トップページお絵描き掲示板 HELP 新規投稿 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 記事検索 過去ログ


▼スポンサードサイト
<一覧表示に戻る
記事No.124041 [ファイサガ 4 あいとゆうきのおとぎばなし] 返信ページ
(最新レス9件表示) スレッド内ページ移動 / << [1-17] >>


スレッドリスト / - / レスフォームへ移動
■124041  ファイサガ 4 あいとゆうきのおとぎばなし 
□投稿者/ 流れ着き猫 プラチナキング(14920回)-(2012/07/14(Sat) 19:29:16) [ID:0Osqzab5]
親記事
引用



なんかあいそうな曲
ttp://nicosound.anyap.info/sound/sm8039863


           〜いままでのおさらい〜
故郷を滅ぼされ別の村で育ったメインはある日村長から黒い箱を渡され旅に出る
その黒い箱の中身は魔法により強化されたXM8で その後魔王軍を名乗る
マグーラに襲われるがネウという青年に助けられる
その後ネウにより魔王軍に抵抗する「協会」に所属することになったメインは
協会側の圧倒的劣勢を目の当たりにしながら基地のひとつに忍び寄る
そこにはノフルという魔王軍の少佐がおり メインはそこで初めてBAKEMONOと遭遇
その力に圧倒される その後は協会の本部に行きノフル率いる魔王軍に殲滅されたり
親友を倒された魔王軍中佐ハイダと交戦したり
裏協会を名乗る面々と協力関係になったり ノフルに裏協会本部を襲撃され
改造イルミネートとBAKEMONOにされたメインの父と戦わされたり
ドールが3軍曹のうち2名を瞬殺 さらには無法都市にて暗殺狩人隊という
魔王直属の特殊部隊により惨敗したり 若干2名がBAKEMNO化し1名が改造人間となったり
でもってネルネェに戦い方をメインが教わり 新人数名が入り
ナルツによりついにメインの銃が壊され現在修行中


地図 
 〜魔王軍は世界の大体をすでに制圧済みで本拠地は何度か移転してる〜


       大規模協会基地       首都ホモントンDIS

           巨大軍事基地
・         ・
    大農園
                        魔王軍兵器実験場
          ・        ・
ガザタリア国(隣国とよく表記される)             
___________________________________




                       無人島


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーこっから海ーーーーーーー 
                                            |
               ‖      ・                     |
   魔法使いの集落? ‖
               ‖           ・
               ‖
======未開の地=

二二二二二二二二二二二二二二二二山岳地帯二二二二 ヤラナイ火山 二二二
        ・                  ・
   ティー湖                       ・
          魔王軍本部
          魔王城下町(元は兵舎だが今は街)
          魔王軍本部前支部
               
               砂漠の街サンドムード(リーナ故郷)
        ・
  裏協会本部        水の都フィンアース(神父サム故郷)
           広野
                          廃墟
          テラポリス(協会本部跡)
     ・                    ・
          アストラルドーム(女軍人都市)

          ・              ・       辺境基地(ネルネェ隠居)
    ギーゼン孤児院     魔王軍学園           ・
    名もなき森
    名もなき村(メイン故郷)      裏の裏協会本部

これ以降↓魔王軍基地のみ
__________________________________

〇所在地不明
 無法都市ケーオス
 機械都市マシンポリス

 「・」は街や村のようなとこがある

☆味方

メイン
幼少期に魔王軍の手で故郷を滅ぼされた。
武器は若干チートじみた威力のXM8 しかし破壊された
左手の手首から先がハイダとの戦闘で切断 以降は機械になった


ネウ
魔王反逆協会というレジスタンスに所属する青年(?)
武器はロケランやアサルトライフルやら いろいろ使う予定
頭部を銃弾が零距離で直撃したはずなのに心臓が動いてるあたり
彼もまた 特別なチーターだと感じました(キャンディのじじい風
初登場時にハイダの親友であるマグーラを倒してしまいハイダの恨みを買う
その後チート仕様のハイダに斬られ死亡 遺体は魔王城に持っていかれた
機械兵器のパーツとして一部が再利用されたがキクのリタイアにより使い捨てられる
残っているのはマグーラの墓に晒し首感覚で置かれた腕のみである(防腐処理済

ドクターカゲス
マッドドクター。しかし腕は一流。
技術担当から医療担当まで出番は幅広い
マッドと言われているが瀕死の重傷を負った仲間を無理に生き返らせる等
良い一面もある

ウィラル
裏協会会長。しかし裏方

ジャック
最初の村での親友。
メインの旅立ちの日には見送るだけで何もしなかった

村長
冒頭に登場。
どういう訳か滅んだメインの村でブラックボックスを発見
メインが旅立つ際にそれを授けた
しかし出番が少ないのと銃が壊されたため結局あれが何だったのかは謎のまま

会長
協会で一番強い奴だったらしいが
本部が急襲 自身は防弾製の自室に逃げ込むが
ノフルにより象撃ち銃で射殺される

ナフキ
ネウと同期の協会兵
協会本部が陥落した後 何を思ったか全身に爆弾をつけて特攻
メインたちを苦しめていた包囲網を破ることには成功した

ヮーュ
裏協会の一員 吹き矢を所持している 暗殺狩人部隊戦にて死亡
その後は耐久力も力も低い旧型のBAKEMONOとして復活
現在は武装と装甲を装着されゾイド状態になっている

ドール
裏協会の一員 無口 防御にもなる打撃武器(逆か?)を持っている
現状では味方陣営で貴重なチーター
2mほどの大男であるがムキムキでもガリガリでもない
最初から最後までしゃべらないししゃべらせないシャベラセナイシャベラセナイ(病
おのれびゅあ じゃ無かった紹介だ 喋る人形(原理不明)を過去に所持
新武器として フルオート改造デザートイーグル「デザートフェニックス」 を所持


レューザ
散り散りになった協会の残党をまとめて指揮してる士官
そこそこ強い部類らしい
戦闘の機会は無いが一応使用銃はG3

マーゼカ
裏の裏の協会という支援組織(?)の代表
完全なる裏方 基本的に物資供給や調達などで戦闘はほぼしない

アミル
女っぽい顔した男
ベレッタ2丁を扱うが どうも力不足感

ネーア
とんでもねぇ拳銃を3つも所持するとんでもねぇ奴
454カスール ジャッカル ブラックバレル の3つのとんでもねぇ拳銃を持つ
人では撃てない銃を持つ為にわざわざ腕を改造したらしい
銃の入手経路は454カスールのみかつて崩壊した裏協会基地にて
元の所持者が死亡した際落とした物と判明している

サキュバス
ハブったけど魔王軍にヘッドショット
色気とかいうふざけた武器を持ってるが
BAKEMONOの前には無力同然だった カゲス曰く「邪魔」

セルク
まだ若々しい少女のように見える。しかし両手足こそ無事なものの
皮膚がただれて、否、よく見ると両手足は義手と義足。
顔はSAS特殊部隊が使うAC100/1ヘルメットとSF防塵マスクで覆われており
全く見えない体は革製の軽鎧で覆われておりいくつもの爆弾が仕込まれて
いるのだが外からは全くわからない聞いた話によるとどうやら各地で
好き勝手に暴れまわり、悪鬼のようにBAKEMONOを狩りまくってたとか。

カノレヒ
名前の元は丁度目の前にあったカルピス
武装は試作品のまま不採用になったAO-63連装アサルトライフル
強さはあるのだが

支部長
激戦をしたケーオスの協会の基地の支部長
地味に普通の者よりははるかに強かった 現在も旅に同行しており
後にその尋常ではない強さをメイン達に見せつける事となる

★敵
※女性には(女)表記

魔王オールキルマン
幹部より兵士達のほうが面識が多い
基本 魔王城ブロックにヒキってるが
実際は中で何かしてるらしい。 人間と思われているが
魔王軍が十何年も前(ネルネェ現役時代)から存在しているにもかかわらず
外見が変わっていないなど謎が多い

司令ナラク (女)
アストラル3軍曹の上官。
BAKEMONO改造で背中に4つほど腕が生え ゴジラみたいな尻尾がつき
手が鋭い爪 目から雷 口から冷凍光線を出せるようになり大幅に強くなった
失敗続きの為、司令の座を降ろされる。人間型に戻るが・・・・
実はノフル最終形態のプロトタイプとして改造されており
最後は協会も魔王軍も協力して液体金属の体を凍らされた

ヘルサンダー (女)
アストラル1軍曹、戦術のヘルサンダー。
ドールに3軍曹の同時攻撃を仕掛けようとし同士討ちとなり戦死した

アイシクル (女)
アストラル3軍曹から曹長に、狡猾のアイシクル。
戦死した 理由は上と同じ

エクスタシア (女)
アストラル2軍曹、武術のエクスタシア。
戦死した だいたいいっしょ あれ全員一緒の死に方だっけ

トルネドス (女)
大佐。剣の達人。魔剣常闇流師範。魔王に腕を買われる。
次はこいつだ ハイダから見れば剣の腕は下手 女幹部「最後の」人物

イルミネート (女)
閃光少佐。改造され怒り狂うも、落ち着いた。
下半身が球体化したらしい ついでに服装がちょいヤバ
戦死した。

ハイダ
中佐。昇進して大佐になる 部下からの信頼が厚く、人望もそれなりにある。
魔王軍テラポリス支部長。 序盤に出てきた中堅レベルの敵と親友で
仇討ちに燃える 珍しい剣を持ってたが壊れた
ヒゲ
ドーピングの類を使ったが副作用無し 流星のように移動したり
剣でビルをスライスするという離れ業もできるが 一時的なものだった
修行の旅もとい旅行中 武装は日本刀2本と巨大な盾を斬れるよう改造した大剣

ノフル
20番外の少佐。何気にキャラは立っている。 小物
なんだかんだで改造された
現状では右手が光子剣(レーザーソード)左手がM61とほぼ同じ構造のガトリング(弾数無限)
背中からフィンつきぐるぐる翼 膝ミサイル 両肩にBAKEMONO搭載
という生体兵器と機械兵器の融合みたいなの
 ま だ 未 完 成  ただし最後の一回の改造は少し遠いので ほぼ完成といってもいい そして中佐に昇格。

ルビデ
ノフルの側近。ノフルを尊敬する只一人の部下。
それなりに優秀。化け物改造を拒むも、ノフルの命令により快く受け入れる。
執事と言う後付け設定がなされた。イカの化け物になる。片腕ドラゴン

魔王軍兵士
戦闘員。
大体の確立で1〜が同一人物の可能性は無い

暗殺狩人隊
魔王直属の特殊部隊 特殊部隊であって「精鋭部隊」ではない(ここ重要
小火器から重火器まで幅広く使う
十数名で構成されているがその実力はかなりのもの
BAKEMONOと融合している為人間体とBAKEMONO形態の2つの姿を持つ

研究員
ノフルを改造するたび兵士たちから殺してくれとワイロを渡され
そのたびに失敗している
BAKEMONOの研究開発になると皆ヒャッハーしたり落ち込んだりと多種多様
ヘマした研究員はたまに餌にされる 兵士より給料がいい

所長
割と常人。化け物研究の第一人者。
魔王からの信頼も厚い

ドクターキク (女)
魔王軍科学長官。ロボット兵器担当。ロボットだけならば一流。
化け物は専門分野では無い。
心優しさが仇となり魔王軍では活躍出来ず、目立たない立ち位置。
魔王に見切られ、宇宙に送られる。その後どうなったかは不明。

化け物
BAKEMONO。研究員の手で、より強力なモノが日々開発されている。
うち1匹がノフル少佐のペットとなっているが融合させられた
岩を砕くメインのXM8が通じない等 攻撃力と防御力と生命力は馬鹿げている
当初は未完成だったが序盤の中ごろに前線に投下されるようになった
何年も前に試作された初期型は相当弱かったが
現在ではドールもしくは魔力の通った武器・かなり強いダメージ以外で倒せない程の強さで大量にいる

 ・人型 人ベース 倒すとまれに散り際で正気を取り戻す 倒すまで外見だけで誰なのか確認するのは不可能
 ・獣型 獣ベース 一番多い
 ・鳥型 鳥ベース 結構少ない
 ・龍型 龍ベース 通常タイプでは一番強い
 ・特殊型 メイン父をベースに武装や装甲を取り付けた
      通称「W1号もどき」 背中がエンジン剥き出し 撃破された
 ・虫型 蟲ベース 力が弱いが大量に増える
 ・植物型 植物ベース 実験の初期に開発された物で最近ようやく実戦投入レベルまでになった

マスターユニット 人造人ベース
少女の形を取っており 所長の趣味ではなくいくつか作ったうち出来上がったのが少女という訳
BAKEMONOすべてを制御でき 会話や命令が可能
3軍曹達の超能力のデータをベースに
重力制御・電子機器の遠隔操作・念力・瞬間移動が可能
性格は随分不安定で 普段は楽しそうに過ごしている 白髪赤目色白 短髪
基本的にボロ布にピチスーツ+「X−06」と書かれた首輪な服装

 ・ワンオフBAKEMONO
  ・1足3腕型 巨大 再生能力が高いがそのせいでエネルギー排出口がある そこ弱点
 以降も制作中

・マスターユニット護衛用BAKEMONO
 ・???
 ・???
 ・???

マグーラ(中佐)
冒頭に出てきた中堅クラス ネウに爆殺されたが
実はそれがハイダ戦の複線であり ハイダの親友であったらしい
強烈な殺気を放っていた 何を使っていたかは不明
仇は取られる

ナーグ大佐
周辺国を侵略しに数ヶ月遠征に出ていた
結果はさておき 武器は遠距離戦用の剣 敵と離れたところで切れ味を発揮し
普通の扱い方をするとリンゴすら斬れないという難しい武器
周辺国を侵略しにいったわりに隣の国を落とせてないのには訳がある

改造ネウ1号
闘争本心の1号。火力が高く、戦艦並みの戦力を持つ。


改造ネウ2号
防御特化の2号。1号と3号をかばうようにプログラムされている。
また修復機能も備わっている。

改造ネウ3号
機動性重視の3号。常人であれば姿が見えないくらいのスピードが出る。
これら3体は不要となったためノフルにより協会の基地に特攻させられ処分された

ネルネェ
かつて魔王軍にて活躍していたが ケガとかが原因で引退したらしい
ノフルやらハイダやらの教官をしていた時期もあったらしい
かなり強かったらしく 魔王に退職祝いに基地一つを隠居用に渡された
名前の元ネタはねるねるねるね 最終階級は中将
昔は士官としても兵士としても相当優秀だったらしい

レームン
魔法使い ただしRPGやファンタジー的なのは使えず 媒体が必要
その気になれば人を媒体に使い超常的なすごいのができるが
本人はその気は無い 魔法は通信教育で覚えたらしい 大尉
軽口の美形 金髪 錬金術と違うのは等価交換ではない


ナルツ(大尉)
フル装備のMP7を2丁つかう比較的弱い部類
特殊なものはないが身体能力は高いので あちこちをジャンプしながら
MP7でのかく乱戦を得意とする(ようは飛び回っての乱射)
メインの銃を壊したことにより少佐に昇進 瞬間移動が可能 あれ?特殊じゃね?

ネガトル准尉
悪運はいい


☆☆施設等

反逆協会本部
首都テラポリスに存在する、選りすぐりの戦士達の同名。
壊滅した

反逆協会各地支部

裏協会
魔王軍に存在を隠し、暗躍する組織。ここの戦士は強力。(問題あり大半)
以外に規模は大きく、都市レベルである。
街の部分は大丈夫だが要塞部およびギルドブロックが崩壊した

★★敵施設
魔王軍本部
要塞型の城。魔王及び重役幹部はここに居る。大研究所でもある。


魔王軍各地支部

その1
ノフル少佐のいたところ メインたちが捕らえられつれてこられた

テラポリス支部
アッー!

魔王軍本部前支部
分かりやすい名前

★★敵艦
戦艦アストラルサイド
魔王軍最大規模の戦艦。(現時点では)ドクターキクが作った。
司令ナラクと3軍曹が乗り込む。解体された

戦艦テラーモンスター
ノフル少佐がドクターキクを脅かして作らせた戦艦。
BAKEMONO輸送から通常の戦闘までこなす。キクがいなくなり
所長製兵器に統一され始めると解体された

飛行船「怪物の箱舟」号
ナーグが周辺国の侵攻に使った全金属製飛行船 巨大なBAKEMONOも輸送できる
ほどの格納スペースを持ちなおかつ防御力も高く 各所にミサイルや機銃を装備

☆☆用語集

協会
魔王に抵抗するレジスタンス集団
壊滅してからはごく少数の残党が必死に抵抗するのみとなった
残存兵力――――名(特定不可) かつては数千か数万はいたが
ほとんどが志願兵の一般市民だったらしい

魔王軍
突如現れ 莫大な支持を受け絶大な軍隊を所有する
国と呼ぶには小さすぎ 組織というには大きすぎる物
幹部がマジでチート集団

勇者
肩に剣の形のアザがあるらしい それで見分ける
一人とは限らない

裏協会
人を改造したりしてそこそこ強くしたりすることもある集団
だがドーピングではチートになすすべも無く・・ チートに染まるといいな
残存兵力――――名(特定不可

裏裏協会
設定があいまい 現状ではどーゆー組織だっけ? まいいや支援専門組織で
残存兵力――――名(特定不可

ガザダリア国
今作の舞台の隣の国
ここも魔王軍の襲撃を受けているはずなのに「 何 故 か 」落ちていない
その理由は今後明かされる


■124050  Re: ファイサガ4スレ目コピーがいこつ死/ね 
□投稿者/ 流れ着き猫 プラチナキング(14929回)-(2012/07/14(Sat) 19:53:01) [ID:0Osqzab5]
Res9
引用

ナルツ「よう、起きたか」
アミル「あなたは何者ですか?」
ナルツ「答える義務はねーよな?むしろお前がこっちの質問に答えろ」
目を覚ますと、そこは拷問室だった

ナルツ「さて・・・これなーんだ」
ジュゥゥウウウ・・・

ナルツは部屋の壁の両側を指差した
見ると焼けた鉄板?が両側に鎮座していた

アミル「鉄板だな」
ナルツ「さて質問だ 協会はどこに行こ・・・」

ナルツが言い終わる前に
アミルは途中まで聞いて・・・

アミル「ヤラナイ火山」
即答した



ナルツ(えええええーーーーーー!? 即答?!即答する?!
    言い終わってすらいないよ?!)
    「嘘だろ?」
アミル「地図あるけど そこのポケット 手足縛られてて出せない」
ナルツ「どれどれ・・・」

ナルツがポケットに手を入れ地図をだし見ると・・・

ナルツ「本当だ ヤラナイ火山だ」


※アミルは話一部しか聞いてません 前半飛んで「ヤラナイ火山を通る」から聞いてますだから地図も一部

ナルツ「よし・・・ ならば話は早いな・・・帰してやれ」
魔王兵「はっ」

すぐさま縄をほどき両側の鉄板は冷却された


アミル「さ・・・てと 報告報告・・・ 聞いてたー?」



キャンプ
メイン「ばっちり 服の裏に盗聴器仕込んで正解だったな」
ネーア「早速潰しにかかるぞ」

魔王兵「というかあいつ殺さないで良かったんですか?」
ナルツ「だってあんなすぐ情報バラす奴向こうで処刑すんだろ、無駄な労力使いたくない」

メイン「完璧に罠にはまっているな」
何故メインがナルツの発言を聞いているかというと
アミルに2つ盗聴器持たせて隙を見てつけさせたからである
ウィラル「しかし思ったよりもバカですね、まるで漫画か何かでかじった程度としか思えない知識ですよ」
メイン「まあ本当に苦戦したのは考えてみればBAKEMONO関連くらいだしな」
セルク「どっちもどっちな気もするけどネ」

ナルツ「よし ヤラナイ火山に向かう前に潰す!ついてこい!夜襲だ」
魔王兵1「はっ!」
魔王兵2「了解!」
魔王兵3「ほいよ」

ネガトル「・・・」


アミル「メインさんあいつらです(棒読み」
メイン「よし・・・」

ガシャ

XM8が5人に向けられる 1人1発で倒せる余裕があるのか
カートリッジ含め銃には5発しか弾は入っていない
そしてメインは引き金を引く

ダダダダダ!!

5発 一瞬で発射されるが 5発すべての弾道は別々でかつ迷路か蛇の動きのように複雑に「動いて」いた
うち2発は命中

ゴッ
魔王兵2「ぶっ!?」

グジャッ!ブシャアァァァァァアアァァ・・・・!!!

バゴ!
魔王兵1「・・・?」
ボグッシャッ

2人とも確実にヘッドショット
その上威力もあるので着弾後頭部は砕け散って血を噴きだした

魔王兵3「っ!回避っ!」
ブッ!バゴォォ!

すぐさまその場から退き走り出そうとした1人もすぐさまカーブを描いた弾道の通過点となり
上半身が宙を舞い下半身はそのまま数歩走り倒れた

さて 残る2人はというと

ナルツ「・・・・・・」

メインの魔弾は数m離れたところに着弾していた
そこは確実にナルツのいた場所であり
ましてや魔弾が避けられることなど・・・・


ナルツ「・・・」
ヒュゥン!

ナルツはその場から突然姿を消し

ナルツ「よう お前がメインか」
急にメインの目の前に現れる

メイン「?!」

一方



ネガトル「・・・銃が壊れたけど無事か・・・ 他の兵士が使ってたこの
     ステアーAUGで・・・って誰装備してたんだろう 弾倉もいくつか・・・」

ナルツは接近したあと当たり前のようにメインの手から銃を奪う
あまりの素早さにメインは反応できず、急いで取り戻そうとするが当たり前のように逃げられる
メイン「くそっ、、、」
ナルツ「うっひょー、あんたが本当にメインなのか?弱過ぎんじゃね?
とりあえずこの物騒なものは壊させて貰うよ?あんた自身よりもこっちのが怖いからね」
メイン「おとなしくさせてやるわけねえだろうが!!」
メインはナルツに仕方なく殴りかかるが____

ナルツ「おらよぉお!!」


バギャァアァァァン!!!
いとも簡単にXM8は膝で叩き割られてしまった
そしてそのままその銃は思いっきりジャンプしてからの踏みつけにより
簡単に砕かれてしまう

メイン「てめぇぇええええ!!!」
ナルツ「ハッ!お前そんな強さであの女連中(イルミネートその他)を倒してんのか?!
    プハハハッ!笑わせるんじゃねーーーよ!!」
そのままメインは殴りかかる
だが瞬間移動によりすぐさま避けられ
背後からのエルボー 直撃しメインは倒れる

メイン「くそう・・・!ちくしょう・・・!!」
ナルツ「おいおい 俺はいっとくがノフルやハイダの足元にも及ばんぞ?」
瞬間移動で左右に姿を現しては消えつつ罵るナルツ 図:m9(^Д^三^Д^)9m
どうやらよほど屈辱を与えてから始末する気のようだ

と その時


ガガガガガガガガガガガガ!!!
バゴォォッ!!
全員「?!」

突然真横からの銃声 すぐさまナルツは回避し弾は地面に当たったが 穴からして大口径のようだ

ナルツ「・・・・おいおい・・・」

そこにいたのは・・・



ドール「・・・」

両手にやたら銃身と弾倉の長いデザートイーグルを持ったドールだった
音からして・・・フルオート射撃が可能になるよう改造されている

ナルツ「撤退ってところかな、あんたには勝てねぇ」
ナルツは背後をみせずなるべく早く逃げようとする
が、逃げるより先にドールが改造デザートイーグルを乱射して撃ち墜とす
ナルツ「グオッ」
ナルツは大きなダメージを負ったが、命からがら逃げ帰った
ウィラル「追うのは危険ですのでやめましょう、それよりも、、、」
ウィラルはメインを見て
ウィラル「あなたに新しい銃と 徹 底 的 な特訓が必要ですね」
メインはその時、ウィラルの背後に修羅が見えた気がした
ウィラル「とりあえずネルネェ氏のところに一度戻りなさい、修行をイージーモードからハードモードに上げてもらいます」
メイン「え゙?いままでイージーだったの?」

そうしてどうしてこうなった


メイン「はあ・・・バイクがあるからいいけど 一人でこれまでの道
    戻って拠点で修行かよ・・・あの銃と同格の物はこの世にないらしいし
    しばらくは普通の銃で我慢するか・・・・」

ブロロロロロロロロロ・・・・


半日かけてようやく戻った(車だと時間がかかるが 全速力だったのだろう
そして出迎えてくれるネルネェ

ネルネェ「ほう 来たかメイン」
メイン「今までのがイージーって・・・ハードはどうなるんだ?」
ネルネェ「それはの・・・来なさい」
メイン「ああ・・・」


たどり着いたのは・・・・闘技場?

ネルネェ「過去のデータや記録を基に相手を再現しそれと戦うシュミレーターじゃ
     今ではほとんど見ない魔法使いのデータや剣士 狙撃手 兵士 兵器
     そんなののデータをデタラメに突っ込んだあの人型の機械人形を相手にしてもらう」
メイン「いつの間にこんなのを作ったんだ?」
ネルネェ「カゲスや技術班がちみちみ作ったそうじゃ 全く・・・」

メイン「それじゃあ遠慮なく・・・」
ネルネェ「修行その一 開始じゃ 足元にあるFAMASを使え 相手も同じ銃じゃ」

メイン「それじゃあ・・・」
メインが銃を取ろうとするといきなり手を撃たれた
メイン「な!!なんだ!?」
ネルネェ「むだ話ばかりしているからじゃ、勝ったら出てこい」
メイン「・・・・・・やるしかないか」

 

■124051  Re: ファイサガ4スレ目コピーがいこつ死/ね 
□投稿者/ 流れ着き猫 プラチナキング(14930回)-(2012/07/14(Sat) 19:55:53) [ID:0Osqzab5]
Res10
引用

メインはさっさとFAMASをひろうと機械人形向け発砲した


ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ!!

フレームだけの人型の機械が弾丸を避けた
メイン「随分長い事魔弾に頼ってたのがよく分かるな・・・」

ネルネェ「どうした! 動きを呼んで当てるくらいできるだろう!!」
メイン「できるよ!!すこしやり方を忘れてただけだ!ほっときゃ戻る!」

ちゃんと数分もすれば動きを呼んで撃つようにはなった
だがそれでも弾を避ける機械人形

メイン「これホントに人形か?」
ネルネェ「そろそろ本気を出させるかの スイッチオン」


突然 機械人形が宙に浮いて周囲に火の玉を出した
ネルネェ「今は廃退してきている「魔法」も相手にしてもらうぞ」


メイン「冗談じゃねえ・・・(小声」

だがメインがどう思おうが関係なく火の玉は飛んでくる
とっさにFAMASで防ぎ、跡形なく溶けメインは手をやけどした
メイン「ちょっと待て殺す気か!!」
ネルネェ「訓練は一度しぬくらいがちょうどいいのじゃ、人形の 後 ろ の 台 の上に予備の銃があるから取ってこい」
メイン「やっぱ殺す気だろ!!」
 
だがしかし火の玉の発射は続く
よく観察すると撃った後と出すまでの間に隙があるのに気付いた


メイン「よし とにかく避けたらこっちのもんだ!うおおおお!!」
バシュバシュバシュバシュ!!
火の玉が発射される

1発目を右に 2発目を左に 3発目を後ずさりし 最後の一発はしゃがんで避けた
そしてそのまま人形の「後ろ」の台へと猛ダッシュ

この間約5秒

メイン「よし!取った上に後ろを取った!!」

メインが人形に銃口を向けた次の瞬間

ガッ!!

ネルネェ「気をつけろー その機械人形は腕に剣を仕込んであってのう」

人形が腕から剣を出して切りかかる 銃で防いで何とか無傷だが

メイン「このくらいなら壊れないだろうな・・・!」
ゴッ!
真近くなので蹴り飛ばした そして発砲

ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ!!!

ガガガガガガガッ!バゴォン!!

メイン「よし! じじーい!倒したけどこれでいいなー!?」

ネルネェ「お前は何を言っているんだ まだ続くぞ」
メイン「はぁ?!」

ネルネェ「次は二体、その次は四体と倍に増やしていく!!倍速で強くなれるぞ」
メイン「その前に普通に死ぬぞ!!」
メインは絶叫したが本気のようで二体のロボットが現れる
ネルネェ「今日中に128体がノルマじゃ」
メイン「まじかよ、、、、」

その頃魔王城


魔王「所長 例の新型とやらは」
所長「こちらに 頼まれていた植物型も蟲型も実戦投入できるレベルまで完成

   ―――そしてあの「マスターユニット」も完成間近です」

魔王「そうか 不安定な生物であるBAKEMONOをあえて安定させ
   機械技術を一切使わず人の姿のまま
   BAKEMONOを統率し BAKEMONOを制御し BAKEMONOを指示し
   BAKEMONOを操り  BAEKMONOを動かし BAKEMONOを止める
   BAKEMONOで戦い  BAKEMONOで駆逐し BAKEMONOで殲滅し
   BAKEMONOを使って全てを塵芥と化させることも可能なあれか」

所長「ただどーも「彼女」はBAKEMONOの隊長としては気まぐれですが
   こちらを裏切るような真似はしません 完成すれば勇者なぞ・・・」

タッタッタッタッタッタッタッ・・・

研究員1「待てー!逃げるなー!」

???「あっ!魔王様ー!」

何やらアフォ毛の目立つ長髪の10代後半(?)な外見の少女が
ぴっちりスーツでボロマントを羽織って
研究員に追いかけられながら走ってくる

魔王「あれか どう見ても天然にしか見えないあたり流石は所長か」
所長「元が元ですので ちなみに改造と言っても辛い物ではないことは
   前例からしてわかりますね? 読者の皆様?」

ボロマント少女は魔王の前まで来ると立ち止まり一礼した後

???「魔王さまー いつになれば終わるんですかー?」
魔王「さあな 近い内とこいつは言っている」
???「ようし!念願の魔王軍に入れるぞー!」(人造生命なのでクローンに近い人です
所長「しかし性格・・・どうしてこうなった・・・・」

???「・・・で? 魔王軍の前線にいったらー・・・!
    BAKEMONOに指示して奴らを完膚なきまでに粉砕し破砕し爆砕し塵芥と化させ
    勇者とかいう宿敵をみーんなのゴハンにしちゃえばいいんだよなぁ?
    そしたらあとはレジスタンスなんてただの餌に過ぎないでしょう?」

魔王(前言撤回 笑いながら一瞬口調が変わった)
所長(戦闘中はさらに無口になるプレミアム特典(?)付きです どうしてこうなった)

魔王「それで、指揮すべきBAKEMONOはできているのか?」
所長「とりあえず数は揃いました、能力は多少落ちますが量産可能なうえに足場が不安定でも移動可能です、正直最高傑作と言っても過言ではないですね」
魔王「ならば良い、それで指揮型の方は量産できるのか?」
所長「それもあと少し待っていただければ、もっとも今回の奴は奇跡やら偶然やらが混じっているから今回と同等の性能の奴は厳しいです」


所長「BAKEMONOすべてを制御できるのだから スペック的にはノフルに並ぶ最高傑作ですし・・・ヒヒヒ」

所長が微笑みながら言う

魔王「しかも1から作ったのならば間違いなく最高傑作だ」
そう言われると所長は一礼し
所長「感謝の極み」


所長「実は量産不能の強化型BAKEMONOも作成中でして 完成にはかかりますが
   最初の一体は1本足の3本腕です」
魔王「なんだそれは 使えるのか?」

所長「高機動・怪力・鉄壁をそろえるため足一本を削らねばなりません
   背中の腕は飛行携帯時に必要でして 強い自己修復機能もありますが
   これに重大な欠点が こればっかりは子の魔王軍の技術がたとえ100年間上昇しても直せません」
魔王「どんな欠点だ」

所長「自己修復機能が強すぎて使わない時は余りエネルギーを放出する放出口を作らねばなりません
   一応使用に問題はありませんが」
魔王「ワンオフだから別にかまわん」
所長「かしこまりました」
???「話長いよー」

???「私もお手伝いするー! あっ このボタンなんだろ えいっ」
ぽちっ

所長「ちょ!?それは指揮型の材料貯蔵の・・・」

ボォォン!!
研究室のどこかから小さな爆発音がした

所長「・・・魔王様 アレ一体で勘弁してください」
魔王「・・・・・・そ・・・そろそろ別の部屋へ行くとしよう」(苦笑
所長「おい! とりあえず叱っておけ・・・・はぁ」

そういうと魔王と所長は研究室を出て 研究員にいろいろ押し付けた
研究員たちはため息をついた後少女に近づき

研究員1「いいかい?あんまり変なところ触ると所長ががっかりしちゃうから
     なにもしないでほしいんだけれど・・・」
???「えー?」
研究員2「えー?・・じゃなくてだね とりあえずそっちでBAKEMONOと遊んでなさい」
???「はーい!」

そのままBAKEMONOもりだくさんの所長曰く「ハッピーセット」と呼ばれた
ガラス張りの小部屋に入って行った
その隙に研究員たちは愚痴を言い始める

研究員1「上手だな」
研究員2「こーゆーの慣れてるから・・・」
研究員3「また面倒な者出来上がったなー・・・いい上司なんだけどよー」
研究員4「にしても本当によくできてんな 様子からしてヒトの機能は一通り完備してっぞ」
研究員5「こらっ!アレを物みたいに言うな!念力とかで引きちぎられるぞ!」
研究員4「はいはい・・・はぁ」


魔王城 廊下

魔王「では敵はいまどの辺りにいるんだ?」
所長「監視や何やらはうまく潜ってますので場所は・・・ですが
   大体の位置はナルツの言った地点からさほど動かない場所かと」
魔王「ナルツか・・・勇者の武器を破壊したとの報告だったが
   一応はそれ相応の報酬をとして・・・うん 少佐にしてやろう」

その数十分後 ナルツに昇進の報告が届く

ナルツ「ヒィイイイイイイイイイイイヤッフォオオオオオオオオオオオオオイ!!!!」
ノフル「武器一つで昇進だぁ? 魔王も甘いな 甘い甘い」
レームン「なあノフルよぉ 次は俺が行くぜ まだ奴らの顔も見てやしない
     ここは俺の強さ見せて 連中ボロ雑巾にしてくっから」
ノフル「上官を呼び捨てか・・・なめんじゃねえぞ?」
レームン「なめてないなめてないよー?ペーロペーロ」
ノフル(ウッゼエエエエエエエ)
ナーグ「丁度いい 次の作戦でワンオフBAKEMONOを輸送する任務をもらった
    ついでに連れて行ってやろう」
レームン「決まりだな! 頼むぜナーグよぉ 小物のノフルにゃ頼らねーよ」
ノフル「言ったな テメェ!」
ナーグ「 や め な い か 」

そのころ

メイン「ざっけるなよ・・・ざっけんなよ・・・!」

メインの眼前にはまるで軍勢の様に佇む機械人形の集団であった
あれから128体どころか 1024体まで来てしまった

ネルネェ「それでラストとしよう その数を倒せたら次の段階にいこうかの」
メイン「やってやらぁぁぁぁああぁ!!!」

ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ!!!

機械人形の軍勢に一人突撃するメイン 次々と機械人形は銃弾に撃ち抜かれ
倒れていく そして弾が切れたら1発も撃ててない倒した人形の弾倉から抜き
その繰り返しで的確かつ確実に殲滅していった

ネルネェ「ふむ 最終段階ならこんなのもどうじゃ?」

ネルネェがスイッチを押すと
倒されてないすべての機械人形が集まり 巨大な機械人形に合体した

メイン「そうこなくっちゃな!ボスはちゃんと用意しておくもんだ!」
メインはニヤリと笑うと 倒した人形から根こそぎ弾倉をひっこぬき
それをポケットに押し込めるだけ押し込み 入らない分は服の下に入れた

メイン「さあ!倒してやるよ鉄人形!」

ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ!!
バババババババババババババババババババババババババババ!!
ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド!!


現状ここまで

 

■124568  Re: ファイサガ 4 あいとゆうきのおとぎばなし 
□投稿者/ メタルキソグ スライム(12回)-(2013/08/11(Sun) 18:11:03) [ID:9xPL0WwM]
Res11
引用

いやあ実に面白い。この先の展開が楽しみです。

続きが待ち遠しいです。

 

■124570  Re: ファイサガ 4 あいとゆうきのおとぎばなし 
□投稿者/ メタルキング スライム(16回)-(2013/08/11(Sun) 20:20:51) [ID:sI7bcoH3]
Res12
引用

人が作った問題のない小説にまでケチをつけますか。

という批判的な書き込みが入った時点で編集・・・ね

 

■124574  Re: ファイサガ 4 あいとゆうきのおとぎばなし 
□投稿者/ メタルキソグ スライム(3回)-(2013/08/11(Sun) 22:30:37) [ID:9xPL0WwM]
Res13
引用

↑流石本家には叶いません。参りました。

大人しく続編を待ちましょう。

 

■124579  Re: ファイサガ 4 あいとゆうきのおとぎばなし 
□投稿者/ メタルキング スライムベス(21回)-(2013/08/12(Mon) 22:17:10) [ID:sI7bcoH3]
Res14
引用

よく続編を待ってくださる気になってくださいましたね。
感心感心

 

■124580  Re: ファイサガ 4 あいとゆうきのおとぎばなし 
□投稿者/ 流れ着き猫 プラチナキング(15137回)-(2013/08/14(Wed) 15:51:55) [ID:HtMq1t2y]
Res15
引用

いやこれ前半が例の下等生物のせいで吹き飛んで以来打ち切りなんすよ
また1からどこかで書く予定

 

■124584  Re: ファイサガ 4 あいとゆうきのおとぎばなし 
□投稿者/ メタルキング スライムベス(23回)-(2013/08/14(Wed) 18:16:48) [ID:sI7bcoH3]
Res16
引用

メタルキソグさん打ちきりですって。
残念残念

 

■124624  Re: ファイサガ 4 あいとゆうきのおとぎばなし 
□投稿者/ メタルキング ぶちスライム(46回)-(2013/08/26(Mon) 16:07:59) [ID:sI7bcoH3]
Res17
引用

新しいのよろしくです
 

スレッドリスト / - / レスフォームへ移動

List スレッドリスト表示 / スレッド内ページ移動 / << [1-17] >>
返信フォーム
△[124041] ファイサガ 4 あいとゆうきのおとぎばなし へ返信
Name/ [ID:WzzikUZt] Title/ 削除キー/
E-Mail/
Comment
 
文字色/
Icon/
スレッドソート/


▼スポンサードサイト

トップページお絵描き掲示板 HELP 新規投稿 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 記事検索 過去ログ

- I-BOARD -