東山から、号外

青春18切符期間なので、東山が近くなって助かるな~、
というわけで、8月7(金)8(土)9(日)14(金)15(土)16(日)に開催される、
ナイトZoo初日にアタックしてきました・・・・のですが・・・・

(2009/8/7) 東山動物園
アオイ&ソニア
左:アオイ(♀)、右:ソニア(♀)
オオカミファンには、ちょっと残念なお報せ。
シンリンオオカミのナイトZoo展示は、期間中通して、「ありません」とのことです。
うーん、紙のパンフレットには「オオカミ」の記載があるのですが・・・・・。
(予行演習で、またソニアが寝室に入るのを嫌がったんじゃないか? ←憶測ですが。)

気を取り直して、カワウソとか撮りまくった(普段でも撮れるじゃないかー、と思うけど、
今日は、エ・サ が入ってたのです)ので、また後日、紹介します。
7時を過ぎてようやく暗くなった東山、でも、そのころには多くの動物たちが段取りよく :Dm
しまわれてしまってました。
パンフを見て、アニマルトークを中心に楽しむのがいいかも知れません。
あと、普段動いてないアクシスジカやインドサイが、夜はよく動いてます。

オーロラ
ホッキョクグマの「オーロラ(♀)」
ホッキョクグマファンには嬉し・・・いのか、ちょっと微妙なお報せ。
現在、東山では♂のサスカッチと♀のオーロラをペアリングしてますが、
この秋から、オーロラとミリーがまた交代するそうです。
ってことで、生ミリーに会いたい方は、秋を楽しみにしましょう。

王子、更新中

クイーンにお別れをして以来、行ってなかった王子動物園。
サポーターの更新の時期が来たので久々の訪問です。 

クイーン
(これは去年の写真です)
王子のサポーター制度はサポートする動物を選べるので、今後オオカミの飼育の予定が
あれば・・・と思ったのですが、
オオカミファンにはちょっと残念なお報せ。
王子では、今のところ、新しいオオカミを飼育する計画はないそうです。
今の獣舎は、過去から改築をしてきたけど、やはり狭いので(※昔に比べると、
動物たちの住環境に対する認識も変わってきてます)かわいそうだし、
今後改築の計画があれば、そのときに検討します、といったお話を聞きました。
これで王子には犬科の動物が居なくなってしまったわけですが・・・。
あのスペースで暮らせる動物となると・・・、タヌキかなぁ。
(職員さんの口から「犬科・・・」って言葉がちらっと出たので、小型の犬科でも・・・
 という思惑があるのではないかという、勝手な想像です)

しばらく行ってない間に、王子も少しずつ様変わりしています。
オオカミ舎と並びの小獣舎がガラス張りになり、見やすくなりました。
そして、シタツンガ舎には・・・・・

(2009/7/27) 王子動物園
アラシ
シタツンガの「アラシ(♂)」くん (千葉時代は「ノブ」くん)
ジャ○ーズ系(?)の美男牛 :Dm

アラシ
怖がり、ということですが、だいぶ王子に慣れたようで、呼んだら近くまで来てくれましたよ
(でもまだ、他の子みたいに舐めるとこまでは来ません)
前に居た♂に比べると、首の周りのフッサり感が少ないのはまだ若いからでしょうか。

アスカ
こちらは若い方の♀、「アスカ」
足元を見てください。池を作ってもらってます。

サツキ
年配の「サツキ(♀)」 ちょっと前より毛艶が良くなってるようで、一安心。

アスカ
シタツンガは湿原に住む動物なので、水が好き。
池が手前に配置されてるので、お客さんの前によく出てくるようになったと思います
(水に足が浸かってるときは安心しているように見えます)。
けっこう動きが緩慢な動物です。環境を利用して敵から逃れるタイプの草食獣
だと思うので、手前に何本か植木でもあるともっとノビノビ暮らせるんじゃ
ないかなぁ(葉っぱ、食べちゃいますけどね)。

アラシ、サツキ、アスカ
何故か、奥のミニサイズの池に追いやられてるアラシくん :(m レディーファースト?

サツキ、アスカ
(左:サツキ、右:アスカ)

サツキ、アスカ
ペロペロ舐めて、頭をこすり付けるのはウシ科の挨拶。
以前からシタツンガに(特にアスカに)舐めてもらってるのですが、
塩分を求めてるわけではなくて :Dm しっかり「挨拶」されてたみたいです。
ほっぺを掻いてやると気持ちよさそうにして、手を止めると頭をすり付けてきます。
うーん、ヤギの挨拶と同じだ。
アフリカの奥地に住んでる野性動物が人間とコミュニケーションを取れるのは、
不思議で楽しいことです。

今回は去年に続き、シタツンガのサポーターになりました(オオカミはやめて一口だけ)。

ナギト
「ディオ」ちゃんの居なくなったシマウマ舎。「凪斗(なぎと ♂)」くんがのんびり過ごしてます。
王子に来てからけっこう経つんですが、ヨシズがかけられて慣らし中です。
ディオちゃんの事故の詳細はよく分からないまま(聞かないまま)なんですが、
この様子を見ると、お客さんの行動に驚いてどこかに激突したんじゃないかと思われます。
考えられるのは、まずカメラのフラッシュ、物を叩く音、騒ぎ声、そしてカメラのシャッター音の
可能性もあります。お客さんが立てる音には、動物園の動物は慣れてもらうしかないわけですが、
カメラは・・・防げるはずですよね。
フラッシュが平気と断言できる動物は、言葉を交わせる人間だけです。
私はフラッシュ浴びせられると不快ですけどね :Dm
動物は(特に狩られる立場の生き物は)とことん弱点を見せません。
平然としているように見えても、どう感じていることか・・・。
個体差もありますし、フラッシュに驚く動物が少なからず居る以上、
動物園ではフラッシュ不要、とするくらいでいいと思います。
シャッター音については、意識している人は少ないんじゃないかと思いますが、
一眼タイプのシャッター音は動物を驚かせます(特に高周波に対して人間より
敏感な動物が多いそうです)。動物が緊張しているサインは人間には分かりにくく、
見落としがちになりますが、近距離から撮影する場合は、
相手に撮影者の姿を認識させて、かつ、様子を見ながらストレスを感じさせないよう
配慮してあげましょう。

ナナコ
サブローが亡くなって一人ぼっちのシロサイ「ナナコ(♀)」の様子も見てきました。
ひとまず、歩き回っていて、元気そうでした。

おいしいバターの作り方

東山動物園のシンリンオオカミ大特集です。
・・・・・といっても、アオイばっかり :Dm  

(2009/7/20) 東山動物園
アオイ
シンリンオオカミの「アオイ(♀)」
怖がりですぐ寝室に引っ込んでいた子ですが、運動場に出てからは
けっこう奔放で遊び好きなことが発覚。

アオイ
よく動いてくれるので撮ってて楽しいアオイです。

アオイ

アオイ

アオイ
あぐあぐ

アオイ

アオイ
一日一回は誰かに「クマ~っ!」と叫ばれる彼女・・・

アオイ
走り回るの大好き

アオイ

さて、ここからは、おいしいバターの作り方です
アオイ&ソニア&ジャック
アオイ、ソニア(♀)、ジャック(♂)の三頭が追いかけっこで・・・・・

アオイ&ソニア&ジャック
ぐるぐる・・・

アオイ&ソニア&ジャック
ぐるぐるぐるっと回って、

アオイ&ソニア&ジャック
はい、バターッ!
お腹を見せてるのはアオイです。やはり一番気が小さいのか、服従ポーズを
とってしまうアオイ。
でも、追いかけっこなので、順位争いをしてるわけではありません。
ジャックも怒ってるわけではないです。

ここらで、追いかけっこ動画をひとつ

遊び相手ができたジャック、嬉しそうです。

アオイ&ハイラン
追いかけっこの勢いで、ハイラン(♀)に飛び付いてじゃれかかるアオイ。
アオイはちょっと礼節をわきまえないところがあるようです。
ハイランは若い子には寛大ですね。(ジャックには・・・ :(m )

アオイ
走り回って熱くなったら水浴びです

ジャック
ジャックもアオイとの追いかけっこではしゃぎまくり。
四歳なのでもうちょっと落ち着きが出てきてもいいはずなのに。

アオイ&ジャック
そして、ジャック、いまだに泳げないことが発覚。
アオイがジャブジャブと水に入っていくのを眺めるばかりで、足が着くとこまでしか
浸かれないジャック。

アオイ
アオイは泳ぐの上手です

ジャック
深いとこへ行けないのでバシャバシャして水を被ってるのがバレバレなジャック。
他の子はあがってからブルブルしますからねぇ。

ソニア
ソニアは運動場ではけっこうおとなしいので、あまりいい感じに撮れません。

ソニア
追いかけっこも、ジャックがアオイを追うのを後ろからついていくことが多く、
あまり自分から仕掛けません。

ハイラン
ハイランは動きが緩慢だけど、寝てばっかりの時間が減ったようです。

ソニア&ハイラン
ソニアとハイラン。
ソニアは年配のハイランをしっかり敬ってる様子で、挨拶行動もきちんとしてます。
体力的にはもう負けてるはずのハイランの威光がすごいのか・・・。

オオカミ以外もちょこっとだけ
ルビリン

時々撮ってるけど掲載したことのなかった、アムールトラの「ルビリン(♀)」さん
どうやら、富山の「アムラー(♀)」のお母さんらしいです。
・・・って言っても分かる人、限られてるな :Dm

サスカッチ
ホッキョクグマの「サスカッチ(♂)」
好き好き大好き、ガス管・・・・・

サスカッチ
「あたしのことはどうなの?」と、オーロラ(同居♀)にガッツリやられたと思しき
傷痕が頭部左側に・・・・!?

夏はやっぱり生○○○

18切符期間になったので、フラッと名古屋・・・・あれ? 何で私、寝坊してんの??
あれ? なんで新幹線に乗ってるの~?(帰りはしっかり18切符ですが)
行ってきました、東山動物園。

ボンゴのアビーにお別れをして、マツとユーリーの健康そうな姿にホッとして、
久し振りのオオカミ舎・・・・・・、おっ、アオイが挨拶(というか哨戒)に来てくれた。
思いっきり、匂いを嗅いでもらって・・・・、
おおっ! 運動場への扉が開いてるじゃないのっ!!

シンリンオオカミたち、同居が始まってました。 

(2009/7/20) 東山動物園
アオイ
シンリンオオカミの「アオイ(♀)」1歳
今まで、柵越しだったけど、ついに撮れたよ、生アオイ。
もーう、可愛い可愛いったらもう! (怖い顔っと思う人も居るかもしれないけど)

そして、生ソニアも
ソニア
「ソニア(♀)」 もう群れ生活に馴染んだ感じ。

ハイラン
「ハイラン(♀)」13歳
お腹が前よりぽっこりしてるのは老化の影響かもしれないけど、まだまだ現役、
スーパーおばあちゃん。
若い子たちとの同居でどういう立場になるか心配だったのですが、
寝そべってるだけなのに挨拶されまくりしっかりアルファの貫禄。

ジャック
ハイランとのペアを維持してる「ジャック(♂)」4歳 ですが、アオイとの追いかけっこが
嬉しくて仕方ない様子。走り回りすぎ体温上げすぎで池に浸かりまくり。
今回は近況報告ってことで全身像のみ。後日、色んなシーンを紹介しようと思います。

—-
さて、ビール販売アンケートですが、
「賛成/条件付き賛成/反対」の三択形式アンケートはやってませんでした。
うーん、報道で「1600人」対象とかいう情報もあったので、
組織票防止に無差別にアンケート取ってるのかもしれませんが、
動物会館にはアンケートとは別に、以下のような案内がありました。
案内

用紙はこんな感じのものです。
用紙
うーん、これは書くのに気合が要りますね。
とりあえず、18切符期間なので近いうちにまた行くつもりで用紙だけもらってきました。
マスコミの扱い方に反して、園内はビール販売に関してはひっそりした印象ですが、
ビール会社提供?の立て看板があるのを見ると、なんだか東山を足がかりに
需要を開拓しようという圧力を感じてゾッとします。
客の入りという指標だけに囚われると、動物園の公的な役割は破綻していきます。
「魅力の無い園は潰れていい」的なことをどっかの関係者は言ってるようですが、
違うでしょう?
現場へ行って、東山の真剣さを感じられたように思います。
何か意見のある人は是非、東山へ。あらかじめ文面考えて行かないと、書き辛いですよ。

さよなら、ブランカ(後編)

前回に続き、羽村市動物公園のシンリンオオカミ、故「ブランカ」のお話です。

(2008/7/19) 羽村市動物公園
ブランカ
2009/5/15に亡くなった、ブランカ(♀)

羽村には、2006/6/4、2007/5/27、2008/7/19の三回、訪れました。
そのときの動画を編集してみました。

オオカミらしい姿がいっぱい詰まった動画になったと思います。

地面をバリバリッとやる行動、あれは犬もよくやりますが、多くの人が
「砂をかけようとして失敗してる」と思ってる :(m
いやいや、犬やオオカミってそんな間抜けな子ばかりじゃありませんよー。
足の裏の臭腺の匂いを地面に擦り付けているんです。

スリスリ行動ですが、相手の匂いを体に付けようとする挨拶行動だと思ってます。
羽村のブランカはこれを一番分かり易くやってくれる子でした。
あとは、王子のクイーンとか、東山のクロ、富山のサスケあたりがやってくれるのですが、
サスケ以外はもう亡くなってしまって・・・。これを経験するのは難しくなってしまいました。
かゆくて擦ってるときと動きが変わらないので誤解されてますが
(東山のハイランは明らかに、かゆいときにやってます :Dm )、
動画を見て分かる通り、「匂い付け」です(ペロッと舌を出すのは、
匂いを捉え易くする行動です)。
編集でカットされてますが、飼育員さんが「抜け毛がかゆいのか、抜いてくれ~って
スリスリします」と言ってたりします。
違うよ~、飼育員さん、ブランカに愛されてたんだよー。
オークは微妙にしかやりません。親近感のある相手にしかやらないようです。
(実は、このスリスリをやる動物がオオカミの他にも居て・・・・・、
 京都の子でしか確認できてませんが・・・・・・「ロバ」です。
 うーん、あの動物は何考えてるのかわかんないので、動機は違うのかもしれません)

ブランカ&オーク
ブランカとオークの力関係、動画では、普段はオークが強い、と言ってますね。
この餌やりガイドは二回、見てますが、毎回、ブランカが肉をどんどん奪ってしまうので、
飼育員さんが工夫してオークにも回してます。
普通はつがいのオオカミでも、餌を前にすれば歯を剥いて牽制したりもするのですが、
この二頭はすごく仲がいいことが窺えますね。オークがちょっと譲ってる感じ。

で、オークが尻に敷かれてるというイメージですが、そんなシーンはほとんど見てなかったのに、
なんでそういう先入観があったかというと・・・・・、そういえばっ、これ!
案内板
昔はこんなのが張ってあったんですよ。これのせいかー :Dm

知ってる人には、かなり懐かしいと思います。いつの間にか、撤去されてましたね。
案内板1 案内板2
(クリックで拡大)

以上、ブランカの思い出話(&薀蓄)でした。

オーク
寂しくなったけど、頑張れ、オーク