになるわけですが、彼らを付け狙う呪い師のひとりを仲間にしたところで第1巻はおしまい。前作に登場した面々はディスクリート、妖魔のタニア、リルを除いてちらりとしか出てこなかったのがちょい残念。でも、ディスクリートいわく意外にも親ばかだが、これまた意外にも躾はきちんとしてるソード(笑)は大慌てでセラの後を追ってるはずなので、そのうち登場してくれるのではないでしょうかね。それにしても、冴木さんの小説は相変わらずほのぼのしていて、読んでて楽しくなりますわね。続きが楽しみです。

水野良『新ロードス島戦記 1 闇の森の魔獣』(角川スニーカー文庫)・・・あの『ロードス島戦記』の続編がついに登場!スパーク君(不幸!)が暗黒の島マーモの公王として登場します。今回はスパーク君とその仲間達がレギュラーメンバーみたいですな。スパーク君も王様としてなかなか頑張っているようです。今のところ敵はマーモ帝国の残党・・・なんだけど、その背後になにやら怪しい影が見え隠れしています。ニースにもなにやら秘密があるようで、今後の展開待ちたまえってところですかね。しかし・・・スパーク君18歳でニースが14歳?邪神戦争のときは16歳と12歳だったんかいっ!・・・ちょっとびっくり(もっとよく読めよ)。ところで、前作読んでない方はそちらのほう読んでからのほうがより楽しめると思いますので、『ロードス島戦記』全7巻+外伝も読もうね〜。

う゛・・・疲れたので今日はこれだけ〜・・・こんなへぼへぼな文章なのに、時間がかかるかかる(;_;)