骨っこ習慣

(2010/8/15) 天王寺動物園

またまた骨っこが入りました。天王寺動物園チュウゴクオオカミ舎。
日曜日に骨っこが投入されることが多いみたいですね。


開園直後9:30過ぎ、オオカミたちの姿がまったく見えないときは
骨っこのサイン!
待ちきれない連中が騒いでます。


今回は、コヨーテの幸くんにも骨っこおすそわけがありました。
高齢のフクの分は無いみたい。


柵のそばまで出てきてくれたセグロジャッカルのカルくん。
ずっと奥に隠れてると言われますが、朝はちょこちょこ挨拶に出てきます。
意外と人懐っこい感じもするのですが、カメラを構えるとすぐ動いちゃうので
まともに撮れない・・・。
奥でゴロンとした塊を咥えてたので、ジャッカルも骨っこをもらえたみたいです。


今回はおすそわけがあったためか、オオカミ用骨っこは全部で5つ。
(前回は7つ入ってたと思います)
7頭居る仔オオカミは前回よりけっこう激しく威嚇して奪い合ってます。
親たちは自分の分を取る気はないようですし、オオカミ舎には
骨っこ8つ入れてあげて欲しいですね。7つじゃないのって? それは後述・・・。


あぶれた仔オオカミたちは元元におねだり。元元、骨っこ持ってませんが?
甘える前に鼻にしわを寄せるのはお兄ちゃんがちょっと怖いからのようですが、
一番慕ってます。


元元に人気が出てるのを見ると抑えにかかるチュンサン。
元元も調子に乗ってるつもりはないのですが。
まぁ、群れの秩序は上手く保たれています。


楽楽も人気者っぽいですが、元元と違って、お口から骨っこの匂いを
プンプンさせてるから仔オオカミたちが集まるのです。
萌萌(右)も物欲しそうですが。
でもね、このお姉さんはセコいよ!?


おねだりされてもあげません。大人げない楽楽。
飼育員さん、楽楽の分も骨っこ入れてあげてください。


お姉さん方が近付いて降参ポーズを取りつつも、骨っこは離しませんでした。
仔オオカミは生まれてからずっと下腹部には毛が無くてツルツルの地肌が
見えてたのですが、そろそろ毛が生えてきたようです。
でも、なんで子供のときはツルツルなんでしょうね。冷えないのかな~。

おまけの携帯用待ち受け骨っこです。横位置で見てください。
480×854機種向け縦画面(クリックすると縦画像が開きます)
(※携帯への送信方法、待ち受けへの設定方法は各自調べてください)

「戦時中の動物園展」開催中

天王寺動物園では、8/10(火)~8/15(日)の期間、
「戦時中の動物園展」を開催中です。

(2010/8/10) 天王寺動物園

今日は、土日に行けなかったので、会社をサボって午前休をもらって
天王寺に行ってたのでした。
ちょうど、本日からレクチャールームで開催されている、戦時中の動物園展
を見ることができました。
数々の写真や新聞などの記事、そして戦争の煽りを受けて殺されることと
なった動物たちの剥製が展示されています。


今日はフレンドリーに前面に陣取っていたヒョウのヒョンちゃん。
彼女の遠い遠い親戚の悲しいお話なども知ることができます。

けっこうスタッフの方多数動員されていて、気合いの入った展示なのですが、
あれ? 公式サイトでもブログでも案内が無い?
ってことで急ぎでご紹介です。
是非、見に行ってくださいね。
(8/11 追記) スタッフブログでも記事になりました。

亡くなった動物たちに千羽鶴を贈ろうコーナーがあるのですが、
スタッフの方に「よかったら折って行ってくださいね」と言われて、愕然!

折鶴の折り方、忘れた!!!

ということで、練習してもう一回行きます :(m

貴重な剥製は是非、生で見てもらいたいので写真は撮ってませんが、
その中に混じって一体だけ関係ない子が・・・。

天王寺まで来られない全国のオオカミファンのために掲載 :Dm
戦時中の動物ではありませんが、おまけで置かれていた、
昭和56年10月に上海動物園から来た黒変種のチュウゴクオオカミくんです。
これって、トイレの前のレリーフ?の子・・・かな?


この手の剥製の中では傑出した出来栄え。ちょっと左右の目の向きが変ですが。

生チュウゴクオオカミも一応・・・、

でっかいけど、今年生まれの仔ですよ。
朝は涼しかったためか、みんな元気炸裂でした。

天王寺オオカミ家長

週一オオカミチェック、日曜日の天王寺動物園です。
朝はちょっと風も出て涼しかったためか、これまで分散して寝転がってた
チュウゴクオオカミ一家も仲良~く集まってゴロゴロしていたりもしました。
しかーし、午後から日照が良くなって恐ろしい蒸し暑さに・・・。

この日は、北の国からお客様が来られたのでおもてなしを・・・
って、まぁ、ドゥドゥマーカー(※男性ホルモン弱め?なドゥドゥを発見する
度に知らせる)をしてたくらいですが・・・ :xm

(2010/8/1) 天王寺動物園

仔オオカミたち、かなーり大きくなりました。こうやって単独で写真にすると、
去年の子が顔なじみになってないと今年生まれか去年生まれか
分からなくなっちゃう。並ぶとはっきり違いますが。
今回のクリック写真はちょっとワケあってフルHDサイズです。
重くてすみません。


今日の主役は、珍しくメインのチュンサンです。お風呂、お風呂。


先週あたりは元元が大人気で、皆が挨拶に行ってしまい、
俺が家長なんだけど・・・と巡回するチュンサンでしたが、
この一週間の間にちょこっと元元を凹ましたようです。
元元は控えめポジション(天王寺では、強いのが人間に近い位置、
下っ端ほど奥で寝っ転がるのです)に移り、チュンサンは尻尾を30°に上げて
俺偉いんだぞパレードをしています。


が! 何故か突然モードが切り替わり、元元にべた甘えする不思議なチュンサン。
すぐ右にユジンさんが居たので、本当はそっちに甘えたかったのだと思います。


執拗にチュンサンの尻尾を狙う仔オオカミが一頭。
去年は仔オオカミ同士で尻尾噛み合って、ユジンさんと楽楽以外は
ヒョロヒョロ尻尾になってましたが、今年はどうなることか・・・。


猛暑対策か、ウ○コ対策か、普段より激しい水撒きが行われています。
水流に突撃するのは、楽楽。楽しそうです。


水をがっつり被った仔オオカミが一頭。
ずぶ濡れになった個体は何故か皆にガプガプされるオオカミの法則。

以前の記事で紹介した、オオカミ映画 Alpha and Omega 3D (国内公開予定なし?)
ですが、公式サイトがどんどん更新されており、すごく気合いの入った作りになってます。
壁紙はもちろん、大量のおまけPDFが・・・、ペット用首輪って・・・、どないすんねん!
Flashゲームも用意されていて、今は障害物避けと、Yes・No形式の
「貴方はアルファ狼?それともオメガ?」が遊べます。簡単な英語なので、
ちょいちょいと辞書を引けば答えられると思います。
ちなみに私は・・・・・オメガ狼でした。
考証てきとうなコメディ映画かと思ったら、けっこう真面目な設定みたいですね。

今日は骨っこ日和

久々の天王寺報告です。いやぁ、ほぼ毎週、仔オオカミの成長の様子を
確認しには行ってるのですが、サボり癖が・・・ :xm
日曜は朝イチで逆ルートから回ってドールたちと遊んでもらおうかと
(姿の見せ方によって、彼らの食い付きが違うのです)思ったのですが、
あれ? 誰も出てない???

開園時間過ぎても展示が始まってないと思ったら、飼育員さんが、
ゴロゴロと床に並べていきました・・・・・ほねっこ!

(2010/7/25) 天王寺動物園

コリコリジューシー軟骨に削り残しミートたっぷりサービスのほねっこですよ!
身の色から豚っぽいですが、ラーメンブームで品薄なトンコツではないような
気がします。


ガリッとゲットだ、楽楽。みんなが牽制し合ってる中、やっぱ図太い彼女。


ドールのシュタインもほねっこゲット。
コヨーテとジャッカルにはおすそわけ、無かったみたいですが。


軟骨ゴリゴリいきます


アインにも丸ごと一本。すっかりご執心で遊んでくれません。


仔オオカミたちも大はしゃぎですが、牽制し合ってなかなか
キープできません。


元元は悠々と自分用ほねっこゲット。特等席でガリゴリ。
こういうときは今、元元が一番強いみたいですね。


どうみても襲っているように見えますが、元元(右)に突撃挨拶をする
萌萌(左)。ほねっこで興奮しているようです。


すぐにお腹を見せて元元(上)の機嫌を取る萌萌(下)。
元元に媚びればほねっこがもらえると思ったのか、何度もこんなことを
繰り返してばかりで、なかなか骨をゲットできない萌萌です。
要領悪いよ!


ほねっこタイム開始直後、飼育員さんが置き忘れた?トレイをチェックする
オオカミたち。こういうときやっぱ頼りになるのは、母、ユジンさん。
・・・・・あれ? チュンサンどうした?


子育てモード継続中のためか、おねだりする仔オオカミを叱ってみたりもする
のですが、すぐ骨を渡してしまうユジンさん。優しいお母さんです。


チュンサンも自分では骨をキープしないのですが、仔オオカミたちが
元元におねだりしまくってるのを見てか、親の権威を誇示して回る始末。
次の繁殖期までは甘いパパが続くでしょうね。


明明もしっかりほねっこキープ。先週あたりに萌萌と和解したみたいなので、
今は2009年生まれの子たちでの争いは見られません。


楽楽がよそ見している隙に骨を持ち去ろうとする仔オオカミ。
何故か他の狼(ひと)のが欲しいらしい。この後ガッツリ怒られました。


数は十分あったので、しばらくするとだいた行き渡った様子。


「おかわり~」
いや、まだ残ってますが?

よく骨のかけらをおもちゃにしているのを見かけるので、
定期的にこうやって骨をあげているみたいですね。
いつ入るかは残念ながら分かりません。


ブチハイエナにもほねっこ提供があるかと思ったのですが、
無かったみたいです。近頃、息子、蓮を溺愛する愛。
女系社会のハイエナなので厳しくなってもおかしくないのですが。
夏のハイエナは何故か、お腹がぽっこりします。まんまるです。

カバのテツオとティーナは同居中。かなりラブラブで水上&水中キスを
繰り返してました。

雨が好き

ゴーゴも頑張ってTwitterで宣伝してるんですが、やはり客足が遠のく雨の日。
楽しいんだけどねぇ、雨の天王寺。

(2010/6/26) 天王寺動物園
愛
雨の日はガラス前に居ることの多いブチハイエナです。
写真の「愛」はまったりしてしまってるところですが、この直前は目玉クリクリ(友好的な
ときは目が真ん丸になるようです)にして尻尾振りながら何度もすり寄ってきてたんです。
雨の日は特にサービス増量。
犬みたいに尻尾を振るところが面白いのですが、
「収斂進化」という言葉があって、全く別種の動物が同じような生活環境で、
それぞれ似た特質を持つようになるというもの。
ハイエナとオオカミは全く別の種なのですが、仲間で臭いを付け合ってスリスリしたり、
尻尾を振ったりするところは社会性を保つために同じように発達した特質なのでしょう。

仔オオカミ2010
仔オオカミはちょっと生意気な顔つきになってきました。去年の子の同じくらいの頃よりも
度胸があって好奇心が強い感じです。三頭くらいは積極的に寄ってきてくれます。
まだドゥドゥ(♂)しか見分けがつきませんが・・・。(そのドゥドゥも、似た子がもう一頭いて
すぐ混ざっちゃうんだ・・・) ※写真はドゥドゥではありません

チュンサン&元元&仔オオカミ
このところ報告できてなかった群れの順位ですが、
ユジン>チュンサン>元元>楽楽>萌萌>明明
といったところです。
萌萌と明明が数週間に渡り争ってましたが、元元と楽楽が仲裁に入ったり、
助けを求められたりしてサブリーダーの地位を確定。今は明明が最下位に戻って
多少落ち着いた感じです。
写真は、真ん中がチュンサン、右が元元。
元元は(この瞬間は違うけど)耳を寝かして服従をアピールしまくるのですが、
転がって腹を見せるとこまではプライドが許さないらしく、頭の位置を下げません。
そして元元の方が背が高いので・・・。チュンサンは納得がいかない様子 :Dm

楽楽&仔オオカミ
あんまり怒らないので子供たちに人気のお姉さん、楽楽。
明明の方が優しくてほとんど怒らないのですが、子供たちよりオトナ間の順位付けに
気が向いてしまっているようで、あまり子供の相手をしなくなりました。

ホオジロカンムリヅルのヒナがまた孵ったそうです。
いつも来ているおじいちゃんが教えてくれましたが、明日にももう一羽生まれそう、とか。
親も神経質になると思います。首の毛をぶわっと広げるのは警戒しているサインなので、
よく見極めて、刺激しない位置から観察してあげてくださいね。

さて、このサイトを置いてるレンタルサーバのOS更新日が迫っていて、
スクリプトのバージョンアップをしなければいけないのですが、
なかなか重い腰が上がらず・・・。(真剣にやろうとすると記事書いてる場合じゃないので、
更新もままならず、という悪循環?)
なんですが、待ちに待ってた(←?)雨の週末。
晴れたらお子様優先になってしまう、あそこに行かねば!!
ということでフラフラと出掛けてしまう予定です。

そして、オオカミファンの方にご連絡。
発行されたばかりの東山動物園季刊誌 「ひがしやま 13号 2010夏」 なんですが、
今年生まれの仔オオカミのポストカードが付いてる!! のです。
大きさから見ておそらく生後一ヶ月あたりの写真です。寝室内なのでモザイク柵なしです。
売店などでバックナンバーでも買えますので、何が何でも入手しましょう!! :Dm
ああ、アオイにも会いに行きたいけど、なかなか・・・・