王子動物園 北園完成記念っ!

本日、12月9日(日)、長い間工事中だった、王子動物園の北園がついに完成し、公開されました。なんと、2007年11月から足かけ3年・・・。10:30から竣工記念式典が開催されていましたので、その様子などを紹介します。

北園
サポーターの方にははがきで案内があったと思いますが、特に参加者限定ではなく、誰もが見学できました。
北園
ぞろぞろと集まってくる人。一般来園者の観覧は、来賓の方々が見終わってから。

動物たちが本当に間近で見られるようになりました。
シタツンガ
シタツンガ(♀) クリックで拡大 相変わらずお美しい

シタツンガとラマは南側通路が開放されて、少し警戒しているようです。おどかさないようにしてあげてください。

エミュー
エミューさん
柵の目は薄く、写真もきれいに撮れます :Dm ありがたい

北園
こちらは、カンガルー、ワラビーの寝室を観察できる「観覧通路」
北園
ベンチもあります。が、もっとあちこちにあった方がいいな。
北園
スロープ。傾斜のきつかった北側の高架式観覧通路(上から動物を見下ろす方式は、27年前の当時は画期的な「アイデア通路」だったのだそうです)から、バリアフリー化するのが今回の工事の目的の一つだったとのこと。
新しい南側の通路は、「動物の目線が人と同じ」を目指したそうです。
王子動物園はまだまだ古い施設が残ってますが、順次改修していくとのことです。
式典での石川園長のお言葉でした。

嬉しい北園の公開ですが、ひとつ、悲しいお知らせがあります。シタツンガのオスが、北園開園を待たず、11月に亡くなったそうです。
ここしばらく姿を見てなかったので、療養中だったのでしょうね。
シタツンガ
(2006/5/21) 銀塩の頃の写真。なかなか全身が撮れる位置に来てくれない子だったので、残っていた写真はこれくらい。
冥福を祈ります。かっこよく撮ってあげたかったな。
(もっと撮ったはずなのに・・・とHDD探ってたら、コンデジで撮った「かっこよくない」 :(m 写真が見つかりました。そのうち、お見せします)

さて、もう12月。風も冷たくなり、動物によってはもう耐寒モードに :Dm
ワオキツネザル
団子状態のワオキツネザル
前記事のカピバラたちも、集まって陽だまりで暖を取ってるのでしょうか。

クイーン
シンリンオオカミの「クイーン」も陽だまりでまったり・・・え、いつもと変わらないって?

ビントロング
ビントロング舎には、暖房用?のランプが入りました。
ランプの下に二匹集まってるので、観察のチャンスです。

気になるやつら(王子動物園)

細切れの時間を使って、王子の動物たちに挨拶。

2007/11/11 王子動物園
クイーン
シンリンオオカミのクイーン ≫大きな画像

まずはクイーンに挨拶して、コラボ技でお客さんを「かわいい~」と沸かせまくり :Dm 行き来する子供に飛びついて、ガウガウして(怒ってるようにみせかけて?)、尻尾振って、キュンキュンして・・・いつにもまして元気なクイーンを見てひと安心。
ふれあい広場でコガタヤギのソラと戯れて・・・。おっと、姿の見えなかったユキおばあちゃん(※ヤギ)復活してる :Dm

シタツンガ
シタツンガ(♀) ≫大きな画像
長い特徴のあるヒヅメ。泳ぎが上手なんだってさ。

そのうち、ウシ科コーナーで紹介したい「シタツンガ」なのですが、このところ、オスの姿を見ていないので心配です。

夏合宿の成果っ!

(2007/9/8) 東山動物園
ジャック
シンリンオオカミのジャックくん ≫大きな画像

以前の記事にも書いてましたが、「実はカナヅチなんですよ~」と飼育員さんに紹介(暴露)されていたジャックくん、夏合宿?の成果で、泳げるようになってましたっ!!
って、水底に足ついてるんですけどー :Dm
プール、きれいにしてもらってよかったね。(4月頃に水が抜かれてましたが、定期的に清掃するようになったんでしょうか。前のカエルが住み着いてたりする沼みたいな状態も好きだったのですが。)

ところで、夏休みの宿題やった?
ジャック
「えへへ・・・宿題って、なに?」 ≫大きな画像
あれだよ、あれ。○○の練習
「えー?」

前にも書きましたが、ついに、飼育員さんにもこんなこと書かれてしまいました。
そうです、ジャックくん、遠吠え、下手なんです :(m
看板

練習しようね?
ジャック
「はーい」
すました顔で答えているようだけど・・・その態度はなんだ!?
「ああっ、見ちゃだめっ!」 ≫全身像

遠吠えはじめました :Dm
ジャック

ジャックくんはまだ約二歳半、若くて落ち着きがなくてオオカミ舎を盛り上げています。
まぁ、周りがノリについてきてくれないんだけどね・・・。

ハイラン(♀)は自由研究の真っ最中
ハイラン
提出期限過ぎてますよー ≫大きな画像

いい写真は撮れなかったけど、ハイル(♀)も元気でした。

最近のクイーン嬢と王子動物園サポーター制度

去るゴールデンウィークのある日、大混雑は予想されたものの、クイーンの可愛い姿を来園者の皆様に見てもらおうと出かけました。
普段はクールなお姉さん(いえ、もう年齢的にはおばあちゃんですが)のクイーン、私が声をかければワンコのようにデレデレ状態になるのです。(ホントは誰でもできます。詳しいお話はまたいずれ :Dm )
この日は、朝イチの人が居ないときに一度挨拶をしてしまったためか、以前は寝ているところをわざわざ起きてくれて一緒にお客さんを沸かせたこともあるクイーンが・・・無反応 :(m 何度会いに行っても寝てばかり。

一瞬起きたところをパシャリ (2007/5/4) ≫大きな画像
クイーン

幸せそうな寝顔 :Dm ≫大きな画像
クイーン

今ではちょっと痩せて目つきの鋭いクイーンですが、
クイーン
昔はこんな可愛い子 ((クイーンのこの特筆すべき可愛さはオオカミ好きになら分かる・・・はずだっ)) でした。(クリックで拡大)

さて、クイーンを贔屓にしている私、王子のシンリンオオカミサポーターをやってます :Dm
≫王子サポーター制度 <詳しくはコチラ

設備の改善費や餌代などをちょっと負担して応援するというもので、特に動物たちからの見返りはない(当然だ)のですが、サポーター特典として、

  • 年間パスポートがもらえます
  • 機関紙「はばたき」が届きます
  • サポーターイベントに参加できます
  • 飼育員さんから年賀状がもらえます :Dm
  • 記念ポスターなんかももらえることがあります

何より、支援している動物に会いに行くのが楽しくなります。
そう、サポーター登録時に、どの動物を支援するか、選べるのです。
アフリカの人と思しき名前のご夫婦?が「シタツンガ」を支援していたり :Dm 故郷の動物なんでしょうね。

先日、サポーター更新の案内が来たのですが、個人での登録は200名ほどだそうで・・・。うーん、意外と少ない?
「動物のために何かしたいっ」って人には動物園のサポーターはおすすめです(類似の制度が関東の動物園にもあります)。現在の動物園は、種の保存・繁殖のための研究・啓蒙施設も兼ねており、活動の方向性がはっきりしていますから。
サポーターになるのは簡単。動物園の入り口で、「サポーターになりたいんですけど」と声をかけるだけでOK 事務所に連れて行かれて怪しげな書類にサインを・・・ 事務所で手続きをしてもらえます。(年間パスもらえるので入園券不要だったですよ、確か)
ちなみに、支援者一覧への名前の掲示は申込書で可否を選べるので、世を忍ぶ仮の姿で生きている方?もご安心ください。

オオカミたちの近況報告

恋の季節も収束を迎えた? オオカミたちの近況を、富山ファミリーパークのレポートと併せてお送りします。
それでは、富山ファミリーパークのシンリンオオカミ、サスケ(♂)&ナナ(♀)から
サスケ&ナナ
遠吠え中

地方の動物園、「ファミリーパーク」という名前から、少しナメてました、ここ。オオカミの放飼場は広く、石畳・草原・土道・斜面・水場・倒木が配置されていて、オオカミの住処としては理想的。こんなに快活なオオカミの姿が見られる動物園だったとは :Dm

【サスケ】
サスケ
【DATA】
種:シンリンオオカミ
名前:サスケ
性別:Male(♂)
誕生日:2003年4月15日

人懐こいサスケくん。放飼場前の坂道を走ると一緒について走ってくれます。
何故か私をひと目見て気に入ってくれたようで、鼻キュンキュン尻尾ブンブン振って寄って来てくれます。他のお客さんにはほとんど反応がなくて、私だけ? :Dm
オオカミに気に入られる条件ってのはよく分かりません。懇意にしてる王子のクイーンだってこんなに反応してくれないので、ラッキーというか、運がいいというか(←意味同じやんけ)。
走り回りながらも、近くに来たら鼻だけキュンキュン言わせて気を遣ったりするサスケくんですが、柵から乗り出すように顔を近付けると、小さく「ウ~」と唸ります。カメラを向けると顔を反らします(マニュアルフォーカスしづらいっての)。しばらく構ったあと、必ずナナの元へ行ってじゃれ付くところを見せ付けます(ナナは迷惑そう)。
「あんたは気に入ったけど、この金網からこっちはオレとナナの領域だからね」
って言ってるみたいです。

サスケGallery

なめらかアルバム形式です。マウスのボタンで左右にドラッグできます。
 サムネイル右上の三角をクリックすると大きな画像が開きます。)

サスケはとても大きいです。東山のジャックも大きいですが、さすが父親、貫禄があります。
富山の気候もあってか、冬毛でモコモコしているのも拍車をかけているようです。 

【ナナ】
ナナ
【DATA】
種:シンリンオオカミ
名前:ナナ
性別:Female(♀)
誕生日:2000年4月27日

活動的なサスケと対照的に落ち着いたナナ。
朝イチはサスケと一緒に挨拶に来てくれましたが、お気に入りのシートの上で寝そべってることが多かったです。

ナナGallery

なめらかアルバム形式です。マウスのボタンで左右にドラッグできます。
 サムネイル右上の三角をクリックすると大きな画像が開きます。)

サスケ&ナナGallery

なめらかアルバム形式です。マウスのボタンで左右にドラッグできます。
 サムネイル右上の三角をクリックすると大きな画像が開きます。)

午前11:30のサイレンに合わせて、遠吠えタイム。数分前から、遠吠えするぞするぞとソワソワしているのが可笑しい。夕方の4時頃にも放送に合わせて鳴くことがあるようですが、晩ご飯モード(食事が待ちきれなくて延々と走り続ける)に入ってしまうと遠吠えしてくれません。
とにかく仲のいい二頭、遠吠えしながらもイチャイチャ。あちこちの動物園でオオカミのペアを見てますが、ここほど仲良しなのは他に見かけません。オオカミのペアらしいペアの行動を見せてくれます。飼育員さんの話では、子育てもとても上手なペアだということで・・・

次は繁殖のお話。
国内のオオカミたちの状況をまとめてみます。

まずは多摩動物公園
fuchakaさんの動物園へ行こうの記事によりますと、ヨーロッパオオカミ、ロボとモロの交尾が確認できたようです。
このペアは毎年繁殖してるベテラン(しかし、ロボの気弱なパパ気性は治らないんだろうな :Dm )ですので、期待できます。

次に羽村市動物公園
muscaさんの動物園の歩き方(蔵出し写真館)の記事、シンリンオオカミのオークとブランカもご成婚。
東山の故クロの同胞だそうで、高齢なのが気がかりです。

この四頭とも会ったことがありますが、やはり富山の二頭のラブラブっぷりは飛び抜けてます。そのサスケとナナの今年の報告は・・・
全国に貰われていった子供たちの繁殖もありますので、
 (サスケとナナは)今年は繁殖制限をかけています
」(飼育員さん談)
だそうです・・・ :(m
(これはオフレコですが ((公開情報ではありませんので、問い合わせたり等、関係者の負担になる行為は慎んで下さい)) )札幌の円山動物園などでオオカミ増強計画があり、連絡を取り合って繁殖コントロールをしているそうです。増やしても今度は引き取り手がなくなる恐れがあるとのことで、富山では繁殖制限するということでした。
(もう一つオフレコですが、2008年に計画されている旭山のオオカミの森については、飼育員さんは「旭山もですか!?」と言ってました。旭山はどこから連れてくるつもりなんだろう、シンリンオオカミ)

で、期待のかけられている子供たち、東山のジャックくん&ハイル・ハイランのペア?なんですが、BBSにも書いたように、警備員さんの話では、
1月の最終週あたりに交尾が確認された
ということなのですが・・・
出産予定一週間前を迎えて、全くお腹が膨らんでいる様子がない
のです :(m (2007/3/24確認)
4月に入ったらもう一度確認してきますが、どうにも望み薄。
東山はこんな顛末でしたが、秋田大森山・群馬サファリ・静岡日本平に行ったサスケとナナの子たちの状況は、どうなんでしょうね。

(追記)
静岡市立日本平動物園の公式ページの情報によると、
>2007/02/10 シンリンオオカミ サクラ(♀)がバロン(♂)を交尾に誘うが、バロン嫌がり鳴く。
だそうで・・・ダメだぁ、バロン :(m