秋とカモシカ

もう先週の話ですが、秋の和歌山大塔山系を歩いてきました。
百間口(JR紀伊田辺からバス)~板立峠~百間山方面登山道(千体仏ルートではありません)~縦走路出会い~P1003の先でツェルト泊~法師山~修験の滝~川湯温泉(バスで新宮へ)というコース。
百間口行きのバスには、前回紹介したスーパーくろしお1号でなくて、くろしお3号(土曜運転 紀伊田辺10:43着)でも間に合うはずなのですが、この日は5分遅れ。一日一本しかない10:50のバスにあやうく乗り損ねるところでした。百間山方面へ行かれる方は、これより早い電車を選びましょう :Dm
今回は法師山~大塔山縦走の予定だったのですが、登山道への取り付きを間違い(二本の川を目印にしてたけど、一本目は地図にない川だったんだ~ :(m )、一気に法師山へ上がるつもりが、百間山方面へ。すぐ気付いたけどそのまま登りました。大塔山系はかなり起伏が激しく、切り立った稜線を辿るしかないのですね。天空の回廊を歩いているような高度感と展望があります。遠回りしたおかげで、大塔山までは辿り着けなかった(帰りのバスが早いし、林道に出てから川湯までが徒歩4時間なんですよ・・・ :(m )けれど、噂の岩稜帯を通ることができました。大台ケ原の大蛇嵓(だいじゃぐら)から防護柵を取っ払ったみたいな感じで迫力満点。逆方向から来ると下りになって怖いだろうなぁ。

紅葉も楽しんできました。
大塔の紅葉 大塔の紅葉
もともと紅葉樹の目立たない山域なのか紅葉はまばら。今年は気候の関係か、色付きもかなりバラついてるようですね。枯葉と緑の葉が同居してるモミジなんかもあります。
大塔の紅葉
縁日のコンペイトウみたい :Dm

さて、今回の第一の目的、日本カモシカセンター出身のムサシくんとの再会。
同センターが閉園してそろそろ一年、もう「百間山渓谷かもしか牧場のムサシ」だね。
ムサシ
(2007/11/17) 9ヶ月振りの再会。
元気だった? ≫大きな画像
奥の休憩所の下で、ハイキング客の動きを観察~。
そこ、逆光で写しにくいんだけどー :Dm

ムサシ
餌場に降りてきました ≫大きな画像
そこも金網の色が乗るし格子が邪魔で写しにくいんですけどー

ムサシ
相変わらずマイペースなムサシくんでした ≫大きな画像

この日は前回訪れたときと違って、秋の散策を楽しむ人の姿がちらほらと見えます。
ムサシくんの姿はかなり好評なようで嬉しくなります。そうねえ、動物園にも行かない、あまり山奥にも行かない人たちには、初めて見るカモシカなんですね。
それはそうと、「無料(ただ)で見られるから得なんだ」って言ってる人居ましたが・・・? 登山コース帰りか迂回路通った人? ゲートがあるわけでもないのですが、事務所で入園券310円、買ってあげてくださいよ。田辺市管轄の施設だから赤字でもやっていけるのかもしれないですが、 エサ代の足しにでもなるのなら、支えてあげて欲しいのです。

ムサシと再会っ!(速報)

(また)和歌山かもしか牧場に行ってきました。
8月に川湯温泉から山越えで行こうとして、スズメバチに追われて逃げ帰り :(m
今回は百間から山越えで川湯ルートにチャレンジ。
ってことでーーーーーーーーーっ

ムサシくんに再会しましたっ!!
ムサシ
元気してた?

そろそろ、日本カモシカセンターが閉園して1年。 総まとめとか動画の公開とか考えてますが、彼に会わないことには始まらないッ! ってことで会ってきました。

詳細はまた後日 :Dm

新コーナーのお知らせ

モチベーションアップのため、新コーナーを作りました。

ウシカカモシカヤギ亜カシカカ ご覧になってください。

看板ヤギは・・・おかか、きみに決めたっ!
おかか

まだ記事はありませんが :Dm

誰も見に来ない→ブログは裏に回った記事は読まれない→更新しづらい→やる気減→誰も見に来ない→・・・
の悪循環から抜け出さねばーっと、ブログ形式で行くならテーマごとに分散させちゃえという企画です。

去るものと訪れ来るもの

去る8/31に、天王寺動物園に行ってきました。話には聞いてましたが、確かめるのが辛いというか、足が遠のいていた天王寺。ゴーラルたちの住居は・・・やはり空っぽになっていました。

カモシカセンターから移転してきて、新居に慣れたかな、という頃の写真を少し。

(2007/4/14) 天王寺動物園
スクスク
ゴーラルの故「スクスク」♂ ≫大きな画像

ノンノン
ゴーラルの故「ノンノン」♀ ≫大きな画像

4月の頭から配られている園内パンフには、まだゴーラルの名前が載っています。京都へ行ったリィリイ♂も亡くなっているとのこと。これでカモシカセンター出身のゴーラルは、京都のホンホン♀だけとなってしまいました。 国内のゴーラルはラル♀との二頭だけとなり、昭和53年に親善大使としてやってきたゴーラルの歴史はこの代で終わりとなってしまうのが非常に残念です。

カモシカセンター閉園から追っかけをやってた者としては、彼らが話題にされないまま忘れ去られていくのがなんとも悔しい気分です。
和歌山のかもしか牧場へ行ったニホンカモシカたちも相次いで死去。残ったムサシくんの様子が気になって、先月会いに行こうとしたのですが・・・。電話で聞いて安否を確認するなんてことは自分的には許せず(自分の目で確かめるのが信条です)、ついでに山歩きをしようと(これが間違い)大塔山を裏から越えて行く計画。結局、仕事(他グループのフォロー)で呼び出され、天候は崩れ、最後にスズメバチに追われて逃げ帰る、という散々な目に :xm ムサシくんの近況は分らずじまいでしたが、また会いに行くつもりです。  しかし・・・、何やってんだろうなぁ、自分 :(m

もう一つ、8/31の園内にはこんな悲しい知らせが・・・
coy.jpg
しかし、天王寺は何でこういうとき動物の愛称を書いてくれないのでしょうね。

えっと、タイトルの「訪れ来るもの」は・・・すいません、なんとなく書いちゃっただけです。
悲しい話ばかりなのもなんなので、おまけをどうぞ。

おまけ 2007/4/14 のゴーゴくん ≫大きな画像
ゴーゴ

▽画像追加(2007/9/6)

(2007/3/28) 天王寺動物園
桜
コヨーテの故「桜」♀ ≫大きな画像
♂のコヨーテが居なくなってから、いつ見ても寝そべっているようになってました。

京都市動物園ゴーラル「ホンホン」華麗に登場!

カモシカ追っかけ隊、えっと・・・第五弾!!
レイバック・イナ○ウアーでカモシカセンターを訪れた人々を魅了したあの子 :Dm ホンホン(♀)が公開されました。

京都にはもう慣れた?
ホンホン
胸いっぱいに春の匂いを吸い込んで ≫大きな画像

天王寺より先に移転を済ませていたはずの京都へ来た二頭、リィリイ(♂)とホンホン(♀)、なかなか公開されませんでしたが、やっとホンホンの方が放飼場にお目見えです。4/1の時点では出ておらず、おそらくブラジルバクと同じ4/3あたりに公開されたのではないかと思います ((旧ラクダ舎で何かの準備が進んでいて怪しいと思ってましたが、そちらはブラジルバクの住居になりました。ブラジルバクの公開で、横の通路が通れるようになったニホンカモシカには接近しやすくなりました。))
先住の愛称不明さん(角の曲がった子 ♀)と同居です。
リィリイの公開時期は目処が付かないとのこと。おそらく三頭を同居させるのでしょう。休園日(月曜)などに顔合わせをしていると思われるので、まだまだ先になりそう? 気長に待ちましょう。

カモセンの二頭が公開されたら見分ける自信はあったのだけど ((角で見分けます。リィリイは表面が削れてます)) 、荷物をコインロッカーに入れる都合上、真っ先に事務所に寄って買いそびれてたガイドブック(500円で販売中)を買った際に、思わず・・・「ゴーラルまだ公開されませんか?」と聞いてしまいました :xm
ホンホンが出ていることを聞き、カモシカコーナーへ。居たのは紛れもなくホンホン :Dm
ホンホンといえば、これ
ホンホン
美技イナ○ウアー! ≫大きな画像
カモセンに居た頃と変わらぬ姿・・・いや、(カモセンでは手の匂いを嗅いでもらったことがあるだけで)引っ込み思案のおとなしい子だという印象だったのが、歩く、食う、反る、食う、反る、食う、走る、食う、反る・・・めちゃくちゃ元気 :Dm
これって、ゴーラルのオスがメスに求愛するポーズらしいんだけど??? 隣はシカだし :xm
角曲がりの子とも距離はおいてますが、相性はいいみたいで、割と近くで寝ていたり、溜め糞場を共用したりしています。

角曲がりの子(♀) ≫大きな画像
角曲がりさん
警戒心が強くていつも小屋の裏に居るけれど、飼育員さんは平気。
♀だと判ったのは、オシッコのしかた。ゴーラルの♀は思いっきりしゃがみます ((同亜科のヤギよりもっと腰を落とす。イヌみたい。そして何故か、終わったあとなかなか動かない)) が、♂はほとんど(まったく?)足を曲げません。

「そこのお兄さん、ちょっと寄ってかない?」
ホンホン
「楽しいゴーラルが居るわよ」 ≫大きな画像

ってな感じで、ブラジルバクに比べて公式サイトでの広報もなく、案内板での名前紹介もされていないゴーラルですが、ホンホン、すでに注目を集め始めてます。リィリイと一緒になれば、ゴーラル人気爆発するかもね? :Dm (彼は餌小屋の上に乗ったりするんだろうか? さすがに無理か・・・)
だから京都市動物園さん、今のうちに・・・・・・案内板のゴーラルのゴの字の濁点を大きくしておいて下さい。みんな「コーラ? コーラ?? あ、コーラル」って言ってます :(m

(2007/4/13 追記)
来た来たっ! 嬉しい報告発見 :Dm
リッピさんの動物園でお散歩の記事、先住の角曲がりさんとのツー・・・ショット? です。
彼女は「ラル」さんって名前だったんですね。 (早とちりでした。やっぱ愛称は未公表のようです)

(2007/4/30 追記)
ゴーラル舎前に新しい「張り紙」できました。
ゴーラル張り紙 (クリックで拡大)
角曲がりさんの名前・・・やっぱり「ラル」さんでした・・!?
リッピさん、ビンゴです :Dm
園内案内板の「新しいなかま」でもホンホンが紹介されてます(こっちは撮り忘れてた)
リィリイはまだかな・・・?