王子、更新中

クイーンにお別れをして以来、行ってなかった王子動物園。
サポーターの更新の時期が来たので久々の訪問です。 

クイーン
(これは去年の写真です)
王子のサポーター制度はサポートする動物を選べるので、今後オオカミの飼育の予定が
あれば・・・と思ったのですが、
オオカミファンにはちょっと残念なお報せ。
王子では、今のところ、新しいオオカミを飼育する計画はないそうです。
今の獣舎は、過去から改築をしてきたけど、やはり狭いので(※昔に比べると、
動物たちの住環境に対する認識も変わってきてます)かわいそうだし、
今後改築の計画があれば、そのときに検討します、といったお話を聞きました。
これで王子には犬科の動物が居なくなってしまったわけですが・・・。
あのスペースで暮らせる動物となると・・・、タヌキかなぁ。
(職員さんの口から「犬科・・・」って言葉がちらっと出たので、小型の犬科でも・・・
 という思惑があるのではないかという、勝手な想像です)

しばらく行ってない間に、王子も少しずつ様変わりしています。
オオカミ舎と並びの小獣舎がガラス張りになり、見やすくなりました。
そして、シタツンガ舎には・・・・・

(2009/7/27) 王子動物園
アラシ
シタツンガの「アラシ(♂)」くん (千葉時代は「ノブ」くん)
ジャ○ーズ系(?)の美男牛 :Dm

アラシ
怖がり、ということですが、だいぶ王子に慣れたようで、呼んだら近くまで来てくれましたよ
(でもまだ、他の子みたいに舐めるとこまでは来ません)
前に居た♂に比べると、首の周りのフッサり感が少ないのはまだ若いからでしょうか。

アスカ
こちらは若い方の♀、「アスカ」
足元を見てください。池を作ってもらってます。

サツキ
年配の「サツキ(♀)」 ちょっと前より毛艶が良くなってるようで、一安心。

アスカ
シタツンガは湿原に住む動物なので、水が好き。
池が手前に配置されてるので、お客さんの前によく出てくるようになったと思います
(水に足が浸かってるときは安心しているように見えます)。
けっこう動きが緩慢な動物です。環境を利用して敵から逃れるタイプの草食獣
だと思うので、手前に何本か植木でもあるともっとノビノビ暮らせるんじゃ
ないかなぁ(葉っぱ、食べちゃいますけどね)。

アラシ、サツキ、アスカ
何故か、奥のミニサイズの池に追いやられてるアラシくん :(m レディーファースト?

サツキ、アスカ
(左:サツキ、右:アスカ)

サツキ、アスカ
ペロペロ舐めて、頭をこすり付けるのはウシ科の挨拶。
以前からシタツンガに(特にアスカに)舐めてもらってるのですが、
塩分を求めてるわけではなくて :Dm しっかり「挨拶」されてたみたいです。
ほっぺを掻いてやると気持ちよさそうにして、手を止めると頭をすり付けてきます。
うーん、ヤギの挨拶と同じだ。
アフリカの奥地に住んでる野性動物が人間とコミュニケーションを取れるのは、
不思議で楽しいことです。

今回は去年に続き、シタツンガのサポーターになりました(オオカミはやめて一口だけ)。

ナギト
「ディオ」ちゃんの居なくなったシマウマ舎。「凪斗(なぎと ♂)」くんがのんびり過ごしてます。
王子に来てからけっこう経つんですが、ヨシズがかけられて慣らし中です。
ディオちゃんの事故の詳細はよく分からないまま(聞かないまま)なんですが、
この様子を見ると、お客さんの行動に驚いてどこかに激突したんじゃないかと思われます。
考えられるのは、まずカメラのフラッシュ、物を叩く音、騒ぎ声、そしてカメラのシャッター音の
可能性もあります。お客さんが立てる音には、動物園の動物は慣れてもらうしかないわけですが、
カメラは・・・防げるはずですよね。
フラッシュが平気と断言できる動物は、言葉を交わせる人間だけです。
私はフラッシュ浴びせられると不快ですけどね :Dm
動物は(特に狩られる立場の生き物は)とことん弱点を見せません。
平然としているように見えても、どう感じていることか・・・。
個体差もありますし、フラッシュに驚く動物が少なからず居る以上、
動物園ではフラッシュ不要、とするくらいでいいと思います。
シャッター音については、意識している人は少ないんじゃないかと思いますが、
一眼タイプのシャッター音は動物を驚かせます(特に高周波に対して人間より
敏感な動物が多いそうです)。動物が緊張しているサインは人間には分かりにくく、
見落としがちになりますが、近距離から撮影する場合は、
相手に撮影者の姿を認識させて、かつ、様子を見ながらストレスを感じさせないよう
配慮してあげましょう。

ナナコ
サブローが亡くなって一人ぼっちのシロサイ「ナナコ(♀)」の様子も見てきました。
ひとまず、歩き回っていて、元気そうでした。

おいしいバターの作り方

東山動物園のシンリンオオカミ大特集です。
・・・・・といっても、アオイばっかり :Dm  

(2009/7/20) 東山動物園
アオイ
シンリンオオカミの「アオイ(♀)」
怖がりですぐ寝室に引っ込んでいた子ですが、運動場に出てからは
けっこう奔放で遊び好きなことが発覚。

アオイ
よく動いてくれるので撮ってて楽しいアオイです。

アオイ

アオイ

アオイ
あぐあぐ

アオイ

アオイ
一日一回は誰かに「クマ~っ!」と叫ばれる彼女・・・

アオイ
走り回るの大好き

アオイ

さて、ここからは、おいしいバターの作り方です
アオイ&ソニア&ジャック
アオイ、ソニア(♀)、ジャック(♂)の三頭が追いかけっこで・・・・・

アオイ&ソニア&ジャック
ぐるぐる・・・

アオイ&ソニア&ジャック
ぐるぐるぐるっと回って、

アオイ&ソニア&ジャック
はい、バターッ!
お腹を見せてるのはアオイです。やはり一番気が小さいのか、服従ポーズを
とってしまうアオイ。
でも、追いかけっこなので、順位争いをしてるわけではありません。
ジャックも怒ってるわけではないです。

ここらで、追いかけっこ動画をひとつ

遊び相手ができたジャック、嬉しそうです。

アオイ&ハイラン
追いかけっこの勢いで、ハイラン(♀)に飛び付いてじゃれかかるアオイ。
アオイはちょっと礼節をわきまえないところがあるようです。
ハイランは若い子には寛大ですね。(ジャックには・・・ :(m )

アオイ
走り回って熱くなったら水浴びです

ジャック
ジャックもアオイとの追いかけっこではしゃぎまくり。
四歳なのでもうちょっと落ち着きが出てきてもいいはずなのに。

アオイ&ジャック
そして、ジャック、いまだに泳げないことが発覚。
アオイがジャブジャブと水に入っていくのを眺めるばかりで、足が着くとこまでしか
浸かれないジャック。

アオイ
アオイは泳ぐの上手です

ジャック
深いとこへ行けないのでバシャバシャして水を被ってるのがバレバレなジャック。
他の子はあがってからブルブルしますからねぇ。

ソニア
ソニアは運動場ではけっこうおとなしいので、あまりいい感じに撮れません。

ソニア
追いかけっこも、ジャックがアオイを追うのを後ろからついていくことが多く、
あまり自分から仕掛けません。

ハイラン
ハイランは動きが緩慢だけど、寝てばっかりの時間が減ったようです。

ソニア&ハイラン
ソニアとハイラン。
ソニアは年配のハイランをしっかり敬ってる様子で、挨拶行動もきちんとしてます。
体力的にはもう負けてるはずのハイランの威光がすごいのか・・・。

オオカミ以外もちょこっとだけ
ルビリン

時々撮ってるけど掲載したことのなかった、アムールトラの「ルビリン(♀)」さん
どうやら、富山の「アムラー(♀)」のお母さんらしいです。
・・・って言っても分かる人、限られてるな :Dm

サスカッチ
ホッキョクグマの「サスカッチ(♂)」
好き好き大好き、ガス管・・・・・

サスカッチ
「あたしのことはどうなの?」と、オーロラ(同居♀)にガッツリやられたと思しき
傷痕が頭部左側に・・・・!?

夏はやっぱり生○○○

18切符期間になったので、フラッと名古屋・・・・あれ? 何で私、寝坊してんの??
あれ? なんで新幹線に乗ってるの~?(帰りはしっかり18切符ですが)
行ってきました、東山動物園。

ボンゴのアビーにお別れをして、マツとユーリーの健康そうな姿にホッとして、
久し振りのオオカミ舎・・・・・・、おっ、アオイが挨拶(というか哨戒)に来てくれた。
思いっきり、匂いを嗅いでもらって・・・・、
おおっ! 運動場への扉が開いてるじゃないのっ!!

シンリンオオカミたち、同居が始まってました。 

(2009/7/20) 東山動物園
アオイ
シンリンオオカミの「アオイ(♀)」1歳
今まで、柵越しだったけど、ついに撮れたよ、生アオイ。
もーう、可愛い可愛いったらもう! (怖い顔っと思う人も居るかもしれないけど)

そして、生ソニアも
ソニア
「ソニア(♀)」 もう群れ生活に馴染んだ感じ。

ハイラン
「ハイラン(♀)」13歳
お腹が前よりぽっこりしてるのは老化の影響かもしれないけど、まだまだ現役、
スーパーおばあちゃん。
若い子たちとの同居でどういう立場になるか心配だったのですが、
寝そべってるだけなのに挨拶されまくりしっかりアルファの貫禄。

ジャック
ハイランとのペアを維持してる「ジャック(♂)」4歳 ですが、アオイとの追いかけっこが
嬉しくて仕方ない様子。走り回りすぎ体温上げすぎで池に浸かりまくり。
今回は近況報告ってことで全身像のみ。後日、色んなシーンを紹介しようと思います。

—-
さて、ビール販売アンケートですが、
「賛成/条件付き賛成/反対」の三択形式アンケートはやってませんでした。
うーん、報道で「1600人」対象とかいう情報もあったので、
組織票防止に無差別にアンケート取ってるのかもしれませんが、
動物会館にはアンケートとは別に、以下のような案内がありました。
案内

用紙はこんな感じのものです。
用紙
うーん、これは書くのに気合が要りますね。
とりあえず、18切符期間なので近いうちにまた行くつもりで用紙だけもらってきました。
マスコミの扱い方に反して、園内はビール販売に関してはひっそりした印象ですが、
ビール会社提供?の立て看板があるのを見ると、なんだか東山を足がかりに
需要を開拓しようという圧力を感じてゾッとします。
客の入りという指標だけに囚われると、動物園の公的な役割は破綻していきます。
「魅力の無い園は潰れていい」的なことをどっかの関係者は言ってるようですが、
違うでしょう?
現場へ行って、東山の真剣さを感じられたように思います。
何か意見のある人は是非、東山へ。あらかじめ文面考えて行かないと、書き辛いですよ。

四頭四様

久し振りに、天王寺のわんころたちに会いに行きました。
んもー、でっかくなりすぎ。子供たちの方が毛がモコモコしてる分、膨らんで見えて、
一瞬、親と区別がつかなくなって、あれっ? と思うことも・・・。
誕生してからずっと見守ってる彼らに対し、ちょっぴり里親気分。
四頭四様に幸せになっていってもらいたいものだけど。

(2009/7/19) 天王寺動物園
明明
チュウゴクオオカミの明明(みんみん ♀)

朝イチの独占タイムに、仔オオカミたちと遊んでもらいました。
動物園生まれの子は、ケージの外に興味を示す傾向が強くなります。
人の視線がストレスにならないのは良いことだと思いますし、
動物園の動物にとって「退屈」が一番の敵・・・というのはかの増井光子氏の受け売りですが・・・。
天王寺の仔オオカミたち、しっかりコミュニケーションとれるじゃないの!
頭を低くして顔を前に突き出してあげると、プレイバウ(犬が上半身を伏せてお尻を上げて
遊びに誘うポーズ)をしかけてきます。

楽楽
楽楽(らら ♀)

頭をちょいと動かしてあげるとじゃれついてくるのですが、ケージに阻まれて・・・ :(m
四頭全員、遊んでくれますが、前は一番人間の姿を怖がって後ずさりしていた
元元が一番多く付き合ってくれたのが嬉しかったり。

元元&萌萌
左:元元(げんげん ♂) 右:萌萌(もんもん ♀) 相変わらず仲のいい二頭。
大きくなって、個体の見分け方が変わってしまい、新しい一覧でも作ろうかと思ったら、
あれあれ? 現場ではだいたい区別が付いてるのに、写真を見ると悩んでしまうことも・・・。
というわけで、見分け方紹介はありませーん。

元元&明明
左:元元 右:明明 もけっこう仲良し

楽楽
楽楽(らら ♀)
力関係は色々と変化してます。まだこれからも上下変動するんでしょうが、
爆弾娘、楽楽が何故かおとなしくなってしまってて、寝転がってることが多くなり、

萌萌&元元&楽楽
(左から、萌萌、元元、楽楽)
明明がやられ役返上したこともあって、よく押さえつけられるようになってしまいました。

そして・・・・・、あろうことか
萌萌&明明&ユジン
(上(奥)から、萌萌、明明、ユジン)
母親、ユジンさんが子供たちに襲われまくり :(m
まだ遊ばせてる感じですが、すぐお腹を見せるので、子供たちは調子乗りすぎ。
本気でガツンと怒らないと、群れの統率が取れなくなっちゃうぞ~。

おまけ
明明
明明ダッシュ。動き速すぎ :(m やっぱこの子はユジンさん似

ユジン
ユジンさんの不思議っ毛。冬毛の一部が残っちゃってる感じ。
毛虫みたいです・・・・・。

—-
噂のニホンイヌワシ
ニホンイヌワシ
左:姫神(ひめがみ ♀) 右:朱鷺(とき ♂)
うーん、逆かと思った。姫神、かっこいい~~。

姫神
まだ奥の方で警戒してますが、こんな風に動き回る姿も。
今日の装備だとこれが限界。

ソウゲンワシ
二戸隣りのソウゲンワシのお茶目ポーズ。普段はカッコいいんです。

—-
ヌートリア
天王寺の隠れキャラ、ヌートリアに会えました。
こんなところに居たんか~~

—-
東山のビールの一件で、気になっていた天王寺の方針・・・。
とりあえず、天王寺で売られてるのは「ノンアルコールビール」のようです。
信じてたぜ、天王寺~っ!
動物園は娯楽施設じゃないです。

ウシ科の憂鬱

円山動物園「キナコ」のアニマルファミリーに登録しまして、
会員証も届き、キナコからイベントへの招待もあるとかで、
もうキナコに呼ばれたらいつでも行っちゃうよ~、北海道!!
な気分だったところに、今度は東山動物園から、情報誌「ひがしやま」が届いたのですが・・・

かなりご無沙汰している東山から、悲しいお報せがありました。

(2009/2/28) 東山動物園
アビー
個人的に東山の代表動物に推薦している、ボンゴの「アビー(♀)」が、
3/12に亡くなったとのことです。
2/28に会ったときには、上の写真のように毛艶も悪く、足元がフラフラだったのです。
草食獣がこれだけ弱った姿を見せるとかなり危険な状態であるので、
覚悟はしてましたが・・・。ほんの二週間後に旅立ってしまったんですね。
アビー
若い頃(2003/8/3)のアビー 美しい子でした。
アビーの冥福を祈ります。

(もう一つ、アビーの画像が見つかったので追加です)
アビー
一時期、隠れキャラ化してたので、あまり写真がありませんでした。

そして、こちらは伝え聞いていたのですが、
金沢動物園の「ガンコ(♀)」も、 3/6に亡くなっています。
ガンコ
(2007/12/22) 横浜市立金沢動物園
あんまりきちっと挨拶できてなかったね。ガンコも、安らかに・・・。

国内のボンゴは、東山のユーリー(♂)、マツ(♀)、そして富士サファリパークに居ると
思われる♂♀二頭、四頭になってしまいました。
ユーリーと仲が良いと言われていたアビーが亡くなり、マツは高齢、
富士の方は分からないけれど、ボンゴの血統を維持するのは難しくなりました。

ウシ科の動物は、あの狂牛病の一件以来、海外からの血統を導入することが
ほとんどできなくなっています。
家畜と、食用にされるわけでもなく牛骨粉を与えられているわけでもない
野生動物を一絡げにしてしまう、非科学的?な乱暴な措置に納得が行きませんが、
そういう現状なのです(インフルのマスク騒動といい、ウンザリ :xm )

っと、このウシ科輸入規制の話を聞いたのは、
同じウシ科のドールシープ「ラン丸(♂)」くんのスポットガイドのときでした。
ラン丸
11歳の国内歴代最高齢を樹立した、ラン丸。自分の角で角マクラ。

ドールシープは、国内ではラン丸一頭だけなのです。
なんとかしてあげたい、と訴えているけれど、上層部は関心がない、
と飼育員さんが嘆いていました。
東山だけでなく、金沢でも、アノアやガウルが現在居る個体のみで
血統が途絶えてしまうことを危惧する声を聞きます。

動物園って、多種多様な生き物が集まっているところに一つの価値があると
思うんですよね。
人気の動物を必死に囲ったり、集客のために赤ちゃんの一般公開を急いだり、
そんなことばかり意識してないで、マイナーな動物もしっかり繁殖させて、
注目を集めるように展示を工夫していってもらいたいものです。
自分たち人間とどこか遠い祖先で繋がっているのに、姿の違う動物たち。
ドールシープの角は寝るときに邪魔にならないの?
ボンゴの角はどうして♂と♀で形が違うの?
そんなことを考えながら、この世界が人間だけのものでないことを
感じ取ってもらえる、動物園はそういう場所であって欲しいのです。

—-
足が遠のいていた東山ですが、アビーにお別れをしたいこともありますが、
何が何でも、近いうちに行かねばならない。
園内ビール販売アンケート」に答えるためです。
馬鹿げた話です。
(U野が以前から認めてたってのにはがっかり。A山は「やっぱり」、という感じですが、
 天王寺はやってないよなー? 確かめるのが怖い)
日本人の気質を考えると、反対票は投じにくいし、「条件付賛成」か、
どっちでもいいから「賛成」といった流れになってなりそうだし、
アンケートに持ち込まれた時点で結果は見えてるような気がしてきます・・・。
でもねー、動物が好きだ~~っって人は、東山行ってアンケートに「反対」
書いてきて欲しいです。