天王寺の裏側ッ!

てなわけで、7/6(日)に行われた、サポーター限定イベント「動物園裏側ガイド」に参加してまいりました。
この手の定員制イベントはあまり参加しないのですが(家族連れの方に機会を譲ってあげた方がいいし・・・でもサポーター限定となると、けっこう年配の単独の方が多いみたい?)、天王寺は色々やってくれそうだし、ちょこちょこ参加してみるかっと、期限ぎりぎりに申し込んでみました。実際は定員に達しなかったみたいですね。実は今回のイベントは、既に一般向けイベントとして土日なんかにやっているものの延長みたいなものだったようで、次回以降はサポーター向けならではのイベントを考えていきたい、という話もありました。せっかくなので、どんどん参加しましょう>サポーターの皆様。

さて、ガイドの対象動物は当日まで内緒、だったので、もしかしてワンコ舎公開なんてことになったら、一足早くフク(福子:コヨーテ)に会えるかな~なんて期待したのですが・・・、
選ばれたのは、「ゾウ」「キリン」「ライオン」「調理場・動物病院」の4つ。グループに分かれての見学でした。
私はゾウ舎のグループ。春子さんとラニー博子にご対面、です。

まずは寝室の見学から。といっても広くて、天井高くて、レンズに収まらないので撮ってないのですが :Dm
天王寺には4つ、ゾウの寝室があって、春子さんと博子が空き部屋を挟んで二つを使ってます。残り一つはオスが来たときに備えての特別頑丈な部屋です。予定は無いそうですが。

(2008/7/6) 天王寺動物園
春子さんの食事
定番のお食事内容から。
右のバケツはリンゴ。左のバケツはゾウ専用の飼料。飼育員さんは飼料の味見をするそうです。「私も食べてみていいですか」と言いそうになったけど、やめときました。
黄色いラインが引いてありますが、これは、「ゾウの鼻が届かない」ライン。道具類は絶対、これより内側には置かないようにするのです。でも、このライン、格子からめっちゃ遠いよ!

足跡
寝室から、運動場に出る通路に残った足跡です。ゾウは慎重な動物なので、必ず同じところに足を置くため、こうして足跡が残るそうです。

ラニー博子
見学者たちが気になって仕方がない、ラニー博子39歳(40歳って書かれてる場合も??)
60歳の春子さんと仲が悪いのは有名な話?
人の手で育てられた博子は、ゾウらしい考え方を学ぶことができず、わがままで強引な性格なんだそうですよ。 何かと春子さんと比べられて、「博子はなあ・・・」みたいに言われてますが、私は出来の悪い子?の方が好きだったり。
実際にはかなり危険なゾウということで、飼育員さん方の苦労が偲ばれます。

春子さん
こちらは春子さん。人間で言うと90歳近いおばあちゃんです。賢くて思いやりのある、リーダー格のゾウだそうです。飼育員さんが解説するときに、「このひと(=春子さん)は──」と言ってしまってるのが印象的でした。
普段は遠くで砂浴びしている姿しか見えないですが、こんなに近くで見られました。

こんな感じの楽しい一時間でした。
サポーターのイベントは今後もどんどん充実していきそうで楽しみです。
そして、実は、天王寺に新たに来園した二頭のコアラ(昨日から公開されてる・・・はず?)の愛称募集、はサポーター限定で行われるようですね(うーん、サポーター増員作戦なんでしょうか)。期限は7/31までなので、コアラに名前を付けたいぞって人は、この機会にサポーターに加盟されてはいかがですか? :Dm

さて、おまけの蓮くん劇場
成長してオトナっぽい顔つきになってきた、ブチハイエナの蓮くんですが・・・
愛&蓮
母、「愛」とゴロゴロしてます。やっぱりまだまだ小さい蓮くん(奥)

蓮くん
水場から、おもちゃの骨をゲットしてきました。

愛&蓮
そこへ、もう一つの骨を咥えた母ちゃんが・・・。
蓮:「えっ? 何、なに?」

愛
なんと、母ちゃん、骨を独り占めっ

蓮くん
水場をもう一度さらっても何も出てこない。蓮くん涙目でした :(m

天王寺から、号外

アヤコ姐さん、事件です。
アヤコ
(2008/7/6) 天王寺動物園

前回行ったときに見逃していたのか・・・、なんと、あのアインくんにっ!
アイン
ドールのアイン(♂)

どうぶつ&こうえんだより
念願のお嫁さんが来ているようです!!
アインが入園してすぐの頃にお嫁さん探しの報があったのですが、財政難の中、よくぞ連れて来てくれました、と言いたいところ(でも、どこから? :Dm )
アイン
同居が待ち遠しいね、アイン。でも、その座り方は直しておきなさい。

アインくんに対抗するのは、お隣の・・・
チュウゴクオオカミ
チュウゴクオオカミくん。アインの真似して高いところへ。でも、彼の夏毛は少し貧弱 :(m
彼がはしゃいでるワケは・・・・ ↓ ↓ ↓
チュウゴクオオカミ
チュウゴクオオカミくんにもお嫁さんが来ているのは、「なきごえ」でも報じられているとおり。
お尻がちらりと見えました。
コヨテ(コヨーテ)も、♂くんと福子のペアになって、ワンコ長屋はこれから楽しいことになりそう。

お次は、フリーペーパー「Together」に関して。
6/20に第二号が発行されましたが、創刊号を手に入れてないよって人も居るはず。
もう入手できないかと思ったら・・・・
ゴーゴくん前(というより、今は空っぽの円形獣舎前)の食堂の窓際にまだ積まれてます。
ここ、さりげなく「なきごえ」のバックナンバー置かれてたりして侮れないですよ。とか言って、今日初めて入りました :Dm

さて、アヤコ姐さん、もう一つ事件です。
これはちょっと悲しい報告。
バーバリシープ
バーバリシープ
記事にしてなかったけど、けっこう好きで写真も撮り溜めてるバーバリシープなんですが、今日は、近くを通れば、飼育員さんが何人かで監視していて異様な雰囲気。
この二頭、小競り合い?をしていて、手前の子を後ろの子が執拗に(ゆっくりですが)追い回してました。
そして、岩山の裏側へぐるっと回り込んだ直後・・・・手前の子が突き落とされたのです。
お腹に何箇所か、治りかけ?の傷のようなものがあり、これが初めてではなさそうでしたが、このときは打ち所が悪かったようです。骨折したようでもないのに、前足が立たなくなってしまい、(ヤジ馬にはよく分からなかったのですが、飼育員さん方は症状からある程度察知してたんでしょう)神経を損傷したらしいということで、運び出された後に、胃の内容物が逆流して、亡くなってしまいました。
野生のヒツジの闘争は自然界でもあることで、こうした出来事を動物園で見られることは貴重な体験にもなると思うのですが、 天王寺のバーバリシープはどんどん頭数を減らしてしまっているのが寂しいです。

今日の本来の目的は、サポーターイベントへの参加、でした。
こちらはまた後日、報告します。蓮くんの近況もね。
蓮くん

養殖の野豚について

(2010/5/28 追記)
先日、久し振りに芦屋の山(夜の山)を歩いてきました。
横池を始め、あちこちに「ハイカーを襲うイノシシに注意」の張り紙が出ています。
やはりこういうことになったか、と思います。
イノシシは本来、人との接触は極力避けようとする動物です(昼行性の特徴を持つ
目の構造でありながら、六甲以外では主に夜行性であるのは人間との棲み分けのためです)。
このように人を襲うようになったのは、『餌付けをした結果』に他なりません。
このイノシシは遅かれ早かれ、駆除の対象となるでしょう。
六甲でイノシシに餌を与えている人は、「自分がイノシシを殺した」という自覚を
持ってください。

(元記事に入っていた日付は消しました ※理由は考えてみてください)
—-
(以下、元記事)

記事にするか迷ったのですが・・・
六甲のイノシシです。

○/○~○の夜に、出産直後と思われる母イノシシに遭遇。

そのときの様子です。

これでとりあえず、今年の子が生まれてることは確認できました。
次はウリ坊の写真を・・・と、子連れが危険と言われる期間(出産後、なのか、子供を連れるようになってから、か分からないのですが、2週間ほどと言われてます)を避けて、そろそろかな・・・と出かけたのが○/○、しかし・・・
イノシシ
ウリ坊は飛び出してきたものの、一瞬で走り去り、お尻しか撮れませんでした :(m
で、親は子供をどこかに隠して戻ってくるんです。
こりゃあ、人の多い土日は子供を見せてくれないなぁ・・・と思い、平日に有給取ってリベンジです。

※以下の写真は、餌付けされたイノシシを撮ったものです(大量の餌が撒かれています)
(2008/○/○) 芦屋 高座谷
イノシシ
前回の記事で、臨月、と紹介したお姐さん・・・、実は、ただの肥満だったのです :(m
もう! 紛らわしいなぁ~。しかし、時期的には他の個体の臨月期に合ってたようです。
朝早くから現場で張っていたら出てきたこの子と一時間ほど、付かず離れずまったりしました。

高座谷第二堰堤は、堰堤を中心とした円状にイノシシの通路があります。
複数のイノシシたちがこの通路をうろつきながら、堰堤の様子を窺っているみたいですね。
以前の記事で、「人間はとても歩けない」斜面と表現しましたが、実は、20~30センチほどの水平な足場がケモノ道になっており、歩こうと思えば歩けないわけではなかったのです。しかし、背の低いイノシシには邪魔にならないけど人間は引っかかる木の枝があったり、毛虫やイタチ類の糞がゴロゴロしていて、断念しました(←歩こうとしたんかい!)

さて、餌を持った人間が来ると同時に、ウリ坊たちも登場。
イノシシ

イノシシ
母親とツーショット

イノシシ

イノシシ

イノシシ

イノシシ

イノシシ

イノシシ

イノシシ

イノシシ

二頭の子連れイノシシの親子に、いつの間にか、ぜんぜん関係のない小さな子が混ざってました。イノシシって、けっこう小さいうちから一人で歩き回ってるんですね(以前も夜間登山で一頭だけで散歩してるウリ坊に会ったし)。
イノシシ
混ざってることがバレてど突かれる子(右)

イノシシ
どーん! ほとんどイジメ

イノシシ
フライングアタック!

イノシシ
調子に乗っていじめてた子も、実の親にカチ上げられてました。
餌場では親子もライバルなのです。

—-
今回の記事(と以前の記事のいくつか)は、「自然」のカテゴリーから外しました。
六甲のイノシシは人を恐れず、昼間に行動するという異例な特徴を持っていますが、その理由として「以前に、研究のため餌付けされていたから」とする説があります。
違います。
現在も、盛大に餌付けされている」からです。
第二堰堤はまさに養豚場。この日に限らず、訪れる人が次々とイノシシに餌を与える現状を目の当たりにしました。
写真をどう撮るのか、は私の内面の問題なので、とやかく他人に言うつもりはないですし、餌付けを罪悪と切り捨てることもしません(したいです)が、
イノシシが好きならば、最大限譲ったとして、
餌を与えるなら、人間が与えていることをイノシシが気付かない方法で
してあげてください。
人の手から餌がもらえることを知ったイノシシは、人間と軋轢を起こします。
餌場(=第二堰堤)の様子を見ているとすぐ分かるように、イノシシは強い個体数頭が占領します。ウリ坊の頃から餌付けされた個体の多くははじき出されて、市街地に下りてきます。 駆除も行われています。 餌付けがイノシシを殺していることを知って下さい。

以下、個人的な話。
—-
さて、六甲のイノシシの写真はもう撮らないと思います。
こんな記事書いちゃあ、あそこに行きづらいなぁ、ということもあります(皆、親切にしてくれて、いい人ばかりなんですけどね)が、今回のものも含め、 「餌付けして撮った写真」でしかないのです。自分が餌を撒いてなくても、こうして撮ったものを公開しちゃってるのは同罪であるわけですが、自戒を込めて、どういう撮影だったのかは明記しておきます。
過程は写真には表れませんから、「撮るために何やってもいいだろう」という人間が居てもおかしくないし、 商用に撮っているものが形振り構わずの世界なのは当然でしょう。 ただ、私は動物が好きなので、彼らを傷付ける方法で写真を撮りたくありません。

ワタシはだあれ?(追記)

こう
いう
経緯で(※コメント参照) :(m 、情報が錯綜してしまいました、名古屋東山動物園のホッキョクグマ(♀)
ホッキョクグマ
貴方はミリーなの? オーロラなの? → ミリーでした(7/5)

あちこち何度も訂正するのは大変なので、園内に名前プレートが出来るまでは記事はそのままとさせて頂きます。悪しからずご了承ください。

動物たちの愛称を知ることって、動物園に足を運ぶモチベーションにもなるので、できる限り正確にお伝えしたいんですよね。

(動物園では人気が出てから初めて愛称を決めたり・・・とかいう話もあるので困りもの。亡くなったハイルも何故かハイランと一緒に年を取ってるしなぁ・・・・。
あ、そういえば、誕生日も公開されてると嬉しいですよね>動物園関係者の皆様)

(2008/7/5 追記)
機関紙「ひがしやま」の最新号(5号)が届き、ようやく事実が明らかになりそうです。
・「ひがしやま 1号」でサスカッチとオーロラの同居が紹介されて以来、公式な情報で♀が入れ替わったというものはない
・2007/3/24のワンポイントガイドで♀はオーロラと紹介されていた
・uniさんが、2008/3/23に、飼育員さんに確認したところ、「外に出ているのがサスカッチとミリー、一頭でいるのがオーロラ」と教わった
・伽狼が2008/4/12に、動物会館で「二頭で出ているときはサスカッチ(♂)とオーロラ(♀)」と聞いた
以上の経緯から、どちらかというとオーロラ説を信じていた(自分の足で得た情報は疑いにくいですからねえ)のですが・・・・・・
動物会館の職員さんが間違っていた! :(m
というのが結論のようです。(まだ、ひがしやま5号の写真が入れ替わってる可能性もありますが、これでひとまず確定とします)

ひがしやま5号の記事では、サスカッチとオーロラが半年振りの同居、となっています。(ミリーとの繁殖がうまくいかなかった、とのこと)
情報を整理すると・・・
~ 2007/11 or 12 まで ・・・ サスカッチ&オーロラ (別居)ミリー
2007/11 or 12 ~ 2008/5 or 6 ・・・ サスカッチ&ミリー (別居)オーロラ
2008/5 or 6 ~ 現在 ・・・ サスカッチ&オーロラ (別居)ミリー
となっているようです。
今のオーロラは長い独房生活で :xm 毛が擦れて黒くなってるので見間違えないと思います。

オーロラ
オーロラ姐さん (2007/3/24)

曇りの日

久し振りの動物園。
王子動物園のサポーター登録更新に行ってきました。
今回の「応援する動物」はシンリンオオカミとシタツンガ(2口)。去年まではオオカミと「ふれあい広場の動物」だったけど、あいつら応援しなくても元気いっぱいだろうし :Dm

(2008/6/28) 王子動物園
クイーン
シンリンオオカミのクイーン(♀)
久し振りに会ったので、熱烈歓迎していただきました。まだまだ元気。

シタツンガ
シタツンガ(♀) 姫路から来た方の子。
北園獣舎にもすっかり慣れたよう。♂の子はやはり、居なくなってしまったようです。

さて、園内ぐるーっと回りますと(いや、ホントはクイーンまっしぐらコース途中なので真っ先に気付きましたが)、シロフクロウの雛が誕生していました。

シロフクロウ
シロフクロウの雛

三羽、生まれてますが、全員、大きさがバラバラなのです。親孝行のため?か、時間差で生まれるんでしょうか。上の子は一番小さい、三男(女)。

シロフクロウ
長男(女)と三男(女)と母親。
長男(女)の下に潜り込もうとする三男(女)を見かねて・・・。

シロフクロウ
三男(女)と母親
「よいしょっと」

シロフクロウ
三男(女)と母親
羽の下に隠してしまいました。

シロフクロウ
こちらは次男(女) ※右

シロフクロウ
次男(女)、おねだり

シロフクロウ
次男(女) もうけっこう独りで歩き回ってます。

鳥は成長が早いので、可愛い姿を見たい方はお早めに :Dm

レッサーパンダ
おまけのタロウくん
手持ちライブビューという無茶で顔にジャスピンしてみました :Dm

さて、通勤経路でGETできなくなった :(m フリーペーパー「Together」を入手するのと、動物たちの動向を探りに天王寺にも行ってきました。
コヨーテのフク(福子)とチュウゴクオオカミの♀はまだ出てないようです。
仕方なく、アインくんに傘踊り(小雨降ってたので)と壁ジャンプ(おおっ、私の指示で跳んだ・・・ぞ・・・?)を披露していただき、帰りました。
ところで、園内でしかGETできないと思われる、ゴーゴくんグッズの案内ペーパー(※グッズそのものではありません)がなかなかいい出来なので、ゴーゴファンは是非手に入れてください。