息子よ、父を超えてゆ・・・かないで

連休前にちょいと顔を出してましたが報告してなかった天王寺、
二週ちょい振りに訪れました。
今回はちょっと思うところがあり、カメラなし(携帯は持参)です。

まず、ドールのシュタインですが、期待を持たせてしまってすみません・・・、
今年もダメだったようです。4/28の時点でお腹がぺったんこなのを確認済。
ただ、寝てるときは今でも若干膨らんでるのが謎です(そういう体型?)。
獣医さんに会ったのですが他に色々あってドールのことは聞きそびれました。

Twitterで関係者の方が紹介してましたが、
天王寺ではまだオフレコ・・・? の池田(岡山)から来たあの子。
そろそろ外に出す練習をするとのことで、平日に行けば会えるかもしれません。
「あの子」は色白のイケメンだそうですよ~。
池田からは他にも動物(たち)が来てますが、気配なし。
普段から隠れてる動物なので元から居る子も見えませんでした。

ジャガオくんのお嫁さんとしてやってきた、ジャガーのルースちゃんが
公開されてます。しばらくはジャガオと交代展示とのこと。
右の岩の上で少し緊張した感じで外の様子を窺ってます。
動きが優雅な(気がする)美豹さんです。

ホッキョクグマのゴーゴも、捻挫の影響でバフィンさんと交代展示です。

発情期はとっくに終わってるはずなのに、別居体制が続いていた
チュウゴクオオカミ舎。最近になってようやく同居が始まった模様。
(去年の12月頃から、父チュンサンと息子の元元だけ、昼間はバックヤード、
 夜は柵越し隣接、という体制になってました。
 体に負担のかかる抑制剤を使わずに繁殖制限をする方針でしたが、
 子供ができなかった分のエネルギーが蓄積したか、ユジンさんが
 コロッコロに太ったという弊害が・・・?)
♀10頭の中に1頭だけ取り残されていたドゥドゥ♂、三月頃までは
姉妹たちにやられっぱなしだったのですが、どんな心境の変化があったか、
強い子になってました。人間の姿にもオドオドしなくなったかな。
チュンサンがご無沙汰していた放飼場の様子が気になる素振りを見せる傍で、
無頓着な元元、弟妹たちに順位付け&慕われ。
チュンサン、狼望度で負けるのが嫌か、元元を激しく威嚇、
以前は父には従順だった元元が、ここで尻尾を上げて対抗しているため、
かなり険悪なムードになっています。(チュンサン尻尾下がってるよ!)
一応、元元側が耳を寝かしてますが、体格的体力的に元元の方が明らかに上な
ためか、チュンサンの抑えが怪しくなっています。
ユジンさんは久々にチュンサンとラブラブモード。軽く添い寝したり、
並んで歩いたりして嬉しそうなのですが、元元が割り込んでチュンサン激怒。
ユジンさんは息子にやたらと甘いものだから・・・。
♀二番手の楽楽、ちょっと陰が薄くなってますが、妹たちの躾を頑張ってます。
ユジンさんが、「子供はこうやって抑えるのよ!」とチュンサンに見せつけるように
(特に悪いことしてない)楽楽をビシーッと叱咤。楽楽、哀れ。
でも、やっぱり元元には甘甘なユジンさんです。
こうして見ると、オオカミは♂の序列と♀の序列で別のラインができていることが
確認できて面白いです。
ユジンさんはマーキングなど、チュンサンとのペアをしっかり堅持しているものの、
たまに元元に甘える様子を見せたりするので、
♂の順位変動がちょっと気になる天王寺です。

#現在、トップに表示している被災地動物園・水族館の支援についてですが、
まだまだ復興に必要な額に届いていないそうです。
継続的な支援活動が必要です。引き続き応援お願いします。

嬉しいお知らせ

ちょっとご近所の札幌というところに出かけてくるのですが、
その前に・・・

(2011/4/6) 天王寺動物園

今年こそは・・・の天王寺、ドールのアイン♂とシュタイン♀
シュタインがちらっと見せてくれたお腹には・・・・・何か詰まってる!?
乳頭もしっかり浮き出ていて、今年は何だか違って見えます
(二年連続、偽妊娠らしく、少し膨らんだけれど・・・という状態でした)。
真っ赤なちび毛玉が駆け回る姿を見られるようになるかもしれません。

バフィンさん無双

3/25(金)、浜松市動物園から天王寺動物園にやってきた、
ホッキョクグマの「バフィン」さんのお披露目式がありました。
Twitterで全国の白熊ファンにリアルタイム報告しようと、
有給取って、会いにいってきました。
(写真はすでにTwitterで流しているものと同じですが・・・)

(2011/3/25) 天王寺動物園

10:00すぎ、551蓬莱の田中常務に呼ばれて出てきたバフィンさん、
観客の姿に照れながら、なんて報道されてますが・・・、しかーし!


実際はかなりのおてんばさんなのです!!
この日から(おそらく同居まで)当面は、午前…バフィン、午後…ゴーゴの
ローテンションであると発表されたのですが・・・・・

バフィンさん、お昼過ぎても帰らなかった!!

そうです(私は撤退してました)。そして翌日3/26も、ゴーゴの出番なしだったとか!
むぅ・・・、先が思いやられますよ、ゴーゴ。

そんなバフィンさんですが、遊び好きなところはゴーゴそっくりでも、
仕草がなんだかちょっと可愛いのです。

水に入った後、背中スリスリしているところ(ゴーゴはあまりやらないように
思いますが、他園のクマではよく見ますね)。
手つきに注目!!

力が入ると手が寄っちゃうのかな・・・?

このポーズ、この手つき、バフィンさんのトレードマークになりそうです。

浜松時代もこんな感じ。

以下、はしゃグマ(だからそれは海遊館だって)バフィンさん
激写画像集です。


ゴーゴも注目、魅惑のお尻。か、かわいい・・・

なんかもうすっかり天王寺に馴染んでます。

シュート! やはり手が寄りぎみ

ゴーゴ愛用の枕木で大はしゃぎです。

こんな感じで遊びまくりのバフィンさん。
さぁて、ゴーゴはいつお外に出られるでしょうか?
(3/27もゴーゴは出られなかったそうで・・・)


ゴーゴとバフィンの応援と併せて、被災地への支援もお願いしマース
(各地の募金箱設置情報はこちら

弱気なお姉さんは好きですか

二日連続の天王寺です。ちょっと気になることがあったりなんかしたりして。

(2010/9/26) 天王寺動物園

久し振りに、プレイバウしてくれた元元(げんげん)。でも、ガラスが邪魔ですぐ気を逸らせてしまうんだよなー。
じゃれつかれて血まみれにされたいです(オオカミ同士で育ってるので、相手に毛皮と
皮下脂肪があること前提で遠慮がないはず)。
元元(げんげん)、昨日は怒りまくったので、今日は仔オオカミに甘い顔するキャンペーン中。


父にも甘噛みで。上からのポジションだけどチュンサンが怒らないのは、
元元(げんげん)のことを認めてるからでしょう。いい感じです。
私も甘噛みされたい わ~~~。
でもおまえ、さっき明明(みんみん)の首についたウンコにスリスリしてただろー。


で、その明明(みんみん)なんですが、昨日は全然カメラのフレームに収まってなくて、
気になってたのです。今日は首にウンコつけてたので分かりやすかったぜ!
↑ はユジンさんに挨拶中の明明(みんみん)。


で、何で明明(みんみん)の存在が希薄になっていたかというと、7頭の仔オオカミたちと
完全に混ざっちゃっていたからです。他のお兄さんお姉さんは、飛びかかってくる
仔オオカミたちを軽くいなして堂々とした感じなのですが、
明明(みんみん)は一緒になって追っかけっこ。
去年生まれの4頭の中では一番下っ端になってしまった明明(みんみん)ですが、
順位付けの取っ組み合いが始まった2010年生まれの仔オオカミたちの中に
同レベルで混ざってしまってます。
こういう下位のオオカミって、精神的に子供なのでしょうね。
走り回ってかなり嬉しそうです。
ただ、そのうち体格の良くなってきた子に負けてしまうこともあるでしょう。


恒例の水浴び。ノリノリなのは、いつもの楽楽と明明(みんみん)。
ここに萌萌(もんもん)がちょこちょこと加わり、仔オオカミたちが突っ込む、という状況です。


がっつりと誰かの軟便を毛皮に塗り込んでしまった仔オオカミ。
みんな、軽く様子を見てますが、特に激しく反応してません。
オオカミはこんな風に仲間の臭いを自分の体に着ける習性があります、が・・・
これはちょっと見た目的に・・・・・。


仔オオカミたちがかなり大きくなったので、体格的に紛れてしまって存在が分かりにくいのが、ユジンさん。
走り回ってるときは尻尾が持ち上がってるので分かるのですが、
寝そべってると、あれ? と思うことがあります。
顔で見分けられる人は、このクールな目つきを目印に!


あるいは、この謎のウダウダ転がりを・・・。ユジンさん以外はあまりやらないです。
しかし、クール台無し!

以下、オオカミの話題ですが、ちょっと二次元の話なので、興味のある方だけどうぞ。
続きを読む

怖いお兄さんは好きですか

久々の更新になってしまいましたが、天王寺、ちょこちょこ観察には行ってました、チュウゴクオオカミたちの近況~!

(2010/9/25) 天王寺動物園

お客さんの居ないうちに、オオカミたちと思いっきりかけっこ。楽しい~~~。
よくガラス越しにじゃれついてくれるのですが、カメラを向けると・・・うう、撮れない。
朝イチしか遊んでくれなかった去年の子に比べ、今年生まれの子はノリノリです。
(といっても、朝イチで挨拶してくれるのは去年の子で、彼女らと走ると、
 今年の子にもエンジンかかるような感じ)


仔オオカミたちの顔、けっこう個性が出てきました。
(違うことは分かるんだけど、名前と結びつかないから覚えられない・・・)
この子は萌萌と同じでフカフカ遺伝子を受け継いでます。
でも、まんまるに見えるのは今のうちだけかな?


当の萌萌は一時期、みんなにガブガブされて毛が薄くなってましたが、
ちょっとずつフッサり感が回復。
それでも、最初の年ほどフカフカにはならないようです。
あ、またこの子は怪我しちゃってー(先週からですが、治りが遅いみたい?)
たぶん、楽楽あたりと取っ組み合いしてて引き際を誤ったのではないかな。


優劣はしっかり付いてる、萌萌と楽楽ですが、たまにこうやって楽楽が順位の確認をします。


近頃天王寺オオカミ舎で流行りの優位ポジション。
何故か、お尻を相手に乗っける。そして何故か他の個体に伝染する。


去年の子と違って、今年の仔オオカミたちはもうそれなりに順位付けの取っ組み合いをしています。
(お兄さんお姉さんが圧力をかけてくるのと、頭数が多いのとで社会性が身についてくるのが
 早いみたいです)
パパ、チュンサンもしっかり家長の立場をアピール。
顔は怖いですが、デモンストレーションなので本気で怒ってるわけじゃないです。
怒った後は甘噛みで毛繕いをしてあげたりと飴ムチ作戦。


群れで二番手のポジションに収まった元元。
(昔は気が小さい方で楽楽に押されるかと思ったのですが、楽楽が気まぐれな性格だったためか、結局元元が2009年生まれの子の中ではトップになりましたね)
チュンサンに倣って、態度の大きい子を見つけては叱りつけます。
お客様からは「エラそうにしててムカつく~」と、かなり株を落としてしまった元元ですが、
群れの秩序を維持するには必要なこと。
怒られたからって仔オオカミが元元を嫌うわけじゃないんですよ。


仔オオカミたちに人気があるのは、母、ユジンさん。まだ好きにじゃれつかせてくれるので。
去年の子もしてましたが、何故か母の背中の毛を引っ張るのが好き?
さすがにしばらくやってると怒られます。