しばらくはなかなか会えないかも・・・?

ってことで、四日間動物園めぐりの旅行から帰ってきたばかりなのですが、
その報告はうっちゃって、行かなきゃ、天王寺!!

ユジンさんの出産間近ということで、子供が生まれちゃうとしばらくは
かかりっきりで姿が見えなくなるんじゃないかと思い、駆け込みで
写真を撮り溜めしてきました。

(2009/3/21) 天王寺動物園
ユジン
先週は毛が抜けただけっぽかったユジンさんのお腹ですが、
一週間ほどであっという間にぷっくり!?
もう間違いなく仔オオカミ、詰まってます :Dm

ユジン
おっぱいも準備ばっちり

その頃チュンサンは・・・・
チュンサン
濡れチュンになってました :xm
はしゃぎ回ってるのは何か予兆を感じてるのか、お父さん!

天王寺動物園のスタッフブログでは動画も公開されてます。
ユジンさん、寝相悪いです・・・・・、いや、お腹の中で子供が暴れてるのかもしれませんが。

天王寺のオオカミ舎は、扉が6つあって、今は右3つと左3つの二分割になっているようです。
さらに内部で寝室が分かれているようですが・・・。
動画撮ってたら、飼育員さんが裏で肉?を振って呼んでるのが写ってたよー :Dm
肉
ユジンさんの寝室は右3つの扉の裏。一番右が鉄板で遮断されてるので、
その奥が産室になってるのかな。

アイン&シュタイン
シュタインの方は乳首がちらっと見えるだけで変化なし・・・というか、
ぺったんこ? あまり期待せずに期待しよう :Dm

センイチ
センイチは何故か、アヤコ姐さんと別居でした。どちらかが何かやらかしたのか・・・。
ひとりフレーメンしてる場合じゃないよっ!

あと、今日はまたコヨテのフクが出てなかったんですよね。
日曜だけ出してもらってるのか、それとも・・・? ちょっと心配です。

ユジンさんの誕生日

よっし、日付が変わった!
今日、3月16日は・・・・・、天王寺動物園のチュウゴクオオカミ、「ユジン」さん(♀)の誕生日なのです。
だけど、動物園は休園日・・・ :(m

写真は昨日のものですが・・・・
(2009/3/15) 天王寺動物園
ユジン
「誰も祝ってくれないの~?」とユジンさん
いいえ、WEBでゴメンですが、大祝福ですよ!
2004年3月16日生まれ。5歳になりました。

ユジンさんの妊娠?の様子なんですが、寝てても歩き回っててもはっきりと見えませんが、
おへそのあたりの毛がごっそりと抜け落ちてるみたいなので、
出産・・・あるかも? といったところです。でも、いまだにお腹、ぺったんこなんだよね???

チュンサンの方は・・・・・
チュンサン
ラブラブモード解除? ベタベタ甘えてたのは発情期だけだったの?
ユジンさん放ったらかしのチュンサンは、ハンティング気分で・・・・
えっ、隣のコヨーテ(コヨテ)狙ってるの!? (マジで狙ってます)
父親になる自覚があって狩りをしようってのなら感心、なんだけど :Dm

で、隣のコヨテ舎、
フク
コヨーテの「フク」(♀)、いよいよレギュラー化かっ!?
お客にも慣れたようで、表に出てました。
前に出てたときは後ろ足がおかしかったけど、今は調子いいみたい。
この子は元々冬毛はモコモコな子ですが、うーん、運動不足で太った?

さて、ドールたちは・・・・・
アイン&シュタイン
シュタインのお腹の大きさはあまり変化がない感じ。でも、怪しい :Dm
あんなポーズ取っててもよく見えません。
って、アインのダメ座りがシュタインにうつっちゃてるやん!
手前が「アイン」(♂)で奥が「シュタイン」(♀)です、念のため。

他にも色々写真があるのですが、ここまで。
ジャックの動画まだできてないしー、フク特集もしなくちゃだしー、
色々溜め込んでますが、ちょっと余裕がなくて・・・・・というか、
夏季休暇 :(m がやっと取れたので、自転車担いで旅に出ます。
そう、ついに、あそこに行ってきますよ!!

天王寺動物園 サポーター限定ガイド

天王寺動物園サポーター制度始まって以来、初の(通常のガイドとは違う)サポーター限定イベントがありました。(※通算三回目のイベントですが、初回はプレイベント、二回目は一般向けにもやっているガイドをサポーター集めてやっただけで、「次回はサポーター専用のイベント考えてますー」という話だったのです)
今回は、限定!なので、家族向けイベントじゃないもんねー、ってわけで、迷わず申し込みました。抽選で60名だったけど、あっさりOK? さすがに今回は抽選漏れした人が居そうです。
(サポーター限定とは言っても、普段のガイドの延長っぽいところがあります。
 欲を言えば、もっと突拍子もないことやってほしいなーと思ったりもしますが)

イベント紹介の前にちょっと報告。

(2009/3/7) 天王寺動物園
シュタイン
ドールの「シュタイン」(♀)ちゃんですが・・・、
アインくんがヘタレなので今年はちょっと繁殖は難しいかも・・・と思ってたのですが
(交尾が確認できたのが発情のピークを過ぎてたので、受胎しないかも、と)、
うーん、なんとなくシュタインのお腹の形が変わってきている?
乳首も目立ってきてるようなので、もしかしたら、もしかするかも。

一方、チュウゴクオオカミのユジンさんの方なんだけど・・・、
ユジン
あれ~? もう一ヶ月半は経つはずですが、当確と思われていたこちらは、
いまいち変化が見られません :(m まだ分からないですが・・・・・

それでは、サポーター限定イベントのお話です。
今回は、カバとキリンの寝室探訪、そして、調理場と動物病院の見学です。
見学の前に、ちょこっと園長の挨拶。
個人サポーターは延べ人数で655人になったそうです。
うーん、着実に増えてるんだろうか。リピーターの確保は課題ですよ。
天王寺動物園には「割引券」の類いはありません。
実は入園者数の2/3(逆じゃないですよ!)が、中学生以下または市内在住65歳以上無料入園の対象、なのだそうです。
これは全国的に見てもトップクラスの比率じゃないかなー。動物園が公共の施設として有効に活用されていることの証でもあるかと思いますが、入園料収益の確保も大切。
なんせ、今後の計画として、ホッキョクグマの飛び込みを水底通路から見学できる!
『極地海洋ゾーン』計画
なんてのも紹介されてます。
動物好きとしては天王寺、もっともっと応援していきたいですね。
天王寺のサポーター特典、入園10回無料というのは微妙なサービスですが、
年に10回も行かなかった人たちがサポーターになってくれて、
動物園に通うようになれば・・・、てなわけで、
サポーターになればこんな動物園の裏側が見られますよ、ってレポートです(長っ!)

さて、これは何でしょうか?
40億円・・・だっけ?
カバ舎の浄化装置です。
カバは住んでる水辺を撒きフンでドロドロにする習性があって、たいていの動物園の
カバ舎の水は濁っているのですが、天王寺ではこの設備のおかげで水中のカバの
様子が見学できるようになっているのです。
後で出てくる調理場の担当の方のお話にあったのですが、
カバは逆子(頭が上で足が先に出てくる)で水中出産すると言われてるそうですが、
実際に見た人は居ないんだって(えっ!そうなの?)。
天王寺のカバ舎なら、その様子が見られるかも知れない。そうしたら大発見になる!そうです。
順調に行けば、ティーナの出産が5月頃にあるかもってお話です。
天王寺ならではの動物園の楽しみ方ですね。

カバ舎
これはカバ舎の蛍光灯。撒きフンが天井まで飛び散るので覆ってあるそうです。
カバ舎
カバの寝室。外と直で繋がってるわけじゃなくて、通路を通って通勤してるんですね :Dm

お次はキリン舎、
ケニア
見学者の姿を察知したケニアが、エサくれ~っと寄ってきます。

キリン舎
本邦初公開!? えーっと、名称忘れた!
「キリンを左右から優しく押さえつける装置」です。
いつも通る通路に設置してあり、健康管理に使うためのものだそうですが、
まだ一度も使ったことがないとか。
キリン舎
ハルミの晩御飯。全部で17kg・・・だったかな? ケニアの分は25kg・・・だったかな
キリン舎
エサはエレベーター式でキリンの食べやすい位置に運ばれます。
キリン舎
中身はこんな感じ(ケニアくん用)
キリン舎
ケニアの寝室から屋内展示場を覗いたところ
ケニア&ハルミ
キリン的にはこんな感じ :Dm

調理場の紹介
ここの担当の方は昔から居られる方で、あと1年ほどで退職されるのだとか。
色んな動物を担当されてきて(天王寺はお役所的 :(m に配置換えがあるのです)、
動物に対する愛情たっぷりのトークが・・・・・、いや、通販番組の商品紹介みたいで
面白すぎるんじゃー :Dm
えっと、ドジョウ(天王寺ではツル・コウノトリのエサ・・・だっけ?)の養殖に成功したら
大金持ちになれるんだそうですよー。
調理場
フードスライサー。これは機械が導入されてるわけですが・・・
調理場
エサを攪拌する作業は、動物園開園以来ずっと人の手で行っているそうです。
動物たちが口にするものは人の手で作る、というポリシーでしょうか。
動物園では(野生だと土やらから摂取する)ミネラルが不足するので、ここで混ぜます。
並塩と荒塩をどう使い分けるのかは聞きそびれました。

あと、動物病院の見学がありましたが、いい写真がないので、パスっというか。
実際のガイドでは、ここに書ききれないくらいいっぱい貴重なお話を聞くことができます。
興味を持たれた方は、是非、サポーターになってくださいね。
(イベントは抽選なので確実に参加できるとは限りませんが)

冬の○○○

今話題の、天王寺動物園のチュウゴクオオカミ、チュンサン(♂)とユジン(♀)。
名前の由来は某ドラマだそうですが、えーっと、TVは大昔に見なくなったのであまりよく知りませんが、
恋愛モノですよね。天王寺のオオカミたちもラブラブです。

(2009/1/31、2/1) 天王寺動物園
チュンサン&ユジン
『アツアツすぎて妬けますが、ガラスをたたかないでください』
定位置で寄り添う二頭。

前回の記事で、チュンサンは亭主関白タイプなのか、と書いた通り、以前は
こんな風に重なって寝ることはなくて、一緒に寝そべっても、微妙に距離が離れてて、
しかもチュンサン、ユジンさんの方を見ようともしないし!
だったのですが、まぁ、なんとなく予想はしてましたが、
発情期が終わると・・・ ↓↓↓

チュンサン&ユジン
ユジンさんに自分からスリスリするチュンサン
今までの態度は何だったの~

チュンサン&ユジン
耳掃除、耳掃除

チュンサン&ユジン
ちょっと甘えすぎ
クールでドライなタイプだと思ってたのに!

チュンサン&ユジン
もう、ベッタベタです :Dm
ユジンさんは幸せそう
踏まれても怒らないチュンサンなのでした。

他にも、発情前と後で大きな変化があったのは・・・・・

ご覧の通り、遠吠えが変になっちゃってます :Dm
しばらくしたら落ち着くのかもしれませんが、ユジンさんの声・・・凄すぎ :(m

チュンサン&ユジン
こんな感じ、の二頭でした。

寝てる姿ばかり撮ってますが、2/1あたりはユジンさん、朝から夕方まで走ってばかりでした。
まだ発情期の興奮状態が続いてるのか。
あちこちの情報を見る限り、今回の交尾期間はかなり長かったようです。
(1/10~1/25?)
犬の交尾可能期間はもっと短いという予備知識(先入観?)があったのですが、
野生動物は家畜より長いのかなぁ?
だったら、ちょっとダメダメっぽいアインとシュタインにもまだ期待が持てそう、かな?

亭主淡白宣言

すでにあちこちで話題になってますが、
天王寺動物園のチュウゴクオオカミ、「チュンサン」と「ユジン」さんがペアリング大成功!ということで・・・・ッ!

スタッフブログの記事はこちら『チュウゴクオオカミの2世誕生に期待!

色々と書きたいことがあるのですが、残業疲れで・・・・・
ひとまず、眠気を押して、チュンサン応援動画を作ってみたので、ご覧になってください。

まぁ、応援と言いつつ・・・・

—-
(2009/1/21) 追記

チュンサンはちょっと変わり者だと思ってます。

オオカミ王ロボって有名ですよね。あのお話、オオカミのことを色々知った後で読むとなかなか興味深いのです。
シートンは実在の動物を基にかなり脚色して書いてます。悪魔のように賢く、部下も少数精鋭しか連れていないというロボですが・・・あれ?
典型的な、アルファの番に、数頭の子供が居るファミリー狼ですよ?
実在のロボは何度か繁殖しながらも子供を全部死なせちゃってる(群れが大きくならない)、割と平凡なオオカミだったと思うんです(あの作品でオオカミに憧れを抱いてる人には申し訳ないけれど)。

で、そんなロボがですね、妻のブランカには頭が上がらなかったわけで、
あとは私が見てきたオオカミたち、羽村のオークや多摩ロボパパ、富山サスケパパ・・・、みんな女性に甘いタイプなわけで、オオカミのオスってそういうものなんだと思ってたんですが、
我らがチュンサン、
チュンサン
あれ?

同居してから、何度か見に行ってるチュンサンとユジンさんの様子ですが、
一緒に遠吠えしーの、一緒にマーキングしーの、してる割には、チュンサンの態度がそっけない。
となりのアインくん(ドール)なんかはもう、必死にシュタインの後を追い掛け回してるわけです。
この日(2009/1/9)は交尾が確認される直前、いつもはお尻の穴をしっかり塞ぐようにしてる尻尾を持ち上げて(※オス・メスともにやります。肛門腺の匂いを誇示してるのだと思いますが・・・。これが発情期のサインだったのかもしれません)、誘いまくりのユジンさんを完全無視!?
窓の外をじーっと眺め続けるチュンサンなのでした。

いやあ、無事、ペアリングできたということで、嬉しいと同時に、ちょっと驚き。
チュンサン、珍しい「亭主関白タイプ」のオオカミなのかもしれませんねぇ。

—-
以前に公開していた、チュンサンが天王寺に来た頃(2006/12/8)の動画ですが
(※ブラウザで直接開いた場合は、見た後、戻るボタンで戻ってください)、

天王子オオカミ動画1 チュウゴクオオカミくん 忙しいやつ (2.1MB MPEG-1)
天王子オオカミ動画2 遠吠え始めました (2.0MB MPEG-1)
天王子オオカミ動画3 動くものが好きっ (0.9MB MPEG-1)

こんな感じで落ち着きの無い子でした(今も?)。
今回の動画もそうですが、寝るのと遠吠えとおもちゃで遊ぶのとを同時にやりたくなってやっちゃうオオカミって・・・、ちょっと他では見ないよなぁ。やはり変わり者という印象です。天才肌なのかもしれません・・・?
今後も、チュンサン(たち)の活躍に期待、です。

・・・いや、子育てがちょっと心配 :Dm