遊戯とお仕事

土曜日、コロコロ変わる猫の目天気予報に騙されて、琵琶湖で自転車に乗ろうと
出かけたのですが、着いてみれば小雨・・・・・。
太陽を求めてフラッと浜松まで出てしまいました。うーん、豊橋もアリだったなぁ :Dm

浜松市動物園。
この動物園は、役者が多くて楽しめます。そこそこの広さがあってアップダウンが多く、
しかも順路が一方通行っぽく作られていて、気持ち的に逆行しづらく、
園内をぐるぐる回ることになります(普通のお客はサッと一周で出てしまいそうで、
ちょっともったいないなぁ)。これがけっこう疲れます。

ひとまず、この子を紹介。ちょっと有名な子らしいのですが・・・
(実は知らずに行ったので、この姿を見られたのはラッキー?) 

(2008/9/13) 浜松市動物園
カナダカワウソ
カナダカワウソくん(さん?)
前は二頭いたそうですが、今はこの子だけです。実は特技がありまして・・・

カナダカワウソ
水底から何かを拾い上げたぞ!?
水中でくるくると回りながら・・・・・
カナダカワウソ
ひょいっと頭に乗っけました
カナダカワウソ
石を頭に乗せて運んでるのです。
何度か落としたり乗せたりを繰り返して・・・・
カナダカワウソ
最後はそのまま上陸~
カナダカワウソ
お疲れさまでしたっ :Dm

昔、テレビ番組で、「カワウソは人間以外で唯一『遊び』をする動物・・・」なんて解説が
ありました。要するに、生きることに関係のない行動をするっていう意味だったようですが、
他の動物も自分で遊ぶしなぁ・・・・・と思ってしまいます。
でも、このカワウソの姿を見ると、なんとなくあの言葉の真意が分かるような気がします。
水中で石を放り投げて、石が沈む前に泳いで頭を滑り込ませてるんです。
人間がケンダマ(う・・・死語かな?)で遊んだりするみたいに、チャレンジ精神を
感じさせるような。
それに、どうもお客が見ているとやってくれるような気もするなぁ・・・・。
そんなわけで、カワウソくんの石運びショーでした。