養殖の野豚について

(2010/5/28 追記)
先日、久し振りに芦屋の山(夜の山)を歩いてきました。
横池を始め、あちこちに「ハイカーを襲うイノシシに注意」の張り紙が出ています。
やはりこういうことになったか、と思います。
イノシシは本来、人との接触は極力避けようとする動物です(昼行性の特徴を持つ
目の構造でありながら、六甲以外では主に夜行性であるのは人間との棲み分けのためです)。
このように人を襲うようになったのは、『餌付けをした結果』に他なりません。
このイノシシは遅かれ早かれ、駆除の対象となるでしょう。
六甲でイノシシに餌を与えている人は、「自分がイノシシを殺した」という自覚を
持ってください。

(元記事に入っていた日付は消しました ※理由は考えてみてください)
—-
(以下、元記事)

記事にするか迷ったのですが・・・
六甲のイノシシです。

○/○~○の夜に、出産直後と思われる母イノシシに遭遇。

そのときの様子です。

これでとりあえず、今年の子が生まれてることは確認できました。
次はウリ坊の写真を・・・と、子連れが危険と言われる期間(出産後、なのか、子供を連れるようになってから、か分からないのですが、2週間ほどと言われてます)を避けて、そろそろかな・・・と出かけたのが○/○、しかし・・・
イノシシ
ウリ坊は飛び出してきたものの、一瞬で走り去り、お尻しか撮れませんでした :(m
で、親は子供をどこかに隠して戻ってくるんです。
こりゃあ、人の多い土日は子供を見せてくれないなぁ・・・と思い、平日に有給取ってリベンジです。

※以下の写真は、餌付けされたイノシシを撮ったものです(大量の餌が撒かれています)
(2008/○/○) 芦屋 高座谷
イノシシ
前回の記事で、臨月、と紹介したお姐さん・・・、実は、ただの肥満だったのです :(m
もう! 紛らわしいなぁ~。しかし、時期的には他の個体の臨月期に合ってたようです。
朝早くから現場で張っていたら出てきたこの子と一時間ほど、付かず離れずまったりしました。

高座谷第二堰堤は、堰堤を中心とした円状にイノシシの通路があります。
複数のイノシシたちがこの通路をうろつきながら、堰堤の様子を窺っているみたいですね。
以前の記事で、「人間はとても歩けない」斜面と表現しましたが、実は、20~30センチほどの水平な足場がケモノ道になっており、歩こうと思えば歩けないわけではなかったのです。しかし、背の低いイノシシには邪魔にならないけど人間は引っかかる木の枝があったり、毛虫やイタチ類の糞がゴロゴロしていて、断念しました(←歩こうとしたんかい!)

さて、餌を持った人間が来ると同時に、ウリ坊たちも登場。
イノシシ

イノシシ
母親とツーショット

イノシシ

イノシシ

イノシシ

イノシシ

イノシシ

イノシシ

イノシシ

イノシシ

二頭の子連れイノシシの親子に、いつの間にか、ぜんぜん関係のない小さな子が混ざってました。イノシシって、けっこう小さいうちから一人で歩き回ってるんですね(以前も夜間登山で一頭だけで散歩してるウリ坊に会ったし)。
イノシシ
混ざってることがバレてど突かれる子(右)

イノシシ
どーん! ほとんどイジメ

イノシシ
フライングアタック!

イノシシ
調子に乗っていじめてた子も、実の親にカチ上げられてました。
餌場では親子もライバルなのです。

—-
今回の記事(と以前の記事のいくつか)は、「自然」のカテゴリーから外しました。
六甲のイノシシは人を恐れず、昼間に行動するという異例な特徴を持っていますが、その理由として「以前に、研究のため餌付けされていたから」とする説があります。
違います。
現在も、盛大に餌付けされている」からです。
第二堰堤はまさに養豚場。この日に限らず、訪れる人が次々とイノシシに餌を与える現状を目の当たりにしました。
写真をどう撮るのか、は私の内面の問題なので、とやかく他人に言うつもりはないですし、餌付けを罪悪と切り捨てることもしません(したいです)が、
イノシシが好きならば、最大限譲ったとして、
餌を与えるなら、人間が与えていることをイノシシが気付かない方法で
してあげてください。
人の手から餌がもらえることを知ったイノシシは、人間と軋轢を起こします。
餌場(=第二堰堤)の様子を見ているとすぐ分かるように、イノシシは強い個体数頭が占領します。ウリ坊の頃から餌付けされた個体の多くははじき出されて、市街地に下りてきます。 駆除も行われています。 餌付けがイノシシを殺していることを知って下さい。

以下、個人的な話。
—-
さて、六甲のイノシシの写真はもう撮らないと思います。
こんな記事書いちゃあ、あそこに行きづらいなぁ、ということもあります(皆、親切にしてくれて、いい人ばかりなんですけどね)が、今回のものも含め、 「餌付けして撮った写真」でしかないのです。自分が餌を撒いてなくても、こうして撮ったものを公開しちゃってるのは同罪であるわけですが、自戒を込めて、どういう撮影だったのかは明記しておきます。
過程は写真には表れませんから、「撮るために何やってもいいだろう」という人間が居てもおかしくないし、 商用に撮っているものが形振り構わずの世界なのは当然でしょう。 ただ、私は動物が好きなので、彼らを傷付ける方法で写真を撮りたくありません。

イノ語の勉強

5月、ヤマビルの出る前に霊仙のシカを追いかけに行く季節なのですが、今年はDVカメラで夜の撮影をしてみようと思って、その腕ならしに六甲のイノシシをターゲットにしてみたところ、ちょっとハマってしまいました。

4/25の夜にイノシシと出会いながらも撮影に失敗(後述)、4/30にリベンジしましたが、イノシシの姿はなし・・・効率よくイノシシと会うには、まずは活動エリアの調査からっ! っと、土耕跡(イノシシが餌を探して掘り返した跡)を探して歩いてきました。
阪急芦屋川~高座谷~風吹岩~ゴルフ場手前~黒五谷~七兵衛山周回~横池~風吹岩~高座谷~阪急芦屋川
コース詳細はこちら
今回は写真&解説付きです。イノシシに会いに行かれる方はどうぞ。

結果は・・・、どこを歩いても土耕跡だらけだったのさ・・・ :(m さすが六甲。

調査だけのつもりが、イノシシの姿を見るとしっかり撮ってしまうのです。いや、カメラ担いで撮る気満々じゃないかー :Dm

※以下の写真は、餌付けされたイノシシを撮ったものです(川に投げ込まれたお米を食べている姿です)
(2008/5/3) 六甲(芦屋~高座谷)
イノシシ
誰ですか、水の中におにぎり放り込んだのは?
はっ! これが流行りの「食べ残しの使い回し」ですかっ!?

イノシシ
ヌタってます。

イノシシ
3秒経ったのであがりま~す・・・って、早っ :Dm

イノシシ
ちょっと上から失礼(小岩に登りました)

イノシシ
左右の小爪はヒヅメが埋まるような足場で利くのね

実は彼女・・・臨月(?)なのです。
イノシシ
ウリボーいっぱい詰まってそう :Dm
お腹の子供に栄養を取られるのか、あちこち毛がハゲかかってます。
あとどのくらいで出産なのかは分かりませんが、同じ地域のイノシシは出産のタイミングが重なるという話もあり、母親が怒りっぽくなるという最初の2週間をパスして、5月下旬くらいからがウリ坊お披露目の時期でしょうか。

さて、夜の撮影ですが、既に動画置き場に公開したイノシシくん(2008/4/25)

見えにくいですが、けっこうでかいので、昼間はほとんど見ない♂かもしれません。
そして、この後、もう一頭の♂と登山道で正面衝突! やったぁ、♂だよ。アレ付いてるよ。牙もあるよ。
しかし、くっきりハッキリとカメラのCCDに焼きついたはずのイノシシくんの姿は・・・録画ボタンの押し忘れでテープに記録されてませんでしたっ! :(m
でも、色々と観察させてもらって、イノシシのことが分かってきたのは収穫だったと思います。

これまでイノシシと遭遇して分かったこと
・イノシシは後ろから接近されることを嫌いますが、視界に入る位置から近付くとあまり逃げません。
・反転が苦手な動物ではありません。上の動画でも一瞬で向きを変えています。
 背中を晒すのを嫌うので、人と向かい合っているときは背を向けず、前進しようとします。
・基本的に臆病で争うのが嫌いなので、少し下がってやると脇道(人間には分かりにくい獣道が
 登山道の周りにいっぱいあるのです)を使ってすれ違ってくれます。
 (逆に人間が背を向けたり逃げようとすると突進されるみたいですね。試しませんが :Dm )
イノシシは本来夜行性ではないため、暗闇での視力はあまりよくありません。夜中に出会うと、おそらく同族(イノシシ)に対するのと同じような合図でコミュニケーションを取ろうとするみたいです。
・まず、鼻をあげて臭いを嗅ぐ。(イノシシ側に余裕がある証拠なので一安心・・・です?)
・音を立てて体をバリバリと掻く。互いの姿がはっきりしないので、わざと音をさせているようです。
 「ちょっとそこ通せよ」って感じ?
・「ギョパアッ」っと音を立てて口を開けます。牙と口の中の明るい色を見せているようです。
 威嚇ですね。「いいからそこどけよ」って感じです。 こわ~い :Dm
相手にコミュニケーションを取る意思があるうちは安全だと思うんですが、怒らせたらどうなるか分からないのでほどほどにして少し後ずさりして脇道に逃げてもらいます。「ブイブイ」と存在をアピールしながら去っていきます。

と、まあ、イノ語の勉強報告でした。
怖いと思われがちなイノシシですが、肌で感じる彼らの行動は意外と紳士的?
餌の匂いをさせないこと、脅かさないこと、を守れば良い山の仲間で居てくれそうです。
今は餌が豊富でおとなしいのかも知れませんが、危険な時期のイノシシってどんな感じでしょうね。ワクワク(←するなって)

尚、この記事の内容を信じて大怪我をしても当方は一切責任を負えませんので悪しからずです :Dm

春の六甲お散歩Day

(2008/4/19) 六甲(芦屋~高座谷)
コバノミツバツツジ
コバノミツバツツジ (※木の実は別の植物です)

諏訪子さんのお別れ会の後、元町中華街へ。思いつきでおやつ(ゴマ団子)をGETしてそのまま芦屋から六甲を歩いてきました。
JR芦屋~高座谷~風吹岩~横池~風吹岩~保久良神社~阪急岡本 (GPSデータありません)
六甲は今、コバノミツバツツジが見ごろです。
コバノミツバツツジ

そして・・・、居ました、居ました、イノシシたち
イノシシ
斜面に現れたところを激写・・・だったらカッコイイのですが、
現実は、「さんざん餌をおねだりした後、斜面を去っていく」の図でした :xm
ゴマ団子はあげませんよ!!
しかし、この斜面、70度ほどあります。人間はとても歩けませんね。

高座谷コースのイノシシ銀座?周辺では上の1頭のほか、オトナ2頭、子イノ3頭に会えました。
母イノシシ
母イノシシです。ツメのツヤがきれいなので、去年秋に会ったのと同じイノシシかも知れません。
子イノシシ
子イノシシ。去年生まれの子ですね。
子イノシシ
晴れてたら良かったんですが。
イノシシの毛は陽の光を受けるときれいに輝くんです。
子イノシシ
匂い嗅ぎのポーズ
イノシシ
「エサ欲し~い」
餌漁りがクセになるとイノシシたちも不幸になりますので、手で軽く追い払いましょう。
子イノシシ
親はけっこう大胆ですが、子イノシシは人間を遠巻きにしながら動きます。
イノシシ
最後は一家揃って。奥が母親です。

おまけ
土耕跡
イノシシの土耕跡に散った桜。ヤギは桜の花びら大好きだけど、イノシシは食べないのね :Dm

 

秋、イノシシ日和

六甲を歩いてきました。紅葉にはまだちょっと早く、それでもいくらか色付いた木々や、既に散ってしまった広葉樹の落ち葉などが秋の山を飾っています。
leaf01s.jpg ついでにキノコも
この日(11/3)のコースは、阪急芦屋川~高座滝~高座谷経由で風吹岩~雨ヶ峠~本庄橋手前で谷の西岸を通って黒五山方面へ~打越峠~山の神~八幡谷~阪急岡本(長っ)。正午(ほんとは始発で出掛けるつもりが寝坊したのさ :(m )から日没(5時)までだらだらと気の向くまま散策しようと思っていたのでGPSは持っていかなかったのですが、初めてのコースも通ったので記録とれればよかったなぁ。本庄橋からの帰りのコースは、斜面の中腹を歩く渡り廊下のようなコースで、六甲のコースの中ではちょっと珍しい展望が楽しめます。足場が悪いので(左が崖)、急ぎの帰りには向きませんが、中盤は水が多く(コップが置いてあるような水場はなかったので、飲用には煮沸推奨ですが)、夏場の最高峰への登りコースに使えそうです。

高座谷を経由したのは、もちろん、イノシシに会うためです。
ここの堰堤では、餌付けをしている人も多く(ほんとうは良くないのですが)、かなりの確率でイノシシが居ます。
ほぉら、ご覧の通り。

以下の写真は、餌付けされたイノシシを撮ったものです(後で確認するとバナナの皮などが置かれているのが写ってました)
イノシシ
おねだり姐さんイノシシ ≫大きな画像
エサくれ~っと尻尾振って寄ってきました(でも、ちょっと距離を置く)。
えっ!? イノシシも尻尾振るの!? うーん・・・振ってる・・・。

子供を連れたお母さんイノシシも居ました(計3頭)。
イノシシ
岩で体をこすっているところ ≫大きな画像

イノシシ
こちらはすでにウリ模様の消えかかった子イノシシ ≫大きな画像

イノシシ
ふたたび、お母さん ・・・若い? ヒヅメのツヤがきれいです ≫大きな画像
岩の上に何か食べるものでもあったのか、子イノを押しのけてフガフガしてます。まだまだ子別れするほどの大きさでもない(翌年の出産くらいまで一緒に居るそうです)のに、食べ物に関しては譲れないようです。

イノシシ
最初の姐さんです。 陽だまりでまったり ≫大きな画像

高座谷では簡単に写真を撮らせてもらえるのですが、それだと志が低い? 山道でばったり普段着の彼らを撮りたくて(前回、カメラ出せなかったのが悔やまれる)、さらにうろついたのですが、帰りの谷筋で、30mほど下を走り逃げていく若い3頭のイノシシの姿をかろうじて確認できただけ。同じ六甲でも、こっちの人通りの少ないエリアのイノシシは警戒心が強いようですね。こちらが下りで上から近付いたのもよくなかったのか。
マタギ並みの脚力が欲しくなる、そんな一日(半日?)でした。

猪突猛進の秋

スズメバチに追われて :(m から一月半、このままだと体が鈍ってしまうのでリハビリ兼ねて久し振りの山歩き。ひと雨来る前にサクサクと夕刻~日没の山の空気を楽しもうと出かけました。
阪急芦屋川~高座滝を経て風吹岩~魚屋道(ととやみち)経由で神鉄有馬温泉へ。
途中で追い越した人と、
「六甲越えて行こうかとー」
「それじゃあ、5時間? 6時間くらい?」
「そうですねぇ~」
なんて会話を交わしてましたが、日の入り前に一軒茶屋到着、終点有馬温泉駅まで計3時間半でした。
ぜんぜん鈍ってないや :Dm カメラとレンズ担いで動物園歩き回ってるから?でしょうか。

GPSのトラックログ を載せてみました。興味ある方はご覧ください。

さて、雨ヶ峠を過ぎて下ったあたりで・・・居た居た、居ましたよ、イノシシさん。
ウリ坊
写真は・・・ごめんなさい、撮れなかったんで ↑ は去年の子ですが。

遭遇したのは、ウリ坊(上の写真ほどではないけど、もう大きくなって模様消えかけでした)を二頭連れた若い母イノシシ。(かなり毛艶・顔立ちのいい美猪さんだ :Dm )
登山道でバッタリ、なのでまずはお互い顔を見合わせて警戒です。
とりあえず、ちらちらと手を振り、早めにこちらの存在を知らせておいて
「おーい、そこ、通してもらえまえせんかー」
と声かけ。
言葉が通じるわけはありませんが、「語りかけ」は動物の警戒を解くのには有効です。
親子連れは親を怒らせると危険なのと、六甲のイノシシは人馴れしてて、エサをねだられるという危険(なのか?)とでこちらはちょっと緊張。
向こうは逃げる素振りもなく、鼻を上げて臭いを嗅ぎます。
猪突猛進──と言われますが、イノシシは意外と小回りが利き、賢い動物なので侮ってはいけません。
で、彼女、あっさりと前進してくるではないですか!
イノシシは表情が分からないので、一瞬身構えてしまいましたが、イノシシ一行は脇の獣道に進入。道を譲ってくれたようでした。
「ごめんねー、邪魔したねー」
「ブイブイッ(←イノ語)」
と挨拶を交わしてすれ違いました。

面白いのは、イノシシって安全だと判断すると、平然と向かってくるんですよね(そして、目の前で脇に逸れる)。独り歩きしてるウリ坊と夜道で遭遇したときもそうでした。
いつも前向きな彼ら、見習いたい。猪突猛進の秋、でした :Dm