謎の太巻き・・・・!? :Dm
mf135001.jpg
機材の話は極力しない方針なのですが、MFカスタム改造レンズが完成!
したので、ちょっと嬉しくて・・・ :Dm

AF全盛の今の時代、フォーカスリングの回転量はAFの速度アップのため少なくなってます。動物園で写真を撮っていると、柵抜き(フォーカスを柵の奥に合わせること)をしたいなど、どうしてもMFに頼る場面が出てきます。そのときに、今の回転量の少ないリングだと精密なピント合わせが辛い・・・・
ってことで、精度を上げるには、リングの円周を増やせばいいんです。
前にも、スチロールをくりぬいて付けてたんですが、色々調べると、昔のレンズにはフォーカシングレバーなんてものがあったんですね(今も大判の世界なんかではあるのか・・・?)。それを付ければ、見掛け上の円周はさらに大きくなるわけです。
で、作ってみました。
一応、取り返しの付かない改造じゃなくて、太巻き部分を壊せば元に戻せます。
真似する人はいない?と思いますが、フラッシュはケラれるので、フラッシュの必要ない動物園専用レンズになってしまいます。
なんか、時代に逆らってるみたいですが、うちでは連射もなし(ゴーゴくんの飛び込みのとき以外は使ってなかったと思う)で基本はワンショット。ファインダー覗いて、動物と呼吸を合わせて撮るから楽しいんだと思います。

物議を醸しているG○○gleのストリートビューってどんなものかな、
と、G○○gleマップを見ていたのですが・・・、
「航空写真」モードもいつの間にか高精細になってるんですね。
以前から、動物園の園内構成チェックなどに使ってて便利だったのですが、

ちょっと見えすぎ :Dm

キリンとかゾウとか、体の大きな動物写ってますよ!
ちょっと試しに、天王寺動物園などご覧になってみてください。
ほら、ゴーゴくんが見えます
春子さんも見えます
これは、ケニアくんかハルミちゃんか!?

うーん、これはちょっとやりすぎでしょ :Dm

京都の一件はとても残念です。
多忙で(あと、TV見ないので・・・)あまり詳しい情報は掴めてないのですけど、京都は自分の中ではかなり好きな動物園の一つで、「飼育員さんの姿がよく見える」園です。おとぎの国の開国時間などには園のあちこちから飼育員さんが集まってきて盛り上げてくれますし、案内板(XXタイムズとか)の充実っぷりも嬉しいものです。
ただ、飼育員さんがあちこち顔を出して、担当と思われる動物以外の動物の解説をしたりもしていて、頑張っている動物園だなあ、と思っていたのが、もしかしたら人手不足の表出だったのかもしれないと考えるとやるせなくなります。
批判されても仕方ないような経営の施設ではなく、事故が起こったのがよりによって京都だったというのが悔しいです。

亡くなられた飼育員さんのご冥福をお祈り申し上げます。

名古屋で○arth

そろそろ、オオカミたちの恋の季節。東山動物園に事前調査 :Dm に行ってきました。

2008年版の記念撮影ボード ネズミになってます。
記念撮影ボード
イノシシバージョン、撮るの忘れてた :(m

さて、名古屋の映画館で「○arth」観て来ました。
いずれ観ちゃうんだろなー、と思って広告を眺めてましたら、「これまでカメラに収められたことのない」、「北極オオカミの狩りの全貌」みたいな魅力的なフレーズが目に飛び込んできたっ!
それで前売り券を急いでGETしてきたんですが、14日で座席検索をすると、毎月14日はT○H○シネマズデイ1000円ということで・・・前売りより安くなってしまうのが悔しくて13日に観に行ったのでした :(m

で、ホッキョクオオカミの狩り、オオカミたちが連携しながら獲物を追い詰めたりするような、こう、文字も文化もない彼らが驚くべき統率力や戦術を発揮するシーンを想像してたのですが・・・、子トナカイとの一対一の勝負になってしまってました。
しかし、上空から捉えるトナカイとオオカミの追いかけっこはものすごい迫力。
↓ こんなくらいの子トナカイが、頑張る、頑張る。
トナカイ
最後は倒されてしまうのですが・・・ :(m オオカミを相手に逃げ切ることもあるとか。

映像は素晴らしいです。映画館のスクリーンがあまりよくなくて、発色はイマイチだったのですが、DVDが出たらきれいでしょうね。某世界○産のようなフィルタで誇張された絵にならなければいいなぁ。
印象に残ったのは、ゾウの遊泳シーンとキリン・シマウマがオカバンゴの水路を歩くシーン。乾燥した草原を歩く動物のイメージですからね。
ナレーションに出なかった動物の名前は分からない(テロップがない)のは残念ですが、ほとんどメジャーな動物ばかり(変わった動物も映して欲しかったぞ)が出てきます。元々動物が好きでタマラナイ人間にはインパクトのあるシーンは多くないかも知れませんが、ゾウの母親が子ゾウを気遣ったり(黙々歩いてるように見えて、しっかり意識してんだなぁ)とか、ライオンの夜のゾウ狩り(若いオスがゾウにちょっかい出してるだけで、遊ばれて終わり・・・かと思えば、撮影されたのは「特別な30頭」の群れだそうで、ゾウを捕らえてしまうんです)とか、ヒヒ(キイロヒヒかな?)が水路をおっかなびっくり渡りながら、ちょこちょこと花を摘んで食べていたり(怖いんちゃうんかいっ)とか、そんなところに注目してみると面白いと思います。

少しひっかかったのは、最初のホッキョクグマの親子のシーン。巣穴が斜面にあるのは事実でしょうが・・・、カメラ斜めになってません? という違和感を覚えるコマが(同じ場所を撮ってて水平のコマがあるんだもん)。撮影位置の事情なら仕方ないですが、演出ならちょっとね :xm
肉食獣の狩りのシーンで少し悲壮感のある音楽がかかるのも・・・。
#この作品、ホッキョクグマに関しては、オトナの事情があるのでしょうが、どうにも「映像のウソ」を感じます。ナレーション・音楽無しで鑑賞してみたいですね(動物の息遣いや鳴き声もほとんどアフレコっぽいですが)。

2008カレンダーのお話

年末が近付き、そろそろ新しいカレンダーを探したくなる季節。
自室に飾る定番のカレンダーはもう決まってるのですが、この一年ほどで撮った写真からピックアップして配布用カレンダーでも作ろうかな、と思ったのですが・・・。

何でもEXCELで済ます派 :Dm なので、EXCEL上でレイアウトしてPdfに落とそうと思ったのです。ところが、EXCELって印刷時に画像が縦に伸びるんですね :(m
比率を調整すると、ピクセル等倍(300DPIを予定してた)にならないので画質は劣化するし、なにより、画像を自由に差し替えできるテンプレートを配布して自家製カレンダーを流行らせようかな、という目論見が丸潰れ。さっさと断念しました。

チョイスして現像設定までした手間がもったいないので、ネタを公開。クリックすると巨大になります。

misc01s.jpg misc02s.jpg misc03s.jpg misc06s.jpg

misc07s.jpg misc04s.jpg misc05s.jpg

misc10s.jpg misc11s.jpg misc08s.jpg

misc09s.jpg misc12s.jpg

どれをどの月にするかは決めてなかったのですが、1月はやっぱりネズミ年なんで、カピバラ :Dm ちょくちょく撮ってると思ったのに、意外ときちんと写ってるのがありませんでした :(m

さて、気を取り直して、定番のカレンダーの話。
自室用にはいつも、輸入モノのオオカミカレンダーを使っています。これ、新月・半月・満月のアイコンが入ってるので、月光浴(夜間登山)に出掛けるのに便利 :Dm 海外の物なので、日本の祝日が赤くないのが難点だなぁと思っていたのですが、一応、Labor Gratitude Day(JP)とか文字は入ってたのね・・・。
以前は東急ハ○ズなどで扱っていたのですが、年々置いてある店が減り、手に入らなくなってしまいました。
去年からは、ここにお世話になってます。
ワンちゃんの雑貨屋 e-paws (いーぽーず)
犬専門ではなくて、動物カレンダー全般(WILDLIFEのコーナー)を扱っています。裏面(12ヶ月分の写真が一覧できる)のサンプルが確認できるのがオススメの理由です。
犬種別カレンダーも、さすが海外、日本ではマイナーなアラスカンマラミュートやベルジアンタービュレン(ベルジアンシェパードドッグでひと括りですが)単独カレンダーまである! :Dm 欲しくなっちゃったけど、掛けるとこないしなぁ。

ちなみに、上の画像の撮影場所(名前)ですが、
東山(重吉?)・福山(おんぷ)・日本平(ハナ)・釧路
多摩(モロ)・王子(シンペイ)・王子
羽村・王子(メエ)・王子
羽村(ノン)・多摩
です。うーん、多摩の若い衆が特定できない・・・ :(m