王子動物園ふれあい広場~ヤギたちと遊ぼう(前編)

王子動物園の「動物とこどもの国」にある「ふれあい広場」、去年の12月にやってきた子ヤギのすすむ&きょうこも触らせてくれるようになってきたので、彼らと遊ぶ方法を紹介します。

すすむ(♂) ≫大きな画像
すすむ
子ヤギの時間は早回しの時計、寝て、起きて、転がって──

ふれあい広場のメインイベントは、うさぎ・モルモットとのふれあいタイムですが、ここの本当の魅力は・・・ヤギ :Dm 食事タイムにめりはりが付けてあるため、ここのヤギたちは人間とのコミュニケーションを楽しんでくれます ((お客が常時エサをあげられるようになっている動物園では、ヤギはエサしか目に入らなくなってしまいます))
とは言っても、ヤギにはヤギのルールがあります。

  • ヤギは触られるのが好き。誰かと一緒に居るのが好き。だけど、変に頑固で独立心の強いところも持ってます。愛想のいい連中ですが、エサを目にすると食べることに心を奪われてしまいます。突然走り去られて「せっかく撫でてるのに」とか怒らないように。消化効率の悪いエサを食べる動物は食べることに必死です。
  • 撫でるときは頭を中心に、首や背中を撫でることができます。ヤギによってどこを撫でられたいか、好きなところが違います。お腹を触るのはやめてね。足を掴まれるのも嫌いです。
  • 見えるところから近付いて触ってあげてください。駆け寄ったり、飛び付いたりするのはNG。角は掴まないように ((頭を押さえつけられることになるので嫌がります。が、根元を軽く擦られるのはキライじゃないです。挨拶で自分から擦り付けてきますもんね))
  • 頭を回すように振ったら、嫌がってる合図。おとなしい子はそっと離れていきます。嫌がってる様子を見せたら、すぐにやめてあげてくださいね。
  • ヤギ同士は激しく頭をぶつけ合ったりしますが、人間が思うほど険悪なものではありません。挨拶のようなものなので、止める必要はありません。動物園のヤギは人間を相手に喧嘩をしかけてくることはないので安心してください。
  • ヤギは自分より体の小さい者(頭の高さが自分より低い者)をナメてかかる傾向があります。小さな子供がヤギを触るときは、大人が付いてあげてください。できれば大人が一緒に撫でてあげると、ヤギはおとなしくなります。 
  • 反芻(ウシ科の動物が食べたものを吐き戻して消化しやすいように噛み直すこと)中は意外と嫌がらずに触らせてくれますが、ヤギにとって大事な時間なので、口の動きが止まるようだったらあまり触らないであげてください。

ヤギには不思議な魅力があります。あの横長の目は表情がわかりにくいだけに、気持ちよさそうにしてくれたり、そっと寄り添ってくれたり、ふっと心が通うのが分かる瞬間が楽しいのです。
 
以下に、ふれあい広場のメンバーとの遊び方をお伝えします・・・と思ったけど、ファイルが壊れて保存できない :(m ので、次回へ続く。

先に触れない子を紹介しておきます :Dm

ニニ(♀) ≫大きな画像
ニニ
ラマのニニさん
ヤギたちはどちらかというと子供が苦手なんですが、ラマは大人が苦手
機嫌が悪いとツバ(ルーメンジュースというらしい。実態は胃液。絶妙にクサいです)を吐きかけてきます。エサやりタイムにエサをあげることもできますが、大人はあまり近付かない方が・・・(私はエサをあげながらツバをぶっかけられました)。
飼育員さんには顔を摺り寄せたりする子です。
閉園前に寝室に戻るときは道をあけてあげてくださいね。

メエ?(♀) ≫大きな画像
テン or メエ
鼻が黒いのが「メエ」、ピンクが「テン(♀)」ということですが、見分けついてません :xm
王子のヒツジたちは触らせてくれませんが、エサやりタイムに柵越しにエサをあげることはできます。

王子動物園~開園記念日っ!

本日、王子動物園が開園記念日ということで、入園無料となっていました。
予告編とか書いておきながら、放り出してこんな記事書いちゃうのは、23日発売予定のPhotoShop Lightroomベータ版で遊んでいるから :Dm です。便利なソフトです、これ。

さて、つらつらっと撮ってきた写真などをどうぞ。
(あんた反パンダ連盟だったんじゃないの? ってツッコミはなしで)

なめらかアルバム形式です。マウスのボタンで左右にドラッグできます。
 サムネイル右上の三角をクリックすると大きな画像が開きます。)

最後のリス、ふれあい広場で脱走してて、職員さんが網持って駆け付けてたんだけど、無事捕まったかな?

【すすむ&きょうこ 馴れヤギ化計画にご協力ください :Dm 】
ふれあい広場のヤギ、すすむときょうこが触らせてくれるようになってました。動いてるときはすぐに離れてしまいますが、寝そべっているときは触れます。子ヤギはやわらかいですよ。
人の手に慣れたヤギになって欲しいので、どんどん触ってあげてください。
子ヤギはすごく敏感なのか、ヤギが好きな「頭のつむじや耳の後ろを掻かれる」のがまだ苦手なようで嫌がります。頬や首すじを優し~く撫でてあげてください。気持ちいいと、手に顔を押し付けてきます。

まだまだ子ヤギのすすむ&きょうこ
すすむ&きょうこ
仲良しすぎ :Dm

王子のヤギたち近況報告

ソラ(左)ときょうこ(右)、激突!
特訓の時間
本気で喧嘩してるわけではありません。年配のソラが胸を貸してあげてる様子で、喧嘩の練習です。本気ではありませんが・・・。

王子動物園のふれあい広場は、若いヤギたちの参入で活気が出てきました。オドオドして逃げ回るだけだった「すすむ」と「きょうこ」も、ちょっとずつ大胆になってきています。
きょうこはソラと頭突きの特訓。ソラの態度を見ていると、半分遊び、半分訓練に付き合ってあげているといった感じです。何故そう言えるかというと・・・食事タイムになると容赦なく頭突きをブチかますからです :Dm
何度か頭を合わせているうちに、よそ見をしたきょうこが足場から落とされてしまいました :(m

大胆になった子ヤギたちはいたずら盛り。こんなシーンも・・・

何が出るかな すすむ 「何だろう、これ?」

やばい! やっちゃった・・・

知らん振り
きょうこ 「何? これ」
すすむ 「知らん、俺は知らん!」

いつの間にか、こんなものが・・・
平均台
前にはなかったと思うんですが・・・。ヤギ用の平均台でしょうか。ヤギたちはこういった足場の悪いところを歩くのが好きなんです。でも、まだどの子も興味を示していない模様。 この上を歩く姿が見られるのはいつになることやら?

王子のヤギが旬です

王子動物園の「すすむ」♂(右)、「きょうこ」♀(左)
oji18.jpg
足元がちょっと危なげ

以前から紹介している二頭。
仔ヤギは食べるのが仕事 :Dm 餌まっしぐらでなかなかコミュニケーションを取ることができません。が、ふれあい広場の雰囲気にも慣れ、警戒心が薄まってきた彼ら、もう、
触れるようになってます
餌に気を取られてる間、人間が一方的に触るだけなんですが。
このくらいの仔ヤギは毛並みはなめらか、お肉 :Dm はやわらかで触り心地ばつぐんです。
品種にもよるけど、大きくなるとこれが悲しいくらい毛並みゴワゴワ、お肉ゴツゴツになっちゃうんですよね :(m
今のうち、ですよ。

人間好きのヤギになるためには、どんどん触ってあげることが必要です。
そのうち、撫でられることが好きになって、餌を持ってなくても寄ってくるようになりますよ。

王子動物園といえば、資料館での展示「干支展「イノシシ」~写真で見る六甲山系のイノシシ~」が今月、2月27日(火)までです。見に行かないと。

冬はやっぱり日向ぼっこ

王子動物園の「すすむ」♂(右)、「きょうこ」♀(左)
エサくれ
ほんの三週ほどで明らかに大きくなってるすすむくん。きょうこの方は小柄でちょっと体格差出てきた?
前回、もう少し大きくなれば触れるかも、と書きましたが、まだまだ触らせてくれない。というか、撫でられることを気持ちいいと思ってくれない。天王寺の子ヤギが頭を掻かれるとじっとしてたので、もうちょっと大きくなれば・・・と思ったのですが、大間違い。福山のおんぷは夜の動物園の頃(8/12)に「撫でられヤギ」になる前はスルスルと逃げてましたから、生後4~5ヶ月くらいじゃないかと思われる王子の彼らは、春までは触れなさそう・・・。
ただ、その前に喧嘩相手になってあげられる時期があるはず &mei_bigsmile; で楽しみ。
すすむ・きょうこの朝食は、ユキ(高齢のザーネン種ヤギ)と一緒。ソラたちと一緒だと追い払われるからねぇ。すすむは足腰の立たないユキに頭突きかましてます。ユキも応戦するけど・・・。
そのうち私が相手してあげます。負けてあげないけどね。(犬と同じで山羊勢症候群のようなものがあるそう)

本日(1/27)のソラ
触れ合いタイム
触れ合いタイムにここに乗ってると、撫でてもらえたり、飼育員さんがエサをくれたりすることをよく知ってるソラ。

動物園のヤギってのはたいてい、食べ物を与えることができて可愛い姿を見られるのですが、ヤギの本当の可愛さは、撫でて欲しくて擦り寄ってくるところにあるのです。
子ヤギたちの登場で、お客の目はそちらへ奪われてしまってますが、やはり、撫でてくれ~とついて来て、顔スリスリされたり、顔を見上げて見つめられたりすると、ソラが一番可愛いなぁと思います。
でも写真に撮るとなかなか可愛くならない。