和歌山かもしか牧場~ムサシに会いに

カモシカ追っかけ隊、行ってまいりました。
和歌山県百間山(ひゃっけんざん)渓谷かもしか牧場。
ムサシ
表題が「ムサシ~」になっているわけですが・・・、まず残念なお知らせがあります。
御在所日本カモシカセンターで人気者だったニホンカモシカのチビタン、亡くなっておりました。
かもしか牧場へ到着し、出迎えてくれた職員さんのお話によると、御在所から転居した二頭、チビタン(♂)とコマキ(♀)、そして元から和歌山に居たハル(♀)が相次いで死亡したとのことでした。
現在、ここに居るのは、御在所からの転居組であるムサシ(♂)、一頭のみとなってしまいました。
(帰って調べると、ニュースが検索に上がるようになってましたので、詳細を日本カモシカセンターに追記しました)
チビタンはすごく人懐こい子で、指を差し出すと眼下腺でマーキングしてくれるんです。今日はいっぱいチビタンと、何度も手を拭きながら遊ぼうと、ハンカチを多めに持っていったのですが・・・ :(m
自分はどちらかというと割り切って考える方なんですが、帰りの電車で、チビタンの話題を改めてまとめようかと、「チビタンはよく動くので写真撮り辛かったなー」、「まだ公開していない写真残ってるかなー」、「ビデオカメラ回した日はゴーラルとヒマラヤタールばっかり撮ってたけど、チビタンは映ってたかなー」、などと考えてるうちに、涙が出てました。

さて、気を取り直して、ムサシくん(♂)
閉園となった御在所日本カモシカセンターのカモシカたちの消息追っかけレポートです。
ムサシ
ずーっと見つめてるのに、カメラを向けるとスッと顔を反らすムサシ

被毛はフサフサ、溜めフンも形・色艶良く :Dm 健康そうです。
一頭になってしまったけど、元気な姿を見せてくれました。
御在所に居たときと変わらず、ちょっと警戒心が強そうだけど、おっとりマイペースな雰囲気。この性格が幸いして、転居もストレスにならなかったのでしょうか。太く長く生きて欲しいものです。
ここ、かもしか牧場の放飼場は、斜面を利用してあって、カモシカの運動能力を存分に発揮できるようになっています。ムサシは・・・やっぱり動きがおっとりしてるのですが :Dm

帰り際に・・・挨拶してくれた?
ムサシ
いつもジーッと見てるだけのムサシくんですが、この日、帰ろうとして最後に見上げると、何度か鼻を突き出すようにして挨拶してくれました(ウシ科が相手に関心を持ってるときの動きです)。
動物に心が伝わった! とか、そういうのは信じていないクチで、「人間と同じところがあって、人間と違うところもある」のが動物の魅力であると思っているのですが・・・ちょっと嬉しくなった瞬間でした。

御在所では少なからず人の視線を感じていた生活、それを思い出させてあげることでムサシを元気付けられるんじゃないかと思います。今はムサシ一頭だけですが、周辺の渓谷はハイキングコースとして楽しめますので、皆さんも会いに行ってあげてください。
(近いうちに、交通機関案内などをまとめてみます)

さよなら日本カモシカセンター

御在所 チビタン 顔近すぎ
広角で
昨日(25日)もまたカモシカセンターに行ってきました。もうこれが最後かな。
日曜が雨の予報のためか、山頂は霧に包まれていたにも関わらず、かなりの人出。霧の中でおとなしくしているカモシカを見つけられず、「もう居なーい」と帰っていく人も・・・。

カモシカたちの転居先について、ちょっと職員さんに尋ねてみました。
(※情報は補完してるうえ、正確性には欠けるのでご了承ください)
既に下山しちゃったシャモア3頭、おそらく、アルプス♀、アルプスの息子(名無し)、ヤックル♂は公表されている通り、多摩動物公園へ。
残り数頭のシャモア(お客に寄って鳴く=威嚇?する子とか)は未確認。
ニホンカモシカたち、チビタン♂、ムサシ♂、(あと、奥にも一頭居たような・・・)は和歌山の「かもしか牧場」へ。
シロイワヤギのオンコ♀、他二頭(姿が見えないけど、居たの?)は横浜市立金沢動物園へ(28日下山予定)。オンコは里帰りです。
ゴーラル、ヒマラヤタール、キョン、上記の実確認シャモアたちについては、現在、協議中とのことで、おそらくあらかた決まってはいるのでしょうが、諸事情で公表できないような雰囲気でした。
お客と遊んでくれるゴーラルのスクスク♂、リィリイ♂の行き先が気になります。

ニュースでは、1月末には移転完了ということです。
しばらくは彼らの消息を追っかけてみようかな。
機会がありましたら、皆さんも移転先での元気な姿を見に行ってください。

前回書いた「かもしかずかん」、職員さんが回収(何故?)したのか、あるいは盗まれたのか、無くなってました。頭2ページを撮り損ねてたのに・・・。盗まれたのだとしたら、盗んだ人は返却してくださいね。

動物園は無くなりますが、博物館のあたりは残るかも知れません。
ニュースでは「剥製は保存される」(だから、何処にかを書いてよ!)と言われてますし、「ございしょ自然学校」のスケジュールは来年3月まで公表されていますから。

「記念」って始まりのイメージがあるけれど

御在所 ゴーラル「リィリイ」(♂)
お食事中
御在所の日本カモシカセンターも、残すところあと・・・土日祝日を3つ残すのみとなってしまいました。
伽狼が紹介すると、なんだか山の頂上にあって行き難い場所に思われるかもしれませんが、電車→バス→ロープウェイでお気軽に出掛けられるので、是非、訪れてください。

さて、前回の写真のゴーラルくん、名前は「スクスク」 元気な子です。お客と遊んでくれます(喧嘩の練習とも言う?)
カモシカ(※ゴーラルもカモシカの仲間です)って、岩場でじっと佇んでいるイメージがあるのだけど、動けばけっこう激しい動物なんですね。ニホンカモシカの「チビタン」もお客が走ると追いかけて、金網に頭をガシャンガシャンとぶつけたりするのですが、これは怒っているのか? コミュニケーションを取ろうとしているのか? 判別付きかねます。
前後の行動を見る限りでは敵対している感じはしないのですが。

ところで、前回もロープウェイ乗り場で楽しい調子で案内をしていた職員さん、地元の人との会話に耳を傾けていると・・・、カモシカセンター所長の「森さん」ではないですか!
なんか全身から人柄の良さがあふれ出してるような人でした。
漏れ聞こえた話では、カモシカたちの引き取り先は手続きとか色々やってる最中ってことで、あらかた決まっているようなニュアンスだったのですが、まだ決まってない子も居るのかな。行き先、知りたいですねぇ。
最後の休みあたり(26日かな?)は、セレモニー的なものでもしようかみたいな話も。
ま、また行ってしまいそうだ・・・。

カモシカセンターでは、現在、閉館記念(記念・・・なの?)切手&下じきセットを販売しています。1500円。逃すともう手に入らないですよ~(何を営業してる)
カモシカについて詳しく解説された「かもしかずかん」ってのがあるのですが、すでに完売してしまったとのことでした。館内に一冊置いてあるし、剥製の展示の横についてる解説が、その冊子のコピーになっているので、一度ご覧になってください。

御在所岳初冠雪

御在所 ゴーラル(♂) 尻尾フサフサ
足跡つけちゃおう
またカモシカを求めて行ってきました、御在所岳。
夜間に登って、夜明けとともに誰も居ない登山道を野生のカモシカ探して下りる計画です。結果から言うと「居なかった」んですが。
やっぱ真剣に野生動物に会おうと思ったら、フィールド調査から入らないと。あと、微妙に悪天候だったのもマイナス要因だったかな。

四日市の天気予報は晴れだったのですが、山のあたりだけは雲に包まれて、それでも夜中のうちは雲が飛ばされて満天の星空が広がったりもしていたんです。
御在所は夜間登山に向かない山で、そもそも夜に登ろうなんて誰も考えない?
前回、比較的足場のいい裏道(表道、中道とかがあっての裏道。便宜上の名前なので体を表してるわけじゃないです)を下見しておいたので、特に問題なく山上に着いたのですが、ものすごい突風が吹き荒れて、薄い雲が早送りシーンのように流れていきます。
眼下の街の明かりも美しく、他に登山者が居ないのが惜しいくらいなのだけど、過酷な環境ですね。ベンチででも寝っ転がろうとサバイバルシート(アルミの薄いの。全身にかぶると通気性ゼロで蒸れるほどに暑い)を持っていったのですが、これ、製品がリニューアルしていて・・・全身を包めないサイズになってる!!
山頂は氷点下で泣きそうになりました(いや、楽しんでましたけどね)。野生動物はこんな環境で生活してるんだなぁ、と思ったり、さすがにカモシカでもこんな暴風のさ中に岩場に立ったりはしないかぁ、とも思ったり。
空が明るくなり始めた頃に、とりあえずカモシカ目撃情報の多そうな中道を下山。
岩場だらけのちょっと危険なコースですが、朝焼けの中、眼下に広がる(たぶん)伊勢湾と(たぶん)四日市の情景が美しく、低山としては最高の景観だねぇと思っているうちに・・・アラレのようなものがパラパラと降ってきました。そして、下るにつれ、小雨に変わり、降ったり降り止んだり。
下山後、カモシカセンターを訪れるために、ロープウェイ乗り場へ。
そのうち雨も止むだろうと思っていたら・・・、
「強風のため、ロープウェイの運行開始時刻がいつになるかわかりません」
「山頂は、雪が降っています
え~~~~っ?

私が下山してからずっと降っていたのか、ようやく動いたロープウェイで再び辿りついた山上は、真っ白になって、さらに延々と吹雪いてました。
カモシカたちは・・・、雪などおかまいなく、普段とまったく同じように行動してました。
閉園間近で、もう雪の中のカモシカの姿は見られないかと思ってましたが、思わぬ収穫。ただ、雪は降り止むことはなく、エネルギー切れでガタガタ震えながら撮影しましたが、うーん、だめ。フィルムカメラも持っていったけど、使ってる余裕なし、耐えられない! 山上レストランでおソバ食いたい!←?

中途半端で引き上げました。月末までに、もう一回行くぞ。

カモシカは寿司酢の香り

御在所 日本カモシカセンターの「チビタン」
マーキング中
人間に臭い付けてどないするねん
芦屋ロックガーデンでのイノシシ撮影に気を良くして、今度は野生のカモシカ撮りた~い、と三重は御在所岳に登ってきました。
でも、結局、逃げるシカの白いお尻がちらちらと見えただけで、野生のカモシカには会えず、頂上の日本カモシカセンターへ。
二年ぶりの訪問となるのですが・・・なんと、今月末で閉園とは・・・。
とにかくいい施設だけにもったいない。
写真の「チビタン」はすごく人懐こい子で、自分で扉を開けて(マジ)、触れ合いスペース(「手を入れないで」の看板があるので、本来はただの散歩用通路?)に出てきます。
で、同じウシ科のヤギ語を習得中の私、すぐに仲良くなって? マーキングしてもらいました・・・・・。
いや、人間にマーキングしても意味ないだろー!

カモシカのマーキングってどうやるか知ってますか?
目の下にある眼下腺を擦り付けるのは見ていてすぐ分かるんですが、実際には、まずペタペタに濡れた鼻の先を押し付けて、対象を少し湿らせてから、眼下腺をスティックのりを塗るように小さく円を描くように塗り塗りします。
その後、アタマを擦り付けてきたりするんですが、仕草がヤギと同じ・・・!?
カモシカと遊んでみて、またヤギのことがちょっとわからなくなった。
マーキングされた指を匂ってみると、これ・・・寿司酢の匂いだ。
気分次第で角を振り回したり、アタマをぶつけてきたりするので、まぁ、真似はしないように。

閉園までに、もう一度行ってみようと思います。日本カモシカセンター。