クイーンの想い出 その2

今日、4/13は、王子動物園のシンリンオオカミ「クイーン」の一周忌です。

その1をやってから、ずるずる一年経ってしまいました :(m
実は、デジタルリマスターするぞと言ってた動画のオリジナルが見つからない・・・
Hi8からVHSにコピーした中にも、DVに移した中にも残ってない・・・!?
あの日の動画だけ何処にもなくて・・・・・、ショックでそれっきり、になってました。
今回はクイーンの想い出記事用にかき集めた中からコンパクトタイプのデジカメで
撮ったものを紹介します。
ご覧になって、懐かしいクイーンの姿を思い出してみてください。

クイーン
2006/9/24のクイーン
クイーンと言えば、定番のこのポーズでしょう。

クイーン
2006/2/24のクイーン
キングが亡くなった後、体調を崩していたときの写真。
冬毛の季節なのにごっそり毛が抜けたようになっていて心配でした。

クイーン
2006/5/7のクイーン
なんとか調子を取り戻し、ここまで回復。よく頑張ったなぁ、クイーン。
王子のオオカミ舎は狭いためあまり評判がよくなかったのですが、
お客さんとの距離が近いことはクイーンにとって幸いだったのではないかと思います。
キングの居なくなった心の穴をお客さんとコミュニケーション取ることで
埋めていた感じもしますので。
自分も少しはクイーンの助けになれたかなー、と思ったり。

クイーン
2006/7/8のクイーン
オオカミってのはけっこう生きるのに多くの水を必要とする動物のようで
(おそらく、野生でも水場の無い環境には居ないと思います)、
多くの動物園でしっかりした水場が用意されています(東山なんかは、常時ちょろちょろと
水を流してます。よく見ないと気付きませんが)。
王子の水場はこれだけ(飼育員さんがホースでジャーッと水を入れる)なので、
やはりちょっと・・・。

クイーン
伸び―

クイーン
遠吠えクイーン(2006/9/24)。
キングといつもデュエットしてたので、鳴き方は上手な方でした。(国内オオカミ比)

クイーン
おすましクイーン

クイーン
2007/1/3のクイーン
いつぞやの正月に使った写真。

映像も集めてみました。

クイーンの未公開画像はまだまだあるので、またいずれ・・・。

キナコ、誕生日おめでとう

お誕生パーティーやるので来てねー、とキナコからお誘いがあったので、
今日はキナコ記念日・・・ってわけで、北海道は円山動物園で行われた、
アニマルファミリーイベント、「シンリンオオカミ キナコお誕生会」に参加してきました。

今日、4月12日がキナコの10歳の誕生日です。
イベントは前日の日曜にありました。
お会いできたキナコファンの皆さま、どうもでしたー。
ユジンさんの出産放置して何で来てるの、と言われてしまう私ですが、
この日までにはとっくに生まれてて公式発表もあると思ってたんですよぉ~。
てな話はさておき、

キナコ、おめでとう~~~!!

(2010/4/11) 円山動物園
キナコ
まだまだ元気!なキナコです

キナコ
ジェイが来る前はかくれんぼとかプレイバウで歓迎してくれたキナコですが、
前回の訪問時は一般のお客さんには関心を向けてくれなくなってて・・・と
少々寂しかったのですが、今回は朝イチにちょろっと相手してもらえました。
ジェイもほんの数メートルですが、一緒に走ってくれたぞー。
こういう特典があるので、開園と同時入園はやめられません :Dm

キナコ&ジェイ
この見上げるポーズが可愛い

キナコ&ジェイ
ジェイからも、「誕生日おめでとう」と言ってるような言ってないような

キナコ&ジェイ
キナコの幸せそうな顔が見られて、こっちも幸せ

キナコ&ジェイ
前回は「キナコ&ジェイのお宅訪問イベント」で緊張した二頭はぜんぜん絡んでくれなかったけど、
今回はしっかりラブラブな様子を見せてもらえました。
キナコの愛情独り占めで昔っからのキナコファンには恨まれがちなジェイですが、
キナコのこと、しっかり幸せにしてあげてよー。

ジェイ
しかし、何をやらせてもなんとなくギャグになってしまう彼なのでした。
双眼鏡でじっくりアップで見ると、目が常に泳いでるし・・・ :(m

ジェイ
兄弟のジャック(東山)は貫録がでてきてるので、ジェイも頑張れー。

産室
交尾が上手くいったか定かではないものの、期待が集まるキナコの出産に向けて、
産室が準備されてます。カメラ二つで万全の体制、頼むよ、キナコ~。
産室の右側スペースにはジェイが挨拶に入ってこられるようになってるそうです。

ピリカ
今回の旅行、二日目の北海道は雨の予報だったので、キナコにおめでとうだけ言って
写真はあまり撮らないつもりだったのですが・・・、朝になってパアァァっとお日様が照って、
見事に晴れ。色々撮ったのですが、公開はちょっと待ってねー、
というか、このままズルズルと放置といういつものパターンにならないよう祈ってください(←?)
アクバルの張り紙がしてある檻にリーベが入ってたけど、騙されないぞ、騙されないぞ!!

疲れたー

フラフラと飛行機で出掛けてきましたよ、仙台、そして北海道!
どこだここ?

カイ
こんな彼とか
ジェイ
こんな彼とかに会ってきたわけですが。
今回の旅行はちょっと充実してて、牛タン食って比内地鶏食ってずんだ餅食って
ボタンエビ(活)食ってホッカイシマエビ(活)食ってアスパラ買い込んで
そんで帰りの飛行機に連絡するJRがトラブって運転再開の見込み不明で
慌てて二駅戻ってバスに飛び乗って・・・・・、あー疲れた。

とりあえず、しょうもない報告のみですが、日付変わる前にね。
だって、明日はあの日だし(今日のイベントに参加された方はご存知)、
そして、明後日はあの日なので・・・・・。
うーん、きちんと記事にできる自信がない :(m

元気だよ

また会いに行っちゃったわけなんですけども :Dm

(2010/4/4) 富山市ファミリーパーク
サスケ
だいぶ元気になった感じです。とりあえず、簡単に報告だけ。
天候が不順なためか、冬毛が抜けてくれなくて暑いのよね。

公式発表がまだ無くて、あれ~っという感じの天王寺チュウゴクオオカミですが、
今週末はお誕生会に呼ばれてることもあって、チェックに行けません。
ってわけで、うちのサイトからのレポを期待している方にはごめんなさい。
サスケくんの記事も動画とか作ってまとめたいけど、またあーとーでー。

野間馬ハイランドに行ってきたっ!

有給をいただいて、うまな・・・もとい、しまなみ海道を自転車で走ってきました。
これが四回目になるのですが、今回は神戸発0:55のフェリーを起点に、
青春18切符を使って日付が変わる前に帰宅する、というチャレンジ。
(※讃岐うどんを食べたかったので、予讃線始発をやめて、観音寺―今治間特急ワープしました)
行程は、神戸―高松―今治―○○○○○○○○―サンライズ糸山―尾道―自宅

来島海峡大橋

今回はこれまで行程上、組み込みを断念していた、「彼」の故郷を訪れる計画
福
(2010/3/31 撮影)
天王寺動物園の野間馬「福」くんの故郷、「野間馬ハイランド」に行ってきました!!

野間馬ハイランド
今治駅から自転車でスイーッと十数分、野間馬ハイランドに到着です。
ここから、まだちょっと坂を上るんですが。

(2010/3/30) 野間馬ハイランド
野間馬
いきなり第一放牧場です。
天気の都合で、火曜日に行ったのですが、火曜はまきば館(資料館・お食事)と乗馬、
ふれあい広場がお休みなんです。
入園料無料(乗馬などは有料)なので、地元の方の憩いの場ともなっているようです。

野間馬
おっとりフレンドリー野間馬
寄ってくると撮れないっての(コンパクト機しか持って行かなかったので)

野間馬
福くんタイプの子。天王寺の野間馬は、♀のあんりが亡くなっているので、
福くんを見て、野間馬はこういう栗毛の動物と思ってる人もいるかもしれませんが、
鹿毛、黒毛、葦毛・・・といった、家畜ウマに共通の色んな毛色がみられます。

野間馬
左から、栗毛、鹿毛、葦毛・・・ですかね

野間馬
塩土奪い合い

野間馬
仲良し
おとなしそうな馬ですが、気に食わないっぽい相手を追い払うシーンもありました。

野間馬
我関せず、なおにいさん。

日本在来馬の中で一番小さいとあって、可愛いです。
案内板に「いたずらしないでね」「さわった後は手をよく洗おうね」とあります。
となると・・・・・触らなきゃ! (何でも触れる機会には触ってみることが大事)
馬に声をかけて、しっかり注目してもらってから触らせてもらいます。
首を撫でてあげると馬は喜ぶのですが、厩舎のおねいさん方は食事に夢中。
放牧場の馬にアイコンタクトすると、背中撫でてくれ~と寄ってくる子がいました。
サラブレッドの滑らかな肌は撫でたことがあるのですが、
野間馬は全然印象が違って、「フカフカ」。抜け毛の季節でスルスルと毛が抜けてきたので、
手触りはなんだか犬を撫でてるような感じでした。

乗馬場
第二放牧場横の乗馬場。この日は休みでしたが、もともと4歳~小学6年までの
体重50kg以下のお子様が対象。オトナは乗れません。

野間馬ハイランド
第三放牧場方面からの施設全景。遊技場もあって、家族連れにいいでしょう。

オブジェ
入口の親子馬オブジェ。お父さんはフレーム外。

マスコット
ランドのマスコットマーク

マスコット

水道
水道もウマ

マンホール
マンホールもウマ

牛丼
肉、食うのか?

っと、こんな施設でした。ウマ可愛くて、予定よりダラダラ過ごしてしまった。

野間馬ハイランドの場所

大きな地図で見る

公式サイトはなさそうなので、施設詳細については
こちら「現代を歩み続ける!歴史の馬」へ

施設への行き方、ですが、
今治観光周遊バス「高虎号」の運行が、22年4月からは
野間馬ハイランド、来島海峡展望台の経由が廃止となったようで利用できません。
公共交通機関では、路線バスを利用することになります。
せとうちバス 今治駅前~菊間行き「延喜」停留所下車徒歩約10分

—-
さて、この後、しまなみ海道を自転車で渡ったわけですが・・・・・、
このところ胃が働いてなかったところに、朝食は、三度目なのに量が多いことを
すっかり忘れて頼んでしまった「たこいかうどん(中)」(めちゃくちゃ美味しいんですけどね、
小にしておけばよかった。弱った胃にもヘビーだし)。
前半、向かい風にやられてしまって、あっという間にガス欠。
補給を繰り返してなんとか予定通りに日帰りしまなみを実現しましたが、
無理がたたって、翌日の天王寺では「しゃがんだら立てない」状態に・・・、あーあ。