名古屋東山動物園のジャック

東山動物園のシンリンオオカミ舎では、恋のシーズンを迎えてちょっとした波乱があったようです。その様子はまた後日まとめるとして・・・、物語の主役? ジャックくんの紹介。

ほねっこ食べて~♪jack01.jpg
↑美味しそうなところをアピールしてハイル(♀)の気を惹こうとしている。 

【DATA】
種:シンリンオオカミ
名前:ジャック (Jack)
性別:Male(♂)
誕生日:2005年4月25日
出身地:富山ファミリーパーク

  • 実はカナヅチである
  • 実はドジである
  • 気持ちだけ空回りして報われないタイプ

【見分け方】
標準的なシンリンオオカミのカラーをしているのはジャックだけなので、すぐに分かります。顔にマスク(色が分かれている。ハスキー犬のような模様)があります。

【ジャックとの遊び方】
左側の金網のある獣舎前のスペースに入ったときにコンタクトを取ることができます。声をかけたり手を振ったりするとちょっと関心を持ってくれる。走ると一緒について走る子です。

jack02.jpg
遠吠えを始めるときに、何故か口をガバッと大きく開いてしまうジャック。
直そうと努力はしているみたい :Dm
遠吠えは・・・あまり上手じゃないジャックくん。だってみんな一緒に吠えてくれないんだもんね。(ああ、でも前よりはマシになってた)

東山のオオカミ放飼場は、段々畑のような斜面になっているため、オオカミたちのポジション取りによる駆け引きが垣間見えます。
ジャックは一番上の段を右へ左へ行ったり来たり。すっかり、群れの全体を見渡すアルファ(オオカミの群れのリーダー)気取り。というのも、この1月末頃に、ハイル(♀)との交尾が確認された(警備員さん談)そうで、順調に行けば4月の頭には若パパになる・・・かもしれないんです。
でも、年齢的にはまだ2歳未満、人間でいうと高校生くらい?(オオカミは3歳で成年。犬よりちょっと成長が遅いと考えて下さい)
落ち着きがなく、態度も中途半端なので信頼がない :xm
♀のアルファであるハイルは、気を惹こうと必死なジャックを相手にしていません :(m

この日(2007/2/12)、ジャックは左前足の動きがぎこちなかったのですが、飼育員さんに話を聞いたところ、「走り回って足をぶつけた」とのこと。ジャックはよくそういうことがあるそうで、心配はないようです :Dm

まだまだ成長中のジャック。体格ももっと大きくなりそうで楽しみです。

※ジャックくんに関する記事を書かれた方は、是非、トラックバックしてください :Dm

本日のクイーン嬢(2)

本日(1/27)のクイーン嬢
定位置で
キング♂が旅立ってもう一年、去年の冬はヤツレてたクイーンも、うーん、ちょっとまた痩せ気味だけど、便の調子は前よりもいいみたいだし、大丈夫かな。
客足が減ってさびしいのか、この日は尻尾を振りつつ、片手を上げてお誘いのポーズ。でもガラスに阻まれてしまう・・・。
そのシーンの写真じゃないのは、朝イチは独占して、慕われたい、遊ばれたいので、カメラを構えてないからです。