カモシカと空中ブランコ ~ 天王寺動物園ゴーラル

カモシカ追っかけ隊 第四弾、ついに登場、ゴーラルです。カモシカセンターで最後に会ってから、実に四ヶ月振り。移転の許可が下りなかったらしく、なかなか公開されなかったゴーラルたちのうち、先発として、スクスク(♂)とノンノン(♀)の二頭が天王寺動物園でお目見えとなりました。

喉元と足先の白いポイントが美しい、ゴーラル ≫大きな写真
スクスク
スクスクくん

以前の記事へのコメントでありがたい情報をいただき、3/26から天王寺でゴーラルの展示が開始されたことを知りました。しかも、真っ先に公開されたのがスクスクだと知って、狂喜 :Dm スグに会いに行かねばっ!
上司:「あー、土曜やねんけど、休日出勤してくれへん? で、振替休暇はいつに・・・」
伽狼:「(天気予報を調べる・・・) 明日休みますっ!!!
スクスクとは匂いを嗅ぎ合ったり、角でゴシゴシされたりした仲です。元気に跳ね回る姿が見たいっ!
そんなわけで、3/28(水)に緊急出動してきました、天王寺動物園。

しかし、熱い抱擁を交わす(=「金網越しに頭突きを食らう」とも言う)つもりだったのですが、ゴーラルたちの新居は、旧カモシカ舎旧々ヤギ舎?旧々々サル山。防風パネルと金網の二重構造に阻まれてしまったのでした。サル山時代の名残りか、何故か空中ブランコまであるし! (ゴーラルの跳躍力だとあのくらいの高さなら引っ掛かるんじゃないかと無駄に心配してみる)
この防風パネルは厄介で、写真を撮る場合は、北側の「物置兼飼育員さんの出入り口」からMFで狙わないと、コントラストがめためたに落ちた写真しか撮れません。北側も二重金網なんですけどね :(m

スクスクくん、居ましたっ!
愛嬌のあるあの姿は変わらず、さっそくお客さんから「可愛い~」の声が上がります。
世間はいつの間にやら春休み。人が増えるとスクスクは岩場で寝てしまいました。

まだまだ警戒した動きですが・・・
スクスク
カモシカにとっては過ごしやすそうな岩場です

飼育員さんに確認しましたが、天王寺に来たのはスクスクとノンノンの二頭のみ、残りのゴーラルとシャモアは来ていないという話でした。
飼育員さんが飼料の容器を運び入れて、すでに入れてあった葉付きの木の枝を調べて・・・別の飼育員の方に「食べてない」と報告 :xm まだ新しい環境に慣れてなくて、食が細いのか? 心配になります。
そこで、溜め糞チェック ((カモシカの仲間は決まった場所で排泄をします)) 、白っぽい糞の山と黒っぽい糞の山が裏手にありました。スクスクが糞の上にオシッコをしていたので黒い方はスクスクの糞・・・、白い方はノンノン? 糞があるということは、食事はしているということなのですが、糞が白いのは偏食しているかもしれないのでやはり心配です。

かなり警戒心の強いノンノン ≫大きな画像
ノンノン
早く慣れるといいんだけど・・・

ノンノンにも再会できました。日本カモシカセンターでは、スクスクの奥、ホンホンの隣に居た子です。角のカーブと右耳にある切り欠きで同定できます。 ((正体不明の「5種17頭最後の1頭」ですが、カモセンのゴーラルは四頭だったという情報もあり、ゴーラルではなかったようです。ヒマラヤタールだったら、もうマスコミにも出ないだろうし、追いかけようがないです。カモセンの看板にあった「スンスン」は、スクスクの母親。スクスクを産んでしばらくして死亡したようです。「リィリイ(♂)」と共に別園に引き取られる「ホンホン(♀)」はスクスクの姉みたいですね))
ノンノンは警戒心が強く、人の影から逃げ回るようにしています。慣れるまで走って追いかけたりしないようにしてあげてください。大阪はやはり騒がしいのか、ノンノンもスクスクも耳をクルクルさせています。特にノンノンは、近くにある子供の遊技場の騒音が気になるようです(あの位置はなんとかならないものか)。午前中は姿を見せていたノンノンですが、午後からはずっと・・・
ノンノン
引き篭もり状態。ここが定位置になってしまいませんように。結局ノンノンは食事をする姿も見られなかったので心配です。

さて、カモセンでは走り回っていたスクスクも、まだ慣れていないためか、動きがゆっくりで慎重です。人の手で育てられた子なので、お客の姿は平気だけど、音に対してビクビクしている様子。
お昼前からはずっと寝ていたようです(他の動物を見に行ってる間に動いていたかも)。大阪は暑いのかな? 夏場は厳しいかもしれませんね。
お客が減り始めた夕方4時頃から活動開始 :Dm 食事をする姿を見せてくれたので一安心、なのですが・・・落ち葉食うてるやん! 用意された餌よりそっちが好きなのか :(m (後で、用意された木の葉も食べてました。飼料は匂いを嗅いでるだけでしたが)
落ち葉を拾い食いしながらフラフラしているスクスク。目の前でゆっくり左右に動くものに対して足を踏み出してしまうカモシカの習性?(「勝手な思い込み」とも言う)を利用して、北側の出入り口まで誘導します。防風パネルがなくて声が通るあたりまで来てもらったところで、(人が通ると恥ずかしいので小声で)「スクスクッ!」と呼ぶと、耳がピクッと動いて・・・
スクスク
寄ってきてくれました!!  ≫大きな写真

ゴーゴくん ((ゴーゴ運動場は、現在工事中のためしばらくゴーゴには会えません。確か3/30あたりまでだったか・・・スクスクに集中しててよく見てなかった。)) とともに、天王寺の人気者になってくれ、スクスク。一見、地味なゴーラルだけど・・・空中ブランコでもしてみる?

てなわけで、カモシカ追っかけレポートでした。
皆さんもゴーラルたちに会いに行ってあげてください。
「天王寺は遠くて行けんわい」って方のために、後日、写真や動画を掲載する予定です。

オンコに会いに行こう

日本カモシカセンター(2006/11末閉園)で、その白い神秘的な姿で人を魅了していた、シロイワヤギの「オンコ(♀)」
今は横浜市立金沢動物園で元気にしています。カモシカセンターの閉園を惜しまれている方、もう一度オンコに会いに行ってみませんか?

(2007/3/14)金沢動物園にて
オンコ

てなわけで、またfuchakaさんの動物園へ行こうの記事を受けて、オンコです。
金沢動物園へは、京急「金沢文庫駅」からバスが出ており(※平日は直通がなく、最寄の停留所は「夏山坂上」になることだけ注意)、交通の便は悪くありません。
オンコとの再会を阻むのは・・・
「(観覧場所から展示場までの)距離」、そして四頭のそっくりさん :Dm です。

まず、距離に関しては、双眼鏡を持って行くことをお勧めします。オペラグラス程度のものではなく、像が安定するしっかりしたものが望ましいところです。バードウォッチングをしている人が知り合いに居れば、「8倍くらいのまともな双眼鏡貸して」と言ってみましょう。
(金沢では8倍は欲しいところなのですが、通常の動物園では6~7倍くらいの双眼鏡がベストだと思っています。8倍だと像が大きくなりすぎるケースがけっこうあるからです。私は8倍使ってますが :Dm )
双眼鏡はどこの動物園でも使うと楽しいアイテムですので、お持ちでない方はちょっと奮発して購入されてみては? (双眼鏡の選択はまた奥の深い世界 :Dm 一記事書けてしまうかも)

そっくりさん対策ですが、前回の記事の説明では分かりづらいと思い、「シロイワヤギ判別基準」をまとめてみました。えっと、オンコが二枚しかありませんが、消去法で見つけてください :Dm
ニホンカモシカの同定において、角のライン(成長の過程で刻まれる年輪)の違いを判断基準にするという文章を見かけたことがあり、シロイワヤギもそうかも、と思って見比べてみたら、見事に個体差があるものなんですね。

では、皆さんが無事にオンコに会えますように。

# :(m 次回こそはオオカミの記事を・・・

横浜市立金沢動物園~オンコたちに会いに

日本カモシカセンターが閉園してからもう三ヵ月半、シロイワヤギのオンコ・ペンケ・サロマ、三頭の元気な姿を移転先の横浜市立金沢動物園に追いかけてみました。
カモシカ追っかけ隊 第三弾の報告です。

シロイワヤギたち、大集合 ≫大きな画像
オンコ・サロマ・ピリカ

3月14日(水)は快晴。開園直後、平日の金沢動物園はほとんどお客もおらず、閑散としています。
五年ほど前に一度訪れたことがあり、そういえばシロイワヤギは断崖状の展示場で距離がありすぎて、写真を撮るのを断念した記憶が・・・なんて思いつつ、到着。やはりものすごい距離。500~600mmクラスのレンズが欲しくなります :xm
シロイワヤギは・・・居たっ! ここの子たちは耳に色分けされたタグが付いていて見分けられるようになってるのですが・・・見えない :(m かろうじてタグっぽいものが見えたあれはサロマくん? 悩んでるうちに、2・3頭がうろうろしてすぐ奥へ引っ込んでしまいました。 もう頭の先しか見えない :(m
仕方ないのでバックヤードへ。展示場に出ていない三頭(展示場には五頭)のシロイワヤギが柵の中に居ました(写真は後から撮ろうと思ってて、戻ったら看板が立ち入り禁止に差し替えられてました。ここへ入れる時間は限られているようです)。三頭のうち一頭が間近に来てくれました。左右にゆっくり往復するとウシ科の動物の興味を惹けるようですね。
さて、ヤギと遊んだりしつつ、何度も坂道を上ったり下りたりしていましたが、一向に出てきてくれないカモシカ ((シロイワヤギは別名シロカモシカ。ヤギの仲間ではなく、カモシカです)) たち。オオツノヒツジを裏側から観察するデッキから、双眼鏡で覗いてみると・・・

居た~~~~っ!!
オンコ
左耳に黄色いタグ、オンコさんだっ!

ついに会えました、オンコ。
のんびり足を伸ばして毛繕いする仕草など、カモシカセンターで見た姿とおんなじ :Dm
元気そうでよかった。

最終的に、三頭全員の息災を確認できましたが、展示場に出ている五頭のうち、オンコ・サロマ・ユキは判別がついたのですが、ペンケとピリカの見分けがつかない。帰って写真を見比べてようやく判ったのですが、実は・・・
ねこさんのしろくまくん(ここの「以前のサイト」から金沢シロカモシカのコーナーへ)に情報がありました。ペンケとピリカは双子の姉妹だったんですね。どうりでそっくりなわけです :Dm

以下に、報告を兼ねて彼らの見分け方を紹介します。

サロマ(♂) ≫大きな画像
サロマ
右耳(正面から見て左側)に、白いタグのあるサロマ。右耳タグはサロマだけ(♂は右なのか?)のようです。 角の年輪に間隔があります(オンコ・ペンケ・ピリカは筋が密に入ってます)。首の左側に三日月状に毛が抜けた跡があります。毛並みは夏になれば判断材料にならなくなると思いますが。

ペンケ(♀) ≫大きな画像
ペンケ
左耳(正面から見て右)に、灰色のタグ。しかし、タグは非常に見辛い(というか、この子のは見えなかった)ので、消去法で。ピリカとはそっくりなのですが、鼻の黒い部分の上が白いのがペンケ。少し毛が薄くなってるのか黒い部分が上に広がって見えるのがピリカです。そう、トップの画像、カモシカセンター三人衆だったらいいネタだったのですが、右の子はピリカだったんです、残念 :Dm
今なら、二頭並べば白い方がピリカ、ちょっと黄ばんでるのがペンケ(汚れてるんかい)。お尻の右側の床ずれの跡も夏までは特徴になるでしょう。

オンコ♀ ≫大きな画像
オンコ
馴染んだ顔なのですぐ見分けがつきます(嘘)、オンコ。左耳の黄色いタグは外側にも内側にも付いてるようで、タグが一番よく見える子です。カモシカセンター組は、やはり元から金沢に居る組より、黄色い・・・ :(m
お尻の床ずれ跡はペンケと似てますが、ペンケの方はすだれ状に毛が垂れてるので区別が付きます。

次は金沢の子、
ピリカ(♀) ≫大きな画像
ピリカ
左耳に緑のタグ。ペンケとの見分け方はすでに書いた通り。今は左右どちら側も床ずれがないので、それで判別するのが早いかも。

ユキ(♀) ≫大きな画像
ユキ
耳タグなし。一番若くて明らかに小柄なのですぐにわかります。でもあと一年も経てば・・・。角の根元にくっきりとしたラインが一本入ってるのが特徴。

というわけで、かなり自信がなかったのですが、カモシカたちを見分けることもできて、今回の訪問は嬉しい結果となりました。三頭とも元は金沢動物園出身なわけですが、うまく馴染んでるようです。ただ、若いからか傍若無人なユキがペンケやサロマを押し退けてるシーンもありました :Dm
一つのゾーンを形成している、シロイワヤギ・オオツノヒツジ・プロングホーン・マーラ展示場ですが、その横の斜面にチェーンソーが入ってました(新しい動物が入るスペースを作ってるんだったらいいな)。動物たちの反応がそれぞれ違ってて、オオツノヒツジは少し遠巻きにしてウロウロ、プロングホーンは前に出てしきりに観察、(マーラは見てなかった)
そしてシロイワヤギは・・・「展示場奥の壁際に集まって音が去るのを待つ」でした。一番図体でかいのにねぇ。でも、好奇心は強いはずだから、チェーンソーの作業が終わったらゾロゾロと確認に出てくるに違いないと待ち構えていたら、案の定、というのがトップの画像。ファインダーに収まらなかったけど、五頭全員、わらわらと出てきました。これがなかったら、個体の特定はできなかったかもしれません。

#さて、次は公開待ちの子たち。多摩が早いか、○○が早いか・・・?

おまけ
ユキ強えぇ
ユキ「そこのけ、そこのけ、ユキ様が通る」
ペンケ「いや~ん」

(2007/3/21 追記)
オンコ@金沢動物園の記事発見!
fuchakaさんの動物園へ行こうの記事です。オンコに大接近 :Dm ですね。

日本カモシカセンター、その後

カモシカ追っかけ隊、第二弾、行ってまいりました。
今回はちょっとうれしい報告? :Dm

閉園以後、全く情報が流れず消息不明となっていた、あの「スクスク」、「リィリイ」、「ホンホン」たちゴーラル四頭、多摩に行かなかった残りのシャモア二頭。
閉園してしまえばもうマスコミ関係者が取材することもなく、何かあっても(移送時の事故で、ってのはけっこうある話なのです)人知れず忘れ去られていく・・・なんて心配もあったのですが、
大丈夫  :Dm
移転先は公表できないし、実際に彼らに会ったわけでもないのですが、おそらく元気でいるという確証は得られました。(煮え切らない表現で申し訳ありません)

カモシカセンター全景
カモシカセンター全景

3/4(日)、快晴の空の下、御在所岳への登山のついでに(どっちがついでなんだか)、カモシカセンター跡へ立ち寄り、ゴーラルたちのお話を聞いてきました。職員さま、元園長さま、ありがとうございました。お邪魔してすみません。
移転先が分からなかった動物については、実はまだ国の許可が下りておらず、引き取り先ならびに関係者へ迷惑をかけることになるため公表できない、ということだそうです。

では、現在判明しているカモシカたちの状況をまとめてみます。

【確認済み】
☆ニホンカモシカの「チビタン」♂
 → 転居先:和歌山「かもしか牧場」へ 2006/12/2到着
   2007/1/18 急性肺炎により死去

☆ニホンカモシカの「ムサシ」♂
 → 転居先:和歌山「かもしか牧場」へ 2006/12/2到着
   ムサシ
   2007/2/25 元気な姿を確認しています :Dm

☆ニホンカモシカの「コマキ」♀
 → 転居先:和歌山「かもしか牧場」へ 2006/12/2到着
   2006/12/14 急性直腸炎により死去

☆タイワンカモシカの「玉星」♀
 → 2006/11/27 日本カモシカセンターにて老衰で死去

【未確認】
☆シロイワヤギの「オンコ」♀
☆シロイワヤギの「ペンケ」♀
☆シロイワヤギの「サロマ」♂
 → 転居先:横浜市立金沢動物園へ 2006/11/30到着
   2007/1/16付で公開中情報あり

☆シャモアの「ヤックル」♂
☆シャモアの「アルプス」♀
☆シャモアの「モンブラン」♂
 → 転居先:多摩動物公園へ 2006/11/21移転
   2007/3/7現在、公開されたという情報はありません

☆ヒマラヤタール ((ヒマラヤタールはヤギ亜科なので今後追いかけません(というか、おそらく群れに混ざっちゃって個体識別できません。)あしからずご了承ください。)) ♂3頭
☆ヒマラヤタール ♀2頭
 → 転居先:♂♀のうち3頭が南紀白浜アドベンチャーワールドへ
        おそらく公開中
        残り2頭は不明

☆タイワンキョン ((タイワンキョンはシカ科なので今後追いかけません。あしからずご了承ください。)) の「ひかり」♂
☆タイワンキョンの「なつめ」♀
 → 転居先:富士サファリパークへ 2006/12/2移転

【転居先未公表】
☆ゴーラルの「スクスク」♂
☆ゴーラルの「リィリイ」♂
☆ゴーラルの「ホンホン」♀
☆ゴーラルの名前不詳・性別不詳の子

☆シャモアの名前不詳 ♂(メイン通路でお客を威嚇してた子)
☆シャモアの名前不詳 ♂(散策路側にいた子)

☆ゴーラルかシャモアがあと1頭居るはず! (5種17頭と報道されているので)

 → 追っかけ中(乞うご期待? :Dm )

☆チンチラ ((チンチラは齧歯目なので今後追いかけません(というか、絶対にこいつら、見分けつきません :(m )あしからずご了承ください。))
 → 消息不明

ちなみに、
カモシカセンター内にあった博物館の(すべての?)所蔵品は、三重県立博物館に引き取られたそうです。
2007/3/6~5/27 「(財)日本カモシカセンター寄贈資料特別記念公開」やってます。
カモシカセンターの建物は残っており、御在所自然学校とモンベルクラブの関係者は入館できます。財団法人が解散する3月末まででしょうか?
受験のお守りカモシカのお札&絵馬の販売も3月末までのようです。

閉園まぎわまで案内板では愛称未定であった、シャモアのヤックル&アルプスの息子ですが、よしみ☆さんのBlue Crescent and CAT☆★☆の記事によると、「モンブラン」くんだそうです。参考にさせていただきました。

さて、ゴーラル・シャモアの移転先、実は教えてもらったのですが、前述の理由によりお伝えすることはできません。山奥とかではなく :Dm 多くの人が気軽に行ける動物園ですよ。2箇所に分かれて引き取られる(内訳は聞きませんでした)そうなので、公開されるのを待ちましょう。
私も情報をキャッチしたら駆けつけていって報告したいと思います。

カモシカたちの消息について、より詳しい情報をご存知の方、 コメントやトラバをお寄せ下さい。
(と、お願いしておきながら申し訳ないのですが、憶測に基くものなどは削除させていただくことがあります。また、明確な情報を記載できない事情についてもご理解ください)

和歌山かもしか牧場への行き方案内

日本カモシカセンターから移転した三頭のニホンカモシカたち。新居での元気な姿を確認してお伝えしようと、ワクワクしながら訪問した結果、残念な報告をすることになってしまいました。(前回の記事 参照)
この話題をどう扱っていいのか、まだ自分の中で整理できていません。
動物の移転にはこういった話は付きまといます。人間には与り知らぬ要素が災いすることもあります。施設にも何らかの問題があったのか(後日、カモシカセンターのかたも「(カモシカの飼育は)難しいんですよ」みたいなことを言われてましたが・・・)、専門家ではないので分かりませんが、ただ忘れられていくだけではなく、多くの人が自分の目で見て心に留めておくことが大切なのではないかと思います。

と、堅い話はこのへんで :Dm ムサシくんに会いたい人へ
かもしか牧場への案内をお伝えします。

遠いぞ! かもしか牧場
かもしか牧場案内

かもしか牧場は、田辺市熊野の旧大塔村、百間山(ひゃっけんざん)渓谷にあります。JR紀伊田辺駅からバスで約80分という山奥で、バスも一日2本(※2往復じゃないよ!)しかないので、覚悟 :Dm が必要です。
(※時刻については、直前に各交通機関へ再確認して下さい。ダイヤの変更・路線廃止等があっても、責任は負いかねます)

【行き】
天王寺 08:01(土休08:02) JR特急スーパーくろしお1号 ~ 紀伊田辺 09:57
(青春18切符利用であれば、6時半前 7時前(訂正しました)に大阪駅を出発するくらいでプランが作れます)
紀伊田辺 10:50 明光バス 百間行き ~ 終点 百間口 (乗車時間約80分)
※平成19年2月21日改正ダイヤ
かもしか牧場案内
バス乗り場は、銅像前の横断歩道を渡って駅の向かい側のビルにあります

百間口バス停下車スグ 正面に、入園券販売所(兼 管理事務所 兼 売店)があります。

【帰り】
百間口 14:50 明光バス 紀伊田辺駅行き ~ 終点 紀伊田辺 (乗車時間約80分)
紀伊田辺 16:41 JR特急くろしお30号 ~ 天王寺 18:31

と、ご覧のように、日帰りだと2時間40分ほどしか現地に居られません :(m
ただ、べったり2時間40分、カモシカを眺め続けても居られないと思いますので、時間潰しを。
かもしか牧場が隣接している百間山渓谷のハイキングコースは、「雨乞いの滝」あたりで折り返せば、ゆっくり歩いて2時間かからないくらいの距離です。けっこう登りのある山道なので、ハイキングに適した靴を。「ふたおい釜」のあたり、岩場に入れるところがありますが、滑るので手すりのない位置まで行かないようにしましょう。

ムサシくんは警戒心の強い子です。おどかさないようにやさしく声をかけて、ゆっくりした動きで観察してあげて下さい。気に入ってもらえたら寄って来ます(ちょっと離れた位置で、こっちが観察されちゃう :Dm ) 離れていくときは、無理に追いかけてストレスをかけないようにしてあげて下さいね。
(カモシカくらいの大きさの動物にとっては、直立した人間は自分よりちょっと大きい動物に見えます。しゃがんであげた方が警戒されないようです)

意外と近くに居るけれど、多くの人がよく知らない隣人。日本の固有種で天然記念物でもあり、近年では食害を起こす害獣でもある、そんなニホンカモシカについて、関心を持ってくれる人が増えたらいいな、と思います。