不思議の天王寺

このところ、体調が良くなくてー :(m
(リハビリと称して山歩きしてるから治んないのか・・・!?)
なかなか動物園に行けませんが、先週の天王寺から。

(2009/6/28) 天王寺動物園
シュウナ
ええっと・・・・、いきなり何? この生き物は・・・っ!
・・・・・レッサーパンダの「シュウナ(♀)」でした :Dm
風太くんの妹にあたるシュウナですが、新技の開発? 思いっきりブリッジしてます。
このときだけの一発芸かもしれないし、これから何度も披露されるかもしれませんが・・・
ちょっと可笑しすぎ。

愛
可愛い顔してるとこにカメラを向けると顔を反らしてしまう、ブチハイエナの「愛(♀)」
近頃、ものすごくお腹がぽっこりと膨らんでますが・・・・・
妊娠しているわけではなくて、「体質的に夏になると肥える」んだそうです。
そういえば、蓮もコロコロしてきてんなー。

愛は最近、私の顔を覚えてて寄ってくるので、他のお客さんに「えー、友達?」「知り合い?」
とか言われますが・・・。
どうやら、マク○ナルド香の息が吹き込まれるのを期待してるだけです・・・? :xm
他のものを食べて行ったときは、プイッとあっちを向いてしまいます。
しかし、私に気付いて起きてくるのは確かで、けっこう離れた位置から察知してるのが
不思議です。服装も変わってるのになー。もしかして肩に提げてるカメラ見てるの?

ゴーゴ
なんだか、漂白されてしまった、ホッキョクグマの「ゴーゴ(♂)」
久々に可愛く撮れたっ
夏毛に換わったのか、引き締まった感じですが、また黄色くなっていくのか・・・ :(m

そして、仲良し夫婦に疑惑が発覚・・・!? センイチ編集長、事件です
(ここんとこ、二段ベット状態で寝てばかりのセンイチ・アヤコはほとんど撮ってませんが)
ダイスケ
リンゴをもらってる、メガネグマの「ダイスケ(♂)」
少し♂の方が大きいメガネグマですが、簡単な見分け方は、
顔が白っぽいのが「ダイスケ」
ペギー
黄色っぽいのが「ペギー(♀)」さんってことで、すぐ判別できます。

が・・・・・・・

機関紙「なきごえ」の2009年:Vol.45-05のZOO DIARYを読むと・・・、

≫4/3 ●メガネグマのマックスとペギーが交尾しました。

・・・・・マックスって誰やねんっ!!!

疑惑のメガネグマ舎でした。ズーラシアの♂がブリーディングローンで来てるんでしょうか?
ダイスケ、頑張れよー。

(2009/7/12)
ってことで、くろしおさまに教えていただきました(コメント欄参照)
マックスはダイスケの昔の名前だった、ということです。
ズーラシアのマックスと区別するために改名したんじゃないかと思います。

仔オオカミ見分け方大全!?

大全ってほどでもありませんが・・・ :Dm

梅雨入りしたはずの近畿地方、しばらく雨の気配がなさそうです。
この土日は是非とも、天王寺でオオカミの個体識別にチャレンジを・・・
って遅い? (先週の写真です・・・ :(m )

(2009/6/7) 天王寺動物園 チュウゴクオオカミ
元元
まずは、「元元(げんげん ♂)」です。
・眉毛っ子
・顔の彫りがちょっと深い?

萌萌
こっちが同じ眉毛っ子の「萌萌(もんもん ♀)」
・眉毛っ子
・やさしい顔

【見分け方ポイント】
元元と萌萌は眉毛が白っぽいので二頭のどちらかだということはすぐ分かるのですが、
顔の向きによっては判別が難しいことも・・・。
犬好きの人限定で、いい見分け方があります。
・シュナウザーっぽいのが元元
・ハスキーっぽいのが萌萌
です :Dm

明明
次が、「明明(みんみん ♀)」
・顔が小さい
・ちょっと困った顔に見えることが多い
楽楽
そして、「楽楽(らら ♀)」
・コロっとしている
・特にお尻がコロっとしている :Dm

【見分け方ポイント】
(※ 6/28時点では、もうこの見分け方はできなくなってます。
 明明の方は白っぽい三角が残ってますが、楽楽は(他の子も)灰色の剛毛(オーバーコート)が
 浮き上がってきてて、茶色の部分が無くなってしまいました。)
眉毛っ子を消去法で除いた後の二頭、どっちがどっちか分からなくなりますが、
慣れると元・萌より見分けやすいかも・・・?
ポイントは額の模様です。
明明
明明は灰色の三角が二つ
楽楽
楽楽はおでこに茶色がべったり

何度も見比べてると、けっこう見分けられるようになりますよ。
元元、明明、楽楽、萌萌
左から、元元、明明、楽楽、萌萌。 チュンサン、邪魔です :Dm

個体識別ができると、性格や行動の違いが見えてきます。
明明はよく独りで隅っこに居たり(以前はやられっぱなしだった明明も、
萌萌に乗っかったりしてけっこうやり返すようになってます)、
萌萌は明明にベタベタされると怒るけど、元元はオッケー、とか。

そして、楽楽の本性が徐々に解明されてきました・・・?
楽楽&チュンサン
走る、跳ぶ、登る、の弾丸娘、楽楽
親父に続いて登山、登山
楽楽
最高峰、登頂成功です!!
ちなみに、元元は頑張ったけど、最初の段に上れませんでした・・・ :(m

元元
代わりに、チュンサン転がりをマスターした元元。

今のところ、性格は、
元元と楽楽がチュンサン似、
萌萌と明明がユジンさん似、って感じですね。

っと、こんな感じですが、
正解にこだわらず、楽しんで観察してみてください。
同じ血統でも性格に色々違いが出ること。人間と変わらないなー、とか
思ってもらえるといいな。

さよなら、ブランカ(後編)

前回に続き、羽村市動物公園のシンリンオオカミ、故「ブランカ」のお話です。

(2008/7/19) 羽村市動物公園
ブランカ
2009/5/15に亡くなった、ブランカ(♀)

羽村には、2006/6/4、2007/5/27、2008/7/19の三回、訪れました。
そのときの動画を編集してみました。

オオカミらしい姿がいっぱい詰まった動画になったと思います。

地面をバリバリッとやる行動、あれは犬もよくやりますが、多くの人が
「砂をかけようとして失敗してる」と思ってる :(m
いやいや、犬やオオカミってそんな間抜けな子ばかりじゃありませんよー。
足の裏の臭腺の匂いを地面に擦り付けているんです。

スリスリ行動ですが、相手の匂いを体に付けようとする挨拶行動だと思ってます。
羽村のブランカはこれを一番分かり易くやってくれる子でした。
あとは、王子のクイーンとか、東山のクロ、富山のサスケあたりがやってくれるのですが、
サスケ以外はもう亡くなってしまって・・・。これを経験するのは難しくなってしまいました。
かゆくて擦ってるときと動きが変わらないので誤解されてますが
(東山のハイランは明らかに、かゆいときにやってます :Dm )、
動画を見て分かる通り、「匂い付け」です(ペロッと舌を出すのは、
匂いを捉え易くする行動です)。
編集でカットされてますが、飼育員さんが「抜け毛がかゆいのか、抜いてくれ~って
スリスリします」と言ってたりします。
違うよ~、飼育員さん、ブランカに愛されてたんだよー。
オークは微妙にしかやりません。親近感のある相手にしかやらないようです。
(実は、このスリスリをやる動物がオオカミの他にも居て・・・・・、
 京都の子でしか確認できてませんが・・・・・・「ロバ」です。
 うーん、あの動物は何考えてるのかわかんないので、動機は違うのかもしれません)

ブランカ&オーク
ブランカとオークの力関係、動画では、普段はオークが強い、と言ってますね。
この餌やりガイドは二回、見てますが、毎回、ブランカが肉をどんどん奪ってしまうので、
飼育員さんが工夫してオークにも回してます。
普通はつがいのオオカミでも、餌を前にすれば歯を剥いて牽制したりもするのですが、
この二頭はすごく仲がいいことが窺えますね。オークがちょっと譲ってる感じ。

で、オークが尻に敷かれてるというイメージですが、そんなシーンはほとんど見てなかったのに、
なんでそういう先入観があったかというと・・・・・、そういえばっ、これ!
案内板
昔はこんなのが張ってあったんですよ。これのせいかー :Dm

知ってる人には、かなり懐かしいと思います。いつの間にか、撤去されてましたね。
案内板1 案内板2
(クリックで拡大)

以上、ブランカの思い出話(&薀蓄)でした。

オーク
寂しくなったけど、頑張れ、オーク

さよなら、ブランカ(前編)

muscaさんとこの記事「ブランカ、安らかに・・・」で、
羽村市動物公園のシンリンオオカミ、ブランカの訃報を知りました。
えー、また公式なアナウンス無いの~ :(m ってとこですが、享年15約13歳の大往生、
だと思います。
(※ビデオ編集してると、2008/7の時点で12歳という飼育員さんの発言が・・・?
 ってことで、13歳に訂正しておきます)

(2007/5/27) 羽村市動物公園
ブランカ
ブランカ(♀)

ブランカとは三度しか会ってませんが(羽村、遠いしねぇ・・・)、↑ こんな感じで
愛想のいいオオカミでした。
缶コーヒーを飲んでフッフッと匂いを嗅がせると、スリスリしてくれるんですが、
三度目に会ったときは、私の顔を見ただけでスリスリしてくれる仲になれた(?)
んです。
いい写真がぜんぜん撮れなかったのが悔やまれます。
ブランカの冥福を祈ります。

看板狼
羽村の看板オオカミ (2006/6/4 撮影)

ブランカ&オーク
同居のオーク(♂)とは基本、ラブラブ。(2006/6/4 撮影)
どっちかというと、オークが尻に敷かれてた感じのカップル :Dm

オーク&ブランカ
「オオカミ・ハイエナ スポットガイド」でワクワクな二頭 (2007/5/27)

で、写真はあまり撮れなかったけど、彼女の動画は大量にあるのです。
編集が億劫だったので・・・・・、生きてるうちに出せたらよかったのになぁ。
ダメだな、自分。
ってことで、動画はがんばって近日公開します。

元気に、萌え~とコロコロ卵卵

けっこう前から、巣作り中で刺激をしないようにと張り紙の出ていた、
天王寺動物園のソデグロヅルなんですが・・・・・、

(2009/6/7) 天王寺動物園
ソデグロヅルの卵
おっ!?
オオカミ直通経路の途中にあるツル舎。朝一番に親鳥が水を飲みに来たと思ったら、
ポツリと残された・・・・卵っ!
ソデグロヅルの卵
かなり特徴的なソデグロヅルの卵です。なんとなく保護色? :Dm
これ、確か、少し先細りになってて、転がっても元の位置に戻ってくる形に
なってるんだっけ?(サポーターズイベントでお話がありました)

ソデグロヅル
普段は親鳥のガードが固いので、卵を撮れたのはラッキー?
営巣中なのでカメラを向けないようにしてましたが、ササッと撮らせてもらいました。

そして、こっちはなんだかガードの甘い・・・
ホオジロカンムリヅル&卵
ホオジロカンムリヅルの卵。色も形もソデグロとは違いますね。
ホオジロ(略)は抱卵のために塚を作るので、卵は丸っこい形に見えます。
・・・・塚作ってないけど :xm
スタッフブログで二個と報じられてた卵ですが、三個・・・!? 三個目ですよっ

ホオジロカンムリヅル
親鳥は首の毛を膨らませてお客さんを威嚇したりしてるんですが、
お客さんは、「あらー、水を飲みにきたのね」と、伝わってない・・・ :(m
あまり刺激しないようにしてあげましょう。

さて、チュウゴクオオカミですが、天井にヨシズをかけて、夏対策されてました。
元は曇りの日が写真を撮り易かったワンコ長屋ですが、
暗いし反射強いし、でカメラマンには厳しくなったかも。晴れの日はどうでしょう?
元元、楽楽、明明、ユジン、萌萌
天王寺名物!? オオカミタワー
仔オオカミを見分けるコツ、かなり掴めました。この写真だと・・・
左上から、元元、楽楽、明明、ユジン、萌萌です。
見分け方については、また次回。

P.S. このあと、みんなユジンさんに怒られました。