のみ女のねぐら(アメリカコスプレウルトラ日記 その5)

AX2日目 激震マスカレード編 

7/17 結局睡眠時間は2時間。かなりだるい。今日のネタはもののけ姫。7月から全米で公開されているのでウケねらいの 宮崎ネタだ!。悪戦苦闘しながらなんとか、エボシ御前の髪型を結い上げ、昨晩一所懸命縫い上げた(爆)衣装を着る。 が、エボシ御前というよりも、卒業式になってしまったのだ!!絶望的に身長が足りない!そして和装の為に踵の高い靴がはけない!。 ああああ、やっぱりアメリカ初だしは駄目だ!!。一気に眠気が襲って来くる。ますます眠くなるのみ女。Vanjaがもののけ姫に着替え終わると 出動するが、一時間ほどで具合が悪くなってしまい、ダウン。部屋に戻って仮眠を取った。
そのころ他の皆さんは、カイエさんがFSSのカレン、バービーさんがエターナルセーラームーン、ありさんがセーラーネプチューン、姫子さんが セーラーウラヌス、Vanjaがもののけ姫という、今日もチャンポン状態で遊んでいたそうです。

るりるり

ナデシコのルリちゃん。地毛がこれだけ綺麗に染まるなんてうらやましいーーー!

女神さま

ああ!女神さまはアメリカでも人気のようです。

メーテル

とても綺麗な天然の碧眼のお姉さん。もちろんメーテルのコスプレです。

ナウシカ

Vanjaのもののけ姫とナウシカ。宮崎アニメはやっぱり人気が高い。

一時間ほど仮眠を取り、午後から着るMTGの準備に入る。何せアメリカに持っていくことを前提に作ったので、組み立て式なのだ!。 ガションガションと組み立てていると、ルームサービスのおばちゃんに仰天されてしまった(笑)。お化粧の教科書として持ってきた スポーンの漫画をひらいて、極悪メイク開始。今日こそ成功してやると、いつもの倍以上に塗りたくる(笑)。 化粧が終わる頃、みんなが昼御飯を持参して戻ってきたので、食事をとり、午後の衣装へチェンジ。Vanjaが今度こそサクラをやるというので、 姫子さんにお願いして、のみ女が持参した春麗の衣装を着てもらうことになった。実はこの春麗の衣装、のみ女の実兄の衣装なのだ(爆)。 そんなわけで胸回りが115cmもあるのだが、春麗の胸は巨大なので、これでいいのだ!(爆)。 そして容赦なく衣装のなかにタオルを詰めるのみ女。よし!春麗完成(爆)。VanjaにMTGの衣装を着せてもらい、 彼女に命のパスポートとカメラを預ける(MTGは、盾とランス装備の為何も持てない)。大運動会のカスミに着替え終わったありさんと 姫子さんとVanjaの3人で先に出撃した。

ストリートファイター

春麗VSサクラ。まさにストリ−トファイト!(注:ホテルの敷地内)

姫子さんの春麗

姫子さんの春麗。着てくれて有り難う〜\(^▽^)/

☆☆Vanjaから聞いた面白い話☆☆
同じストリートファイターコスプレ同志、アメリカのコスプレイヤーさんと楽しく写真を撮っていると(本当に楽しそうだった!! くやしーーー!私もローズで混ぜろ!!)、アメリカ人の仲間内のKOFのジョウ・ヒガシのコスプレをした お兄ちゃんが突然主張した!
ジョウ:「俺のパンツはアメリカ製だから安いんだ!!」
一同呆然・・・・・・・・・・。そして大爆笑。負けずにVanjaが主張した!
Vanja:「それがどうした!私の衣装は手作りだからもっと安い!」
一同呆然・・・・・・・・・・。そして大爆笑。Vanjaのサクラは彼女の学生時代のセーラー服をリサイクルしたものなので制作費0円なのだ。 手甲ははぎれで作り、はちまきはのみ女のたすきを切ったもの。この勝負、Vanjaの勝ち(笑)。

らんまVS春麗

春麗VSらんま。すごい!二人ともポーズがきまってる!

一方その頃、のみ女は苦しんでいた。MTGの衣装に着替えたはいいが、BKユニットさんと合わせた衣装なので、 着替え終わるのを部屋で待っていたのだが、一向に来る気配がない。この衣装ステンレスのコルセットを腰に巻いており、 見栄っ張りの私は、ウエストを細く見せるのと、出た腹をへっこませる為に、渾身の力を込めてVanjaに縛ってもらったのだ。 背骨も矯正されて美しい姿勢。おお、我ながら騎士ってかんじだわ、うふふ♪なんて、思っていられるのは15分が限界だった!! 曲がらない間接、矯正された背骨、締め付けられた内臓・・・・・、く、苦しい!!!!そして、30分・・・・・もうだめだ!! 死ぬーーーーー(T_T)。脱げばいいだろうと、誰でも思う所だが、この衣装は自分一人じゃ脱げないのだ(爆)。 訴え電話をかけ、BKユニットさんを急がせるのみ女。
のみ女:「もうだめでーーーーーーーす(T_T)。」
カイエさん:「あ、もうちょっと待って〜。バービーに羽根つけてもらうの初めてだから、時間かかっちゃって〜」
のみ女:「死ぬーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。」
必死の訴えが通じたのか、すぐにBKユニットさんの着替えが終わり出撃。だが、ヒルトンホテルの天井は低かった・・・・。 MTGコスプレ時ののみ女の体長は推定240cm。ヘドギアが天井にぶつかってしまうのだ。仕方なく リンボーダンス状態、海老ぞりで廊下を歩くことになってしまい、爆笑するBKユニットさん(涙)。 ホテルは天井が高いから、いくら大きく作っても平気よね、ふふん♪と、思っていたのに!!おのれ!!!ヒルトンホテル!!!(涙)

珍獣MTG

珍獣MTG・・・・・

リンボーダンス状態のままなんとか会場へ。やっと少しは天井の高い所へと出たのだが、それでもぎりぎりつくかつかないかといった所だ。 そして、私たちを見てしまったお客さんの目が点になった。遠巻きに背中や頭から羽根の生えた珍獣を観察しているではないか!! ありがとう!OTAKUのみんな!!!(T_T)。コスプレイヤー自体が珍獣のアメリカで、私たちは幻の珍獣ツチノコになってしまったのだった。 せめてエリマキトカゲか、パンダになりたかった!!!。ああ、みんな驚いてるよ!有り難う!!。驚いてもらえて私は本望だ!!!!。

外に出て記念写真を撮り、マスカレードの1次審査の集合時間に遅れないよう着替えに戻る。 マスカレードは各自ご自慢の衣装で参加と言うことで、カイエさんがFSSのアレクトー、バービーさんがセーラームーンのセーラーコスモス、 ありさんと姫子さんが不知火舞で、Vanjaがもののけ姫、そしてのみ女がオーダーシールド・・・・・。全く何の脈絡もない日本人グループ、 しかもチーム名は「URAN」!(爆)。
一時間が限界のMTGコスプレを脱がせてもらい、休憩を取って再び装着。そしてマスカレードへと出撃した。

マスカレードの控え室に入ると、いきなり黄色い悲鳴が上がった!
「OH!!!!コスモーッス!!コスモース!!」
何事かと思ったら、セーラームンコスプレチームの女の子達がバービーさんのセーラーコスモスを見て大喜びしたのだった。 日本じゃ誰も知らないセーラーコスモス(バービーさん談)だったが、アメリカでは皆知っていた。可愛いセーラー戦士達に 取り囲まれて、ウハウハのバービーさん。そして、アメリカでのセーラームーンの人気の高さに、改めて驚く一同。 おそるべし!!セラムンパワーーー!
参加者が50チームほどいる為に、衣装の出来栄えを審査する1時審査は時間がかかる。 周囲のコスプレイヤーを観察すると、これが驚くほど衣装の出来がよく、 あたりまえだが全員外人。あらためてアメリカのコスプレのすごさに感心していると、とんでもない物体が現れた!。 私たちが見たものは醤油とラーメンのきぐるみだった!!!!。。彼らだ、昨日巨大ポケモンの コスプレを着ていた彼らだったのだ!!。何のコスプレかはきくまでもなく、ラーメンと醤油。いや、ラーメンはマスクをかぶっている。 なんとケッコウ仮面をもじったケッコーラーメンとキッコーマンだったのだ!。すごい!すごすぎる!! 参りました!!!!!。あまりの衝撃的コスプレに、全員が脱帽。「本家日本のコスプレを見せてやる!」と意気込んでいた 私たちであったが、あっけなく敗北してしまったのであった。すごいぞ!こんなすごいコスプレ見たことないぞ!! ビバ!醤油!!万歳!ラーメン。

ジャジュカ

す!すごい!!顔が犬だ!実は女性の方です!

フードファイター

ケッコーラーメンとキッコーマン・・・・・・・・まいった!

1次審査の順番を待つこと1時間・・・・・・・。絶え間なく喋り続けているのみ女の口がついに止った。限界が来たのだ。 苦しい、とにかく苦しい。そして、巨大なヘッドギアで頭を締め付けている為に、頭痛がする。後ろに並んでいた バビットのきぐるみのお姉さんが心配して、扇風機をかしてくれたのだが、暑いのではなく、苦しいのだ!!。 私が寒くないということは・・・・・・控え室は冷房が効きすぎて凍えるほど寒かったのだ!。既に寒さで顔色が変っている 薄着の姫子さんとありさん。カイエさんは巨大なボンネットが首に負担をかけているようで、かなり辛そう。ボンネットの下は ヅラネットなので、はずす事が出来ないとか。私も、みんなの前で銀色レオタードのモジモジ君姿になるのなんて、この上なく 恥ずかしいので、もちろん脱げない。意識が遠くなってきたので、恥を忍んでコルセットの紐をゆるめてもらうが、 それでもまだ頭痛がする。会話が全くなくなり、倒れこむチームURAN・・・・・・・。
待つこと2時間。ようやく私たちの番が来た。コルセットの紐を締め、審査席へ。 審査員の方が興味津々にどうやって使ったのかときいてくれるので、英語とジェスチャーで一所懸命説明する。 (のみ女はほとんどジェスチャーだけだった・・・・・)
審査員:「この鎧は何でできているの?」
のみ女:「ステンレススチール!」
審査員:「・・・・・・・・・(目が点)。どうやって作ったの?」
のみ女:「チャキチャキ♪(ハサミのジェスチャー)ガンガンガン♪(ハンマーで叩くジェスチャー)」
爆笑されて審査は終わり、次はいよいよ2次審査のステージだ。こんなチャンポン状態のキャラクター編成では、 パフォーマンスのしようもなく、ミュージックももって来ていないから、歌のうたいようもない。 各自挨拶をして決めポーズを取って終わりにしようと、5分で打ち合わせ終了。さて、寒いから部屋に戻って夕飯でも食べるかと思ったら、 待機命令が出た!!仕方なく暖かいコーヒーを買いに軽装コスプレのメンバーがスターバックスコーヒーへ。コーヒーで何とか 体を温め一時間経過・・・・・。ついにカイエさんが限界に達しボンネットをはずした。そして気絶寸前ののみ女もついにヘッドギアをとり、 甲冑を脱ぐ。ありちゃんはオーダーシールドのマントを羽織って寒さを凌ぐが、焼け石に水。重装備のカイエさんとのみ女は気絶寸前、 薄着のバービーさん、姫子さん、ありさん、Vanjaは寒さに震え、ついに全員がダウンしたのだった。周囲のコスプレイヤーさんたちにもかなり心配されてしまい、 待機命令が出ているが、結構部屋に戻っているコスプレイヤーさんが多いので、私たちもこっそり部屋に戻ることにした。
だが、これがいけなかった!!。体をマッサージして戻ってみると、まだマスカレードは始まっていない。どういうことだ?。 なんて、会話していると、スタッフに捕まり、今君たちのエントリーを取り消す所だったんだぞ!とカンカンに怒られた!。 次の日スタッフに聞いたのだが、パソコンシステムが全部落ちてしまいLANから全部繋ぎ直した為にスケジュールが2時間押し。 せっかく日本から来てくれたお客さんが、待たせすぎた為に(しかも具合が悪くなってしまい)怒って帰ってしまったのだと誤解して、 一所懸命さがしてくれていたというのだ。ううう、大変申し訳ございませんでした。でも、死にそうだったんです(T_T)。 エミさんやエミさんの友達に手伝ってもらい、スタッフに事情を説明して許してもらい、何とかマスカレードに復帰。 寒いのを我慢して待機していると、なにやら、周囲が騒がしくなってきた。始まったのかなー?と思ったら、どこかで聞いた声がするではないか。 なんと声優の神谷明さんが舞台裏に労いの声をかけにきてくれたのだ!!。最近の若い声優にはまったく興味のないチーム・ウランだが、流石に 神谷明さんともなると別格!ミーハー根性丸出しで、一緒に写真を撮り、握手をしてもらい、 「これだけで、もう十分だーーー!」と幸せ気分に浸ってしまったのであった。 そして、更に待つこと1時間、ようやくマスカレードが始まった。

一番手は醤油とラーメン!二人に熱い声援を送る私たち。舞台の袖からステージを覗くと、 何と謎のオーストラリア人がマスカレードの司会をやっていた!謎だ!謎すぎるぞオーストラリア人!!。 醤油達はもちろんであるが、馬鹿ウケし、彼らのステージは終わった。 とにかく、なにか一発芸をして、それがウケるとすごい拍手と声援が貰えるのだ!!。分かりやすいぞ!アメリカ人!。 そして、私たちは衝撃的なものを見てしまった!!。ジャイアントロボのコスプレが巨大な台車で搬入されているのだ! スケールが違うぞ!アメリカンコスプレ!!。一体ロボット1体でどんなショウが始まるのかと気になり、 舞台の袖から覗き見すると、なんとらんまとジャイアントロボが戦っているではないか!!そして会場は大爆笑の渦! 。その衝撃はあまりにも大きく、私たちの中で芸人魂が芽生えた。
私たちもあの笑いと、拍手が欲しい・・・・・・
このままでは駄目だと勘違いした私たちは、緊急対策会議をはじめる。らんまVSジャイアントロボが馬鹿ウケなのだから、 チャンポン状態で何かやっても何の問題もないのだ!!。そして私たちが考えたネタは・・・・・・、 ベタベタの寸劇であった。どのくらいベタかというと、テーマは分かりやすく勧善懲悪。 配役は正義の味方セーラーコスモスとギャルの不知火舞が善で、見た目凶暴なオーダーシールドが悪の大将。 見た目イカデビル(Vanja談)のアレクトーはオーダーのファティマ(爆)。そして人数あわせでもののけ姫はオーダーの手先。 まずはもののけ姫が風のように現れ、周囲を見回し、投げられた槍を受け取り、アレクトーを呼び寄せる(この辺は京劇を真似)。 舞ちゃん二人が走って現れ、もののけ姫とアレクトーの前に立ちふさがり、とりあえず無意味にきめポーズ。 そして、悪の親玉オーダーシールドがダースベーダーのテーマを口ずさみながら登場。
オーダー:「おのれーー!不知火一族!今日こそこの恨み晴らしてくれる!なぎはらえーーーー!」
オーダーの命令でもののけ姫が突進、桃色舞ちゃんが倒れる。つかさず赤舞ちゃんが花蝶扇で攻撃。 アレクトーがマスターのオーダーの前に立ちふさがり扇子直撃。ついにオーダーが戦おうとしたそのとき、 舞ちゃんたちが助けを求めた!
舞ちゃんズ:「助けてーーー!セーラームーーーーーーーン!」
オーダー:「なに?!セーラームーーン?!」
ここでお客さんをあおって、みんなでセーラームーンコール。コールが絶頂に達した頃、セーラーコスモスが登場上。
セーラーコスモス:「月にかわってーーおしおきよ!(お約束)」
そしてセーラーコスモスの必殺技によってオーダーは倒され、舞ちゃんずが、 「よ。日本一!」を決めて、幕は閉じるのであった。・・・・・。
セリフもなければ、意味もない。あまりにもベタで、とりあえずウケそうなことを凝縮したシナリオだ。 しかも、日本語をしゃべれることがステータスなのだから、日本語劇の方がウケるだろうと、セリフは全部日本語である。 そのうえ、バービーさんがセーラームーンの必殺技名をど忘れしたために、「アニメエキスポ万歳!!」という謎の攻撃になってしまった。 おまけに、これではイマイチ、閉めが悪いと、最後に全員集まって「みんなー!コミケに来てねーー(はぁと)」という謎のコールを全員ですることになり、 謎が謎を呼んで謎な劇を10分足らずで完成させたのであった。
学芸会にも劣る寸劇を芸人根性で慌てて練習するコスプレ劇団ウラン。唯一顔を青くしている団員がいるではないか。ありちゃんだ。 ありちゃんの日本の友達がマスカレードを見学しているらしく、どうもいまひとつ恥ずかしいらしい(そりゃそうだ)。 そんなありちゃんに全員で宗教まがいな、説得を開始する。
「昨日、どうやったら不知火舞になれるんだろうって、言ってたでしょう!舞ちゃんは可憐に花蝶扇ができなきゃ舞ちゃんじゃないのよ!」
「舞台の上で失敗する方が恥ずかしいですよー!。大丈夫です!あとで口止めしておけば!」
「舞台の上ではガラスの仮面をかぶり、不知火舞になるのよー!」
「もう、ひきかえせません。あきらめましょう。」
練習ではイマイチ声も出ないし、花蝶扇もきまらないありちゃん。それでも、私は本番に強いから大丈夫!となんとか洗脳に成功・・・・いや、説得に応じてくれて、 青くなった顔を更に青くしながら出番を待つ。その間バービーさんは、「世界のセーラームーンが必殺技失敗したらしゃれにならないわ!」と 奥に隠れて、一人で必殺技のアクションの自主トレをしていた。

ついにチーム・ウランの出番がきた!ありちゃん以外は全員落ち着いており、とにかく、このマスカレードの成功はありちゃんにかかっていた! 記念すべき初舞台だ!とりあえずは日本からきたということで、盛大な拍手で迎えられる。もののけ姫の槍も無事に受け渡し成功(練習のときは 振り回した槍がアレクトーの顔面にブチあたるというハプニングが・・・)。舞ちゃんが出てくると、アニキたちからの熱い声援が飛び交う! 「まいちゃーーーーーーーーん(はぁと)」。分かりやすいぞ、アメリカ人!。ステンレス甲冑のオーダーは舞台のライトが全反射し、かなりのインパクトがあったらしい。 しかも、すげぇファティマも一緒だし(爆)。とにかく舞ちゃんばかりにばかりに声援が飛ぶ。そして、決まったーーー!ありちゃんの「花蝶扇!」。その声のデカイのなんのって、 ありちゃんは、本当に本番に強かった。さらに、セーラームーンコールも成功!会場が大声でセーラームーン! と呼びつづけると、なぜか手を振ってセーラーコスモス登場!「月にかわっておしおきよ!」がびし!っと決まる。ここでチーム・ウランの最高潮に達した! これが人気の差か?!すごいぞ、セラムンパワーーー!。不本意ながらもセーラーコスモスのアニメエキスポ万歳攻撃に敗れ、尻尾を巻いて逃げる悪党一味。 一応、受けたのかすべったのかよく分からないまま、謎のメッセージを残して、舞台終了。学芸会、いや、お楽しみ会並みの寸劇ではあったが、セリフ間違えなかったし、 転ばなかったし、一応自分たちの中では大成功で、妙な達成感に浸っていたのであった。

集合写真

祝!チーム・ウラン初公演(爆)

私たちのステージは無事に終わり、スタッフの案内でマスカレード会場の席につき、他の出場者達のステージを見る。 私とカイエさんは巨大な衣装を着ているので(正しくは頭が巨大な為)一番後ろの通路席。家族総出で応援に来るマスカレードは、 お客さんの応援も盛大で、ウケれば拍手喝采、滑ると水をうったように静かになるどころか、ブーイングすらおこる。 AXで一番大きなイベントでもあるので、お客さんの数もすごい。アメリカンコスプレイヤーのショウを見ながら 、何故か早くも来年の計画を考える、懲りない私たちであった(爆)。
ショウがすべて終了し、会場が明るくなる。席を立つお客さんも多く、一番後ろの、しかも通路座った珍獣二人は、 見事なまでにサラシモノ状態。通り過ぎるときに、衣装の感想を言ってくれたりするので とても嬉しかったのだが、目をひん剥いて驚くのはやめてくれ!。一番すごかったのは、マスカレードを見ていなかったのか、 会場に入ってきたとたん私たちを見てしまい、目をひん剥いて硬直すること1分。連れに「マスカレードだ」と説明されて、呆然と 会場奥へと消えていったOTAKU! 。そんなに驚いてくれて有り難う!!!一所懸命衣装をつくったかいがあったよ!(T_T)l。
審査の待ち時間は日本の声優によるアテレコのデモンストレーションがあり、会場は謎な盛り上がりをする。 なぜそこで笑うのだ?!笑う場所じゃないぞアメリカ人!!!!。そして、のみ女のカラータイマーが点滅しはじめた。 く、苦しい・・・・。会場も御多分にもれず、冷房が効きすぎて寒い・・・・・。またしてもダウンするチームURAN。 そう、冷えるとと近くなるのが手洗い・・・・・。部屋に戻るとまた大変なことになるので、バービーさんとありさんを残して 近くの手洗いに駆け込む私たち。あたりまえだが衣装を着ているので時間がかかる。 戻ってきたときには、マスカレードの表彰が始まっていて、 ステージには沢山のコスプレイヤー。あれ?なんで、バービーさんがいるんだ???。どうやら私たちは 何か賞を貰ったらしく、あわててステージへと走った。そして、訳が分からないまま、表彰式は終わり、 記念撮影大会になった。カメラをもって来ていない(というか、なにも持てない)のみ女は、 コスプレイヤーを見るたびに、ああ!写真が撮りたい!でもカメラがない!!と、悔しい思いをしていたのであった。

もののけ姫

こちらのもののけ姫の方もとても素敵でした。

珍獣集合

醤油&ラーメンと一緒に写真。既に一方的に友達(笑)。

お約束の記念写真を撮りにいこうという話になり、またしても外へ出るチームURAN。会場を出ると、 スーツを着た日本人の男性に声をかけられた。
のみ女:「はいなんでしょう?」
男性:「あ、やっぱり日本人でしたか。ワンフェスって知ってます?。」
のみ女:「はい、よく遊びにいきます」
男性:「黄色い猫のきぐるみご存知ですか?あれの中身僕なんです。」
のみ女:「・・・・・・・(絶句)ぎゃーーーー、いつも抱き着いてゴメンナサイーーーー(@@;;)」
男性:「どっかで見たことあるな、と思っていたんですよ、ははは」
ワンダーフェスティバルことワンフェスにはマスコットキャラクターの可愛い猫のきぐるみがいて、 きぐるみ大好きののみ女は、甲冑着たまま抱き着いて(爆)、何度も写真を撮っていたのだ。 お話を伺った所、この男性はモデリングコンテストの審査員ゲストとして参加されていた方で、 まさか猫の中身で、しかも甲冑馬鹿として覚えられていたとは・・・・・嬉しいやら恥ずかしいやらで苦笑いののみ女。 そのあと、今年のワンフェスに登場するトライガンの十字架銃の話を伺い、金属の話で盛り上がる。 記念撮影があるのでお別れし、いつもの場所へ急ぐ。既に撮影が始まっていたのだが、 何故いるカメコ?!やっぱりアメリカにもカメコがいた!しかもちゃっかりゲットしている チームURAN(爆)。記念撮影終了後、カメラマン達にお礼を言って、部屋に戻った。
時間は既に深夜の1時を回っており、 夕飯を食べていないのでルームサービスを頼む。そしてボーイが運んできたものは、 噂の通り、巨大なハンバーガーと山盛りのカットフルーツだった。もちろんハンバーガーに味はない。 ケチャップとマスタードをベチャネチャつけて食べるが、これがなかなか美味しく、フルーツは 西海岸だけあって、とてもうまい!。Vanjaと二人で全部平らげ、さっさと就寝。 明日はパネルディスカッションだ。どうなるんだろう・・・・・。

 

AX最終日、コスプレディスカッションでみたものは?!!
そして、ついにありちゃんブチ切れた??!!

いざすすめ〜!