子パンダ、誕生!

今朝の朝刊(おっと、頭痛が痛いになってる)で知りました。
王子のジャイアントパンダ 「タンタン(♀)」と「コウコウ(♂)」に、待望の赤ちゃんが誕生したそうです!

タンタン
タンタン (2007/5/19撮影) ・・・パンダあまり撮らないんよね・・・

妊娠の兆候があったのが、先月末頃って・・・・、意外とギリギリまで分からないんですね。
赤ちゃんの愛称は公募するようです。
よし、「呑呑(どんどん)」で応募しよう! (ウソです :Dm )

タンタン
ニンジン二刀流 (2008/1/3撮影)

ところで、「何で人工授精なの?」と思われる方も多いのではないでしょうか。
同じようにパンダ人工授精の実績のある上野動物園でも、基本は自然交配を目指すそうです。
(保護のための研究として、そちらの方が望ましいわけで)
で、タンタンとコウコウなんですが、園内ガイドのとき聞いた話では、
♂のコウコウの方が「性格が優しすぎ」て、タンタンの方は神経質な性格で、
合わないそうなんです。てなわけで、人工授精なんですね :Dm

タンタン

(2008/8/30)
子パンダの訃報を、旅行中のバスの電光掲示板で知り、ショック。
とても残念です。

円山のキナコにお婿さんがっ!

来てましたっ!! :Dm

HDDからキナコの動画が見付かって記事にした矢先に、というか直前!に :Dm
とってもタイムリーなことに、キナコにお婿さんが来ていたようです。

公式サイトのニュース
『シンリンオオカミのジェイとキナコが同居開始』
※動画もありますよ

おおっ、これが富山のS石さんの言ってた円山増強計画かっ!
やってきたのは、富山市ファミリーパーク生まれ、群馬サファリパーク出身の、
「ジェイ」くんです。
東山のジャックくんと同じ、サスケ(♂)とナナ(♀)の子で、父親似のジャックくんと
違って、どちらかというとナナ似ですねぇ。

(2007/5/26) 円山動物園
キナコ
キナコ(♀) もう独りでカラス追っかけなくてもいいね!

本格的なオオカミの繁殖を目指す群馬サファリの「オオカミの森・オオカミ繁殖センター」ですが、入舎していたのが、兄妹のジェイ(♂)とキュー(♀)だったので、繁殖はできず、こういう形に落ち着いたようですね。
キナコはけっこう高齢とはいえ、まだまだ元気だし、二世の誕生に期待が持てそうです。
群馬のキューの方にもお婿さんが来るといいなぁ。
(近いうちに、『あるもの』を手に入れたら群馬サファリを訪問する予定だったので、
 ジェイがちょっと遠くに行っちゃったのは悔しいのですが)

キナコ
ああ、もうキナコのこのデレデレポーズもジェイに独占されちゃうのね :(m
(前に出した写真とちょっとポーズが違います)

春は出会いの季節・・・なんだからっ

30周年記念のFK山に行った帰り(FK山はまた別記事にします :Dm )、久し振りの王子動物園に寄ってきました。さすがに桜が満開の王子はものすごい人出。無料開園日より多いんじゃないのってくらい。
そして・・・嬉しいニュースがありました。
北園に足を運ぶと、あれあれあれ・・・!?
♂カンガルーたちが押し込められてたエリアに、なんだか見慣れた鮮やかな毛並みの動物が・・・二頭っ!?

(2008/4/6)王子動物園
シタツンガ(♀)
シタツンガ(♀)

昨年11月に♂が亡くなって、♀一頭だけになっていたシタツンガ(ウシ科)に仲間が増えました。
3/26に姫路セントラルパークからやってきた、♂♀の二頭です。(名前は公表されてません)

シタツンガ(♂)
シタツンガ(♂)
どちらも1歳だということで、♂はまだまだ角が小さ~~~い :Dm
シタツンガは♂にしか角が生えないのです。
それにしても・・・あれ? 前に居た♂と違って、体色がチョコレート色じゃありません。若いうちは♂も♀も同じ色なんですね。

オトナのシタツンガの色はこんな感じ (左が♀、右が♂) 体格もかなり差が出ます。
シタツンガ
↑↑↑ この写真のみ (2007/6/10)
以前に、「そのうちお見せします」と書いてた故♂くんの写真です。沼地に住む動物らしく、土砂降りの後、♀のお尻を追いかけてるシーン :Dm

シタツンガ(♀)
♀のこの子はかなりの器量良し
シタツンガ(♀)
あまり警戒心が強くなさそうです。

シタツンガ(♀)
前から居る子(♀)は、別サークルの小屋の中、が定位置になってしまってます :(m
時々散歩してるし、元気そうなんですけどね。

そして、追い出されたガルーs(ズ)は・・・・・
アカカンガルー
一番左のサークルに転居してましたが・・・
ダメっしょ :(m

せっかくなので、桜の写真を・・・
マサイキリン(ナツコ)
マサイキリンのナツコさん(だと思います)

本日のクイーン嬢
クイーン
足腰がちょっと弱ってきてるのが心配ですが、大勢のお客さんの前でデレデレ可愛い姿を見せてくれました。冬毛が落ちて、黒い地肌の色が目立つようになってきてます。往年の某森山「サラ」のように真っ白にならないのは関西の気候によるものか・・・、毛並みの荒れ具合も少し心配です。

王子動物園 北園完成記念っ!

本日、12月9日(日)、長い間工事中だった、王子動物園の北園がついに完成し、公開されました。なんと、2007年11月から足かけ3年・・・。10:30から竣工記念式典が開催されていましたので、その様子などを紹介します。

北園
サポーターの方にははがきで案内があったと思いますが、特に参加者限定ではなく、誰もが見学できました。
北園
ぞろぞろと集まってくる人。一般来園者の観覧は、来賓の方々が見終わってから。

動物たちが本当に間近で見られるようになりました。
シタツンガ
シタツンガ(♀) クリックで拡大 相変わらずお美しい

シタツンガとラマは南側通路が開放されて、少し警戒しているようです。おどかさないようにしてあげてください。

エミュー
エミューさん
柵の目は薄く、写真もきれいに撮れます :Dm ありがたい

北園
こちらは、カンガルー、ワラビーの寝室を観察できる「観覧通路」
北園
ベンチもあります。が、もっとあちこちにあった方がいいな。
北園
スロープ。傾斜のきつかった北側の高架式観覧通路(上から動物を見下ろす方式は、27年前の当時は画期的な「アイデア通路」だったのだそうです)から、バリアフリー化するのが今回の工事の目的の一つだったとのこと。
新しい南側の通路は、「動物の目線が人と同じ」を目指したそうです。
王子動物園はまだまだ古い施設が残ってますが、順次改修していくとのことです。
式典での石川園長のお言葉でした。

嬉しい北園の公開ですが、ひとつ、悲しいお知らせがあります。シタツンガのオスが、北園開園を待たず、11月に亡くなったそうです。
ここしばらく姿を見てなかったので、療養中だったのでしょうね。
シタツンガ
(2006/5/21) 銀塩の頃の写真。なかなか全身が撮れる位置に来てくれない子だったので、残っていた写真はこれくらい。
冥福を祈ります。かっこよく撮ってあげたかったな。
(もっと撮ったはずなのに・・・とHDD探ってたら、コンデジで撮った「かっこよくない」 :(m 写真が見つかりました。そのうち、お見せします)

さて、もう12月。風も冷たくなり、動物によってはもう耐寒モードに :Dm
ワオキツネザル
団子状態のワオキツネザル
前記事のカピバラたちも、集まって陽だまりで暖を取ってるのでしょうか。

クイーン
シンリンオオカミの「クイーン」も陽だまりでまったり・・・え、いつもと変わらないって?

ビントロング
ビントロング舎には、暖房用?のランプが入りました。
ランプの下に二匹集まってるので、観察のチャンスです。