励まし隊mission完了

2月に長年連れ添ったナナが亡くなって気落ちした、シンリンオオカミのサスケに
』をあげて励まそうと出かけた富山ですが、3月はサスケが人間不信で
イベント中止、4月はお客さん多すぎでお子様優先・・・であげられませんでした。
それから、名古屋でサスケの孫が生まれて通ったり、あちこち遠征したりして
日が経ってしまいましたが、ついにやってきた(富山が)雨の日曜日!
行ってきました富山市ファミリーパーク!

んで、励まし隊の任務は無事完了したのですが、この時期の富山は
とても蒸し暑く、オオカミ洞穴ガイドの競争率が低いのはいいのですが、
閑散としすぎるのも寂しいなぁ。雨対策はどこの動物園でも必要ですね。

(2010/6/27) 富山市ファミリーパーク
サスケ
元気そうではあるけど、やはり近寄ってくれないサスケ。
とりあえず、思いっきり匂いを嗅いでもらった(でも、視線を合わせようとしないで、
空中をスンスンと嗅ぎやがるの)ので、「あいつまた来たナ」くらいには思ってるでしょう。
園の方もおっしゃってましたが、ナナを亡くしてから顔つきも変わってしまったと。
サスケはナナのことをずっと忘れないでしょうが、早く新しいお嫁さんに来てもらって、
以前みたいにお調子者のサスケになってもらいたいですね。

サスケ
新しい定位置。ちょっと人間不信は治ったかー、と思ったのですが、
日陰で涼しいからかな・・・。見えない位置に行っちゃうことは少なくなりました。

サスケ
洞穴の屋根はシースルーにしたかったそうですが、予算が足りなかったらしいです。
今となっては、この方がサスケには安心な場所になるのでよかったのかな。

サスケ
馬肉、馬肉~!
冬毛がまだ抜け切ってない感じですね。スタッフで抜けた毛を集めていたみたいなので、
ガイドか何かに使われるのかもしれません。

以下、おまけ
480×854機種向け縦画面待ち受け画像、富山市ファミリーパーク版です。
(※携帯への送信方法、待ち受けへの設定方法は各自調べてください)

ギャーコ コナツ&ハルキ マー
モデル: ホンドタヌキ「ギャーコ(♀)」、アミメキリン「コナツ(♀)&ハルキ(♂)」、
      ニホンツキノワグマ「マー(♂)」くん
ミーアキャット さくら&ナット サスケ
ミーアキャット「愛称不明♀&♂」、ニホンカモシカ「さくら(♀)&ナット(♂)」、
シンリンオオカミ「サスケ(♂)」

ファミリーパークではタヌキの赤ちゃんが生まれたそうなのですが
(動物友の会専用ブログの情報なので、ここだけの話ね)、
ギャーコはいつも通りずっと外に出てたので、別のペアが居るようですね。
公開が楽しみです。
アミメキリンのハルキくんは、もうすぐ生後三か月(4/2生まれ)。
父キリゴロウは隔離されてますが、父子の仲も良さそうです。
ニホンカモシカのさくらは、何故か(3月に見たときにはすでに・・・ですが)繁殖が
期待されてたヤツオくんと別居。新入りのナットくんと一緒です。
頭突きされてもさくらについていくナット。うーん、三角関係か!?

次に行くのは涼しい季節になってから、かな :Dm 富山の夏は暑いので・・・。
動物たちみんな、頑張って夏を乗り切って欲しいです。

命名! 「ハルキ」くん

2010/4/2に生まれた、富山市ファミリーパークのアミメキリンの赤ちゃん、
園内で公募していた愛称が、4/29の命名式にて発表されました。

公式サイト記事>「キリンの愛称「ハルキ」です

(2010/4/4) 富山市ファミリーパーク
ハルキ
実は会ってたりして。公開二日目のハルキくんです。
「春に関係した名前を──」ということで募集されてましたので、
予想通ーりな結果ですが :Dm

リッピさんとこの画像掲示板にもいくつか写真を贈ってるので、ご覧になってください。

パパとふれあいDay

今日の天王寺動物園は・・・・・雨、でした :(m
某わんこ長屋のあたりは、薄曇りが一番、写真撮りやすいんだけどねー、
と思っても、天気は非情なもので・・・、週末、雨と晴れしかないんかいっ

動物たちは雨の日ってどう過ごしてるのかなぁ、と、
そういえば、王子は雨の日に行ったことあるけど、天王寺はなかったなぁ。
多分、オオカミたちは普段とあまり変わらないだろう、と思ったので、
雨の日装備でGo! です。

(2009/4/25) 天王寺動物園
チュンサン&ユジン
チュウゴクオオカミの、チュンサンとユジンさん、べったりラブラブ。
「今夜のおかずは何だい?」
「んーっと・・・、牛肉よ」
「・・・・・また?」
想像通り、行動はいつもとほとんど変わりません。ちょっと毛繕いが多いくらい。
(最初、「馬肉」と書いてましたが、もらってるのは牛肉だとか。贅沢やなー)

そろそろ外出時間も多くなってきた仔オオカミなんですが、
こちらは雨の影響か、ユジンさんがあまり出そうとしてくれません。
それでも、お昼すぎ、寝室の隣の部屋で授乳が始まり・・・・仔オオカミ
うーん、三頭同時授乳なんですが、よくわからない・・・・???

そうしてるうちに、出てきました!
チュンサン&仔オオカミ
お父さんに挨拶っ!
チュンサン&仔オオカミ
おねだりポーズ
チュンサン&仔オオカミ
すごい顔になってますが、チュンサン、怒ってません。
というか、デレデレ。もうされるがまま。
子供に向かってプレイバウまでしちゃって、やはり、子煩悩パパだったのね・・・!?
チュンサン&仔オオカミ
アゴを乗っけるのは、親愛のポーズ。
この濃淡が薄めの子(たぶん♂)はお父ちゃんっ子みたいです。

このあたりで・・・、いつもの「動画」行ってみましょう。

お散歩といいつつ、ちょこっと出て戻ってしまってますが・・・・。

では、以下、写真をずらずらっと・・・
チュンサン&仔オオカミ

チュンサン&仔オオカミ

仔オオカミ

仔オオカミ

オオカミ一家
今日の様子で、チュンサンがかなり子供好きなことが判りました。
ますます楽しみなオオカミ舎です。

さて、雨の日の他の動物の様子ですが・・・、
天王寺では、ほとんどの動物が見られます。姿が見えないのは、穴に入ったっきりの
シママングースくらい?
雨の嫌いなヤギ・ヒツジ、ライオンなんかはずっと雨宿りしてますけどね。

センイチ
水が大好きなアムールトラは、雨の日の姿が映えます。こちらはセンイチ編集長。
アヤコ
アヤコ姐さんもしっとり・・・・ちょっと濡れすぎ?
他に雨が好きな動物は、ドール、カバ、カリフォルニアアシカなど。
水好きなメガネグマも、ちょっと活発になってたように思います。

イヌワシ
イヌワシ。猛禽類は・・・・・、うーん、普段と変わらない。

ナナ
エランド「ナナ」さん、いつもながら、おっとり。

ケニア&ハルミ
アミメキリンのケニアとハルミ。小雨になるまでは獣舎近くに逃げてました。

愛
雨嫌いのライオンと対照的に、平然としているブチハイエナ。
「愛」の正面顔が最近やたらと可愛くて、写真を狙ってるんですが、
カメラを向けると顔を反らしてしまう・・・・。

ティーナ
雨が口の中に当たるのが気持ちいい? ティーナ、普段よりずっと動いてます。

ラニー博子
アジアゾウも基本、水が好きだねぇ。つまみ食い博子さん。

うーん、雨の天王寺は、いつもより動物、動いてるぞ!?
売店もあちこち閉まってますが、お客も少なくて独占状態、なかなか楽しい雨の日でした。

岩手サファリパークに行ってきたっ!

って、もう3/17のことで、かなり日が経ってしまったわけですけど :(m

岩手と言っても、暖かい南端に位置し、ほぼ宮城との県境近くにあるこのサファリパーク、
うーん、どう見ても・・・バス路線なし?
昨年3月に開園したばかり、ちょうど一周年の新しい動物園です。
ここを目指したのは、これがほぼ最後になるのかな・・・、カモシカ追っかけ隊、第・・・
何弾だったか忘れちゃいましたが、日本カモシカセンター出身のシャモアがここに
来ているのではないかという情報をいただいていたので、会いに行ったのです。
結果は・・・・、先に書いちゃうと、「会えなかった」のですが。(詳しくはこの記事の最後に)

ともかく、遅い夏休み(もう春やんっ!)を取って、夜行・新幹線乗り継ぎ、くりこま高原へ。
そこから自転車で・・・・・迷った :xm 迷わなければ一時間半くらいかな、
館ヶ森高原という、丘陵地帯にあります。

(2009/3/17) 岩手サファリパーク
岩手サファリ
とにかく、広~い!
「天空のサバンナ」というキャッチフレーズとありがちなサファリの景観から、
岩場から動物に見下ろされるような構成を予想してたのですが、
今のところ、広いところに動物いっぱい、という感じがウリのようです。
全部、社員さんの手作りで作られた動物園だそうで、まだまだ発展中。
そのうち、岩場も欲しいねぇ。

ムフロン
ムフロンが寄ってきます。
あまり飢えた感じはなくって、通常のエサもしっかり行き渡ってる様子。

さて、サファリではエサやりバスに乗れます。
ここでは、ライオンが車のバンパーにじゃれ付くことが多いようで、マイカーより
バスがおススメな気がします。当然、自転車では回れません :xm

エサ
エサ。けっこう量は少なめ。基本はバス料金に含まれるのかな?
追加は1000円? か500円? か・・・。
実は、無理を言って、バス料金+追加エサ1000円購入を条件に、
一回目は写真撮り、二回目はエサやり、とバスで二周させてもらったのです。
開園当初はやってた特別措置だとか・・・で。
兵庫から来たことを告げると、親切に対応していただけました。
アットホームな雰囲気の動物園です。
春休み前の平日ってことで、他にお客も居なかったんですけどね。

ムフロン
ムフロンにエサやり。ムッフムフ。近くにシロダマジカも居ます。

ボタン&ミナミ
キリンにもエサやり。手前が食いしん坊「ボタン(♀)」10歳、奥が「ミナミ(♀)」4歳。
とにかく、動物の頭数が多くて多くて、名前を聞けたのはこの二頭だけ。
ビスケットをあげます。

ヤク
ヤクのお父さんにもエサやり~。
写真は上手く撮れませんでしたが、双子の子ヤクが居ます。可愛いよ~。
もひとつ、写真撮れてませんが、アメリカバイソンにもエサをあげられます。
同じウシ科のヤギ、シタツンガに比べて、舌がザラッザラです。

ムフロン
バスについてくるムフロン。ムッフムフ。

ここらでひとつ、動画もご覧になってください。

ラマ・ロバ・ムフロンがバスについてきます。ハーメルン状態 :Dm

草食獣エリアのラストの方に居る、この子・・・
ヒマラヤタール
若いヒマラヤタールなんですが、ラクダの背中に乗っかるという特技を持ってます。
(写真は撮るの失敗したんじゃー)
他園ではおとなしい姿しか見たこと無い動物ですが、なかなか活動的なんですね。

ニホンジカ
ニホンジカ。エサやりに無関心装ってます。

アダックス
ちょっと珍しい、ウシ科のアダックス。ここ以外で見られるのは姫路くらい?

ブラックバック
サファリならではの動物、ブラックバック。中心に居る黒いのがリーダーです。
一番強いオスだけ、体色が黒くなるんだとか。

シマウマ
臨月のシマウマのお母さん。
サファリでは、交配も闘争も自然に任せているそうですが、
動物たちは皆、健康的で、子供もどんどん生まれてて、管理はしっかりされてそうです。

後半は、猛獣エリア。
ホワイトライオン
迫り来る、ホワイトライオンs ・・・えっと、可愛いです :Dm
乗用車にはかなり無茶もするみたいですが。

ライオン
オスばかり四頭ですが、仲よさそう。一応、順位があって、誰がボスかで、
乗用車の襲われ方が違ってくるとか :Dm

ベンガルトラ
ベンガルトラ・・・・ってことですが、この子はどこかサファリのホワイトタイガーの血でも
引いてるのか、淡い色。他の個体はしっかり黄色いんですが。
実は、最近完成したばかりの虎ゾーン。この日、初のお客になれるか・・・というところだったのですが、
色んなタイプの車に対する反応を調べてるのだということで、
外の通路から観察させてもらいました。

開園当時は、肉食獣はほとんどが檻に入ってて、不満の声もあったようですが、こんな感じで、
どんどん肉食獣エリア、拡大中です。まだ若くて発展中のサファリなんですね。
今はまだ檻に入ってるピューマ、ヒョウ、ジャガーもいずれは広いところに出してもらえるでしょう。

と、まあ、こんな感じで、楽しめました。
サファリは料金が高いので(あと、エサがちょっと少ない・・・)、満足度は人それぞれかなぁ、
と思いますが、これからもっと充実した園になっていきそうですね。 

—-
さて、遠路はるばる会いに行ったシャモア。
那須どうぶつ王国に行ったと報道された、ウォーター、ウォーク、ドリームの♂三頭、
本当は那須サファリパークの方に行ったんじゃないかという疑惑があり、
ついに同系列の岩手サファリパークの園内マップに発見される、という経緯があったのですが、
今回、会いに行ったときにはすでに姿がありませんでした。

シャモア
2006/11/18 日本カモシカセンターで撮影 中央通路沿いでお客を威嚇していた子

シャモア
2006/11/4 日本カモシカセンターで撮影
出口に向かう通路沿いに居た子

岩手サファリでは、ガイドと飼育員は完全分業体制で、動物の出入り(死)については、
ガイドさんはほとんど教えてもらってないそうです。
シャモアはだいぶ前から姿を見てなかったとか。
実は、公式サイトの園内マップは古いもので、今配られてる、ベンガル虎ゾーンの入った
新しいマップからはすでにシャモアの文字は消えていました。
ガイドさんから飼育員さんに聞いてもらっても、「ちょっとごめんなさい」って感じで
詳しいことは教えてもらえませんでした。

いい加減な管理をしている動物園ならちょっと追求したくもなりますが、
ここは動物たちも生き生きしてるので、あまり悪い方向に考えたくはありません。
少なくとも、1年以上はどこか(那須?)のバックヤードで元気にやってたんだろうしなぁ。
サファリは、先にも書いたように、自然に任せた動物の飼い方をしています。
他の動物と闘争になったのか、仲間同士で争ったのか、
シャモアらしい生き方をして、死んでいったのだと思います。
(さらに他園に引き取られて、どこかで生きてる可能性もなくはないですが)

悔やまれることがあるとすれば、シャモアが♂は単独で飼育すべき動物だってこと、
カモセンでの飼育のノウハウが、引き取り先に伝わってないんじゃないか、ということです。
天王寺だって、ゴーラルが何を好んで食べるか、引き取ってから調べてたように
見受けられましたし・・・。
カモセンの職員さんが、「引き取られた後はそちらの管轄になるので一切関与しない」と
話されていた、これが動物園の実情なら、なんとかしていかないといけないでしょう。

—-
岩手から帰って、無性に「あいつ」に会いたくなったので、最後の18切符使って
和歌山行ってきましたよ。彼、ムサシは元気だったよー。報告はまた後日。

天王寺動物園 サポーター限定ガイド

天王寺動物園サポーター制度始まって以来、初の(通常のガイドとは違う)サポーター限定イベントがありました。(※通算三回目のイベントですが、初回はプレイベント、二回目は一般向けにもやっているガイドをサポーター集めてやっただけで、「次回はサポーター専用のイベント考えてますー」という話だったのです)
今回は、限定!なので、家族向けイベントじゃないもんねー、ってわけで、迷わず申し込みました。抽選で60名だったけど、あっさりOK? さすがに今回は抽選漏れした人が居そうです。
(サポーター限定とは言っても、普段のガイドの延長っぽいところがあります。
 欲を言えば、もっと突拍子もないことやってほしいなーと思ったりもしますが)

イベント紹介の前にちょっと報告。

(2009/3/7) 天王寺動物園
シュタイン
ドールの「シュタイン」(♀)ちゃんですが・・・、
アインくんがヘタレなので今年はちょっと繁殖は難しいかも・・・と思ってたのですが
(交尾が確認できたのが発情のピークを過ぎてたので、受胎しないかも、と)、
うーん、なんとなくシュタインのお腹の形が変わってきている?
乳首も目立ってきてるようなので、もしかしたら、もしかするかも。

一方、チュウゴクオオカミのユジンさんの方なんだけど・・・、
ユジン
あれ~? もう一ヶ月半は経つはずですが、当確と思われていたこちらは、
いまいち変化が見られません :(m まだ分からないですが・・・・・

それでは、サポーター限定イベントのお話です。
今回は、カバとキリンの寝室探訪、そして、調理場と動物病院の見学です。
見学の前に、ちょこっと園長の挨拶。
個人サポーターは延べ人数で655人になったそうです。
うーん、着実に増えてるんだろうか。リピーターの確保は課題ですよ。
天王寺動物園には「割引券」の類いはありません。
実は入園者数の2/3(逆じゃないですよ!)が、中学生以下または市内在住65歳以上無料入園の対象、なのだそうです。
これは全国的に見てもトップクラスの比率じゃないかなー。動物園が公共の施設として有効に活用されていることの証でもあるかと思いますが、入園料収益の確保も大切。
なんせ、今後の計画として、ホッキョクグマの飛び込みを水底通路から見学できる!
『極地海洋ゾーン』計画
なんてのも紹介されてます。
動物好きとしては天王寺、もっともっと応援していきたいですね。
天王寺のサポーター特典、入園10回無料というのは微妙なサービスですが、
年に10回も行かなかった人たちがサポーターになってくれて、
動物園に通うようになれば・・・、てなわけで、
サポーターになればこんな動物園の裏側が見られますよ、ってレポートです(長っ!)

さて、これは何でしょうか?
40億円・・・だっけ?
カバ舎の浄化装置です。
カバは住んでる水辺を撒きフンでドロドロにする習性があって、たいていの動物園の
カバ舎の水は濁っているのですが、天王寺ではこの設備のおかげで水中のカバの
様子が見学できるようになっているのです。
後で出てくる調理場の担当の方のお話にあったのですが、
カバは逆子(頭が上で足が先に出てくる)で水中出産すると言われてるそうですが、
実際に見た人は居ないんだって(えっ!そうなの?)。
天王寺のカバ舎なら、その様子が見られるかも知れない。そうしたら大発見になる!そうです。
順調に行けば、ティーナの出産が5月頃にあるかもってお話です。
天王寺ならではの動物園の楽しみ方ですね。

カバ舎
これはカバ舎の蛍光灯。撒きフンが天井まで飛び散るので覆ってあるそうです。
カバ舎
カバの寝室。外と直で繋がってるわけじゃなくて、通路を通って通勤してるんですね :Dm

お次はキリン舎、
ケニア
見学者の姿を察知したケニアが、エサくれ~っと寄ってきます。

キリン舎
本邦初公開!? えーっと、名称忘れた!
「キリンを左右から優しく押さえつける装置」です。
いつも通る通路に設置してあり、健康管理に使うためのものだそうですが、
まだ一度も使ったことがないとか。
キリン舎
ハルミの晩御飯。全部で17kg・・・だったかな? ケニアの分は25kg・・・だったかな
キリン舎
エサはエレベーター式でキリンの食べやすい位置に運ばれます。
キリン舎
中身はこんな感じ(ケニアくん用)
キリン舎
ケニアの寝室から屋内展示場を覗いたところ
ケニア&ハルミ
キリン的にはこんな感じ :Dm

調理場の紹介
ここの担当の方は昔から居られる方で、あと1年ほどで退職されるのだとか。
色んな動物を担当されてきて(天王寺はお役所的 :(m に配置換えがあるのです)、
動物に対する愛情たっぷりのトークが・・・・・、いや、通販番組の商品紹介みたいで
面白すぎるんじゃー :Dm
えっと、ドジョウ(天王寺ではツル・コウノトリのエサ・・・だっけ?)の養殖に成功したら
大金持ちになれるんだそうですよー。
調理場
フードスライサー。これは機械が導入されてるわけですが・・・
調理場
エサを攪拌する作業は、動物園開園以来ずっと人の手で行っているそうです。
動物たちが口にするものは人の手で作る、というポリシーでしょうか。
動物園では(野生だと土やらから摂取する)ミネラルが不足するので、ここで混ぜます。
並塩と荒塩をどう使い分けるのかは聞きそびれました。

あと、動物病院の見学がありましたが、いい写真がないので、パスっというか。
実際のガイドでは、ここに書ききれないくらいいっぱい貴重なお話を聞くことができます。
興味を持たれた方は、是非、サポーターになってくださいね。
(イベントは抽選なので確実に参加できるとは限りませんが)