ナナ、安らかに・・・

馴染みの子以外の訃報記事は──、なんて言ってるそばから、馴染みの子が
亡くなったという報せ・・・。
富山市ファミリーパークのシンリンオオカミ、ナナが、2/19朝、糖尿病による多臓器不全で
亡くなったそうです。
天気予報と出勤予定を睨みつつ、計画していた富山訪問ですが、実現せぬうちに
もうナナに会えなくなってしまいました。
富山へは何度か足を運んで、公開してない写真やエピソードなどもあるんですが、
しばらく放置しちゃうと、またその子の元気な姿を確認しに行かないと
記事が書けなくなっちゃう。ナナもそう。元気なうちに書いておけばよかった。
バカでごめんね、ナナ。

(2008/2/2 撮影のもの)
ナナ
シンリンオオカミらしい姿の子でした。

2009/3/20に訪問したときの動画を編集しました。

ご覧になってください。

ナナ&サスケ
(2008/2/2 )同居のサスケとは常にラブラブ。
というか、朝一番に会いに行くと、尻尾ブンブンでサスケと一緒に
出迎えてくれて、その後、見せつけるかのようにいちゃいちゃするんですよね、
この二頭。(それから、ナナさんは奥に引っ込んでまったりする)
富山のオオカミは、お客さんによって、挨拶してくれたり、してくれなかったり
します。こちらがコミュニケーションを取ろうとしているか、を感じ取って
いるんじゃないかと思うんですけどね。
このいちゃいちゃは、絶対、こっちの視線を意識してやってます :Dm

(2009/3/20 撮影のもの)
サスケ
こちらはサスケ。尻尾ブンブンで愛想がいいのだけど、近寄るとウーッと
うなるのは、自分が一番強いと思っているからなのだそうです。
でも、ナナには頭があがらなかったサスケ。

ナナ&サスケ
2009/3/20のごっくんタイムのときの写真。
この冬に入ったくらいで、これまでずっとナナ優勢だった食事タイムの
順位が逆転して、サスケが馬肉を独り占めするようになったとのこと。
(でも、その分、夕食減らされるんだよ!)
普段はそれでもナナ優位だったようですが、体力の衰えが始まっていた
のでしょう。

ナナ&サスケ
怒ってみせるけど、最後はサスケに押し切られてしまう馬肉タイム

案内板
2000年4月27日生まれ、とされていますが、飼育員さんの話では、
本当はもっと年をとっているんじゃないか、ということでした。
富山は、色んな動物の誕生日が公開されているので嬉しいのですが、
いくつかは、「推定」ということになるようです。
しかし、オオカミが糖尿病ってなんだか不思議ですね。

さて、ナナは2005年に出産した後は、オオカミを飼育しようという動物園が
少なく引き取り先が無くなるため、薬による繁殖制限をかけられ、
子供たちの全国各地での繁殖がなかなか思わしくない状況になっても、
今度は高齢(と推測される)のため、繁殖はさせないことになりました。
サスケとのペアはとても子育て上手だった、という話なので、
非常に残念です。
ともあれ、じわじわと向上しつつある、今の日本のシンリンオオカミ人気の基盤を
作った功労狼であることは間違いありません。
心から、追悼の意を表したいと思います。

ナナ
冬毛のナナはちょっとアライグマ顔なのよね・・・

ナナ
おしりかじりオオカミ。飼育員のK原さん、逃げて~!
いや、馬肉がもらえるか探っているところですね。
サスケは、ジャックやジェイの父親だな~、と思えるような、ちょっと
お調子者で間抜けなところがあるのですが、ナナは頭がいいオオカミだった
そうです。

洞穴のできる前のごっくんタイムは、エサ(馬肉とか鶏頭とか)を投げ入れる
方式だったのですが、ここで、「エサを投げるフリをする」実験を
披露する飼育員さん(S石さん)。(っと、すぐ記事にすればよかったんですが、
ちょっとうろ覚えで、以下、間違ってるかもしれません)
サスケは釣られてしまう(というか熱狂してる)。そして、ナナは・・・やっぱり、
エサが飛んでいく方向(と距離)へ走っていくのですが、
エサが無いことは分かってて、一応確かめに行く、んだそうです。
確認ができたら、落ちているはずのものを一切探そうとせずに戻ってくるという、
ナナの賢さを証明するシーンでした。
このとき、飼育員さんがしてくれた話には、「オオカミは生のニワトリを与えた
ときに、一切血を落とさずに食べてしまう」なんてのもあります。
一度、見てみたいですね。

ところで、報道されている、シンリンオオカミ「最後の母」という表現ですが、
実際には、2009/4/30に群馬のキュー(ナナの子)がゼットンくんとの間に
三子を産んでいますので、誤りですね。
群馬の繁殖センターには富山のスタッフの方々も期待をかけていましたし、
もうちょっと慎重に調べて記事にして欲しいなー。

狭いながらも楽しい・・・!?

今年はおそらく繁殖はないだろうと予想している東山動物園のシンリンオオカミですが、
天王寺のわんこたちの様子も落ち着いた頃合いだし、
やはり気になる、四頭。特にアオイ(アオイ大好きなのです)。 

(2010/2/13) 東山動物園
ジャック
風格の出てきたジャック(♂) オス一頭なので、いばり散らしてる感じがありますが・・・

ハイラン
元気なおばあちゃん、ハイラン(♀)は、今、左のケージに隔離されています。
「前に喧嘩をしたので・・・」ということですが、詳しくは聞いてませんがおそらく、
二年前の発情期にハイルとやり合ったときのことを言ってるのではないかと
(ソニアもアオイもまだハイランに頭が上がらないので、攻撃があったとは思えない)。
目ヤニが溜まってたり、旋回するときに後ろ足カックンしたりしてますが、
まだまだ元気そうなハイランです。

ソニア(&ジャック)
おすましソニア(♀)、落ち着きが出てきた感じで、首をぐるぐるさせる癖は・・・
かなり治まったようです。

アオイ
そして、クマっ娘、アオイ(♀)
二回目の冬を迎えた彼女、思ったほどクマっぽくなってない・・・?
鼻にがっつり牙を当てられた痕があります。おそらく犯人はジャック。

案内
今、オオカミは全員、左側の寝室前のケージから運動場に出られないようになっています。
ハイランだけ左の小ケージに入ってるわけですが(寝室には自由に入れる)、
「そのうちまた一緒にします、運動場にもまた・・・・・」というお話。
繁殖シーズンが終わるまで、ということでしょうから、しばらくはこの状態。
写真撮影にはかなり厳しいなー。

アオイ&ジャック&ソニア
狭いエリアで走り回ることができず、割りを食ってるのがアオイ。
繁殖シーズンでは特に、上位のオオカミが下位のオオカミを押さえ付ける動きが
多くなるのですが、東山では、ジャックが頻繁に攻撃する対象がアオイ。
アオイは上手に「ごめんなさい」をする方なのですが、牙が当たって鼻を削られたようです。
ソニアは一応、ジャックに加勢するフリ。

アオイ&ジャック
しつこいぞ、ジャック

ソニア&ジャック
ソニアはだいぶジャックを恐れなくなったようです。
でも、近くに寝そべられて、緊張を示すあくびをしてみたり。

ジャック&ソニア
ソニアは発情期の行動を見せているようでもあるのですが、どうも微妙。
お尻の匂いをジャックに確認してもらってるところ。

ジャック&ソニア
フンフン。ここまではよかったのですが。

ソニア&ジャック
じゃれつくソニアをガウッと叱るジャック。
恋のパートナーとして認めてないような感じ。
朝一番に見たときは、ソニアのおしっこの上にジャックがマーキングしてたので、
もしや、と思ったのですが、単に場所が被っただけのようでした。

アオイ&ソニア
12月頃から、尻尾を上げ気味(肛門腺の匂いで自己主張)のソニアなのですが、
何故か、一番下っ端のはずのアオイと一対一のときは・・・

アオイ&ソニア
口舐めをしてアオイのご機嫌をとったりするのです。
うーん、上下関係がよく分からない。
ジャックがアオイを攻撃してガウガウッと吠えると、気になったハイランが吠えて、
それを聞いたジャックとソニアがささっとハイランに挨拶に行きます。
隔離されてさびしいのか、鼻声ヒュンヒュン言わせてるハイランですが、威光は衰えず、
といったところ?
ジャックもハイランに寄って寝たり、ソニアに寄って寝たりと態度が不明瞭・・・。

で、結局、今年の東山の状況なのですが、
・繁殖シーズンの行動は(ほんの少し)見られるが、ソニアが若いので本格的な発情はなし
か、
・ソニアに発情はあっても、ジャックとのペアが成立してないので繁殖はなし
になるんじゃないかと思ってます。

アオイ
ここから可愛いアオイ特集。
黒毛の秋田犬です、と言われると、そうかと思ってしまう人がいそうな
わんこ顔のアオイ。

アオイ
あくびもかわいい。

アオイ
かわいい、かわいい

アオイ
かわい・・・・・・い?

ソニア
ソニアの前足。オオカミ好きなら、これでほっぺをはたかれたいはず。
天王寺の明明もやってるイナバウアーをしているところ。やはりちょっと神経質な
性格なのでしょう。網が濃すぎて足しかまともに写りません。

こちらは、夜行性動物舎のコツメカワウソ
コツメカワウソ
何やら始めようとしてますが・・・・・

コツメカワウソ
ぶらーん・・・・。
これ、最近よくやる遊びのようです。

案内

次は、仲良し特集
フラン&ザビー
恐れを知らないイタチの仲間の中でも特にハジケてる「ラーテル」。
動きは乱暴で叫びながら喧嘩をしているようにも見えるのですが、
この二頭、ラブラブです。左がフラン(♀)、右がザビー(♂)
動画もあります。

カリフォルニアアシカ
カリフォルニアアシカの親子
動画もどうぞ

ここはいつ行っても子供が居ますね。

(2010/2/16 追記)
猫科もチェックしていこうと、大型ネコ系を一通り撮影した矢先の訃報で驚いてます。
馴染みの子以外の訃報記事はあまり出さないようにしようと思うようになっていたので、
掲載は少し迷ったのですが、動物のファンだったら、亡くなる直前の姿は目にしておきたい
ものだし・・・(まぁ、自分がそうなので)。
動物が亡くなると検索からの閲覧が増えます。ニュースになると比例して見に来る人の数が
増えるのは仕方ないのですが、元気なときに見に来てくれよ! と思ってしまうのです。
そして、実際に動物園に足を運んで、動物たちに会って欲しい。
そのために紹介サイトやってるのだから・・・・・。

パトラ
ちょっと息が荒かったような記憶があるのですが、落ち着いた様子でした。
パトラ
パトラの冥福を祈ります。

コハク
一頭になってさびしいけど、元気な姿を見せてね、コハク。 ・・・って、寝てるし。

近況!天王寺 2/7

他の記事をひとつ挟む予定だったのに、ダラダラしてるうちにまた週末。
気になるあの子とあのペアをチェックしなくちゃ! なのです。

(2010/2/7) 天王寺動物園
フーシ
気になるあの子、ついに登場、ウンピョウの「フーシ(♂)」くんです。
2000年9月、よこはま動物園(ズーラシア)生まれ。翌2001年に高知県立のいち動物公園へ。
そして新しくズーラシアからのいちに行った個体と入れ替わりで天王寺にやってきました。

フーシ
まだ、外が怖いのか、寒いのが苦手なのか、引き篭もってて、なかなか姿を
見られませんが、今日はスタッフの計略で、餌を食べに出たところ、閉め出されてしまったそうで。
木登りが得意(ご近所のピューマもそうです)な動物なので、そのうち、
丸太(?)の上を歩き回ってる姿も見られるようになると思いますよ。

さて、チュンサン&ユジンさんの恋のシーズンも順調な、チュウゴクオオカミたち。
楽楽
交尾期が終わって、子供たちも朝からお外に出してもらうようになっていました。
・・・が!
楽楽が右前足をかばうようにしていました。前日(土曜)からということなのですが・・・。
足を揃えてるところを見比べても、特に腫れていたりすることもないので、
大丈夫だろうとは思います。
楽楽
ゆっくり休んでればいいんですが、無理して走り回るので痛々しい・・・。
そうしているうちに治まってきたようにも見えましたが、ちょっと心配ですね。

よく見ると、明明や萌萌もちょっと足の動かし方がおかしいときがあったりして。
発情期にユジンさんに叱られまくった楽楽がちょっと気弱になったためか、
パワーバランスが変化した結果・・・なのかな。
楽楽&萌萌&元元
子供たちの間で、今、流行りの「マウンティングごっこ~乗っかった方が強いぞ」
萌萌が特に、ここぞとばかりに誰彼かまわずに誇示行動をします。もう手がつけられない。
ずっと最下位だった明明もやります。
仲の良い四頭ですが、これから順位が明確になっていくのか、萌萌が調子に乗ってるだけなのか?
親の交尾期の終わりと同時にこの行動が始まったのがちょっと興味深いです。

気になるあのペア、ドールのアインとシュタイン。
アイン
ヘタレを返上したはずのアイン、交尾を失敗する度に、やはり固まってしまう・・・。
でも、去年よりは積極的だぞ。去年はヘタレすぎてシュタインに催促されてたほどだったのに。

シュタイン&アイン
で、ついに交尾成功です。でも、あれ? 何故か動けなくなるアイン。
去年もシュタインに乗っかられてましたが・・・・。

ユジン&チュンサン
こちらは1/31のチュンサン&ユジンさんペア。
犬科の交尾はこういう姿勢が普通ですが、ドールは違うのかも?

と、いうことで、チュウゴクオオカミとドール、揃って無事交尾の確認ができました。
週末に一日しかチェックできない(去年は運よく休暇とか取れたけど・・・)ので、
推測だらけになりますが、
チュウゴクオオカミは1/23と1/31に交尾を確認。去年が1/15~1/25あたりだったそうなので、
1/31以降も少し続いてたかもしれない。
ドールは2/7に確認したのみですが、おそらく今日が初日ではないはず。

・・・と、まぁ、考えてみても、個体差があるので、交尾期間中のいつ受胎するのかは
わからないわけですけど。

とりあえず、私の予想は、
チュウゴクオオカミ:4月2日
ドール:4月10日
あたりが出産予定日・・・かなぁ。
外れても笑って許して。

わんこ長屋総括

(2010/1/24) 天王寺動物園
チュンサン&ユジン
「えいっ!」 チュンサンの尻尾パンチ炸裂・・・・・っと、まぁ、アクシデントシーンはさておき、
獣医さんにお話を伺って判明した事実があります。
楽楽
チュウゴクオオカミ 楽楽 (2010/1/20 撮影)
この、オオカミの子供たちの耳の「切り欠き」なのですが、
喧嘩をして付いたものかと思いきや、『見分けがつくように人為的に付けた傷です』
だそうです。
どうりで、♂♀で左右に分かれてたり、位置が全員違ってたりするわけだ・・・・。

さて、恋の季節真っ只中の、天王寺動物園、わんこ長屋の近況報告。

まずは右から、セグロジャッカル
エル
写真はバックヤードに居る♀の子で、名前は「エル」ちゃんだそうです。(2010/1/24 撮影)
左前足を怪我して切断せざるを得なかったそうですが、繁殖だけでもできれば・・・、
と聞きました。ジャッカルは他の犬科三種とは生息環境が違う(アフリカ、サバンナ)ので、
繁殖期はかぶらないのか、特に動きは見られずです。
展示場に出ている♂の子の名は「カル」くんだそうです。
あれ? 今まで写真は撮ってたけど公開してなかった・・・。古いのしかないので今回はパス。
あと、おばあちゃんジャッカルも居ると聞いたのですが、今も健在かどうかはちょっと不明。

フク
4/13で13歳になる、コヨテ(コヨーテ)の「福子(フク)♀」 (2010/1/20 撮影)
高齢だからか、発情の兆候は見られないようです。

コウ
こちらはフクと同居の「幸(コウ)♂」くんですが・・・・・、なんだか同じ種とは思えない?
フクは元から白っぽい子ではあるんですが・・・。
同居をするようになって、けっこう経ちますが、同じ砂場で寝るようになったくらいで、
ほとんど触れ合わない二頭なのでした。

ユジン&チュンサン
おなじみ、チュウゴクオオカミのチュンサン♂とユジン♀さん (2010/1/24 撮影)
土曜には交尾が確認できましたが、日曜(午前だけ確認)は、チュンサンがいまいち本気にならず・・・

アイン&シュタイン
最後は、今年こそはと期待のかかる、ドールのアイン♂とシュタイン♀ (2010/1/20 撮影)
シュタインの後ろを追いかけまくりのアイン、日曜にはマウンティング行動が見られました。
シュタインがまだ逃げてますので、もうちょいといったところ(発情期のピークには、
♀の方から積極的にアタックします)。

アイン
追いかけ疲れてヘタるアイン。午後に差し掛かると去年もこんな感じでしたが、
今年は神経が太くなったのか、お客の目をあまり気にしなくなったので、期待が持てます。

イヌ科の様子はこんな感じです。

そして、わんこ長屋ではないのですが、ずいっと左へ行ったところの、小型ネコ舎、
整備中
現在、整備中の案内板が出ているところには、伝え聞いた話では、ウンピョウが
入る予定だとか。(月曜の休園日に入ってるかもしれませんね)
左に詰められたスナドリネコは既に母子と他の個体とのローテーションになっています。

#なきごえVol.45-12で確認できました。ウンピョウは高知県立のいち動物公園から来た
♂の「フーシ」くんだそうです。

ふたりだけの時間

天王寺チュウゴクオオカミの恋の季節の続報です。

水曜日は朝から夕方まで観察しましたが、マウンティングを二回ほどしようとしただけで、
交尾に至らず・・・・・。
と、いうのも、オオカミ舎はちょっとしたカオス状態になってまして・・・。

(2010/1/20,23) 天王寺動物園
チュンサン&ユジン

ユジン&チュンサン
シンクロナイズド伸び。息の合ってきたふたりを阻むものは!?

チュンサン&元元(&萌萌&楽楽)
オオカミとしてはけっこう子供たちを甘やかしてきた感のあるチュンサンですが、
発情期が本格化したところで、第二位のオス(って言っても二頭しか居ませんが)である
元元に対し、やっと本気で順位を誇示し始めました。
子供たちは親の恋の季節など露知らずといった感じで、四頭でハンティングごっこを
しているのですが、チュンサンの近くを通るたびに、首投げをキメられる元元。
そして、ユジンさんは、普段調子に乗ってる楽楽を徹底的に押さえつけます。

元元&萌萌
こうして、親の順位(群れの中で交尾ができるペア)が明確になった副作用で、
四頭の子供たちが妙に仲良くなって・・・。
左:元元と右:萌萌。まぁ、この二頭は昔から仲がよかったですが。

楽楽&ユジン
ハンティングごっこをしてて寝てるユジンさんに激突して怒られたら謝りに行く萌萌と明明と
違って、「あー、聞こえない、聞こえなーい」ってフリをしていた楽楽、
先週土曜までの調子に乗ってた姿と打って変わって、ユジンさんの機嫌を取りまくり。

楽楽&ユジン
左:楽楽、右:ユジン (この写真は1/23のもの)
萌萌のようにユジンさんにベタベタと甘えるようになった楽楽。
これで安心してペアリングできる・・・と思ったら!

元元&ユジン&萌萌&楽楽&?
チュンサンとユジンさんがラブラブモードに入ろうとするたびに、われ先にと
挨拶(上位のオオカミの口元を舐める)に行く子供たち。
ユジンさん他
邪魔されて、めっさ怒ってるユジンさん。
こんな感じで、交尾どころではない様子だったのが、1/20(水)でした。
オオカミ関連の書籍などでは、「第一位のメスと第二位のオスが交尾することもある
(第一位のオスが必ず選ばれるわけではない)」みたいなことが書いてあったりします。
えー、それってどんなグダグダ状態なの!?
天王寺の群れ?は、まだ子供たちが性成熟してませんが、両親が強い子を集中して
押さえにかかっている様子から、繁殖期のオオカミの行動が窺い知れるのではないかと
いう期待と、でも、下手したら今年の繁殖は失敗するんじゃないかという不安を
抱きつつ、土曜日も出動してみたら・・・・・・・、

『子供たち、しまわれてるやんけ!!!』

なにはともあれ、ふたりだけの時間をもらった、チュンサンとユジンさん、
めでたくゴールインしました。
ユジン&チュンサン
今回は時間が4~5分と短かったので受胎はしてないかも知れませんが、
このペアなら、今年もまた可愛い仔オオカミを見せてくれるでしょう。
で、しまわれてた子供たちは、お昼(1時頃?)から出してもらえます。このときの様子も
なかなか面白いですよ。
交尾の様子は動画も公開予定ですが、せっかくの機会なので、実物を見に行って
みてください。午前中が狙い目。発情は一週間くらいは続くんじゃないかな。

アイン
そして、次はおまえだよ、アイン。
ドールの発情は去年と同じで、オオカミよりちょっと遅れてくるみたいです。