キナコが呼んでる

きなこ
(2007/5/26 の使いまわし :xm )

このところ更新できてないし、しばらく日帰りじゃない旅行もしていないしー・・・・と
気が滅入っていたところですが!!

円山動物園のキナコからお誘いの手紙が~!! (※アニマルファミリー会員イベントです)
キナコに呼ばれたら行くしかないじゃないか!

キナコからの連絡が早かったおかげで、旅割ゲット!
15分でプラン作成から飛行機チケット手配まで完了したぜ。
よーし、旅勘も鈍ってないなーと思いながら、代替プラン検討で
○田~札幌間夜行バスを検索してた・・・・・・・高速バス通ってるわけないやん!

ってわけで、久々の車中泊二日旅行。
その前に徳島にも行きたいな。

東山から、号外

青春18切符期間なので、東山が近くなって助かるな~、
というわけで、8月7(金)8(土)9(日)14(金)15(土)16(日)に開催される、
ナイトZoo初日にアタックしてきました・・・・のですが・・・・

(2009/8/7) 東山動物園
アオイ&ソニア
左:アオイ(♀)、右:ソニア(♀)
オオカミファンには、ちょっと残念なお報せ。
シンリンオオカミのナイトZoo展示は、期間中通して、「ありません」とのことです。
うーん、紙のパンフレットには「オオカミ」の記載があるのですが・・・・・。
(予行演習で、またソニアが寝室に入るのを嫌がったんじゃないか? ←憶測ですが。)

気を取り直して、カワウソとか撮りまくった(普段でも撮れるじゃないかー、と思うけど、
今日は、エ・サ が入ってたのです)ので、また後日、紹介します。
7時を過ぎてようやく暗くなった東山、でも、そのころには多くの動物たちが段取りよく :Dm
しまわれてしまってました。
パンフを見て、アニマルトークを中心に楽しむのがいいかも知れません。
あと、普段動いてないアクシスジカやインドサイが、夜はよく動いてます。

オーロラ
ホッキョクグマの「オーロラ(♀)」
ホッキョクグマファンには嬉し・・・いのか、ちょっと微妙なお報せ。
現在、東山では♂のサスカッチと♀のオーロラをペアリングしてますが、
この秋から、オーロラとミリーがまた交代するそうです。
ってことで、生ミリーに会いたい方は、秋を楽しみにしましょう。

飼い犬の幸せ(映画「ボルト」)

字幕版に引き続き、3D吹き替え版を観てきてしまいました、ボルト。
(悪いクセで、ハマっちゃうと抑えが効かなくなる・・・)
ボルト

記事本文は・・・、
すいません、こちら → 「雑記」 へどうぞ。
ちょっとネタばれ要素がありますので、ご注意。

このサイトは映画レビューサイトじゃなくて、動物サイトです。
検索で来られた方、せっかくですので、ナマ動物も堪能していって
くださいませ :Dm

仔オオカミ一覧

そろそろ、生後四ヶ月を迎える、天王寺動物園のチュウゴクオオカミの子供たち。
画質はいまいちなんですが、無理やり作ってみました、判別表。

天王寺動物園 チュウゴクオオカミ
元元、萌萌、明明、楽楽
「元元(げんげん ♂)」「萌萌(もんもん ♀)」「明明(みんみん ♀)」「楽楽(らら ♀)」
正面顔です。元元のピントが合ってないのと萌萌が真正面じゃないのが
ちょっと失敗ですが・・・(あと、萌萌だけ7/19で、残りは8/1撮影です)。

仔オオカミたちは生後四ヶ月を過ぎています。まだ、親であるチュンサン、
ユジンさんとも、好き勝手にさせてますが、この先、少しずつ上下関係が
付けられていくことになると思います。
子供たちに押し倒されてお腹を見せてたユジンさんが、一対一だと、
押さえ返したりするようになってます。
でも、集団でじゃれつかれると・・・・・。

ってことで、動画をご覧ください。

前半1/3で、チュンサンは子供たちに押し負けてませんが、
後半は、ユジンさんが揉みくちゃに・・・。
でも、全員、尻尾ブンブン振ってて(←映像には映ってませんが)
まだまだ遊びの一環です。

今、チュウゴクオオカミの見頃タイムは、開園後一時間くらい。
親は寝てたりしますが(開園前にひと騒ぎした後なのかも)、
子供たちは電池切れるまで走りまくりです。
そのうち、親が子供たちを率いてつかの間の大騒ぎをするのが、
上の動画のシーンです。
この時間、お客がほとんど居ないのでもったいないよー。
どんどんオオカミ舎前に来てください。
観察が楽しくなるので、個体識別にも挑戦してみてください。

公開記念スーパー○○○

そろそろ、大きくなってきた仔オオカミたちの顔判別一覧でも作ろうかと思って
出かけた天王寺、ですが・・・。
ゴーゴくんへの氷柱プレゼントの放送がかかったのでフラフラと
ホッキョクグマ舎へ。ちょっと不本意な成果となってしまいました :(m  

(2009/8/1) 天王寺動物園
元元
「元元(げんげん ♂)」
もう少し彼っぽい写真が撮れたらよかったんだけど・・・。
顔の毛並みが少し黒っぽくて、掘りが深い感じの顔です。

萌萌
「萌萌(もんもん ♀)」
眉毛が目立つ子。幼い頃はもっとはっきりしてたけど・・・。
鼻に丸いハゲ(怪我?)を作ってたけど、薄くなってきました。
一頭だけ毛皮がモコモコしているので、走り回ってても見分けられたりします。

明明
「明明(みんみん ♀)」
少しタレ目ぎみ? 目の色が薄いのか瞳孔がはっきりしてます。
近頃は、ユジンさんを押し倒すのを趣味にしてる・・・末恐ろしい子!

楽楽
「楽楽(らら ♀)」
目がコロンとした子、ですが、ちょっと元元と見分けにくいかも。
けっこう落ち着きが無い子で、皆が寝ててもフラフラ。

萌萌
睡眠タイムの位置ではっきり分かるのが、萌萌。
一番右のガラスの裏、お客さんのまん前で寝るのが好き。
奥の砂場の右端は、明明の定位置でしたが、楽楽、元元が先に入ってることも。
集まってたかと思うと、フラフラと独りで離れて寝てしまうのが楽楽です。

ユジン
ユジンさんは子育ての疲れが取れたか、ヤツレがなくなりました。
おかげで子供たちに揉まれてると、一瞬見失うことも。

チュンサン
チュンサンは一目で分かります。オトナの♂は目の間が広いみたい。
ただ、元元は成長してもこんな感じにならないかもしれません
(同胎の別の子のホルモンの影響を受けるそうで、今回は♀の方が多いから・・・)。

明明&ユジン
左:明明、右:ユジン
体の大きさはかなりオトナに近付いた仔オオカミズですが、
こうして並んでると、頭の大きさ(幅)がまだ小さいことがわかります。
耳はあまり変わらないですね。

—-
さて、氷柱プレゼントは長いこと見てなかったので、放送に釣られて、
ゴーゴの様子を見に行きました。

ゴーゴ
しばらく氷柱を無視してうろつくゴーゴ。
氷の中のリンゴがふやけてあまり美味しくないことを知ってしまったからとか。

ゴーゴ
氷柱を突き落とすために立ち上が・・・・・いや、座り上がったところ :Dm

ゴーゴ
TVを見るときは部屋を明るくして離れて見ましょう。

ゴーゴ
今日の氷は、映画「クヌート」公開記念に、カドカワさんから贈られた特製、だそうで。
職人さんが、いつものより溶けにくいように作ったものだとか。

ゴーゴ
宅配ピザお待ち~ぃ、といった感じ

ゴーゴ
担ぐんかいっ! そして、投げるんかいっっ!

ゴーゴ
やっとリンゴゲット。うまうまゴーゴ。

さて、公開記念ということなので、
動物園は切り上げて、行ってきましたよ、映画館・・・・・・・・

 ↓
 ↓
 ↓

ボルト

・・・・・・・・・・
クヌートとちゃうんかいっ!!!

私、めちゃくちゃ犬好きなんで・・・。
近頃、「オオカミのひと」と言われがちですが、ホントは犬(イエイヌ)の方が好きなんです。
で、ボルトですよ。
飼い主ペニーを守るためなら何でもしちゃう、ホワイトシェパードの彼、
ビジュアル的にも、もーう、可愛くてたまらんっ!
公開初日字幕版の初回で観るしかないっ!
実際に観てみると、映像はすごかったです。犬的に。
くるくる回って寝そべるとことかもうイヌイヌしてて、最初の方のシーンで、
ペニーが首元の毛皮をクシュクシュするとことか、犬好きにはたまらんです。
ハトが歩き回ると羽毛がちらちらと舞い散るところとか壮絶なリアリティがあります。ハト的に。
さて、ボルト目当てで見に行ったわけですが、猫のミトンズがねー、
これがまた可愛ーいの。広報イラストだと、ちょっと嫌味な感じのキャラに思えるのですが、
ボルトにめちゃくちゃ振り回されて迷惑被る役回りなのに、鬱々したものを溜め込まない。
声優のスージー・エスマンの声の印象もあるのでしょうが、母性本能を感じさせる
キャラクターです。吹き替え版はどうなるかなぁ、3Dで観に行かなきゃ!
ミトンズは満腹お腹ぽっこりシーンが特に可愛いです。
動物好きにはオススメの映画です。是非ご覧ください。
ところで、ペニーとボルトが敵を尾行するシーンで、ボルトが読んでる「DOG FANCY」
という雑誌は実在するようです。