ラン丸くん特集!

(2006/10/21) 東山動物園
ラン丸
ドールシープのラン丸くん(♂)

東山動植物園の季刊紙「ひがしやま」04号(2008年 春号)が発刊されました。
この「ひがしやま」、園内の売店で買える(420円)ほか、サポーター登録すると郵送されてきます。

さて、今号の飼育だよりのコーナーで紹介されてました、ドールシープの「ラン丸」くん、もうすぐ10歳で、東山最長寿記録とタイ。記録更新が見込まれています。
国内で唯一、東山動物園でしか飼育されていない、珍しい動物です。

彼のカッコイイ姿を撮りたい撮りたいと思ってたけれど、なかなかいいポジションに来てくれなくて・・・と思っていたら、古い写真にけっこういいのがありました :Dm

名前プレート
【DATA】
種:ドールシープ (ウシ科です)
本名:蘭丸(らんまる)
性別:Male(♂)
誕生日:1998年5月2日 もうすぐ誕生日!

この名前プレートのおかげか、「お客さんに名前呼ばれる率」東山ナンバーワンかも?
声かけてあげてね。(すまし顔してるけど、多分、聞こえてます)

(2008/1/20)
ラン丸
全身像です。この角、すごい存在感 :Dm
角に隠れて目立ちませんが、可愛い耳してます :Dm
飼育員さんが格子の向こうから「おはよー」って手を振ったところに頭突きをドシンドシンとかました直後の写真。まだまだ元気です。

(2006/10/21)
ラン丸
ごくたまーに歩き回ってるところに遭遇します。近くで見られたらラッキー。

ラン丸
普段は岩の上でまったーりと。

ラン丸
縦位置でパチリ

(2008/1/27)
ラン丸
東山ではこんな感じで自然の中に居るように撮れたりもします。

(2006/10/21)
ラン丸
みんな、会いに来てね

カバのテツオくん特集!と今週の天王寺っ

「歯磨き」と並んで、大人気 :Dm の「カバのえさやりタイム」
AM11:15頃(毎日、なのかな? 平日もやっていたような・・・)に行われます。大きな口を開けてエサをもらう巨体のテツオくんの姿はなんとも和みます。
園内放送では、このテツオくんのエサやりの案内だけがありますが、実はこの前に、隣のプールに居るナツコ(♀ テツオの母)とティーナ(♀)にもエサが与えられています。彼女たちは陸に上がってお食事をしているみたい。プール横から見ることになるのでちょっと見えにくいですが、11時前あたりにカバ舎へ行ってみてね。

それでは、テツオくんのお食事の様子 ↓

天王寺動物園 (2007/10/20) カバの「テツオ」(♂)くん ≫大きな画像
テツオ
大怪獣、上陸~~ッ :Dm

テツオ
早くちょうだ~い ≫大きな画像

テツオ
横から。 お口を開けて待つだけで、給仕さんが食べさせてくれまーす ≫大きな画像

テツオ
うーまーいー ≫大きな画像

テツオ
水の中に戻ってから、「思い出しウマイ」 :Dm ≫大きな画像

今週のゴーゴくん
ゴーゴ
あぐあぐっ ≫大きな画像
おもちゃで遊んでいると思ったら・・・この後、木片の尖った部分で胸をざくっと引っ掻いて、悶えたゴーゴくんでした。(アングル悪かったので、「あつッあつッ」っと胸を払ってる姿は撮れませんでしたが)

お父さんとおんなじポーズッ!?
カリフォルニアアシカ
カリフォルニアアシカの親子 ≫大きな画像
奥は♂親の「ミーク」くん。子供たちの名前はまだ付いてないのかな?
6~7月に生まれた子供たちは元気いっぱい。
喧嘩なんかもしたりして ↓↓↓

本日の京都っ!

いえ、もう「昨日」ですけどね :xm
こちらもかなりの暑さ。いつもより、人の退散する時間が早いような気がしました。

アミメキリンの親子 京都市動物園 (2007/9/22) ≫大きな画像
未来と竜王
うわさの母子 「未来(みらい)」♀と「竜王(りゅうおう)」♂
愛情、愛情ぉ~~ 竜王はちょっと迷惑?

さて、本日のお目当てはこの子、クロハゲワシ ≫大きな画像
クロハゲワシ
あちこちの動物園に行ってる人なら、「えっ? 何、この鳥?」って思うはず。
全国で2園(※jaza加盟施設中)でしか飼われていない珍しい鳥です。
お顔の青いポイントが特徴。アングルによってはすごくカッコイイけれど、別のアングルだと・・・ :(m
今回の撮影はなかなかいいポーズをとってくれず、不本意な結果でしたが、
代わりにいいもの見られましたっ。

飼育員さんがコンドル舎へ・・・・ ≫大きな画像
コンドル
おおっと、手から餌もらってるよー!!
(この子は「ジョウ」くんっていうらしい)

餌まだ? 次こっち? 餌、早く! 餌、餌、餌~!
クロハゲワシ
待ちきれずに、足踏みっ♪

はい、あーん ≫大きな画像
クロハゲワシ
猛禽類は賢いのでこういう餌やりできるんですね。
しかし、もらってるそれって・・・ト・・・

同居のオジロワシも餌をもらってますが・・・ ≫大きな画像
オジロワシ
どう見ても、トリ肉です :(m

以前は二羽居たクロハゲワシですが、一羽になってしまっています。国内飼育は佐世保の「若子」♀と二羽だけになってしまったのかな :(m
猛禽類の餌やり、この日は午後2時50分頃でした。可愛いので見に行ってね。
(※アナウンスされてないので、いつ始まるかははっきりしないのですが)

本日のアムールトラ 「アオイ」♀ ≫大きな画像
アオイ
見慣れぬ物体(プラ製のフタ?)にめちゃくちゃビビり中
恐る恐る
手を伸ばしてみたとこ

ゴーラルの話題ウシ科コーナーへ :Dm

王子動物園ふれあい広場~ヤギたちと遊ぼう(後編)

「王子のヤギたちと遊ぼう」、後編は彼らに喜んでもらう方法を紹介、そしてちょっと皆さんに「お願い」があります。 

王子動物園ふれあい広場~ヤギたちと遊ぼう(前編)を先にお読み下さい。

それでは、触らせてくれる順に :Dm メンバー紹介。

ソラ(♀) ≫大きな画像(左)(右)
ソラ ソラ
ふれあい広場のアイドル? ソラ 広島県 福山市立動物園出身のコガタヤギ(ピグミー種)
見た目おっとりしていて、気立てがよく、義理人情に厚いヤギ? :Dm ヤギは犬のように分かりやすく感情をオモテに出したりはしないのですが、付き合ってるうちに繊細な心の動きが分かってきます ((繊細じゃない子も居るんですが。京都市動物園の「ほるす」とかほるすとかほるすとか・・・彼のお話はまた今度 :Dm ))
おっとりしているように見えて、ヤギ同士には容赦がないです。イヴと仲良し。
広場をぐるっと周回する、お散歩モードに入ったときは相手してくれません。いや、拾い食いに集中してるので邪魔をしないように :Dm 1~2周すれば落ち着きます。触られたいときは人ごみにそっと寄って来ます。
【快感ポイント】
お腹、脚、角以外はどこでも触らせてくれるソラ。まずは軽く頭や首から背中にかけてを撫でてあげてください。仲良くなったら、じっくりマッサージ。首の左側を上から下へ撫でられるのが大好き。ヤギは気持ちいいときは刺激のある方へ首や頭を傾けます。耳の後ろと角の間を掻かれるのも好き。
撫で終わって、頭を軽く擦り付けられたり、見上げるように見つめられたら、ソラに気に入られた証拠です。

イヴ(♂) ≫大きな画像
イヴ
ミミナガヤギのイヴ たぶん王子動物園生まれ
見かけは怖いけどけっこう人懐こい。
飼育員さんや大人の人間には頭を寄せて甘えてくるのですが、実は子供がちょっと嫌い。頭で押し退けようとすることがあるので気をつけてください。
他のヤギが撫でられていると、自分も撫でて欲しくて割り込んでくることがあります。
【快感ポイント】
柵のそばに来ているときは撫でて欲しいモード。頭を鷲掴みにするように撫でられるのが好きです。背中はゴツゴツしてるので撫でられるのは苦手なようですが、首を撫でられるのは大好き。柵の外に出ているときは(首を撫でてくれる人には)体を押し付けるようにして「撫でて」とアピールしてきます。ちょっと強めに首を上から下へさすってあげましょう。

すすむ(♂) ≫大きな画像
すすむ
2006/9/26生まれ 兵庫県小野市共進牧場出身のコガタヤギ?(ソラと同じと思うのですが、もっと大きくならないと分かりません)
王子にやってきてからオトナのヤギたちに序列を叩き込まれ・・・体の大きな相手はまだ怖いすすむ(&きょうこ)、正面から迫るのではなく、柵越しや、ふれあいサークル(石の囲いになってるところ)で寝そべってるときに撫でてあげてみてね。
ソラと同じでお散歩、拾い食い大好きです。
【快感ポイント】
すすむはかなりベタベタ触らせてくれるヤギになる兆候があります :Dm
左のほっぺや、首の左側を撫でると顔をペッタリとくっつけて気持ちよさそうにします。(何故かヤギってどの子もどちらかというと体の左側を触られるのが好きなんだよね・・・?)

よしこ(♀) ≫大きな画像
よしこ
2006/3に王子に来たときにはすでにオトナだったよしこ。出身地は不明。
品種も不明。ソラよりも一回り、体格が大きい。
最初の頃は人から逃げ回っていたけれど、今では慎ましく :Dm 撫でてもらいに来ます。ソラの喧嘩友達。ベタベタされるのがキライなので、私はちょっと避けられてるのですが、ソラと喧嘩をした後など、いつの間にか近くに居て「撫でろ」とアピールしたり、嫉妬心を見せてみたり :Dm
【快感ポイント】
あまり人に寄って来ない子ですが、触って欲しいときは柵の近くに来ています。頭を軽く撫でてあげて下さい。
じっくり構ってあげる場合は、顔を中心に。ほっぺ、目の下あたりを撫でられるのが好き(特に左頬)。耳の後ろの角との間を掻かれるのも好きです。首撫でもオッケーですが、毛が指に絡まないように優しく。背中を撫でられるのは好きではないようです。
本人はあまり嬉しそうじゃないのですが、よしこのあご(下くちびる?)はホワホワしてて触り心地バツグンです :Dm

きょうこ(♀) ≫大きな画像
きょうこ
2006/10/6生まれ 兵庫県小野市共進牧場出身のコガタヤギ?
きょうこは少し臆病なところがあります。もっと馴れるとよしこより触らせてくれるかな。
【快感ポイント】
若いヤギは感覚が鋭いのか、強く触られるのが苦手です。きょうこは特に顔や頭を長く触ろうとすると逃げます。背中をザッザッと撫でられるのが好き。寝そべって休んでるときなどに優しく撫でてあげてください。ほっぺを軽く触るのも可。

ヤギと親しむ方法、まだまだ紹介しきれないことがあるのですが、今回はこのくらいにして・・・冒頭にも書いた、「お願い」についてです。

リッピさんの動物園でお散歩の記事にあります、「ゴミ問題」、ご覧になってください。
王子では特に紙のパンフレットが風に飛ばされて落ちているのを見かけることがあります。
落としたら・・・拾ってくださいね。落ちているのを見たら、ゴミ箱へ捨てましょう
ふれあい広場では、ヤギたちに紙(パンフレット)を食べさせないように呼びかけていますが、看板などを見過ごしている人も多いようです。
「ヤギって紙を食べるんじゃなかったっけ?」
と思われるかもしれませんが、パンフレットの紙にはビニールなど合成樹脂が含まれています。ティッシュや普通紙・新聞紙などにもヤギが消化できない漂白剤やインクが混ざっています。
紙以外にも、お菓子の袋やおにぎりの包みなどを食べてしまうことがあるようです。
絶対に食べさせないでください ((ヤギにパンフレットを奪われたら・・・、追いかけるとエサを取られまいと逃げるので、首などを撫でながら、紙を握りこんで取り返します。大半を食べられてしまったら、飼育員さんに伝えておくことも大切。ヤギが体調を崩したときに早い対処ができると思います。))
王子では紙を食べて死んだヤギのお腹に詰まっていたものを展示しています。可愛い動物たちの姿を追いかけるだけでなく、展示や案内板にも目を留めてみてくださいね。

ふれあい広場では意外と、ヤギを触ろうという人は多くありません。
せっかく動物と触れ合えるように配慮された場があるのに、遠巻きにして見ているだけでは勿体無い。
直に触れることで、温かさを感じたり、人間と同じように生きている、そして人間と違うところを持った存在が同じ地上に居るということの不思議さ、素晴らしさを感じてもらいたいと思います。
そして、彼らが永く元気でいられますように・・・

最後に、
動物を触ったら手を洗おう :Dm

オオカミたちの近況報告

恋の季節も収束を迎えた? オオカミたちの近況を、富山ファミリーパークのレポートと併せてお送りします。
それでは、富山ファミリーパークのシンリンオオカミ、サスケ(♂)&ナナ(♀)から
サスケ&ナナ
遠吠え中

地方の動物園、「ファミリーパーク」という名前から、少しナメてました、ここ。オオカミの放飼場は広く、石畳・草原・土道・斜面・水場・倒木が配置されていて、オオカミの住処としては理想的。こんなに快活なオオカミの姿が見られる動物園だったとは :Dm

【サスケ】
サスケ
【DATA】
種:シンリンオオカミ
名前:サスケ
性別:Male(♂)
誕生日:2003年4月15日

人懐こいサスケくん。放飼場前の坂道を走ると一緒について走ってくれます。
何故か私をひと目見て気に入ってくれたようで、鼻キュンキュン尻尾ブンブン振って寄って来てくれます。他のお客さんにはほとんど反応がなくて、私だけ? :Dm
オオカミに気に入られる条件ってのはよく分かりません。懇意にしてる王子のクイーンだってこんなに反応してくれないので、ラッキーというか、運がいいというか(←意味同じやんけ)。
走り回りながらも、近くに来たら鼻だけキュンキュン言わせて気を遣ったりするサスケくんですが、柵から乗り出すように顔を近付けると、小さく「ウ~」と唸ります。カメラを向けると顔を反らします(マニュアルフォーカスしづらいっての)。しばらく構ったあと、必ずナナの元へ行ってじゃれ付くところを見せ付けます(ナナは迷惑そう)。
「あんたは気に入ったけど、この金網からこっちはオレとナナの領域だからね」
って言ってるみたいです。

サスケGallery

なめらかアルバム形式です。マウスのボタンで左右にドラッグできます。
 サムネイル右上の三角をクリックすると大きな画像が開きます。)

サスケはとても大きいです。東山のジャックも大きいですが、さすが父親、貫禄があります。
富山の気候もあってか、冬毛でモコモコしているのも拍車をかけているようです。 

【ナナ】
ナナ
【DATA】
種:シンリンオオカミ
名前:ナナ
性別:Female(♀)
誕生日:2000年4月27日

活動的なサスケと対照的に落ち着いたナナ。
朝イチはサスケと一緒に挨拶に来てくれましたが、お気に入りのシートの上で寝そべってることが多かったです。

ナナGallery

なめらかアルバム形式です。マウスのボタンで左右にドラッグできます。
 サムネイル右上の三角をクリックすると大きな画像が開きます。)

サスケ&ナナGallery

なめらかアルバム形式です。マウスのボタンで左右にドラッグできます。
 サムネイル右上の三角をクリックすると大きな画像が開きます。)

午前11:30のサイレンに合わせて、遠吠えタイム。数分前から、遠吠えするぞするぞとソワソワしているのが可笑しい。夕方の4時頃にも放送に合わせて鳴くことがあるようですが、晩ご飯モード(食事が待ちきれなくて延々と走り続ける)に入ってしまうと遠吠えしてくれません。
とにかく仲のいい二頭、遠吠えしながらもイチャイチャ。あちこちの動物園でオオカミのペアを見てますが、ここほど仲良しなのは他に見かけません。オオカミのペアらしいペアの行動を見せてくれます。飼育員さんの話では、子育てもとても上手なペアだということで・・・

次は繁殖のお話。
国内のオオカミたちの状況をまとめてみます。

まずは多摩動物公園
fuchakaさんの動物園へ行こうの記事によりますと、ヨーロッパオオカミ、ロボとモロの交尾が確認できたようです。
このペアは毎年繁殖してるベテラン(しかし、ロボの気弱なパパ気性は治らないんだろうな :Dm )ですので、期待できます。

次に羽村市動物公園
muscaさんの動物園の歩き方(蔵出し写真館)の記事、シンリンオオカミのオークとブランカもご成婚。
東山の故クロの同胞だそうで、高齢なのが気がかりです。

この四頭とも会ったことがありますが、やはり富山の二頭のラブラブっぷりは飛び抜けてます。そのサスケとナナの今年の報告は・・・
全国に貰われていった子供たちの繁殖もありますので、
 (サスケとナナは)今年は繁殖制限をかけています
」(飼育員さん談)
だそうです・・・ :(m
(これはオフレコですが ((公開情報ではありませんので、問い合わせたり等、関係者の負担になる行為は慎んで下さい)) )札幌の円山動物園などでオオカミ増強計画があり、連絡を取り合って繁殖コントロールをしているそうです。増やしても今度は引き取り手がなくなる恐れがあるとのことで、富山では繁殖制限するということでした。
(もう一つオフレコですが、2008年に計画されている旭山のオオカミの森については、飼育員さんは「旭山もですか!?」と言ってました。旭山はどこから連れてくるつもりなんだろう、シンリンオオカミ)

で、期待のかけられている子供たち、東山のジャックくん&ハイル・ハイランのペア?なんですが、BBSにも書いたように、警備員さんの話では、
1月の最終週あたりに交尾が確認された
ということなのですが・・・
出産予定一週間前を迎えて、全くお腹が膨らんでいる様子がない
のです :(m (2007/3/24確認)
4月に入ったらもう一度確認してきますが、どうにも望み薄。
東山はこんな顛末でしたが、秋田大森山・群馬サファリ・静岡日本平に行ったサスケとナナの子たちの状況は、どうなんでしょうね。

(追記)
静岡市立日本平動物園の公式ページの情報によると、
>2007/02/10 シンリンオオカミ サクラ(♀)がバロン(♂)を交尾に誘うが、バロン嫌がり鳴く。
だそうで・・・ダメだぁ、バロン :(m