本日「も」天王寺っ! (&サポーター続報)

三連休のアタマ、土曜日の天王寺はすごい人、人、人。
うーん、入園無料Dayの王子に人が流れるかと思っていたら・・・? :Dm

空は快晴、そよ吹く風は気持ちよく、動物たちもすっかりマッタリモード

天王寺動物園 (2007/10/6)
テツオ
カバのテツオくん お魚に囲まれて鼻ちょうちん? ≫大きな画像

こちらはメガネグマ・・・何故、そんな三角座り!?
メガネグマ
えっと、中の人、お疲れ様です :Dm ≫大きな画像

さて、普段は「連射で時間よストップ」的な撮り方はしないのですが(銀塩時代の癖というか、シャッターひと押しごとに被写体と向き合いたいんですよね、とカッコつけてみたり)、カメラの性能がアップしたのが嬉しいので、ホッキョクグマのゴーゴくんにご協力願いまして、こんなシーンを撮ってみましたコーナーッ!
ちょうど14:15からエサやりタイムということなので、チャレンジしてみました。

開始前はダラダラ :xm いつにも増してノロノロ動作。ゴーゴの周りだけ時間の流れが遅くなったかのような不思議なゆっくり歩様で、どこか調子でも悪いのかと思ってしまうほどでした。
ゴーゴ
飼育員さん、マダー? ≫大きな画像

いきなり元気になるゴーゴ。それじゃ、準備運動いってみようかっ!
ゴーゴ
跳び箱ッ :Dm ≫大きな画像

そして、ダイブッ!
ゴーゴ
目ぇ閉じてるやんけっ! ≫大きな画像

お魚ゲッツ
ゴーゴ
大漁、大漁ぉ~~ ≫大きな画像

実は一度、獲物を見失ってしまったゴーゴ ≫大きな画像
ゴーゴ
お魚はあまりにも活きがよかったのか(というか、実際生きてて)、泳いで逃げちゃったのでした。
それでも、最後は捕まえて食べていたゴーゴ。野生の片鱗を見せてくれます :Dm

お魚は計4匹だったかな? 写真を撮るチャンスは一瞬で、なかなか難しいものですね。時間が、カバの歯磨きタイムと重なってしまうのも(写真撮りには)つらいところですが、何度も来園してもらうためにそうなっているんでしょうね。

実は、以前に撮ってたりするんですが :Dm
テツオ
※この画像だけ、古い日付のものです (2007/8/31) ≫大きな画像

本日の第一の目的・・・動物園サポーターに登録してきました。
ニュースなどでは「市民サポーター」となってましたが、公式には「市民」という言葉は使われてません。当然、市外の人でも登録できますよ。
(いつの間にか、公式サイトで申込用紙がダウンロードできるようになってますね)

お昼頃に申し込んだ私で40番台。申込用紙が切れてたりしましたから、思ったより順調にサポーター、増えているのかな。
登録して判明したことを数点、

  • サポーター登録証では、天王寺公園には入れない
  • 売店の割引は、「飲食物、書籍・CD類、遊具の利用」は対象外
  • 入園無料は、何口登録しても10回まで(前回書いた通り) 登録証に日付スタンプ押してもらいます
  • 入園してから申し込んだ場合は、500円返金してもらえます(無料入園が残り9回になりますが)

登録証で無料入園した場合、一度外に出てから当日中の再入園が可能かどうかは未確認です。

さて、一番気になる(と思う)、「登録証の提示による入園の際、記念品進呈」の記念品ですが、このようなものでした。
記念品
桜の木の輪切りに焼印が押されてます。
うーん、文鎮(ちょっと軽いけど)かコースター(ちょっと小さいけど)かといった感じです。いやぁ、UFOキャッチャーの安物景品みたいなのだったら困るなぁと思ってたけど、これなら嬉しいかも。
「記念品の指定はできません」ということですが、図柄を見る限り、登録証のスタンプ枠にあるのと同じ動物が順番にもらえそうです。次は・・・コアラ?
しかし、6番目の図柄・・・今はもう居ないニホンカモシカなんですけど・・・? :xm
(※「入園の際」という表現を見て、毎回もらえるものかと思っていたら、どうも初回のみのようです :Dm あはは。絵柄は変わっていくんでしょうか・・・?)

今日は丸一日かけて天王寺を楽しんできました。
もちろん、この子↓ともいっぱい遊びましたよ :Dm
アイン
かっこいいアインくんの写真、いっぱい撮れました。
近いうちにまた、イヌ科コーナーで紹介しますしてます。

天王寺動物園サポーター制度

ブチハイエナの愛と優
ブチハイエナの「優」くん(左は母の「愛」) ※古い画像ですが(2005/5/27)

47NEWSの記事によりますと、本日10/2より、天王寺動物園で市民サポーター募集が始まったそうです。
一般サポーターは一口 5,000円。まだ公式サイトにも案内が無く、詳細はわかりません。
アフリカのサバンナゾーンや、カバの水中透視プールで有名な「Z0021計画」の一環として以前より準備されていたようですが、実施が遅れてようやくの開始となったようです。
公式な発表はおそらくこちら 大阪市ゆとりみどり振興局 に掲示されると思いますが、現在、サポーター制度に関する記述は、「ゆとりとみどり振興局長改革マニフェスト進捗状況表」あたりにしか無いようです。
公式サイトで詳細が発表されました。
「天王寺動物園サポーター」の募集を開始します
定番の入園料免除、売店の割引、そして嬉しい「特別イベントへのご優待」。
記念品進呈ってのが少し気になりますね :Dm

サポーター制度に関して、以下のような情報が見つかりました。
辻よしたか氏のサイト の記事 マスコミ掲載-天王寺動物園の活性化を提言!
やはりというか・・・動物園の収支は厳しいようです :(m
(上野の入園料収入は突出してますね :Dm )

サポーター制度について、詳しいことが分かれば追って報告いたします。(←詳細発表されましたので)
週末にはたぶん・・・申し込みに行ってます :Dm
天王寺は応援したいコ、いっぱい居るので嬉しいニュースでした。

さて、この「一口5,000円で、登録期間内10回まで入園無料」というのはとても微妙な設定で・・・ :Dm
年に10回以上訪問するなら、お得な年間パスポートとして使えるじゃないかっ、と考える人もいるかと思います。ただ、サポート制度の主旨を考えると、入園料収益に繋がらないのでは意味がありません :xm
動物たちを応援するためには、年間入園回数×入園料 プラスアルファで出資するのが、口数の目安かな、と個人的には思います。
(ちょっと高いなーと思う、王子の年パス込み 10,000円や、東山の年パス別 3,000円もなかなか考えられた金額設定のようですね。入園10回でトントンというのは大阪らしい発想というか・・・? 裏目に出ませんように :Dm )
もっとも、元々どうしても赤字となる事業ですし、収益とは別にサポーター登録数などの実績をもとに社会的意義をアピールし、予算増に繋げることも関係者方の念頭にあると思います。
登録することに大きな意味があります。
普段動物たちのお世話になっている人、写真を撮る人、癒されたい人、レクリエーション・情操教育・知育に利用したい人、多くの人が、このサポーターに登録されることを願ってやみません。

追記(2007/10/5)
読売新聞のオンライン記事(※記事へのリンク不可ですので、関西発>季節自然>動物トピックスをご覧ください)に、「サポーターからの意見も運営などに役立てる方針」との記述がありました。これはなかなか嬉しい宣言です :Dm

本日の天王寺っ!

夜はけっこう涼しくなり、季節はもうすっかり秋・・・のつもりでいましたが、今日の天王寺動物園は残暑、というか微妙に感じる湿度とジリジリ照り付ける陽でけっこう辛かったです。

ライオン 天王寺動物園 (2007/9/22) ≫大きな画像
ライオン
暑いといってこれはダメでしょう(・・・いつものことか)
下あご触りたいなー :Dm

ケープハイラックス ≫大きな画像
ケープハイラックス
シイの実(かな?)デリバリー中

ケープハイラックス ≫大きな画像
ケープハイラックス
一枚どうですか? って感じだけど、もちろん、くれません :(m

アジアゾウ ≫大きな画像
アジアゾウ
両手ふさがってるので、お鼻で「ハーイ」 

▽本日のゴーゴくん。まったりモードで動きません。
なかなか飛び込み乱舞シーンに出会えないですね。 

ホッキョクグマの「ゴーゴ」♂ ≫大きな画像
ゴーゴ
「飛び込みは簡単には見せないよー」

ゴーゴ
百面相中・・・いい顔ッ ≫大きな画像

ゴーゴ
この表情も捨てがたい ≫大きな画像

さて・・・
例の子は? :Dm

▽おまけ追加
猫!?
サバンナエリアに猫乱入(ハイエナコーナー奥)
獲物を狙ってライオン気分かい?

去るものと訪れ来るもの

去る8/31に、天王寺動物園に行ってきました。話には聞いてましたが、確かめるのが辛いというか、足が遠のいていた天王寺。ゴーラルたちの住居は・・・やはり空っぽになっていました。

カモシカセンターから移転してきて、新居に慣れたかな、という頃の写真を少し。

(2007/4/14) 天王寺動物園
スクスク
ゴーラルの故「スクスク」♂ ≫大きな画像

ノンノン
ゴーラルの故「ノンノン」♀ ≫大きな画像

4月の頭から配られている園内パンフには、まだゴーラルの名前が載っています。京都へ行ったリィリイ♂も亡くなっているとのこと。これでカモシカセンター出身のゴーラルは、京都のホンホン♀だけとなってしまいました。 国内のゴーラルはラル♀との二頭だけとなり、昭和53年に親善大使としてやってきたゴーラルの歴史はこの代で終わりとなってしまうのが非常に残念です。

カモシカセンター閉園から追っかけをやってた者としては、彼らが話題にされないまま忘れ去られていくのがなんとも悔しい気分です。
和歌山のかもしか牧場へ行ったニホンカモシカたちも相次いで死去。残ったムサシくんの様子が気になって、先月会いに行こうとしたのですが・・・。電話で聞いて安否を確認するなんてことは自分的には許せず(自分の目で確かめるのが信条です)、ついでに山歩きをしようと(これが間違い)大塔山を裏から越えて行く計画。結局、仕事(他グループのフォロー)で呼び出され、天候は崩れ、最後にスズメバチに追われて逃げ帰る、という散々な目に :xm ムサシくんの近況は分らずじまいでしたが、また会いに行くつもりです。  しかし・・・、何やってんだろうなぁ、自分 :(m

もう一つ、8/31の園内にはこんな悲しい知らせが・・・
coy.jpg
しかし、天王寺は何でこういうとき動物の愛称を書いてくれないのでしょうね。

えっと、タイトルの「訪れ来るもの」は・・・すいません、なんとなく書いちゃっただけです。
悲しい話ばかりなのもなんなので、おまけをどうぞ。

おまけ 2007/4/14 のゴーゴくん ≫大きな画像
ゴーゴ

▽画像追加(2007/9/6)

(2007/3/28) 天王寺動物園
桜
コヨーテの故「桜」♀ ≫大きな画像
♂のコヨーテが居なくなってから、いつ見ても寝そべっているようになってました。