和歌山かもしか牧場~ムサシに会いに

カモシカ追っかけ隊、行ってまいりました。
和歌山県百間山(ひゃっけんざん)渓谷かもしか牧場。
ムサシ
表題が「ムサシ~」になっているわけですが・・・、まず残念なお知らせがあります。
御在所日本カモシカセンターで人気者だったニホンカモシカのチビタン、亡くなっておりました。
かもしか牧場へ到着し、出迎えてくれた職員さんのお話によると、御在所から転居した二頭、チビタン(♂)とコマキ(♀)、そして元から和歌山に居たハル(♀)が相次いで死亡したとのことでした。
現在、ここに居るのは、御在所からの転居組であるムサシ(♂)、一頭のみとなってしまいました。
(帰って調べると、ニュースが検索に上がるようになってましたので、詳細を日本カモシカセンターに追記しました)
チビタンはすごく人懐こい子で、指を差し出すと眼下腺でマーキングしてくれるんです。今日はいっぱいチビタンと、何度も手を拭きながら遊ぼうと、ハンカチを多めに持っていったのですが・・・ :(m
自分はどちらかというと割り切って考える方なんですが、帰りの電車で、チビタンの話題を改めてまとめようかと、「チビタンはよく動くので写真撮り辛かったなー」、「まだ公開していない写真残ってるかなー」、「ビデオカメラ回した日はゴーラルとヒマラヤタールばっかり撮ってたけど、チビタンは映ってたかなー」、などと考えてるうちに、涙が出てました。

さて、気を取り直して、ムサシくん(♂)
閉園となった御在所日本カモシカセンターのカモシカたちの消息追っかけレポートです。
ムサシ
ずーっと見つめてるのに、カメラを向けるとスッと顔を反らすムサシ

被毛はフサフサ、溜めフンも形・色艶良く :Dm 健康そうです。
一頭になってしまったけど、元気な姿を見せてくれました。
御在所に居たときと変わらず、ちょっと警戒心が強そうだけど、おっとりマイペースな雰囲気。この性格が幸いして、転居もストレスにならなかったのでしょうか。太く長く生きて欲しいものです。
ここ、かもしか牧場の放飼場は、斜面を利用してあって、カモシカの運動能力を存分に発揮できるようになっています。ムサシは・・・やっぱり動きがおっとりしてるのですが :Dm

帰り際に・・・挨拶してくれた?
ムサシ
いつもジーッと見てるだけのムサシくんですが、この日、帰ろうとして最後に見上げると、何度か鼻を突き出すようにして挨拶してくれました(ウシ科が相手に関心を持ってるときの動きです)。
動物に心が伝わった! とか、そういうのは信じていないクチで、「人間と同じところがあって、人間と違うところもある」のが動物の魅力であると思っているのですが・・・ちょっと嬉しくなった瞬間でした。

御在所では少なからず人の視線を感じていた生活、それを思い出させてあげることでムサシを元気付けられるんじゃないかと思います。今はムサシ一頭だけですが、周辺の渓谷はハイキングコースとして楽しめますので、皆さんも会いに行ってあげてください。
(近いうちに、交通機関案内などをまとめてみます)

動物園の「かわいい案内板」シリーズ

動物園で写真を撮るついでに、案内板もよく撮ります。後で動物の名前などを確認するためでもあるのだけれど、中にはけっこう可愛いイラストなんかも入っていて、思わずカメラを向けたくなるようなものがあります。

てなわけで、お気に入り案内板特集 :Dm

【動物紹介編】
1)guide04.jpg 2)guide12.jpg 3)guide07.jpg

  1. 完成度高し。ここは動物といっぱい遊べるところです(主に餌あげだけど :xm
  2. 実物そっくりなんです :Dm イチが居なくなって外されてしまいました。
  3. 餌まだ?(笑)

【マスコット?編】
4)guide01.jpg 5)guide02.jpg 6)guide03.jpg

  1. これは有名どころ
  2. 動物たちの居る裏側に行かないと見られない位置に、何故・・・
  3. ここまで気合の入ったものをっ :Dm

【ご注意 編】
7)guide05.jpg 8)guide06.jpg 9)guide10.jpg

  1. 動物の写真を撮るのにフラッシュは要らないのです。
  2. 機械音痴な人も、自分のカメラでフラッシュを焚かない撮影方法だけは調べておきましょう。
  3. これもイチが居なくなって外されてしまった :(m

10)guide08.jpg 11)guide09.jpg 12)guide11.jpg

  1. ヤギやヒツジに紙を食べさせてはいけません。今の紙には消化できないものが混ざってるんです。
  2. 同じ案内板に何故・・・同じ人が描いたと思われる絵・・・ :xm
  3. 古いバージョンです

13)guide13.jpg 14)guide14.jpg 15)guide15.jpg

  1. 絶妙なリアリティ(笑)
  2. 動物園でヤギにタックルされたことないんだけど・・・小さい子はド突かれやすいので注意。
  3. 確かに、あるあるあるある :Dm

動物系サイトで似たような案内板紹介をやっているところがあればトラックバックしようかと思って始めてみたのですが・・・意外とやってないものですね。撮影のついでに撮った案内板の画像をHDDに眠らせている人、多いかと思います。一度、ご披露してみては?

今回の画像、それぞれどこの動物園のものか、当ててみてください。
(ヒント:動物園は全部で6園です) 正解しても何も出ませんが :Dm

王子のヤギが旬です

王子動物園の「すすむ」♂(右)、「きょうこ」♀(左)
oji18.jpg
足元がちょっと危なげ

以前から紹介している二頭。
仔ヤギは食べるのが仕事 :Dm 餌まっしぐらでなかなかコミュニケーションを取ることができません。が、ふれあい広場の雰囲気にも慣れ、警戒心が薄まってきた彼ら、もう、
触れるようになってます
餌に気を取られてる間、人間が一方的に触るだけなんですが。
このくらいの仔ヤギは毛並みはなめらか、お肉 :Dm はやわらかで触り心地ばつぐんです。
品種にもよるけど、大きくなるとこれが悲しいくらい毛並みゴワゴワ、お肉ゴツゴツになっちゃうんですよね :(m
今のうち、ですよ。

人間好きのヤギになるためには、どんどん触ってあげることが必要です。
そのうち、撫でられることが好きになって、餌を持ってなくても寄ってくるようになりますよ。

王子動物園といえば、資料館での展示「干支展「イノシシ」~写真で見る六甲山系のイノシシ~」が今月、2月27日(火)までです。見に行かないと。

名古屋東山動物園のハイル

ただいま穴掘り真っ最中、東山動物園のシンリンオオカミ、ハイルです。
春には母親に・・・なれるかな?

おすまし顔で歩いてますが・・・
ハイル
穴掘りに熱中しているときの乱れた姿はちょっと見せらんない。

【DATA】
種:シンリンオオカミ
名前:ハイル (Heil)
性別:Female(♀)
年齢:9歳 (2006/10/23時点)

  • 「活発な性格で愛想がいい」 (看板より)
  • 現在は落ち着いた雰囲気を醸し出している 
  • 実は姉御肌 

【見分け方】
姉妹であるハイランとは同じ黒毛のシンリンオオカミで、若い頃はそっくりでした。ハイルは左目の上に白いスポットがあるのが特徴。肉眼では結構判別がつきますが、顔を向けてくれないときや写真で見るときなどは毛並みで判別。スムースで光沢があるのがハイル。生え変わりの毛が残ったようにモコモコしているのがハイランです(季節が変われば、これでは判別つかないかも)。

【ハイルとの遊び方】
左側の金網のある獣舎前のスペースに入ったときに一応、コンタクトを取ることができます。ただ、ジャックほど反応はよくなく、少し興味を示す程度です。

骨、探索中
ハイル
ジャックの遊びに渋々付き合ってあげてるところ。
1月末頃にジャックの愛を受け入れた :Dm はずなのですが、ハイルは巣穴の準備には一生懸命になるものの、浮かれまくりのジャックの行動が少し疎ましい様子。 
オオカミとしては高齢。飼育員さんの言葉を借りれば「シニア世代」。若いジャックとペースがなかなか合わないのかも。ハイランとは昔っから仲良しで、あまり上下を付けたくないようです。

写真写りの悪いタイプでなかなか可愛く撮れない :(m
ハイル

名古屋東山動物園のジャック

東山動物園のシンリンオオカミ舎では、恋のシーズンを迎えてちょっとした波乱があったようです。その様子はまた後日まとめるとして・・・、物語の主役? ジャックくんの紹介。

ほねっこ食べて~♪jack01.jpg
↑美味しそうなところをアピールしてハイル(♀)の気を惹こうとしている。 

【DATA】
種:シンリンオオカミ
名前:ジャック (Jack)
性別:Male(♂)
誕生日:2005年4月25日
出身地:富山ファミリーパーク

  • 実はカナヅチである
  • 実はドジである
  • 気持ちだけ空回りして報われないタイプ

【見分け方】
標準的なシンリンオオカミのカラーをしているのはジャックだけなので、すぐに分かります。顔にマスク(色が分かれている。ハスキー犬のような模様)があります。

【ジャックとの遊び方】
左側の金網のある獣舎前のスペースに入ったときにコンタクトを取ることができます。声をかけたり手を振ったりするとちょっと関心を持ってくれる。走ると一緒について走る子です。

jack02.jpg
遠吠えを始めるときに、何故か口をガバッと大きく開いてしまうジャック。
直そうと努力はしているみたい :Dm
遠吠えは・・・あまり上手じゃないジャックくん。だってみんな一緒に吠えてくれないんだもんね。(ああ、でも前よりはマシになってた)

東山のオオカミ放飼場は、段々畑のような斜面になっているため、オオカミたちのポジション取りによる駆け引きが垣間見えます。
ジャックは一番上の段を右へ左へ行ったり来たり。すっかり、群れの全体を見渡すアルファ(オオカミの群れのリーダー)気取り。というのも、この1月末頃に、ハイル(♀)との交尾が確認された(警備員さん談)そうで、順調に行けば4月の頭には若パパになる・・・かもしれないんです。
でも、年齢的にはまだ2歳未満、人間でいうと高校生くらい?(オオカミは3歳で成年。犬よりちょっと成長が遅いと考えて下さい)
落ち着きがなく、態度も中途半端なので信頼がない :xm
♀のアルファであるハイルは、気を惹こうと必死なジャックを相手にしていません :(m

この日(2007/2/12)、ジャックは左前足の動きがぎこちなかったのですが、飼育員さんに話を聞いたところ、「走り回って足をぶつけた」とのこと。ジャックはよくそういうことがあるそうで、心配はないようです :Dm

まだまだ成長中のジャック。体格ももっと大きくなりそうで楽しみです。

※ジャックくんに関する記事を書かれた方は、是非、トラックバックしてください :Dm