ツチブタっ子公開中です!

5月28日から、東山動物園で、ツチブタの赤ちゃんが公開されました。
ちょうど今年生まれのシンリンオオカミっ子の個体識別に出かける予定
だったので、台風が接近する中、会ってきました、子ツチブタ!

誕生は3月6日だそうです。
詳しくは公式ブログ「ツチブタの赤ちゃんを一般公開します
をご覧ください。

(2011/5/28) 東山動物園

朝イチはテレビ局さんが入っているだけで、貸し切り・・・うむむ、もったいない。
(雨が降っているので、どうしてもお客さんは少なくなりますが・・・)
当サイトでも何度か紹介してますが、とても不思議な動物です。
しばらくは可愛い時期が続きますので、会いにいってみてください。

動画で動いている姿をどうぞ。

これは知らなかったのですが、東山の夜行性動物舎は、
開園直後は「昼間」の設定になっており、10時に向けて徐々に暗くなって
いくのだそうです。
ツチブタの親を始め、多くの動物は寝ちゃってますが、
姿をはっきり見ることができるので、この時間帯、おすすめです。
10時を過ぎると、今度は親が起きて動く姿が見られるかも?


あごの下見せちゃう~~~。
人工哺育ということですが、ミルクは動物用のものがあって、
人工哺育の実績がある日本平での例を参考に配合しているとのことです。


左上に写っているのは、東山お得意の、「おやつコロコロボール」です。
転がすと中から餌が出てきます。
親のものだったのだけど、今はこの子専用に。
モルテンのボール(ドッジボール?)も入ってますが、遊んでるとこは
見たことありませんねぇ。


尻尾のイロワケは親と一緒。
親と比べて足だけが長く見えるのは、胴の部分が遅れて大きくなるから
のような感じです。


以前紹介した、ご両親の腰にある傷跡、これは、コンクリートの床などに
擦れてできるものだそうです。治療はしているそうですが、
同じような施設だとどうしてもこうなってしまうそうです。
で、子供の方をよーく見ると、床に樹脂のマットが敷いてある!
体が弱い間の配慮でしょうね。

夜行性動物舎は狭いので、長時間撮影をすると迷惑になります。
ウデを上げて、さっと撮ってさっと離れられるようにしましょう。
今回の撮影はライブビューを使用しています(ピントはマニュアル)。
ツチブタっ子の居る場所の照明だと、ISO6400、F2.8でシャッター速1/100
以上稼げます。事前に離れた場所でモードを合わせておきましょう。

毛深い・・・?

東山動物園に行くと、いつもチェックするのはオオカミと、ボンゴと、ラン丸と、
シマハイエナ(写真載せてませんが、よく挨拶してくれます)と・・・、
ツチブタ! なのですが、いつも左隅で寝転がってて、なかなか
動いている姿を見せてくれないので、さっと覗いて写真を撮らずに出るのですが、

あれ???

(2010/7/17) 東山動物園

毛が生えてる!!!


以前紹介したときはこんな感じ。というか、ずっとこんな風に
ザラザラした肌でひっかき傷(仲間同士でじゃれ合って付いたものだと
思います)だらけの風貌だったのですが、
本来のツチブタって、顔と尻尾以外は薄っすらと黒い毛で包まれてる
生き物だったんですね。
動物園での姿しか見てないとそれが普通だと思ってしまいますね・・・。
まぁ、こんな風に毛が回復?したのには、スタッフの方の努力や
何らかの改善があったのでしょうね。よかったよかった。

さて、東山では今年もナイトZOOが始まってますね。
2009年の様子は以下の記事でもちょっと紹介しましたが・・・。
東山から、号外
去年もそうでしたが、今年も、収容が困難になるため、シンリンオオカミの
夜間展示はありません、というお話です。

あと、こちら「夜行性・・・・・なの?」に書きましたが、あまりにも酷かった
フラッシュ撮影について、今年はしっかりと公式サイト(ブログ)
ナイトZOO 守ってほしいお願い」でも案内が出ており、
少しは動物たちにとっても少しは安心ですね。
ただ、今年は公然と酒類の販売がされているわけで、酔っ払って
暴れる人が出たりしないことを願います。

(8/12 追記) ナイトZOO特需でアクセス数がかなり増えてるようですが、
現地の情報とか無くてすみません(去年のお話は上記過去記事に
少しありますが・・・)。
ここでお願いしたいのは、動物たちが慣れない夜の展示で負担を
感じないよう、気を遣ってあげて欲しい、ということです。
カメラをお持ちの方は、フラッシュが光らないモードにして行きましょう。

くらやみの住人たち

東山動物園の自然動物館、夜行性動物舎には、時間を置いて二回、入るようにしています。
屋外の動物たちだって、ダラダラと寝ていることが多いわけだし、
夜行性って言っても、寝姿を見ていることの方が多い気もします。
二回入れば、けっこう動いてる姿が見られるものですよ。

(2008/12/6) 東山動物園
コツメカワウソ
最初にお目見えする、コツメカワウソたち。
ここのカワウソはよく子供が生まれていて楽しめます。
ハンモックやブランコが設置されてるんですが、ブランコの方は滅多に使ってくれません。

コツメカワウソ
今居る子はもうけっこう大きくなってますね。去年の10月22日生まれの子かな?

コツメカワウソ
左が子供で右が親です(たぶん)。
ときどき、お客の方に関心を向けたりします。手を振ってあげると反応しますよ。

ツチブタ
一番広いスペースをもらってる、ツチブタたち。
よく寝てるんですけど、動いてるときはけっこう活発です。

ツチブタ
安眠妨害、安眠妨害 :Dm 引っ掻き跡みたいなのが多いのは、仲が良くて絡み合ってるから?
寝ててもけっこうネボけて?動くので、見ていると楽しいです。

フタユビナマケモノ
9月15日に赤ちゃんが生まれてました、フタユビナマケモノ。
普段は動きがあまりなくて印象が薄いのだけど、子育て中だからか、

ナマケてませんでした :Dm

ヨツユビハリネズミ
ヨツユビハリネズミ。こちらも子供が生まれてました。
一匹だけ、アルビノです。可愛いですよ。

オオミミギツネ
最後のケージに居る、オオミミギツネ。
えっ、日本に一頭しか居ないの?

まさかこの子がまともに撮れるようになるとは5D Mark II恐るべし。
このケージはやたらと暗いんです。これもシャッター速かなり無理してますけどね :Dm

—-
さて、その5D Mark IIですけど、「動物園での撮影に使えるカメラなのか?」というと、
うーん・・・ :xm あまり強くオススメしない、といったところです :Dm

続きは以下をクリック
続きを読む

闇に蠢く怪物!?

ショーケースに飾られた、ソフビ人形・・・・
ツチブタ
ではありませんっ :Dm

東山動物園の自然動物館、夜行性動物のエリアでひときわ異彩を放つ彼ら、「ツチブタ」くんたちです。
(※2008/4/19追記 東山動物園のツチブタ舎は観覧通路側に通気しておらず、「臭くありません」 :Dm 異臭は放ってませんので、安心して訪問してください)

東山動物園 (2008/1/27)
ツチブタ

こちらは全身像
ツチブタ

ツチブタは管歯目に属する、アフリカ大陸に一種類しかいない動物、だそうで、かつてはアリクイの仲間とされていたのですが、今は単独の目(もく)として扱われているそうです。
東山のツチブタエリアは夜行性獣舎の中ではけっこう明るい場所で、この珍しい動物が歩き回ったり食事をしたりする様子が観察できます。
いつか撮ってみようと思ってた彼ら、今回はデジカメの最高感度でチャレンジ。それでもまぁ、手ブレ寸前の写真ばかりです :(m
自然動物館はフラッシュ厳禁です。手持ちのカメラで撮れそうにない、って方は、ここの写真で我慢してね :Dm

見えているのかいないのか、ときどきお客に反応するような動きを見せてくれます。
ツチブタ
しかし、なんとも不思議な風貌と、人工物感・・・・・

どうにも生き物っぽく見えないのは、この傷。背中の筋は同居ツチブタと掻き合った跡でしょうか? そして、腰のところに、ジャガイモの芽がコロッと取れた跡のような不思議な穴?があります。
ツチブタ

もう一頭の子にも、同じ場所に傷がっ!? なぜ? :xm
ツチブタ
しかし、どう見ても「ジャガイモ」です。

ベロ~ンと
ツチブタ
舌もなんだか見たことのない形。

──────
(2008/2/3 追加)
ツチブタの寝姿も公開

ツチブタ
(2008/1/27) 実は最初は寝てた・・・!? なんてポーズだ :Dm
望遠レンズをつけたままだったので、得体の知れない物体に。

ツチブタ
(2008/2/3) 陰陽太極図っ転がり
寝ぼけて舌をチョロチョロ出したりしてるところは撮り損ねました。