鈴鹿の山はシカの山3

昨日(5/10)の天王寺オオカミ舎前はブロガーさん大集結ですごいことになってました :Dm
っと、そのお話もしたいのですが・・・、OS入れ替え中で写真現像できないのです。
とりあえず、先週末のシカのお話。

毎年行ってる鈴鹿の霊仙山(りょうぜんさん)。
タイトルは「3」ですが、シカを追ってのこの山行は5回目になります。
(翌週にも行ったので、計6回なんですが)

去年、帰りにザクザク鹿を見た、樽ヶ畑~見晴らし台コースを登りに使います。
夜間登山のアプローチには醒ヶ井養鱒場からの林道が厳しいのですが、
今年は・・・、自転車があるもんねっ :Dm
(林道も平地も坂も走れる山ヤ仕様車です。MTBを選んでないのは、
 山は自分の足で歩く場所、だから)

この日はまだ、半月。満月の日に比べると闇でうごめくシカたちの数が少ないような感じです。
昨年、カメラの操作をミスってフォーカスが合わず、撮ることができなかった、
目の前を通り過ぎていったシカたちのことが忘れられず、
夜中のうちにシカの通り道近くの岩でスタンバイ。
しかし・・・・・・・・・、
夜明け直前になって、ドドドッという音が!?
GW真っ只中だったので、小屋泊まりの(たぶん)学生さんが、日の出を見るために
経塚山を駆け下り、山頂に向かって駆け上って行ったのです・・・ :(m
で、結局、シカは現れず。

登り始めが遅くて明るくなりかけてたから、私の姿を察知されたのかもしれないし、
仕方ないので、下り始めると、いつもと違うルートにシカの姿がっ!!

(2009/5/2) 霊仙山
シカ
子ジカ(二年目以上じゃないかなぁ?)が混ざってる群れです。
今回の写真はかなり小さく写ってますので、是非、クリックして拡大して見てください。
(クリックした後、右下のアイコンで最大化。マウスで掴んで動かせます。再クリックで元に戻す)

夜遊びシカたちは、騒がしいのでしばらく様子を見てから移動を始めたようです。
シカ
かなり遠いです。500mmReflexでなんとか・・・。

シカ
続々と山を越えて行きました。

シカ
これは別の群れです。

シカ
ビン坂コース方面のシカスポット。
人を見ると、しばらくじーっと観察してから逃げていきます。

シカ
走る、走る。

シカ
等倍に近いサイズ。去年よりちょっとだけ画質良くなったかなー。

次週は、満月。また行っちゃうのさ。

岩手サファリパークに行ってきたっ!

って、もう3/17のことで、かなり日が経ってしまったわけですけど :(m

岩手と言っても、暖かい南端に位置し、ほぼ宮城との県境近くにあるこのサファリパーク、
うーん、どう見ても・・・バス路線なし?
昨年3月に開園したばかり、ちょうど一周年の新しい動物園です。
ここを目指したのは、これがほぼ最後になるのかな・・・、カモシカ追っかけ隊、第・・・
何弾だったか忘れちゃいましたが、日本カモシカセンター出身のシャモアがここに
来ているのではないかという情報をいただいていたので、会いに行ったのです。
結果は・・・・、先に書いちゃうと、「会えなかった」のですが。(詳しくはこの記事の最後に)

ともかく、遅い夏休み(もう春やんっ!)を取って、夜行・新幹線乗り継ぎ、くりこま高原へ。
そこから自転車で・・・・・迷った :xm 迷わなければ一時間半くらいかな、
館ヶ森高原という、丘陵地帯にあります。

(2009/3/17) 岩手サファリパーク
岩手サファリ
とにかく、広~い!
「天空のサバンナ」というキャッチフレーズとありがちなサファリの景観から、
岩場から動物に見下ろされるような構成を予想してたのですが、
今のところ、広いところに動物いっぱい、という感じがウリのようです。
全部、社員さんの手作りで作られた動物園だそうで、まだまだ発展中。
そのうち、岩場も欲しいねぇ。

ムフロン
ムフロンが寄ってきます。
あまり飢えた感じはなくって、通常のエサもしっかり行き渡ってる様子。

さて、サファリではエサやりバスに乗れます。
ここでは、ライオンが車のバンパーにじゃれ付くことが多いようで、マイカーより
バスがおススメな気がします。当然、自転車では回れません :xm

エサ
エサ。けっこう量は少なめ。基本はバス料金に含まれるのかな?
追加は1000円? か500円? か・・・。
実は、無理を言って、バス料金+追加エサ1000円購入を条件に、
一回目は写真撮り、二回目はエサやり、とバスで二周させてもらったのです。
開園当初はやってた特別措置だとか・・・で。
兵庫から来たことを告げると、親切に対応していただけました。
アットホームな雰囲気の動物園です。
春休み前の平日ってことで、他にお客も居なかったんですけどね。

ムフロン
ムフロンにエサやり。ムッフムフ。近くにシロダマジカも居ます。

ボタン&ミナミ
キリンにもエサやり。手前が食いしん坊「ボタン(♀)」10歳、奥が「ミナミ(♀)」4歳。
とにかく、動物の頭数が多くて多くて、名前を聞けたのはこの二頭だけ。
ビスケットをあげます。

ヤク
ヤクのお父さんにもエサやり~。
写真は上手く撮れませんでしたが、双子の子ヤクが居ます。可愛いよ~。
もひとつ、写真撮れてませんが、アメリカバイソンにもエサをあげられます。
同じウシ科のヤギ、シタツンガに比べて、舌がザラッザラです。

ムフロン
バスについてくるムフロン。ムッフムフ。

ここらでひとつ、動画もご覧になってください。

ラマ・ロバ・ムフロンがバスについてきます。ハーメルン状態 :Dm

草食獣エリアのラストの方に居る、この子・・・
ヒマラヤタール
若いヒマラヤタールなんですが、ラクダの背中に乗っかるという特技を持ってます。
(写真は撮るの失敗したんじゃー)
他園ではおとなしい姿しか見たこと無い動物ですが、なかなか活動的なんですね。

ニホンジカ
ニホンジカ。エサやりに無関心装ってます。

アダックス
ちょっと珍しい、ウシ科のアダックス。ここ以外で見られるのは姫路くらい?

ブラックバック
サファリならではの動物、ブラックバック。中心に居る黒いのがリーダーです。
一番強いオスだけ、体色が黒くなるんだとか。

シマウマ
臨月のシマウマのお母さん。
サファリでは、交配も闘争も自然に任せているそうですが、
動物たちは皆、健康的で、子供もどんどん生まれてて、管理はしっかりされてそうです。

後半は、猛獣エリア。
ホワイトライオン
迫り来る、ホワイトライオンs ・・・えっと、可愛いです :Dm
乗用車にはかなり無茶もするみたいですが。

ライオン
オスばかり四頭ですが、仲よさそう。一応、順位があって、誰がボスかで、
乗用車の襲われ方が違ってくるとか :Dm

ベンガルトラ
ベンガルトラ・・・・ってことですが、この子はどこかサファリのホワイトタイガーの血でも
引いてるのか、淡い色。他の個体はしっかり黄色いんですが。
実は、最近完成したばかりの虎ゾーン。この日、初のお客になれるか・・・というところだったのですが、
色んなタイプの車に対する反応を調べてるのだということで、
外の通路から観察させてもらいました。

開園当時は、肉食獣はほとんどが檻に入ってて、不満の声もあったようですが、こんな感じで、
どんどん肉食獣エリア、拡大中です。まだ若くて発展中のサファリなんですね。
今はまだ檻に入ってるピューマ、ヒョウ、ジャガーもいずれは広いところに出してもらえるでしょう。

と、まあ、こんな感じで、楽しめました。
サファリは料金が高いので(あと、エサがちょっと少ない・・・)、満足度は人それぞれかなぁ、
と思いますが、これからもっと充実した園になっていきそうですね。 

—-
さて、遠路はるばる会いに行ったシャモア。
那須どうぶつ王国に行ったと報道された、ウォーター、ウォーク、ドリームの♂三頭、
本当は那須サファリパークの方に行ったんじゃないかという疑惑があり、
ついに同系列の岩手サファリパークの園内マップに発見される、という経緯があったのですが、
今回、会いに行ったときにはすでに姿がありませんでした。

シャモア
2006/11/18 日本カモシカセンターで撮影 中央通路沿いでお客を威嚇していた子

シャモア
2006/11/4 日本カモシカセンターで撮影
出口に向かう通路沿いに居た子

岩手サファリでは、ガイドと飼育員は完全分業体制で、動物の出入り(死)については、
ガイドさんはほとんど教えてもらってないそうです。
シャモアはだいぶ前から姿を見てなかったとか。
実は、公式サイトの園内マップは古いもので、今配られてる、ベンガル虎ゾーンの入った
新しいマップからはすでにシャモアの文字は消えていました。
ガイドさんから飼育員さんに聞いてもらっても、「ちょっとごめんなさい」って感じで
詳しいことは教えてもらえませんでした。

いい加減な管理をしている動物園ならちょっと追求したくもなりますが、
ここは動物たちも生き生きしてるので、あまり悪い方向に考えたくはありません。
少なくとも、1年以上はどこか(那須?)のバックヤードで元気にやってたんだろうしなぁ。
サファリは、先にも書いたように、自然に任せた動物の飼い方をしています。
他の動物と闘争になったのか、仲間同士で争ったのか、
シャモアらしい生き方をして、死んでいったのだと思います。
(さらに他園に引き取られて、どこかで生きてる可能性もなくはないですが)

悔やまれることがあるとすれば、シャモアが♂は単独で飼育すべき動物だってこと、
カモセンでの飼育のノウハウが、引き取り先に伝わってないんじゃないか、ということです。
天王寺だって、ゴーラルが何を好んで食べるか、引き取ってから調べてたように
見受けられましたし・・・。
カモセンの職員さんが、「引き取られた後はそちらの管轄になるので一切関与しない」と
話されていた、これが動物園の実情なら、なんとかしていかないといけないでしょう。

—-
岩手から帰って、無性に「あいつ」に会いたくなったので、最後の18切符使って
和歌山行ってきましたよ。彼、ムサシは元気だったよー。報告はまた後日。

結果報告!?

さて、もう先々週のことになりますが・・・、
京都市動物園に行ったのは、「あること」を確認するためでもあったのです。

そう、正月に交尾が見られたホンシュウジカの妊娠期間(210~230日)を考えるとそろそろ・・・・のはず、
だったんですが・・・・・。

(2008/8/15) 京都市動物園
ホンシュウジカ
ホンシュウジカ(♀)

どう見ても、子ジカが入ってるようには見えません :(m

ホンシュウジカ
相変わらず仲のいい二頭なんですが・・・・残念。
ん? オスの方、右のツノ折れちゃった?

動物園の動物って、なんか自然界より受胎率低いような気がします。
ブリーディングローンや繁殖計画が公表されてる動物以外はなんだか、
交尾は見かけるけど・・・・・ですよね。

おまけ
ポール
ホッキョクグマのポールじいちゃん。国内最高齢だけど、夏にも負けず、行水中。
けっこう、お客とアイコンタクトとってくれるコ(子じゃないか・・・)です :Dm

ヤギーズも元気
はは&しょうこ
奥が「はは(♀)」で手前が「しょうこ(♀)」
家畜はやっぱ丈夫だなー。全員、健在でした。
この時期のヤギはネトネトです。でも撫でるよ。

鈴鹿の山はシカの山2

カレンダー通りのGWが明け、有給取って多摩シャ○アに会いに行くんだもんね~っ、と思っていたら、関東の空模様は芳しくなく、ターゲットを鈴鹿の山一本に絞りました。霊仙山のシカ、リベンジです。
一週間前とほぼ同じ、雨あがり~快晴のコンディション。今回は月明かりもあるよ。ケガは・・・もう治った!! (山歩きしてると傷の治りが早いので・・・す? :Dm ) 

今回のコースは、JR柏原~霊仙柏原道~経塚山~霊仙山山頂~経塚山~お虎ヶ池~見晴らし台~樽ヶ畑登山口~醒井養鱒場~JR醒ヶ井。
コース詳細はこちらです。

まずは懲りずにNightShotで動画撮影です。
結局新調しちゃったヘッドランプに赤マジックを塗り塗りしたのが功を奏したのか、こころなしか動物たちとの距離が近いような気がします。いや、月明かりがあるために、ある程度大胆になるのか、こちらをじっと観察してなかなか逃げないのです。五感が働かないときの方が臆病になるのでしょうね。人間だって同じです。
それにしても、登山道入り口の養鶏場の裏手にズラ~ッと並ぶ、目、目、目・・・。シカだらけです。これって、3年前に登ったときと同じ鹿ザクザク状態?


7~8メートルくらいの距離でこちらを見詰めています。昼間は絶対こんな距離には近付けないのにねぇ・・・。


滅多に姿を見ないホンドテンにも会いました。これもそんなに離れてないのです。ランプの光に気付いた後なのですが、まったく気にしていません。もしかしたら、昼間もこんな風に近くに居て、気付かないだけなのかも知れません。

しかし、彼女たち(※ほとんど♀ばっかりなのです)は、人間がGW過ぎると(ヤマビル嫌いだしね)この山にはほとんど来なくなることを知っているのか、鈴鹿中のシカが霊仙に集まってきてるのかと思ってしまうくらいシカ、シカ、シカです。3年前より多いよ~ :Dm
経塚山の山頂に顔を出した瞬間に、乱舞して走り去るシカたち。夜遊びが過ぎます。しかし、肝心のときには必ず(足場が悪かったりで)カメラをしまっているという悲劇 :(m

さて、次は写真撮影。霊仙山頂で念入りにセッティング・・・
夜景
(霊仙山山頂から琵琶湖)
なんてことをしてたのが間違いの元? 暗いうちに岩と同化 :Dm しとかないといけなかったのです。
経塚山にたむろしていた不良シカどもがピーピーと騒ぎまくってしまい・・・シカ
遠巻きコースを選ばれてしまいました。
前回のリベンジで、間近を歩くシカを撮ろうと、テレコンすら持ってきていなかったので、やはりこんな写真しか撮れないのか~っとガックリ。

ところが、諦めて経塚山を登り返し、朝食の抹茶ワッフルを齧りながら、双眼鏡を振り回し、「あの小さな池は積雪時コースだな~」と景色を眺めていると・・・
居るじゃないの!

しかも、真ん中は滅多に見かけない、♂! 角があります。
シカ
近いように見えますが、谷を一つ挟んだ先です。うーん、地図を見ると・・・200メートルくらい離れてるのかな。
今回の写真、クリックしてもほとんど大きくなりません :Dm が、なるべく大きな画像をご覧ください。
明るくなると、このくらいの距離までしか近寄らせてくれないのですね。遠くからだと動きも小さく、ほとんど岩と同化しているシカたち、でもコツが分かれば見えてきます。
あ、あっちにもシカ、こっちにもシカ・・・、シカだらけじゃないの!
以前から、「朝に山を越えて行くシカたち」と表現していますが、実際には山頂部の開けた(視界の良い)場所から散るように去っていくのです。山腹のなだらかな部分を歩いて人目に付かない場所に移動するのですね。

で、下りコースをいつもと違う、お虎ヶ池~見晴らし台方面に変更しました。すると、山腹に居ます、居ます、シカの群れ。

シカ
私の姿を見て逃げたわけではなく、鳥の羽音か何かに驚いて走り出したところです。
これも谷ひとつ挟んでるんですよ。この写真は是非、クリックして大きなサイズで見てください。
11頭居ます。

シカ
全部で15~6頭くらいの大きな群れでした。

苔
お虎ヶ池に浮かんでいるような苔の塊です。

シカ
途中、ビン坂ルート方面の稜線を歩くシカを発見。
単独のシカというのはあまり見ません。最小単位で親子2頭とか。このシカも、独りではなく、左の丘陵部に仲間が居ました。

シカ
去年に枯れた笹の葉で秋の風景のように見えますが、朝の光線を受ける親子シカです。

シカ
また別の親子連れの子供の方。すごい足の跳ね上げです。

これからヤマビルの季節、山はシカたちの独壇場です。それにしてもものすごい数でした。そりゃあ、山頂がトリカブトだらけになるなよなぁ(食害で、シカの食べない草だらけになるのです)。

続きはまた、来年。

夜更かしはシカの特権?

また夜の霊仙山に行ってきました。JR柏原駅~柏原道~霊仙山山頂ピストンです。
雨上がりで空にはくっきりと星が出ています。ほぼ新月だし、街明かりも届かない山奥は、同じ時間の六甲とは比べ物にならないほどの星の数です。
しかーし! 夜で空気が冷えているとはいえ、蒸発した雨がものすごい霧を作り出し、何度も歩いてるコースだからなんとかトレースを辿れる、という状態でした。うーん、真似する人はあまり居ないと思いますが、夜の霊仙ではご注意を :Dm

今回はDVカメラを持っていったのですが・・・、シカ、撮れません :(m
道中、10頭以上出会ったシカも、登山道入り口で出迎えてくれたキツネと思われる動物も、イノシシみたいに堂々としててくれません。カメラを向けた瞬間には姿を消してしまってます。一応、親子連れのシカがごそごそと逃げていく姿が撮れたのですが、前回のイノシシより小さくて見えにくかったので、没 :xm
登山靴をやめて、底の薄いハイキングシューズで歩くと音が響かないためか、意外と近くにまで接近できるのですが、相手の方がまず先に気付いてるので・・・。ヘッドランプの光を見て警戒してしまうようですね。ここは昔ながらの赤セロハンの出番か・・・でも、今の2LEDのランプだと暗くなってしまうしなぁ・・・。

映像は無理でしたが、シカの警戒音を録音できました。
声のでかいやつ、小さいやつ、延々鳴き続けるやつ、色々個性がありますが、これは声のでかい子。
シカの警戒音(WAV形式 670KB)
同じもの(MP3形式 57KB)
これ、文字でどう表現したらいいんだろう。

さて、次は朝の大移動。
これがまた大失敗で・・・、去年より悲惨な写真に。日の出前で暗いのもありますが、色々とミスって恥ずかしいのでExifなしです :Dm

(2008/5/6) 霊仙山
シカ
朝帰りのシカたち

霊仙では、毎朝(・・・なのか? 3回行って毎回見てますし・・・)、山を越えて移動していくシカの群れを見ることができます。
どうも、夜のうちに雀荘(笹畑)で徹マンした帰り 昼間は人間が歩き回ってるエリアの餌を夜のうちに食べて、日の出前に人の来ないエリアに帰っていくようです。
前回はいつ来るのか、どこから来るのかー、と斜面を歩いてポジションを探していたのがシカから丸見えだったみたいで迂回されてしまいましたが、今回は登山道沿いの岩に腰を下ろして動かずにいたところ・・・、ほんの20メートルほどの目の前を、シカたちが横切っていったのです。
なるほど、ここがシカの道なのね。
色々あって、シャッターを押せたのはだいぶ通り過ぎてからになってしまいました :(m
ひと登りワンチャンスしかないのが辛い・・・。次はもっと上手く撮ってあげたい。

で、登山靴とハイキングシューズ、何が大きく違うかというと、下りのときのカカト部分のグリップ力、なんですね。ひさびさにコケて手に傷作ってしまいました :(m ひとさし指に血マメが~~っ!
これでしばらく写真は・・・・・・・中指で押して撮ります :Dm