仔オオカミお披露目式次第

ちょっと日が経ってしまって速報性がアレですが、天王寺動物園のチュウゴクオオカミ、
2010年生まれの仔オオカミの報告です。

(2010/4/17) 天王寺動物園
ユジン
今回は7子の母になったユジンさん、頑張ったね。
今年は産後のやつれた感じがしないのがポイント!

ユジン
今年はまだ仔オオカミの目の開かないうちから、ユジンさんが連れ回す行動が見られます。
(去年は、仔オオカミが自分で歩けるようになってから、だったと思います)
父母以外の群れの構成員(去年生まれの仔など)が居るときにこういう動きがみられるようですね。

ユジン&仔オオカミ
元元待望の弟ですよ! (クリックするとよく分かります)

ユジン
おっぱいの様子はこんな感じです。なかなかガードが固い!?

ユジン
授乳をするので、かなり喉が渇くようです。

楽楽&仔オオカミ&元元?
で、こらくさんのところくろしおさんのところで報じられてるように、
楽楽がヘルパーとなって仔オオカミの世話を・・・・というか、引っ張り回してます :Dm

獣医さんに経緯を教えてもらいました。(ちょっとうろ覚えーの)
7日、仔オオカミ誕生
11日、寝室の扉を解放
  楽楽が仔オオカミを見に行ってユジンさんに顔を噛まれる(当日だっけ?)
13日、楽楽のヘルパーが認められ、寝室で同居開始(他の個体は別居)
1?日、お披露目開始(翌日には・・・だっけ?)

餌は鶏と肉(牛?)が与えられているのですが、楽楽は鶏は食って、
肉はユジンさんのために藁に隠しておくのだそうです。偉い、偉い。
(でも、元元や萌萌が持ち出して食ってたぞー)
楽楽がヘルパーをしてくれているので、今年のユジンさんは余裕があるのだそうです
(だから、やつれてないのね)

で、この楽楽なんですが、去年の仔オオカミを見ている方なら、
記憶にあるかもしれません。
「みんなが寝ているときに、ひとりだけフラフラ歩き回っていた子」
です :Dm
大丈夫? と心配になってたあの子がねぇ、立派になりましたよ!

楽楽&仔オオカミ&元元
「元元は触っちゃだめ!」
「ええ~~っ!?」

萌萌&楽楽&仔オオカミ
「萌萌は触っていいよ~」
(※一応、元元にも触らせてあげてました)
他のオオカミが無茶をしないように気を遣いながら、群れの一員になる仔を
紹介(匂いの確認)しているような感じです。

この日、17日の時点で、チュンサン以外の四頭(楽楽、萌萌、元元、明明)は、
寝室へ好き勝手に入っています。
ただ、萌萌は楽楽の次くらいに許されてるそうですが、元元、明明はユジンさんに怒られます。

楽楽&チュンサン
ヘルパーに選ばれた楽楽ですが、特にそれを鼻にかけてる様子もなく、
仔オオカミを連れていないときはみんなに甘えたり、追いかけっこしたりしています。
ユジンさんにがっつりやられた傷をチュンサンが舐めてあげているところ。
楽楽本狼は、ちょっとかゆいみたいです。

チュンサン
チュンサンは、新しい仔にはあまり関心がなく、去年生まれの仔の面倒をよく見ている、
というお話だったのですが・・・、これ、去年もそうだったのですが、
巣穴を守るような位置についてます。やっぱ頼りになるパパ!
元元が肉食ってるとこに鼻を鳴らしておねだりしていたのは、
おいらの胸にしまっておこう(といいつつ、書く)

チュンサン
そして、この時期特に顕著になる、「コヨーテ狩り」
(※隣のコヨテ舎に居る動物=コヨーテを獲物に見立てて接近する行動をします。
 仔オオカミのために餌を獲ってるつもりなのか・・・)
でも、いつもとなんか微妙に動きが違う、と思ったら・・・

フク
隣で出ていたのは、コウくんじゃなくて、フクの方でした。
いつも左隅か寝室入口で寝そべってる彼女ですが、陽気に誘われたようで。

フク
福山時代は近くまで来てくれたんですけどねぇ。
呼んでも1メートル強くらいまでしか来てくれなかった。

(追記) 2010/4/21(水)の様子
・午前中(10時頃?)に仔オオカミが4頭(!)出ていたとのこと(目撃者多数)
・去年生まれの子供たちが、赤ちゃんを引っ張り合ったらしい
・仔オオカミたちの世話は、去年生まれの♀三頭がよくみている様子
 意外な伏兵? 明明が巣穴に入りっぱなし。楽楽と世話係の覇権争いか!?
 集中力低め気まぐれ萌萌は、抑え気味
・元元はちょっと蚊帳の外(オオカミも男の子はあまりヘルパーしないのか)
・ユジンさん、授乳のとき以外は娘たちに任せっ切りです
・チュンサンはしっかり巣穴の入り口をガード
なかなか楽しいことになっています。

そして・・・・、ドール舎に驚愕の変化がっ!? 以下、次号

ユジンさん、おめでとう

こらくさんから教えていただきましたので、チェックチェック!

天王寺動物園、チュウゴクオオカミの赤ちゃん、無事誕生! とのことです。
ゆとりとみどり振興局にプレスリリースが出てますが、
なんと、7頭!!も生まれたそうです。
うーん、去年よりずっとユジンさんのお腹が大きい感じだったしなぁ。

写真は2010/3/31のもの
楽楽&ユジン
母ユジンを労う去年生まれの娘、楽楽
(換毛期に毛を抜き合う挨拶行動? なので、実際に「労ってる」と言えなくもないかな)

楽楽&ユジン
びよ~~~~~ん
「お母ちゃんの背中の皮、伸びるぅ~~」

楽楽&ユジン
何すんねんっ! がっつり叱りつけたあと、降参した楽楽の毛繕いをしてあげるユジンさんでした
(飴とムチか・・・)
よく見ると、ユジンさんが失禁した跡があります。7頭も子供が詰まってたからですね。

さてさて、去年のケースですと、
2~3週目くらいに自走式になった仔オオカミたちが巣穴代わりの寝室から
わいわいと飛び出してきたわけですが、
今年は去年生まれの若いオオカミが寝室の周りに居ますので、「あれ」があるかも・・・。
多摩のモロ母さんがやっていた「謎のお披露目式」です。
生まれたばかりの仔を連れ回すんですよ。
(目的はわかんないんですが、若いオオカミがヘタなことをしないように、
 仲間が増えたことを教えてるんでしょうか)
てなわけで、すでに寝室の扉は公開されているというお話ですので、
今年は、もういつ仔オオカミの姿を見ることができるかわかりません。
とっくにお披露目されてるかも!?
気になる方は、天王寺に足を運んでみてください。

くろしおさんのところでもさっそく記事にされてます。ご覧になってください。
2010年、チュウゴクオオカミ&コアラの赤ちゃん誕生♪
(4/16 追記)
予想通りというか、もうお披露目があったみたいですよ!!
なんといきなりの赤ちゃんお目見え!!!」(くろしおさんとこ)

ところで、ZOO×ZAQの今月のお誕生日・・・間違いまくってるように見えるんですが :xm
かろうじて元元だけ合ってるかなー? 楽楽は萌萌でしょ!

(2010/4/17) 追記
ユジン&仔オオカミ
お披露目は毎日一回は行われているようです。
来週過ぎると目が開いてくると思います。まっくろくろすけ状態の
仔オオカミを見たい人は早いうちにどうぞー。

野間馬ハイランドに行ってきたっ!

有給をいただいて、うまな・・・もとい、しまなみ海道を自転車で走ってきました。
これが四回目になるのですが、今回は神戸発0:55のフェリーを起点に、
青春18切符を使って日付が変わる前に帰宅する、というチャレンジ。
(※讃岐うどんを食べたかったので、予讃線始発をやめて、観音寺―今治間特急ワープしました)
行程は、神戸―高松―今治―○○○○○○○○―サンライズ糸山―尾道―自宅

来島海峡大橋

今回はこれまで行程上、組み込みを断念していた、「彼」の故郷を訪れる計画
福
(2010/3/31 撮影)
天王寺動物園の野間馬「福」くんの故郷、「野間馬ハイランド」に行ってきました!!

野間馬ハイランド
今治駅から自転車でスイーッと十数分、野間馬ハイランドに到着です。
ここから、まだちょっと坂を上るんですが。

(2010/3/30) 野間馬ハイランド
野間馬
いきなり第一放牧場です。
天気の都合で、火曜日に行ったのですが、火曜はまきば館(資料館・お食事)と乗馬、
ふれあい広場がお休みなんです。
入園料無料(乗馬などは有料)なので、地元の方の憩いの場ともなっているようです。

野間馬
おっとりフレンドリー野間馬
寄ってくると撮れないっての(コンパクト機しか持って行かなかったので)

野間馬
福くんタイプの子。天王寺の野間馬は、♀のあんりが亡くなっているので、
福くんを見て、野間馬はこういう栗毛の動物と思ってる人もいるかもしれませんが、
鹿毛、黒毛、葦毛・・・といった、家畜ウマに共通の色んな毛色がみられます。

野間馬
左から、栗毛、鹿毛、葦毛・・・ですかね

野間馬
塩土奪い合い

野間馬
仲良し
おとなしそうな馬ですが、気に食わないっぽい相手を追い払うシーンもありました。

野間馬
我関せず、なおにいさん。

日本在来馬の中で一番小さいとあって、可愛いです。
案内板に「いたずらしないでね」「さわった後は手をよく洗おうね」とあります。
となると・・・・・触らなきゃ! (何でも触れる機会には触ってみることが大事)
馬に声をかけて、しっかり注目してもらってから触らせてもらいます。
首を撫でてあげると馬は喜ぶのですが、厩舎のおねいさん方は食事に夢中。
放牧場の馬にアイコンタクトすると、背中撫でてくれ~と寄ってくる子がいました。
サラブレッドの滑らかな肌は撫でたことがあるのですが、
野間馬は全然印象が違って、「フカフカ」。抜け毛の季節でスルスルと毛が抜けてきたので、
手触りはなんだか犬を撫でてるような感じでした。

乗馬場
第二放牧場横の乗馬場。この日は休みでしたが、もともと4歳~小学6年までの
体重50kg以下のお子様が対象。オトナは乗れません。

野間馬ハイランド
第三放牧場方面からの施設全景。遊技場もあって、家族連れにいいでしょう。

オブジェ
入口の親子馬オブジェ。お父さんはフレーム外。

マスコット
ランドのマスコットマーク

マスコット

水道
水道もウマ

マンホール
マンホールもウマ

牛丼
肉、食うのか?

っと、こんな施設でした。ウマ可愛くて、予定よりダラダラ過ごしてしまった。

野間馬ハイランドの場所

大きな地図で見る

公式サイトはなさそうなので、施設詳細については
こちら「現代を歩み続ける!歴史の馬」へ

施設への行き方、ですが、
今治観光周遊バス「高虎号」の運行が、22年4月からは
野間馬ハイランド、来島海峡展望台の経由が廃止となったようで利用できません。
公共交通機関では、路線バスを利用することになります。
せとうちバス 今治駅前~菊間行き「延喜」停留所下車徒歩約10分

—-
さて、この後、しまなみ海道を自転車で渡ったわけですが・・・・・、
このところ胃が働いてなかったところに、朝食は、三度目なのに量が多いことを
すっかり忘れて頼んでしまった「たこいかうどん(中)」(めちゃくちゃ美味しいんですけどね、
小にしておけばよかった。弱った胃にもヘビーだし)。
前半、向かい風にやられてしまって、あっという間にガス欠。
補給を繰り返してなんとか予定通りに日帰りしまなみを実現しましたが、
無理がたたって、翌日の天王寺では「しゃがんだら立てない」状態に・・・、あーあ。

春はストレッチの季節・・・

と、いうわけではありませんが・・・・?

(2010/3/31) 天王寺動物園
センイチ
アムールトラ、センイチ編集長のストレッチ!
(あの重そうな倒木を浮かしてます)

ゴーゴ
ホッキョクグマ、ゴーゴのストレッチ! (って、思ったより伸びてなかった)

萌萌&ユジン
そして、チュウゴクオオカミのストレッチ!?

手前、ユジンさんはもう出産を目の前に迎えた妊婦さんなわけですが、
どうやらお腹が大きくなると、この足をべたっと伸ばした姿勢が楽みたいで、
ずっとこんな感じです。
相変わらずぐるぐる駆け回ってますが、横になるときにちょろっと失禁してます。
かなりぎゅうぎゅうに仔オオカミが詰まってる模様。今年は何頭生まれるかなー。

ユジン
お腹の様子が窺えるのは寝そべるときのほんの一瞬。
先週は仰向けになってくれましたが、もう無理そう。

ユジン
もうあとほんの数日で生まれそう。

シュタイン
ドールの方は、やはりダメだったみたいです。お腹ぺったんこ。うーん、来年こそは・・・。

さて、サバンナゾーンですが、
こらくさんから、新しい子が来てるよー、と聞いていた
ルナ
エランドの「ルナ(♀)」がようやく公園デビュー。
ナナさんに負けず劣らずかなりの美ウシさん。

ナナ&ルナ
ナナとはもうすっかり仲良くなったみたいで、頬舐めや頭スリスリの挨拶をしてます。
手前がルナです。けっこう違いがはっきりしてますね。
ルナは角が開いてないので、角だけ見ると男の子っぽい感じがします。
(ウシ科は♀の角が開き気味になってるのが多いんですが・・・)

ナナ&ルナ
アミメキリンのケニアがまだ警戒してるのか、ルナを追い払ってます。
ナナ、とばっちりを受けてますが、これからは二頭一緒なので、なにかと
心強いことでしょう。

ルナは群馬サファリパーク出身ということなので、もしかしたら会ってるかもしれないと
写真を漁ってみたら・・・
(2009/3/19) 群馬サファリパーク
エランド
彼女・・・・かな???
♀と子供の集団の中で、ちょうど一歳くらいなのは矢印の子だけだったのですが、
尻尾切れてるし(一年で回復するかなぁ?)、違うかもしれません :(m 残念

睡魔が・・・

年度末で有給消化のため(といっても、かなり流れた・・・ :(m )、お休みをいただき、

天王寺動物園の、彼 ↓↓↓ の故郷
福
○ま○ま○イ○ン○に行ってきました!
しましまアイランド、じゃないですよー

んで、翌日は、もう秒読み段階の・・・・

(2010/3/31) 天王寺動物園
ユジン
ユジンさんの様子を見てきたわけですが、うおぉ~~~っと、
もうあと数日で生まれそうな気配です、仔オオカミ2010。

っと、あまり調子のよくないとこ、無茶をしたので、睡魔に襲われてます。
詳細記事は後日・・・・・・。
って、記事にする頃には仔オオカミの方は生まれちゃってるかも!?