オオカミになろう

———-
#「ヨーロッパオオカミ」で検索されて来る方が多いようですが、うちはどちらかというと・・・
# 「シンリンオオカミ」の記事が充実してますので、是非ご覧になって下さい。
# 「チュウゴクオオカミ」も増殖中
#掲載されている写真のご使用については、特に制限はありません。
#詳しくは、「はじめに」をお読みください。
———-
次は羽村のおかかの記事の予定だったんだけど・・・・。

東京ズーネットのメルマガ「ZooExpress」を購読することにしました。古くからネットをしている人には悪名高きあの「ま○ま○」配信なのが気になったのですが・・・やっぱりというか、続々届く「ウィークリーま○ま○」 :(m それ、週刊じゃないだろ!!
で、やっと本命のZooExpressが来ましたよ。
今号は・・・ふむふむ・・・。

(2008/7/19) 多摩動物公園
多摩っ子
(写真はちょっとエントリーとは関係ありません :Dm )

ZooExpressの編集後記(いきなりそこへ飛ぶんかいっ)に、オオカミ生態体験ゲーム?「WolfQuest」の紹介がありました。
そういや、ありましたねー。楽しそうなんだけど、オンラインゲームで英語版のみってことで無理だなぁ、と諦めてたんですが・・・・・
えっ? シングルプレイヤーモードもあるの!?

ってことでね・・・・・

日本語解説サイト、作りましたッ!! :Dm

よかったらご覧になってくだせぇ。
WindowsとMacintosh両対応で、必要スペックはここ2年くらいに発売されたマシンなら充分動くレベルです。
遊んでみた感じは・・・、まだベータ版というか入門用バージョンというか、ちょっと詰めが甘いようですし、教育用&オンライン(も可の)ゲームなだけに易しく作ってあります。ヘビーゲーマーにはかなり物足りないかも?
オオカミ一頭(または二頭)でエルクを狩れちゃったり、ウサギ食っても腹の足しにならなかったり、ちょっと無理がありますが、今後の追加シナリオ(別バージョンで提供されるみたい)ではもっと色々オオカミらしい生活ができそうで期待「大」です。
オンラインプレイでも、実は「プライベートゲーム」ってのがあって、日本人だけで集まって遊ぶこともできそうです(だって、チャットでネイティブの人と会話できねーもん・・・)。チャットは日本語打てないし、チャットウィンドウがフリーズしたりしますが。

ちょっと不満なのは、自分の意思でお昼寝できないこと(オオカミって日中ゴロゴロしてるもんですよ)と、現バージョンではマーキングが使用不可っぽいところ。マーキングしてぇよぉ~~~。
あと、夜が来ないし、ずっと秋だし・・・・。

—-
いつか紹介したいと思ってたのですが、実は十数年前にも、Sanctuary Woodsという会社が発売した、「WOLF」(そのまんまや)という2Dのオオカミシミュレーションゲームがありました。
こちらはゲームとしてもかなりの出来栄えで、四季の変化があり、子育てありで、シミュレーションモードにすると延々ゲームの中でオオカミになり切って遊べました。
シナリオモードもあって、指定されたミッションをこなしていくようになっています。
こっちのゲームは喉は渇くし腹はすぐ減るし、夜になったらみんなでゴロ寝するし(夜行性ちゃうんか?)、若いオオカミが喧嘩売ってくるし、ハンターはヘリで襲ってくるし、家畜を襲えばライフル持った人間がゾロゾロ出てくるし、生き抜く緊張感のあるゲームでした。

386SX以上、等速or二倍速CD-ROMというスペックの時代のDOSゲーム。もう動くマシンもありません。Micr○soft Virtual PCでなんとか動かしてみたんですが、VGAのエミュレートが不完全で座標が狂って遊べなかったんです。 だもんで、いまさら紹介しても・・・と思ってたんですが。
なんとか動かせないかなぁ。

このSanctuary Woodsという会社、「LION」という舞台をサバンナに、キャラをライオンに変えたWin95用ゲームも発売しましたが、その後潰れてしまったようです。
しかしWOLFのCD-ROM版に入っていたおまけのサウンドトラックはかなりいい曲で、人気もあるらしく、近年になってCDDBに登録されていたりもするんですよ。
WolfQuestのBGMはこれを知ってるとちょっと物足りなかったりします。

—-
(2008/7/28)
調べたら、動かす方法が見付かり、あっさり動きました、WOLF :Dm
WOLF こんなゲーム画面です。(クリックで拡大)
WOLF 家族五匹(子供二匹居るの見えます?)で寝てるとこ。
雪が降ると、水場に行かなくても喉を潤せるという
凄まじいリアリティ!?(実際のオオカミも雪を口の中で溶かして飲みます)
こんなゲームが1994年に作られてたなんて。(私が入手したのはもっと後ですが)
確か、何かの賞を取ってたと思います、このゲーム。
WolfQuestもそうですが、こういったソフトの市場があり、正当な評価を受けている国があるってことが羨ましいです。

やっと会えたね ~ 多摩シャモア

2006年11月末の日本カモシカセンター閉園から一年半、今年のGWに多摩動物公園にて、カモセン出身のシャモアたちの一般公開が始まりました。長かったな~ :Dm
なかなか時間が取れなかったけど、やっと会いに行けました。

(2008/7/19) 多摩動物公園
ヤックル
♂のヤックルと・・・
アルプス
♀のアルプス
お久し振り~~っ 元気そうでなにより。朝イチは二頭とも奥で反芻をしておられました(※「アルプスの貴公子」なので敬語です :Dm )
この二頭の息子、モンブランくん(2006/5/22生まれ 2歳)は施設が整備され次第の公開となるようです。
多摩では二頭の誕生日も公開されてました。
ヤックル:1998/6/19生まれ
アルプス:2002/5/19生まれ
だそうです。

しばらくして戻ってみると、降りてこられてました。
アルプス
こちらはアルプス(こっから下の画像はクリックで拡大)
ヤックル
そしてヤックル
シャモアは人間に対しては同族と同じように威嚇をしてきます。♂と♀でも争うので、ケージは分けないといけないのですね。怖がらないので、すぐ近くまで来てこちらを観察しています。職員さんのスクーターの音からは逃げていましたが。
ヤックルの顔のそばにある枝は、頭を掻くために格子に括り付けられてるもの。このあたりの気遣いがしっかりしてるところが、さすが多摩。 ←これ、エサの残骸だったようです・・・

ヤックル
ヤックル
アルプス
アルプス
カモセンに居たときより、どちらも少し小柄に見えるのは夏毛だからでしょうか。
アルプスとモンブランの冬の様子はこちら
二頭の顔はけっこうそっくりで(アルプスの方が白い部分が少し黄ばんでるんですが)、これじゃ大きくなったモンブランが出てきたら、三頭とも同じに見えてしまう? :Dm
シャモアを(というか、カモシカ全般)見分けるには、角が決め手です。
ヤックルは根元にはっきりした横筋が入っていて、あちこち凸凹してます。アルプスの方は横縞が細かく、縦の筋が目立ちます。

ヤックル
ヤックル
アルプス
アルプス

前回、年末に多摩に行ったときは案内所のお姉さんは存在すら知らなかったようで、「広報には出てませんが・・・」などと言われたシャモア、今年度の予算が付くまでは公開できなかったんでしょうねぇ。
GW合わせで突貫工事の印象がありましたが、それでも園内の一番静かで涼しい場所に展示場を作ってもらえてひとまずよかった。
シャモアは国内ではここと那須どうぶつ王国にしか居ません(那須の方は公開されているのかどうかも不明です)。特に♀はもう多摩のアルプスしか居らず、とても貴重な動物となっています。この記事をご覧の皆さんも会いに行ってあげてくださいね。
多摩も繁殖を手掛けてくれるといいのですが・・・(ケージを分けなきゃいけない動物であることを考えると、カモセンの環境はよかったんだろうなぁ)。

カモセン出身の動物たちは色々と人間の都合に翻弄されてきたような気がします。悲しい別れも多々ありました。
思うところはいっぱいあるのですが、またいずれ(カモセンの動画も未編集で放ったらかしだしね・・・)。

いつもの癖で、シャモアたちに「また会いにくるよ」と約束してしまった。
多摩、遠いんだよなぁ・・・・ :Dm

多摩仔オオカミに関する考察?

噂の多摩動物公園、5/13に生まれた仔オオカミ、生後約二週間目の様子です。
自分で歩き回るようになってから会いに行きたかったのだけど、出張のついでに寄れるとなれば、行かねばなるまい :Dm
うにさんの動物園始めました。の記事を確認させていただいてたので、朝から張り込めば仔オオカミに会えるだろうと踏んでいました。というか、ご本人にもお会いして、一緒に観察(監視?)。おかげさまでバッチリ撮れました。仔オオカミ。
今回は多摩用新兵器を投入しましたので、大幅にトリミングしてもぜんぜん平気。拡大画像は、ピクセル等倍でお送りしてみます :Dm

目が開いてます ≫等倍画像(でかいよ)
多摩仔オオカミ
このくらいだとまだよく見えてないそうですが

ガブッと ≫等倍画像(でかいよ)
多摩仔オオカミ
丸齧り(違う)

よいしょ ≫等倍画像(でかい、でかい)
多摩仔オオカミ
このくらいのときは首の後ろを咥えられないのだろうか?

1日に1回~数回、こうやって巣穴から仔オオカミを出してお披露目式? がされるそうなのですが、何のためにやってるんでしょう。
野生下では頻繁に巣穴の移動があるようですが(でも、もうちょっと仔が大きくなってからだと思うのだけど)、モロ(母オオカミ)は子供を連れ出して、また元の巣穴に戻してしまうので、目的はよくわかりません。
今日は一度だけ、仔オオカミの口からポタポタッと白い液体が落ちるのが見えたような気がする(写真には写ってませんでした :(m )ので、もしかしたら、授乳の手際がよくなくて、巣穴の中で体勢を整えられないために仔オオカミをいったん外に出してるのではないか、そうなってしまうほどいっぱい仔オオカミが生まれてるのではないか、などと考えています。

さて、棚ボタ的に仕事で北海道に行くことになり、その帰りに多摩へ。都合三日間で5つの動物園をハシゴするという滅茶苦茶な週末になってしまいました :Dm
本記事は速報ってことで。オオカミ写真はまだまだあるよ :Dm
あとは釧路と旭山と円山と羽村と・・・さすがに疲れたので続きは後日。