キナっ子

♂だし、ちょっとドジな感じもするので、どっちかというとジェイっ子という
ところなのか・・・・・。

ということで、6/12・13に会いに行った、円山動物園シンリンオオカミの
キナコとジェイの息子、仔オオカミの報告です。 って相変わらず遅ッ!

オオカミの子はだいたい生後20日前後から歩き始めるので、生後約1ヶ月になる
この日はもう少し歩き回っているかと思ったら、キナコのガードがかなり固くて
ほとんど表に出さないようにしているみたいで・・・。
まぁ、今回はお祝いがメインで写真は自分の装備だとイマイチだろうとは
思ってましたが、見事に・・・なので大きな画像はありません。

(2010/6/12,13) 円山動物園
キナコ
かなりしっかり母親しているキナコ。他園の母オオカミより警戒心が強いようですが、
キナコの性格もあるけど、このくらいが本来のオオカミだという気もします。

ジェイ
天王寺のチュンサンもやってた巣穴ガードか? ジェイ
「こんなジェイ、ジェイらしくない」と皆に言われちゃってますが・・・。12日にあった定期健診の
麻酔が効いててダルかったのだという説も。

キナコ&仔オオカミ
幸せそうなキナコ。よかったねぇ。

ジェイ&仔オオカミ
お父さんにも挨拶

仔オオカミ
牛骨(?)齧って強くなれ!
遠いからか、生後1ヶ月の割りには小さく見えます。6/5にあった検診の様子では
そこそこ大きく見えるんですけどね。まぁ、見る間に大きくなっていくと思います。

さて、12日の夕方、キナコファンなら自分もされたいと思う? キナコアタックを受けた私ですが、
何をやってキナコに怒られたのかというと、「アイコンタクトしてプレイバウ」しただけです。
天王寺の明明と遊んでもらうときにやってるのですが、首の動かし方で犬科のプレイバウ
(お尻を上げて遊びに誘うポーズ)と同様(と思いたい)のサインを送るわけです。
昔のキナコなら遊んでくれたのですが、ドーンと前足で来ました。
このときにはすでにジェイが検診で退場させられてたと思うので、心細かったのかも
しれません(頼られてるぞ、ジェイ)。ごめんねー、キナコ。

羽村の彼

仔オオカミ巡りの報告をする前に、群馬サファリの帰りに寄った
羽村市動物公園のシンリンオオカミ、「オーク」くんの近?況を・・・(「近」じゃなくてすみません)

(2010/5/29) 羽村市動物公園
オーク
っと、かなーり白っぽくなりましたが、年齢(うーん、14歳だっけ?)の割には元気な様子です。
足元がちょっとフラフラしてるかな、というくらいで、尻尾持ち上げてばっちり威嚇してくれますよ! :xm
前はもっとフレンドリーな感じだったのですが、ペアの「ブランカ」が去年に亡くなってから、
意地っ張りな感じになったのかな。富山のサスケもそうですが、連れ合いが居なくなった♂は
自分の優位を誇示するようになります。サスケよりオークは気が強いようで、お客をしっかり威嚇。
まぁ、威嚇されるのは同類と思われてる証拠なので、これはこれでよし。

オーク
相変わらずかっこいいオーク。国内美男狼ベスト3を選ぶなら、このオークと、秋田のミッドナイトと・・・
天王寺の元元か!?(身内ひいき的に)

アップで見ると、オークの目は白くなってます。視力が落ちるのも怒りっぽくなる原因でしょうが、
嗅覚メインの犬科の場合はそれほど心配ありません。
高齢オオカミの体調チェックのポイントは、口元の黒い部分。ここがドロッと崩れた感じに
なってくると危険なのですが、オークはまだまだ口元がきれいなので、当分は元気でいてくれるでしょう。

オーク
尻尾がおそろしく立派にフカフカに。まるでキツネ。前からこうだったっけ?

キタキツネ
こちらは本物のおきつね尻尾。そんなに負けてないぞ、オーク。

—-
ここでいきなりオオカミ映画情報です。
といっても、海外の3D CGアニメ。2010年10月1日9月17日公開予定です。
タイトルは『Alpha and Omega』、そのまんまやー。

あらすじはというと・・・、
カナダのジャスパー国立公園で暮らすオオカミの群れ。
その中の若い二頭のオオカミ、自制心が強く責任感のある牝のアルファ狼「ケイト」と
お調子者でいい加減な牡のオメガ狼「ハンフリー」は、ある日、レンジャーの手によって
1000マイルの彼方、アイダホ州ソートゥース山地に連れ去られてしまいます。
群れ間の争いを防ぐため、対立する群れのアルファ狼「ガース」との結婚を
選ばざるを得ないケイトは、故郷への帰路を急ぎますが、
旅をするうちに正反対な性格のハンフリーと恋に落ちて・・・。
てな感じのお話(だと思います)。

公式サイト(トレーラー動画有り)

動物モノの実写はもうそろそろ要らないんじゃないかと思うので、CGアニメは歓迎です。
さすがにディズニー・ピクサーと比べると・・・ですが、
オオカミの可愛いところとかだらしないところとかビジュアル的に
リアルな感じです(実物見てると分かりますが、Coolなだけの動物じゃないのでねぇ)。
生態学的には色々間違っていると思いますが、楽しそうな映画ですね。

問題は・・・

Lionsgateというカナダの会社が配給していて、
国内公開が絶望的ではないか
ということ。 :(m とりあえず、ネットに流れる動画などを眺めるしかないですね。
(YouTubeにはHD版のトレーラーもありますね。 「alpha and omega 3d hd」で出てきます)

(追記)
公開が9月17日になったようですね。Officalサイトも更新されて、
コンテンツがリッチに。ギャラリー画像も増えてます。
Youtubeより高画質のトレーラーもありました。

2010仔オオカミComplete

週末は旬のアスパラガスを買い付けに札幌まで行ってました。
三週連続遠征もこれでひと段落です。

今回はコンビニFoodsな食事を避けて、旅らしい食事を、と思い、
土曜昼:あらとんつけ麺
土曜夜:びっくりドンキー ←←←
日曜朝:うにいくら丼
日曜昼:アニマルポテト&豚フランク
と、北海道Foodsを満喫・・・・・あれ?

てなわけで、現地でお会いしたオオカミ(&円山)ファンの皆様、お世話になりました。
興奮醒めやらぬまま、新千歳空港で遠征用尻尾を思わず買ってしまったぜ!
10月にはまた行きます、ほっかいどー。

さて、今年はオオカミの当たり年!?
2010年生まれの子供たちについて、まとめてみます。

(2010/6/4) 天王寺動物園
ユジン&仔オオカミ2010
早いもの順で、大阪、天王寺動物園のチュウゴクオオカミ
2010/4/7生まれの♂1頭、♀6頭、計7頭。「なきごえ」最新号で名前が公開されました!
天王寺では去年生まれの子(メインは楽楽、明明の二頭、♂の元元も一応参加で全員)が
ヘルパーとして活躍、餌をどんどん食べさせるので成長が早いのだとか。

(2010/6/6) 東山動物園
ソニア&仔オオカミ
名古屋、東山動物園のシンリンオオカミ
2010/4/10生まれの♂2頭、♀1頭、計3頭。母のソニアは初産です。一ヶ月過ぎるまで、
ずっと産室が閉じられたままでしたが、飛び出してきた仔オオカミは驚きの大きさと
元気さでひと安心。父親ジャックが子供を邪険にするのを真似て、子供たち同士も
ガウガウやってます。

(2010/5/29) 群馬サファリパーク
キュー&仔オオカミ2010
群馬サファリパークのシンリンオオカミ
2010/4/11生まれで・・・♂だけ7頭。母親キューは二度目の出産。
子育てはもうベテランっぽいですが、去年生まれの3頭と父が分けられているためか、
成長は上記二園より遅め・・・というか、こちらがふつうなのか!?
父ゼットンに似た全員おっとり系の子供たちのようです。

(2010/6/13) 円山動物園
キナコ&仔オオカミ
そして、札幌、円山動物園のシンリンオオカミ
2010/5/14生まれ、♂1頭。オオカミファン待望のキナコの子です。
生後一ヶ月にしてはちょっと足腰がしっかりしていない感じ。キナコが高齢でお乳の出が
悪いのかもしれません。キナコに溺愛されてますので、お肉をメインで食べるようになれば
どんどん大きくなるかな。

青森100年リンゴ
出産祝いに持って行ったリンゴ(と思われる)。どうもカラスが食べてるようですが・・・ :xm
大阪で野菜の卸をやってるお店で何気なく買ったのですが、ちょっと名のあるリンゴだったみたい?

群馬っ子ゴロゴロ♂だけ7頭!!

やっと・・・ですが、5月に訪れた群馬サファリパークの報告です。
あらゆる動物をスルーし、ウォーキングサファリのオオカミの森へ直行する
謎の車 :Dm に乗せていただき、仔オオカミたちとご対面~~~!
前回はお尻しか見られなかったキューにもやっと会えたよ!

群馬では4/11にシンリンオオカミ、ゼットン♂とキュー♀の間に、7頭の子供が
生まれています。しかし・・・♂ばっかりなんです、これが。

国内最強の広さを誇る群馬のオオカミ放飼場ですが、今はお客さんに近いエリアが
金網で囲まれ、母親と仔オオカミたちの運動場になっています。
まぁ、全面開放すると、奥に行っちゃったら仔オオカミ、全く見えませんからね。
父親と、去年生まれの3頭の子供たちは、金網の向こうのエリアへ。

(2010/5/29) 群馬サファリパーク
ゼットン&仔オオカミ2010
金網越しにゼットンパパに挨拶する仔オオカミたち。去年生まれの3頭も弟たちに優しい感じで、
一緒にしてあげても問題なさそうなんですが。

ちょっと写真を撮りすぎて選別だけで手いっぱい。構成無しで、撮った順に行きます。

キュー&仔オオカミ2010
母親、キュー。すぐ近くに貼ってある紹介写真は写りが悪くて変な顔になってますが、
けっこうな美狼じゃないですかー。少し目元にジェイ入っててキリっとしませんが。

キュー&仔オオカミ2010
子供あやしモードのキュー。おっぱいチェックはオオカミ追っかけ隊の任務。
キューのおっぱい、7頭に吸われてる割りに綺麗に整いすぎです。
かなり行儀のいい子供たちであることが窺えます。こんなに綺麗なのはほんと珍しい。

ゼットン&仔オオカミ2010
パパとお散歩。もやしっ子の恐れがあった群馬仔オオカミsですが、ほっと安心の
元気っぷりです。ただし、心なしか動きが緩慢・・・?

仔オオカミ2010
じゃれ合い中。激しい争いはほぼ見られません。

キュー&仔オオカミ2010
井戸端会議中。うろうろしてるかと思ったら、すぐに母の近くに集まってしまいます。

仔オオカミ2010
あぐあぐ

仔オオカミ2010
寄り添うの大好き。同じ7頭生まれた天王寺と比べると、四日遅れにしては、
少し成長が遅い感じです。
ヘルパーになりそうな去年の子が分けられてるので、キューひとりで
頑張ってるからでしょう。

キュー&仔オオカミ2010
母はやたらと子供に圧し掛かるのが好き。いつも誰かがアゴの下。

ワトソン?
みかづき流オオカミ掌握術で遊んでもらいました。去年生まれの子。
うーん、ワトソン(♂)かな?
左側のエリアに、オトナたちが接近できるようになってます。
群馬の面々は・・・警戒心が薄い! かなりおっとりフレンドリー系なことが判明しました。
ゼットン氏、ワトソン、エフィーが大接近。ビートンは少し遠慮ぎみか?

ビートン&ワトソン
ビートン(♂ たぶん、手前の方)乱入。奥はワトソン。
エフィー(♀)も撮ったけど、チョイスから外れてました。ごめんね。
気付いたらキューも掲載分はまともに写ってないのばかりだ。

仔オオカミ2010
よくわかんないけど、一応、7頭全員集合。

仔オオカミ2010
どっちかというと寝てる時間が多いやつらです。

キュー
寝室の方へ隔離されているサクラ(♀ キューの姉妹)の遠吠えに合わせて、
キューも鳴き始めました。キューと喧嘩をするので分けられているというサクラですが、
休園日くらいはお外に出してあげて欲しいですねー、と同行の方とお話し。

仔オオカミ2010
咄嗟で(しかも短め)上手く撮れなかった、仔オオカミたちの遠吠え。
どの園でも仔オオカミたちが親と一緒に吠え始めるのはだいたい生後一ヶ月半あたりからですね。

仔オオカミ2010
全員おっとり家系なのか、迫力がない。

仔オオカミ2010
母ちゃんの背中大好き

仔オオカミ2010
うにょーん

仔オオカミ2010
媚売ってるんですか? ・・・・・買います!

キュー&仔オオカミ2010
もう固形物(犬カリカリ)を食べられるようになってますが、一瞬だけ許される授乳。
仔オオカミ激写装備に換装中のため、引いて写せない・・・。

仔オオカミ2010
取っ組み合い。 東山、天王寺の子たちに比べると、動きがトロいんですよー、彼ら。
奥のエリアで追いかけっこをしている父親と去年生まれの子を見ていると・・・、
父ゼットン氏が追われ役で、みんなに転がされてる・・・・・ :xm
どうも彼の遺伝子のおかげでまったりした家族になりそうな群馬でした。

東山号外! アオイが帰ってきます!!

週末はまた遠征しておりまして、群馬の報告も滞ってる状態ですが、
帰りに寄った東山動物園で嬉しいニュースがっ!!!

ソニアの産室を無邪気に覗いてガッツリ噛まれて病院生活(※ケガは
大したことなく、すぐ治ったようです)を送っていたアオイが・・・

明日 6/7 (月)から戻ってくるそうです!

アオイ
全国推定1000万人のアオイファンの皆様に朗報!!
(写真は2010/2/13撮影のものです)
明日は休園日ですが、待ちに待ったアオイの復帰。
前にはジャックとの同居も・・・と聞いていましたが、
「ハイランと一日おきの交代で単独展示」という方針になるようです。
もっとも、様子を見てうまくいくようであれば、という前提ですが。

アオイ
ハイランが5つあるうちの一番右の寝室しか使ってくれないのが
問題となるかもしれない・・・という話も前に聞いてます。
どうなるかなー? うまく行けば、最短で水曜にはアオイに会えるのか・・・。
私はしばらく会いに行けませんが :(m
ともかく、能天気クマっ娘の復活です。

(2010/6/6) 東山動物園
仔オオカミ♀
仔オオカミはヤバいくらいに大きくなってました。金曜に天王寺へ行って、先週の東山より
大きくなったなー、と思っていたら! こちらはさらに大きくなってました。
報告が追いつきません。

ジャックは相変わらず、仔オオカミが近付くのを嫌ってガウガウ吠えてますが、
ちょこっとだけ追いかけっこに付き合ってみたり、一緒に寝室に引きこもってみたり
(中の様子は分かりませんが、大人しくしてるときの仔オオカミなら
 少しは守ってあげたい気分になるんでしょうかねぇ・・・)しています。
東山の仔オオカミたちは、じゃれ合うときにかなり激しく吠え合います。
他の園の仔オオカミと比べると仲が悪そうでギョッとするかもしれませんが、
よく見ると声による威嚇で強く噛み合うのを避けています。
これはおそらく、父ジャック流。社会化期を迎えた仔オオカミは親の行動を
驚くほどしっかり観察して順応していきます。
こんなことを頭に置いて観察すると面白いですよ・・・・ってな話も、
後日、また詳しく書きたいと思います。