クイーンの想い出 その4

王子動物園(2007/9/16)

今日、4月13日は、王子動物園で暮らしていたシンリンオオカミ「クイーン」の命日です。

毎年、この日が近付くと、いっぱい撮っていたクイーンの写真を
どのようにまとめようか悩んでいるだけで終わってしまうというパターン。
それでも、記憶に留めておくため、毎年必ず記事にします。

人の死、家族の死、ペットの死、その悲しみは、時間とともに
忘れていけるように人間の心は出来ています。
ただ、動物園の動物たちのことは、記憶から消してしまってはいけない。
それは、感傷などではなく、本来、野生の環境に居て、
ほとんどの人間は目にすることもない 彼らが、
人間の社会の一員として過ごした意味を薄っぺらなものにしたくない
からです。

言いたいこといっぱいあるのだけど、またの機会に。

王子にシンリンオオカミは居ません

今居るのは、こんな子です・・・。

アカハナグマたちが居るのは、元シンリンオオカミ舎です。

今日、4月13日は、王子動物園で暮らしていたシンリンオオカミ「クイーン」の命日です。

一年振りだね!(いや、ずっと壁紙に居るけどさ)


王子のオオカミ舎の良かったところは、これ。薄い鉄板を通して、
クイーンと匂いを嗅いだり嗅がれたりできるのです。
近頃は動物との距離を離したりガラスで隔てるのが流行りのようですが・・・。


ちょっと普段着なクイーンも。オオカミはよく水を飲む動物です。
野生下でも水場をテリトリー内に入れて生活していることが想像できます。
どこの動物園でも必ず(こっそり?)水呑み場が用意されてますのでチェックしてみてください。


定番ポーズの肉球マクラです。寝るときのポーズは個体によって様々で、けっこう個性が出ますね。


たまにはこんなお顔も・・・。
ゴムパッキン(※口周りの黒い部分)が崩れているのが分かります。
ここを見るとオオカミの身体的な衰えをチェックできます。
ここが艶々して張りのある個体は高齢でもけっこう元気なのです。


愛想のいいクイーンですが、オオカミらしく視線をまっすぐ合わせません。
これはどこを見ているの・・・? ときどき吠え合いをしていたサル舎の方かな?
クイーンの写真はまだまだありますが、また来年!

—-
今回のタイトルは、本当は「クイーンの想い出 その4」だったはずなんですが・・・。
去年のイベントを準備していたときのことですが、写真使用の許可の件で、色々と確認した結果、一部の動物園から正式な許可を出した形での写真の利用はできないという回答をいただきました。
最初、日本に居る動物園のオオカミを紹介するスライドショーで、ここ数年に亡くなった個体も紹介しようという企画がありました。クイーンというオオカミが居たことを多くの人に知ってもらう最後の機会だったわけですが、実現できなくなってしまいました。
もっとも、園公認という形ではなく、個人のWEBで紹介するのには何の制約もなく、これからもクイーンのことを伝えていきたいと思います。

さて・・・、その許可がもらえなかった理由が、「すでに居ない個体に関して問い合わせがあると困る」というニュアンスだったのですね・・・。
色々とややこしい人たちからクレームまがいの問合せが来て苦労されていることは解ります。動物たちがどう生きて、どう死んでいったか、そこから学べることは多いのです。それを開示できる土壌を利用者で作って行かないと、園も情報を出せないとは思うのです・・・が!
過去に飼育してた動物を居なかったことにしたい、というのはどうなんだろう?
あなた方の仕事のパートナーだったはずですよね?

・・・胸にしまっておくつもりだったけど、書いてしまった。

息子よ、父を超えてゆ・・・かないで

連休前にちょいと顔を出してましたが報告してなかった天王寺、
二週ちょい振りに訪れました。
今回はちょっと思うところがあり、カメラなし(携帯は持参)です。

まず、ドールのシュタインですが、期待を持たせてしまってすみません・・・、
今年もダメだったようです。4/28の時点でお腹がぺったんこなのを確認済。
ただ、寝てるときは今でも若干膨らんでるのが謎です(そういう体型?)。
獣医さんに会ったのですが他に色々あってドールのことは聞きそびれました。

Twitterで関係者の方が紹介してましたが、
天王寺ではまだオフレコ・・・? の池田(岡山)から来たあの子。
そろそろ外に出す練習をするとのことで、平日に行けば会えるかもしれません。
「あの子」は色白のイケメンだそうですよ~。
池田からは他にも動物(たち)が来てますが、気配なし。
普段から隠れてる動物なので元から居る子も見えませんでした。

ジャガオくんのお嫁さんとしてやってきた、ジャガーのルースちゃんが
公開されてます。しばらくはジャガオと交代展示とのこと。
右の岩の上で少し緊張した感じで外の様子を窺ってます。
動きが優雅な(気がする)美豹さんです。

ホッキョクグマのゴーゴも、捻挫の影響でバフィンさんと交代展示です。

発情期はとっくに終わってるはずなのに、別居体制が続いていた
チュウゴクオオカミ舎。最近になってようやく同居が始まった模様。
(去年の12月頃から、父チュンサンと息子の元元だけ、昼間はバックヤード、
 夜は柵越し隣接、という体制になってました。
 体に負担のかかる抑制剤を使わずに繁殖制限をする方針でしたが、
 子供ができなかった分のエネルギーが蓄積したか、ユジンさんが
 コロッコロに太ったという弊害が・・・?)
♀10頭の中に1頭だけ取り残されていたドゥドゥ♂、三月頃までは
姉妹たちにやられっぱなしだったのですが、どんな心境の変化があったか、
強い子になってました。人間の姿にもオドオドしなくなったかな。
チュンサンがご無沙汰していた放飼場の様子が気になる素振りを見せる傍で、
無頓着な元元、弟妹たちに順位付け&慕われ。
チュンサン、狼望度で負けるのが嫌か、元元を激しく威嚇、
以前は父には従順だった元元が、ここで尻尾を上げて対抗しているため、
かなり険悪なムードになっています。(チュンサン尻尾下がってるよ!)
一応、元元側が耳を寝かしてますが、体格的体力的に元元の方が明らかに上な
ためか、チュンサンの抑えが怪しくなっています。
ユジンさんは久々にチュンサンとラブラブモード。軽く添い寝したり、
並んで歩いたりして嬉しそうなのですが、元元が割り込んでチュンサン激怒。
ユジンさんは息子にやたらと甘いものだから・・・。
♀二番手の楽楽、ちょっと陰が薄くなってますが、妹たちの躾を頑張ってます。
ユジンさんが、「子供はこうやって抑えるのよ!」とチュンサンに見せつけるように
(特に悪いことしてない)楽楽をビシーッと叱咤。楽楽、哀れ。
でも、やっぱり元元には甘甘なユジンさんです。
こうして見ると、オオカミは♂の序列と♀の序列で別のラインができていることが
確認できて面白いです。
ユジンさんはマーキングなど、チュンサンとのペアをしっかり堅持しているものの、
たまに元元に甘える様子を見せたりするので、
♂の順位変動がちょっと気になる天王寺です。

#現在、トップに表示している被災地動物園・水族館の支援についてですが、
まだまだ復興に必要な額に届いていないそうです。
継続的な支援活動が必要です。引き続き応援お願いします。

本音を隠せないやつ

去年2月に連れ合いのナナさんを亡くして気落ちしていた、
富山市ファミリーパークのシンリンオオカミ「さすけ」。
旭山動物園から新しい奥さん候補、「メリー」がやってくると
聞いていましたが、10月の予定が、国の許可がノロノロと進まず
(ホッキョクグマの許可は即時? やればできるのにやらないのは
 なかなか腹立たしい)、12月にようやく来園。
その後、念のためメリーの発情期を避け、ケージを分けて飼育
されていましたが、「そろそろ同居」の報せが・・・。

(2011/4/15) 富山市ファミリーパーク

具体的な日程は分からなかったのですが、この一年ちょっと、ずっとさすけの
幸せを祈りながら何度も通った富山(記事にしてませんでしたが)、
メリーが来てからもオオカミ仲間とチェックを繰り返してたのですが、
ついに! 待ち望んでいた日がやってきました!!
実際は、前日の14日から同居をさせていたそうですが、
この日は同居二日目、まだまだ初々しい感じの二頭の様子が見られました。
公式サイトでの発表はこちら


この日の同居は午後から。午前中はいつもと変わらず(でも、朝一番に
ちょっとだけ鼻キュンキュンの挨拶してくれた)、ゴロゴロ寝ていたさすけ、
12時過ぎたあたりから、そわそわし始めました。
これはバッタを追い駆けてるところ。
どうにも浮かれた気分が隠せないらしい。
そして13時過ぎ、いよいよ同居! 嬉しくて走り回るさすけ・・・


メリー舎の扉が開くと、なぜか飛び込むさすけ。
条件反射かい?


さすけをかわして、メリー登場!


すぐに出てきたさすけにメリーが挨拶しに行って、同居開始です。
そっけないフリしてるけど、尻尾フリフリなさすけ


挨拶というより、実際は遊んでもらいたい気分満々なメリー、
上から行っちゃだめでしょ。とりあえずさすけは寛容を装います。


そうそう、下からいこうね。
メリーはさすけを敬っていて、挨拶も上手なので心配なさそうです。
さすけはさっきまでの浮かれモードはどこへやら?
実は小心者なので、同居にドキドキ。緊張して首の毛が少し立ってます。


アゴ乗せでさりげなく順位をアピールするさすけ。
尻尾フリフリしてますけど?


尻尾乗せ。これはメリーから潜り込んだ感じ。
順位付けの行動の中でたまに見られるもの。臭腺の匂いを付けてるの?


乗っかり。嬉しいくせに順位が上だということをアピールしないと
心配なさすけ。


ようやく落ち着いて首の毛も戻ったさすけ。
メリーはやたらとさすけの尻尾と股間にアタックしますが、
臭腺が多いあたりを狙っているのか、かまってほしいのか。
公式サイトの記事に、さすけが一声吠え・・・とありますが、
この股間アタックに何度か怒ったのです。
しかし、メリー、登場時からずっと、まったく緊張した様子が無い!
ドキドキなさすけと大違いです。


遊んで欲しいメリー。実は怒られてからもしばらくこの調子だったのでした。


ほんとは嬉しいさすけ。
メリーとのレスリングでついに「腹見せ」してしましました。
30分ほどこんな感じでじゃれ合って、後はちょっと離れてまったり。


じゃぶじゃぶメリー


かいかいメリー


イナバウワン!
これってケージが狭いからやってたわけじゃなかったのね・・・


まだ同居したてなので、互いの距離感を掴もうと模索しているところ。
これはさすけの方からメリーに寄って行きました。
尻尾振りながら行ったのに、俺の方が偉いんだぞ体勢になっちゃうさすけ。


メリー、思い切ってさすけの憩いエリアへ。
さすけが素っ気ない態度を取ったので、すぐ降りちゃいましたが、
そのうち仲良く屋根上で寝そべる姿が見られそうです。


この日は、洞穴ガイドの予行演習がありました。
とりあえず、土日祝のエサやりは同居状態で行うとのことですが・・・、
肉を前にするとなごやかムードが一変。
メリー、かなり強気な性格で尻尾立てて頑張ります。
さすけはまだ関係がはっきりしてないメリーを警戒して先制攻撃で
追い払い。小心者なんですー。まぁ、虚勢を押し通して、
今後もさすけが肉を独り占めするでしょう。


物怖じしないメリーさん。かなり無茶っぷりを発揮してますが、
さすけも若返った感じで嬉しそう。
いい感じになってくれそうな気がします。


来年の今頃が楽しみですね!

クイーンの想い出 その3

ちょっと思うことがあり、過去記事をトップにしています。

今日、4/13は王子動物園のシンリンオオカミ「クイーン」の三回忌になります。

寝ててもアイコンタクトで呼ぶと、「しゃーないな」と寄ってきて
スリスリしてくれたクイーンは私にとって特別に思い入れのあるオオカミです。
以前、再編集しようと探して見つからなかったクイーンの録画テープ、
年末の大掃除で未確認のテープが10本くらい出てきたんです。
クイーンの命日を前にして、さて、一本ずつ頭から確認していくか・・・、
と手に取った最初のテープが、なんとクイーンのものでした。
クイーンが見つけさせてくれたのかな。
このテープには、お前が好きで好きで、先立たれて体調を崩すほどだった
キングの姿も写っているよ。

ということで、この動画を、天国のクイーンとキングに贈ります。

(2001/10/6) 王子動物園

キングはまともに撮れた写真がほとんど残ってなかったので、
このテープが見つかって嬉しいです。
当時、王子の穴あき鉄板越しに匂いを嗅ぎ合ったのは、
クイーンではなくてこのキング氏だったんですよね。
それから何年かして(遠征ばっかりしてて地元には行かなかったから)、
クイーンともコミュニケーションできるかな、と思って試してみたら、
仲良くなれました。
動物の匂いが感じられる動物園、いいですよ。

公開できてないクイーンの画像はまだまだあるので、いずれ・・・。