ワケありオオカミ特別セール

相変わらず、更新の順番がぐちゃぐちゃですみません。
久しぶりにゆったりプライベートな時間が取れるようになったので、
動物園→山歩きと一気にこなして、この勢いでBlog更新・・・・とはなかなか
いかないのですが、いつも寝かせてしまって腐らせちゃう新鮮なネタを早めに。

「見分けがつかないよ~」とお客さんに言われ続けている、
天王寺動物園のチュウゴクオオカミの子供たち、ですが・・・
ご要望にお答えして、本狼たちが頑張ってみたようです。

って・・・・・・・・・・・・・・・・、えっ!?

気付けばひと月ほど天王寺に行ってなかったのですが、ほんの一カ月の間に!!

(2009/12/6) 天王寺動物園
元元
元元が!!!
萌萌
萌萌がっ!!!
明明
明明も!!!
楽楽
楽楽までっ!!!

みんな、傷ものになってしまっていました :(m
先月あたりから、小競り合いが遊びから本気に変わり始めていた感じですが、
この一カ月でちょっと本格的にやりあったみたいです。
全員うまい具合に耳をざっくり裂かれて・・・、女の子は右耳、男の子は左耳
(※人間から見て逆)、全員違う場所に傷ができてしまったので、
これでオオカミ好きの特殊スキルなんか不要で、誰でも見分けがつくようになりました :xm
本狼たちはあまり気にしてないと思いますが・・・・・。

(2010/1/25 追記)
獣医さんとお話したところ、『見分けがつくように人為的に付けた傷です』とのことでした。
オオカミってけっこう喧嘩傷はあるものですが、四頭全員が、となると
何かあったのではないかと心配になっていましたが・・・、
聞いてみれば、なあんだ、というか、納得というか。

楽楽
楽楽に至っては、尻尾の先を曲げられてしまってました。
こうなると「尻尾の表情」を付けにくくなるので、コミュニケーション上、不利になります。

これだけ群れ全員(親除く)傷有りになるのは珍しいんじゃないかなー。
みんな結構意地っ張りだったのね。
今は反省?したのか、マズルを攻撃し合うやり方(堅い部位なので怪我をしないんだそうです)
を覚えたようなので、もうあまり傷は増えないと思いますが。

現在の子オオカミたちの順位は、
萌萌>元元≒楽楽>明明
という感じ。前とあまり変わってませんが、元元が台頭してきているような・・・。
見てる限り、元元と楽楽が直接ぶつかることがないので判断が難しい。

それにしても、萌萌はなかなかの策士です・・・?
萌萌&チュンサン&元元
チュンサン(右)が元元(下)に毛繕いを始めたところ(元元が畏縮してないので、
軽い挨拶程度?)に、便乗して萌萌(左)ががっつり食いつき。
萌萌に押さえ込まれた構図になってしまっても元元は怒ることもできず・・・。

萌萌&ユジン&楽楽
「噛み付いてる~~~」とお客さんに言われちゃいましたが、
ユジンさん(右)が楽楽(下)に毛繕いをしてあげているところです。
そこへ萌萌(左)ががっつり食いつき・・・・・・。
こんな感じでじわじわと自分の立場を印象付けていく萌萌。やり手すぎる!

元元&明明
元元(左)に挨拶する明明(右)。よく元元に怒られてますが、まだまだ下っ端に収まる気は
ないようで・・・・・。

ユジン&萌萌
仲のよい母娘、ユジン(左)と萌萌(右)。毛繕いしてもらった萌萌が甘えているところ。

萌萌&ユジン
位置を変えて、お返し。
以前からですが、アルファの近くで寝そべるのが許されてるのは、萌萌が♀二番手と
認められてるからでしょうか。

元元&チュンサン
一方、元元はチュンサンに取り入り・・・・・。
以前は楽楽が居たポジションに元元が入ってくるようになりましたが、
元ちゃん、それは自分の方が優位ってポーズでしょ(彼はチュンサンに対してよくやります)

元元&チュンサン
チュンサンはこんな感じで・・・・・・。
昔っから父ちゃん大好きな元元に子煩悩のチュンサンですが、ちょっと甘やかしすぎ。
そろそろ発情期が近いためか、ユジンさんは子供たちを叱りつけたり、尻尾を垂直に立てて
群れの最上位であることを誇示しているのですが、
チュンサンは甘いのか、それともダメパパなのか・・・・?

さて、サバンナゾーンにお目見え
カミリ&母
グラントシマウマの「カミリ」くんです。
動物の子供ネタに偏るのは避けようと思いつつ、あまりにも美しかったので撮ってしまいました。
父はヒデヨシらしいのですが、母親の名前はちょっとわかりません(シマウマ同定できない・・・ :(m )
前と同じでミカでしょうか。ベルが姉になったという記述はあるのですが・・・。

カミリ
親と違うフワフワの毛並みがなんとも不思議です。

ナナ
エランド「ナナ」さん
珍しく、お客の方へ挨拶。
ウシ科が角を寝かせてるときは敵意が無いという意思表示だと思うのですが・・・
うろちょろしてるカミリを追い払った直後なんですよね、これ。

天王寺オオカミ見分け方(秋→冬版)

このところ、撮影はちょこちょこしてますが、編集する時間がないよ~~
と、毎度のことですが :xm

天王寺動物園のチュウゴクオオカミ舎ですが、すっかり大きくなった
子供たちを見て、「どれがどの子かわかんないよ~~~」の声がよく聞かれるので、
判別用一覧画像を作ろうとしています。
今回掲載するのは、解像度が荒いので、作り直す予定ですが、とりあえず。

元元
冬毛でかっこよくなってきました、元元

萌萌
年中モコモコ~のフカフカ、萌萌
またこの子は鼻の頭擦りむいちゃって~。ゴーゴみたいなマークになっちゃうぞ。

明明
おすまし美狼の明明

楽楽
チュンサン似・・・? の楽楽

チュンサン&ユジン
相変わらずラブラブな、チュンサン、ユジンさん

どうですか? 見分けがつきますでしょうか?
天王寺のチュウゴクオオカミは見事に全員違う顔になってくれたので、
慣れれば走り回っているときでもけっこう判別できます。
(オオカミの顔判別はオオカミ好きの特殊スキルである説、もありますが :Dm )

判別ができるようになると、個体ごとの性格の違いや、順位が分かるようになって
楽しいですよ。
子供たち同士の順位付けは、今のところ遊び半分でまだはっきりと差が出ていません。
親も子供たちの無茶っぷりに寛容ですが、ちょっとずつ本気で怒る声を出すように
なってきています。

見分け方のヒントをもう少し。
・後ろ足を上げてマーキングしてるのは、アルファ狼(群れで一番上位の♂♀)の
 チュンサン、ユジンさんだけ

・お昼寝タイムの配置がそれとなく決まってます。
 奥行きを4ラインに分割すると、こんな感じ
————————-奥の壁
↓ 明明、元元
↓ (楽楽)、(元元)
↓ チュンサン、萌萌、楽楽、ユジン
↓ 萌萌、ユジン、楽楽、(チュンサン)
+++——-++++++——+++
チュウゴクオオカミ
こんな感じ :Dm

・子供の姿を追いかけてじゃれつくのが萌萌
・大人の姿を見て奥の方で警戒してうろうろするのが明明
・飼育員さんの自転車に真っ先に反応するのがユジンさん
・遠吠えのスタート(11時頃が多い)は、チュンサンかユジンさん
などなど。
他にも探してみてください。

待ち受け元元(げんげん)

週末は徳島とくしまにスダチを買い付けミラ・コウゲツに会いに行きたかったのですが、
お流れ・・・ :(m このところ、時間もないし・・・(北海道は行きますけどね!)
ちょっとウサ晴らしに、携帯用の「待ち受け元元(げんげん)」を作ってみたり
してるとハマってしまって、いくつかできちゃったのでおすそ分け?

480×854機種向けです。横位置用。
(※携帯への送信方法、待ち受けへの設定方法は各自調べてくださーい :Dm )

元元&チュンサン 明明&ユジン 楽楽&明明&チュンサン 萌萌
左から、「元元(げんげん)&チュンサン」、「明明(みんみん)&ユジンさん」、
「楽楽(らら)&明明(みんみん)&チュンサン」、「萌萌(もんもん)」
萌萌だけ、ごめんよ・・・。いい絡みの写真がなかったんだ・・・・・。
小さい頃の写真だと、萌萌と楽楽の区別が難しかったりします。

おまけの、縦画面機種用ゴーゴ
ゴーゴ

楽楽タイフーン

しばらくご無沙汰していた天王寺ですが、
いつまでもコロンとしてるな~と思っていた天王寺の仔オオカミたちも、
若オオカミらしくヒョロっと細長く :Dm なったみたいなので、会ってきました。

日曜の朝イチ、元元がプレイバウでお出迎え。でも、かなり腰が引けてるぞ・・・?

今回は、フレンドリー度順です。

(2009/9/13) 天王寺動物園
楽楽
今、一番人懐っこいと思われるのが、このコ、「楽楽(らら ♀)」
体重測定のとき一頭だけ飼育員さんの手から逃げ回ってたという話だったのに?
四頭の中では一番快活で走るの大好き。
頭を低くして、こちらもプレイバウの姿勢を見せてると、「走ろう、走ろう?」って
目で誘ってくるので一緒に二往復、走りました。誰も見てないよね・・・?

楽楽
牛骨ゲットで幸せ楽楽。

萌萌
フレンドリー二番手は、みんなヒョロっと夏毛で痩せたのに、やっぱり一頭だけ
ふっくらしている、「萌萌(もんもん ♀)」
楽楽と一緒にガラス窓を前足でワシャワシャしてくれました(チュンサン・ユジンさんが
飼育員さんの自転車に向かってやるやつです)。
このコはよく傷作ってるなー。たぶん、気が強くて引かないタイプです。
牛骨の奪い合いで楽楽を制してました(でもすぐ放り出して牛骨は楽楽のおもちゃに)

元元
ちょっと臆病なところのある、「元元(げんげん ♂)」
頭を低くして誘うと寄ってくるけれど、腰が引けてる・・・ :(m

元元&チュンサン
やっぱりお父ちゃんっ子な元元。小さい頃から父ちゃんが好き。
ユジンさんに対してもけっこう挨拶上手ですが。

明明
しばらく会わないうちに、かなり警戒心が強くなってしまったのが、
「明明(みんみん ♀)」
ユジンさん似でちょっと臆病なところがありますが・・・、
順位付けで他の子にちょっと押されてしまった感じです。

頭を低く下げたり、柱に隠れたりしててあげないと、警戒しまくって落ち着かない感じです。
カメラを構えるとどうしても怖がられてしまうみたいで・・・・。
しばらくは、オオカミ舎前に長居はできないなー。
元は臆病だったというユジンさんも
ユジン
まぁ、見知った人の前では堂々としてます(ぐるぐる回ってるときは
知らない人などを警戒してるんです)ので、
そのうち慣れてくれるかな。

チュンサン&明明
仁王立ちで上に乗っかるのはチュンサンが権威を誇示するときのポーズ。
下になってるのは、明明、何故かチュンサンの股間に挨拶に行く子 :xm
ちょっと写り込みで変な絵になってますが :Dm

—-
お次は、ゴーゴ。この日はよく遊びまわってました。

ゴーゴ
水中ドリブルゴーゴ

ゴーゴ
シュート! 私の装備だとボール(ブイ)がフレームに収まらない

ゴーゴ
尺八ゴーゴ

ゴーゴ
セロ弾きのゴーゴ

ホオジロカンムリヅル
ちょっと気になるのが、ホオジロカンムリヅルの子鶴。
固定用の金具?に包帯でちょっと痛々しい感じ。
たいしたことなければよいのですが・・・・。

最後におまけ
スナドリネコ
当社比かなり小さめ :Dm なのは、
ナマで見に行ってもらった方がいいかな、という思いもあり、
反面、「動物の子供」だけが動物園の魅力じゃないよという意味もあり。
集客は大事ですが、無理して公開を焦ったりはしてませんよね?

7/21生まれのスナドリネコの子供です。
親が頑張って隠そうとしてるので、ストレスかけないようにそっと
観察してあげてくださいね。

仔オオカミ一覧

そろそろ、生後四ヶ月を迎える、天王寺動物園のチュウゴクオオカミの子供たち。
画質はいまいちなんですが、無理やり作ってみました、判別表。

天王寺動物園 チュウゴクオオカミ
元元、萌萌、明明、楽楽
「元元(げんげん ♂)」「萌萌(もんもん ♀)」「明明(みんみん ♀)」「楽楽(らら ♀)」
正面顔です。元元のピントが合ってないのと萌萌が真正面じゃないのが
ちょっと失敗ですが・・・(あと、萌萌だけ7/19で、残りは8/1撮影です)。

仔オオカミたちは生後四ヶ月を過ぎています。まだ、親であるチュンサン、
ユジンさんとも、好き勝手にさせてますが、この先、少しずつ上下関係が
付けられていくことになると思います。
子供たちに押し倒されてお腹を見せてたユジンさんが、一対一だと、
押さえ返したりするようになってます。
でも、集団でじゃれつかれると・・・・・。

ってことで、動画をご覧ください。

前半1/3で、チュンサンは子供たちに押し負けてませんが、
後半は、ユジンさんが揉みくちゃに・・・。
でも、全員、尻尾ブンブン振ってて(←映像には映ってませんが)
まだまだ遊びの一環です。

今、チュウゴクオオカミの見頃タイムは、開園後一時間くらい。
親は寝てたりしますが(開園前にひと騒ぎした後なのかも)、
子供たちは電池切れるまで走りまくりです。
そのうち、親が子供たちを率いてつかの間の大騒ぎをするのが、
上の動画のシーンです。
この時間、お客がほとんど居ないのでもったいないよー。
どんどんオオカミ舎前に来てください。
観察が楽しくなるので、個体識別にも挑戦してみてください。