北のけものたち-秋田-1

うわ~っと、もうひと月も経ってしまった・・・、秋田・札幌小旅行の報告です。
狼祭に向かう飛行機の手配をしようとしたところ、直で札幌だと動物に会える時間が
限られてくる(伊丹発が遅いので・・・)なぁ、と思い、秋田経由のプランでGo!
秋田空港へ着陸する寸前に飛行機は雨雲に突入し、だめだ~と思っていた天候でしたが、
その後、すっきりと晴れ渡ってくれました。
(※11/23 画像を現像し直しました)

(2009/10/3) 大森山動物園
ミッドナイト
大森山で真っ先に会いに行くのは、彼、王者の森に住むシンリンオオカミの
「ミッドナイト(♂)」くん。
今回は、円山のジェイに兄弟の近況報告したかったので、シン・キララ組を期待したのですが、
私はとことんミッドナイトに縁があるみたい? 大森山には何度来ても彼の日なのです
(※大森山のオオカミは交代制です)

ミッドナイト
相変わらず、かっこいいミッドナイト
ミッドナイト
1996/5/6生まれ。もうすっかりおじいちゃんなんですが、まだまだ元気そう。
ミッドナイト
これまで見てきた高齢のオオカミに比べ、ミッドナイトは歯もしっかり残ってるし、
口元がきれいです(オオカミは年をとるとここが崩れてくるのです)。
このまま元気でいてほしいなー。
ミッドナイト
ときどきふっと空を見上げるポーズも昔のまんま。
さすがに、誘っても一緒に走ってくれなくなってましたが・・・ :(m
ミッドナイト
そして、定番の水遊び
ミッドナイト
ミッドナイトファンにはお馴染みでしょう
ミッドナイト

お次はマーコール
マーコール
今年生まれの子マーコール。7/12生まれの♂の子でしょうか。
マーコール
お乳のおねだり。
個体識別はできてませんが、おそらくこの母親は「ヤワラ」?
かなりの高齢で、(あれ? 公式サイトに高齢と書かれてましたが、1998生まれでウシ科なら
それほど高齢ではないような・・・?)残念なことに、この後の10/15に亡くなったそうです。
子供の方はもう固形飼料も食べられるので大丈夫だと思いますが・・・。
マーコール
仲よさそうに見えますが、飼料が食べられるようになれば、子供でもライバル、
オトナのマーコールは顔で弾き飛ばしたりします。
マーコール
こちらは、母親が「ララ」の双子(♂&♀)かな?
マー
今や大所帯の主、父親「マー」
このねじれた角がマーコールの象徴。ヤギの原種とも言われてまして、
ボンタン
家畜化されるとこんな風になっちゃう不思議。
モデルはふれあいコーナーのヤギ、「ボンタン」くん。
人懐っこいので、ついついヘイキューブ(餌)いっぱいあげちゃう。

写真が多いので、ひとまず、ここまで。

京都からご挨拶

新年は、大阪、神戸、京都と飛び回って来ましたが・・・、そうねぇ、やっぱりまずは京都から。
カンペキ予想通りだったのだけど、京都といえば・・・、やはりおまえか! :Dm

(2009/1/3) 京都市動物園
ほるす
新年のご挨拶役は、ウシ柄ヤギの「ほるす」くんでした。
ほるす

今回から、Highslideというものを導入してみました。どうでしょうか?
画像を自由に動かせますし、複数の画像を同時にポップアップ化できます。
元々、このサイトで使ってるBlogツールであるWordPressの設計思想上、『リンクを別ウィンドウで開くことができない(ウィンドウを別に開くかはユーザーが判断すべき)』となっているため、大きな画像を用意しても、ページの移動が面倒で見てくれる人が少ないかなー、と思っていたのです。
元々、ナローバンドに優しくないサイトでしたが、ちょっと古めのパソコンにも優しくなくなってきてるような・・・・・。
不具合等ありましたら、ご連絡ください。

紹介する機会が無かったけど、京都で一番懇意にしてるヤギ、「ほるす」(♂)
彼に「お手」をしてもらえるとラッキー、とのことですが、私は彼に(何故か)気に入られてるので、
100%、お手をしてもらえます・・・・・って、土で服汚れるっつーねん :(m

ホントは、年賀状用に彼の写真を撮りに行こうと思ってたのだけど、時間が取れず、六甲のウシで妥協しました。

お次は、アミメキリンの「竜王」(♂)
竜王
ちょっと会わないうちに、大きくなったわ~
竜王
そろそろ他所へ貰われて行ってしまうのでは・・・ということですが、
しばらくは京都でお客様を楽しませてくださいね。

クロハゲワシ
お気に入りのクロハゲワシからもご挨拶?
名前はないのかな~。人に慣れてて下がってくれないので撮りにくいです :Dm

そして、京都といえば、やっぱりこの子
ホンホン
ゴーラルの「ホンホン」(♀)
相変わらずかわいいですが、この日はあまりハジケてなかったなぁ。
1/1発行分の「動物園だより No.147」の表紙は、ウシ科代表で、ホンホン。
ちょっと台詞がイケイケっぽくてイメージが・・・ :Dm ですが、ホンホンファンは必読です。
ラル
そして、ラルさん。彼女もカモセン出身だったことが判明。
ホンホンに対抗して? どんどん顔がかわいくなってる気がします。おばあちゃんなんだけど。

さて、 この日は、ニホンカモシカのジュンちゃんに鼻挨拶してもらって、専用レンズ(京都の柵の間を抜くことができる小口径望遠なのです)で撮らせてもらおうと、楽しみにして行ったのですが、
残念なことに、ジュンちゃん、体調不良でお休みでした。
案内板
早くよくなってね。

残念といえば、去年の8月には元気な姿を見ていた、ヤギの「はは」が居なくなってました。
訃報の張り紙もなかったので、亡くなったのはあれからすぐだったのかもしれません。
去年(2008/1/2)の「はは」
はは
高いところと撫でられるのが好きなヤギでした。

嬉しいニュースもありました。あのミミゾウくんに・・・・・!? ってことで次回 :Dm

オオカミのにおい・・・

自宅から自転車で、カメラ詰め込んだリュック背負って王子動物園まで行ってきました。往復65kmだわい :Dm これで、バス路線があるかどうかもわからない某サファリにも行けちゃうぜ! という予行演習だったのですが、東北はもう雪降ってるようだし・・・、行くのは春かなぁ・・・。

さて、王子です。
いつものようにクイーンに挨拶したのですが・・・

(2008/11/22) 王子動物園
クイーン
おすまし顔のシンリンオオカミ「クイーン」嬢なんですが・・・・・、
いつかはやっちゃうだろうなと思ってましたが、首元の汚れ・・・、自分のウ○コまみれになっちゃってるんです。よく踏みつけたりはしてましたが、オオカミって、他の動物の糞の匂いを体に擦り付けたりはしますが、自分のは・・・!?
足腰が弱ってきて転んじゃったんではないかと思うんですよね。
クイーンももう11歳を越えてます。ちょっと老いが出てきてるようです。
細く長くなタイプだと思うし、頑張って欲しいですね。
クイーン
今回の寝姿は、おシッポサービス。でも、尻尾も汚れてるよ・・・ :(m
隣の群馬ばあちゃん(オオヤマネコ 推定19歳)は外見シャッキリしてるのにねぇ。
犬科と猫科は時間の流れが違うんです。
群馬
シベリアオオヤマネコ 「群馬」(♀)

そうそう、オオカミと言えば、FPS形式のオオカミ生態シミュレーションゲーム
「WolfQuest」の次期バージョンの概要が公表されました。
WolfQuest日本語解説!?
こちらに簡単にまとめてあります。

さて、ヤギたち。
ソラ
食欲の秋で、落ち葉拾い(喰い)に余念の無いソラ(♀)
ちょっと太った?
ソラ
この日、たまたまあった盛り土で砂浴び。あまり見かけないシーンかもしれません。
どこの動物園にもこういうヤギの習性を見られる仕掛けはないですからねぇ。
すすむ
こちらは「すすむ」くん。
いつの間にやら、めちゃくちゃ「慣れヤギ」になってました。
この子はほっぺをカイカイしてやるとほんとに気持ちよさそうにするので、触ってて楽しいです。
柵に三頭、隔離されてるのは、表を闊歩してる連中にイジめられるからか・・・ :(m

シタツンガ
ついつい撮ってしまう、シタツンガ(♀)
このくらい綺麗に撮ってあげられると大満足。

ホッキョクグマ舎は、アイス(♂)の日でした。
けっこう前からみゆきと別居なんですよね・・・。
アイス
一頭だと、意外と小さく見える、アイス。しかし、この動きを見ると、ああアイスだな、と判ります :Dm
アイス
ドボンタイムを上から撮影、に挑戦してみたんですが、連射するとどう見せるか悩みますね。
ってことで、続きは次回。

冬季開園時間変更のお知らせっ

前回の続き
王子動物園では、閉園間際の16:45頃、カリフォルニアアシカ展示場で、何かが起こる・・・!?

・・・のですが、
広角寄りのレンズ持って、紹介写真でも撮ろうと出かけたら、
「11月から2月まで、閉園時間、16:30、入園は16:00まで・・・・」
のアナウンスが・・・。

そうです、冬季に入って、開園時間が変わってしまったのです。
これじゃ、例のイベントは春まで誰も見ることができない?
と落胆していたのですが、

16:30過ぎても、お客いっぱい残ってるし、お土産ショップもずっと開いてるやん!

(もっと寒くなると、お客の引けるのも早くなると思うんですけどね。だから、ここしばらくがチャンスだと思いますが・・・。この日は結局、お客の残り具合は、17:00閉園のときとほとんど変わりませんでした :xm )

とりあえず、粘ってみました。いつもの16:45、飼育員さんの車がやってきて・・・

(2008/11/2) 王子動物園
カリフォルニアアシカ
わーい、天からサカナが降ってきたよ~~~

ってことで、カリフォルニアアシカのエサやりが始まるのです。
これ、放送もないし、案内の張り紙もないみたいです。
なんでこんなお客の居ない時間に・・・・ :xm
しかも、冬季で閉園後になるためか、いつもはゆっくり投入されるアジが、一度に放り込まれて一瞬で終わってしまいました :(m

カリフォルニアアシカ
お腹が写らないとどっちか分からない、テルコ(♀) or ヒカリ(♀)
写りが悪いけど、アジをパクッとやってるとこ。
陽が落ちかけで暗いです。写真を撮るなら明るい季節がいいかな。

カリフォルニアアシカ
二匹同時ゲット!
この二頭以外に、♂のシシマルくんが居ますが、彼、垂直になって底のサカナを
食べてばかりなので撮っても絵にならないのです :(m

私、夕方以外はあまりアシカのところを見ないので、もしかしたら昼間にも
ご飯もらってるのかも知れません。
王子でアシカの給餌は見たことないよーって人は、この時間を狙ってみてください。

—-
2009/2/18
夕方、この時間に給餌をしているのは、アシカが飛び上がって、
お客が居ると危険だからだそうです。
見学するなら、地下から水中を見るか、離れて見ましょう。
—-
さてさて、馴染みのメンバーは・・・・ (撮る子が偏ってるなぁ・・) 

シタツンガ
シタツンガ(♀) この小さい子の方が人懐こいですが、
もう一頭の大きな子(昔から居る方)も、鼻で挨拶してくれます。

シタツンガ
で、ペロペロ作戦なんですが、私がペロペロされるのを見て、
他の方も真似されてました(※写真は私ではないです)
一応、私は手を洗ってから舐めてもらってるんですが・・・
動物の健康に気を遣って、無茶をしないようにね。

ところで、ヤギは人間を舐めるとき、同じところを延々と舐めます。
シタツンガは、一度舐めたところを避けてあちこち舐めようとします。
同じウシ科でも、こんな風に違うのは、ヤギを放すと山をボウズにしちゃうのに対し、
シタツンガは食糧を絶やさないような食べ方をしているのではないか・・・
とか考えてみたり。
動物とは触れ合ってみなきゃ分からないこと、いっぱいあります。

ソラ
コガタヤギのソラ(♀)
しばらく撫でたあと、離れると、もっと撫でてとついてきます。
それを利用して板渡りをしてもらったのですが・・・カメラ構えるのが遅れた :(m

タロウ
レッサーパンダのタロウ(♂)
右目は白内障かな。まだ元気そうですが、この子も高齢です。

クイーン
最後はいつものクイーン嬢。
起きてすぐは足元フラついてるのは仕方ないのか。

王子は夕方が見頃です

最近は自転車にハマっててなかなか動物園に行けないのですが・・・
(流行りのスポーツ自転車ってやつは、「乗れば速く走れる」ものではなくて、
 「乗りこなすには努力が必要」なものなのです、困ったことに :Dm )
動物園巡りのアシにしようと買った自転車なわけで、予行演習じゃ、と、
峠を攻めた後に、今度はカメラ担いで行って来ましたよ、久し振りの・・・王子!
しかし、王子行くといつも曇りだな~。

(2008/10/25) 王子動物園
シタツンガ
近ごろ贔屓のシタツンガ (♀の若い方の子)です。
可愛い姿を見てもらおうと、ペロペロ舐めてもらう作戦実施中。
そんなことしなくても、
「きれい~」「シカさんだ・・・、えっ? ウシなの?」って感じで人気のシタツンガなのですが。
脅かさないように近付くと舐めてくれます。延々と。
誰でもOKってわけでもないかもしれない。もしかして、私・・・・美味しいのか?

シタツンガ
一瞬だけ陽が差しました。チャンス、チャンス。

コガタヤギ
コガタヤギの「ソラ(♀)」 この角度が一番可愛い?
夕方は馴れ合いタイムで、もう少し遅い時間になってヤギ舎へ戻りたいモード
(エサが用意されてるので・・・)になる前は、触って、触って~っと
寄って来ます。ヤギはいつも撫でてくれる人の顔を覚えます。

夕方、といえば、王子は閉園が近付いてきたくらいの時間が一番動きがあって面白いです。
(朝一番でないとクイーンが遊んでくれないこともあるので、私は朝に行くことが多いですが)
ワオキツネザル
ワオキツネザル
こんな感じで、特にアナウンスは無いのですが(張り紙くらいはあったかも)、
サル舎やクマ舎でエサやりが行われています。
カピバラ
カピバラもこんな感じ。
出目男
カバ(たぶん、出目男くん)は、こんな風に、飼育員さんがエサを運んでくるのを
待ちきれない様子。給餌はカバ舎内です。

あと、本当の閉園間際になってから(どうしてこんな時間に・・・と思うんですが)、
カ・・・・・おっと、これは次の機会に紹介します :Dm

最後に、彼女の可愛い姿を撮らずには帰れない、シンリンオオカミのクイーン嬢
クイーン
高齢なので、元気な姿を見るとホッとします。