天王寺ドール舎に異変あり!

仔オオカミ誕生で賑やかな、天王寺動物園チュウゴクオオカミ舎前ですが・・・、
隣のドール舎に目をやると、幸せそうな顔でウトウトしている・・・あれ?
なんだか・・・変だ・・・・・ぞ!?

(2010/4/21) 天王寺動物園
シュタイン
運良く出張があったので、お昼ごはんをたこ焼きで済ませて、浮いた時間で天王寺っ!
時間的に、仔オオカミたちの姿を見るのは諦めてました。
ちょうどドールたちが走り疲れて寝ている時間なので写真を撮ろうとすると・・・・、
シュタインの・・・・
お腹が・・・・・

シュタイン
明らかに大きいです。でも、なんだかおかしい・・・?
去年も少しお腹が膨らんだ感じになっていましたが、結局子供は生まれませんでした。
今年のこれはだいぶ目立っているんですけどね、交尾があった時期がちょうど
チュウゴクオオカミの一週間ちょい後を追いかける形だったので、私はドールの出産は
4/10頃と予想していたわけです。結局、ユジンさんが予想より5日遅れ、それを勘案しても
シュタインの出産日はとっくに過ぎていて、仮に過ぎてなくてももっとお腹もパンパンじゃないと
おかしいのです。(※ドールの妊娠期間はオオカミとほぼ同じ)
うーん、これは疑妊娠(想像妊娠)なのかもしれません。

ただ、野生動物ってのは家畜に比べ妊娠期間も浮動しますし、
母親の栄養状態などで、胎児が成長しなかったり吸収されて無くなっちゃったり、
なんてことが起こるものです。
もしかしたら、このままドールも・・・赤ちゃんがっ! ってことになるかもしれませんよ。

シュタイン
ってことで、いつも寝顔が可愛いシュタインと、
アイン
まだまだ子供っぽさの抜けないアイン、でした。

さて、チュウゴクオオカミの方ですが、
今日は朝から四頭の仔オオカミが出たと聞きました(私は会えてませんがー)。
楽楽&明明
驚いたのは、4/17には少し遠巻きにしていた明明が、寝室に入り浸っていることです。
去年生まれの娘三頭がよく寝室に入るのですが、ユジンさんも出ていて、
明明単独で中に居る時間がけっこうありました。
上の写真は、楽楽と仲良く並んでいるところですが、世話係の座を巡って
少し牽制し合っているシーンもあります。
明明の方が弱い(耳を寝かせて尻尾を巻いてる)のですが、それでも
赤ちゃんの世話をしたい衝動を押さえられないようで・・・。
(仔オオカミを去年生まれの子が引っ張り合ったという話を聞きましたが、
 この二頭の小競り合いだったのかも)

萌萌
木枯し萌萌
萌萌もヘルパー役ですが、気まぐれな性格のためか、あまり頓着していない感じ。
この写真の後、ゲッゲッと吐き戻し(※犬科の動物が、赤ちゃんに離乳食を与える
ために消化中の食べ物を吐き出す行動)のような動きを見せてました。
(何も出てきませんでしたが・・・ :Dm 仔オオカミもまだ周りに居ないしね)

チュンサン
チュンサンは巣穴をガード。耳をくるくる回して警戒、頼りになるパパ。

元元&チュンサン
父を労う元元。仲のいい家族だなー。
元元はあまり巣穴に入らなくなりました・・・って、17日に入ってたのは、
楽楽が貯めてた「肉」が欲しかったのでは・・・!?
元元
4/17の、肉持ち出し元元。やべぇって顔するな!

元元
犬科のヘルパーは♀であることが多いようですが、オオカミもそれに当て嵌まるのか、
元元はちょっと蚊帳の外です。

元元&萌萌
優しい元元、萌萌の毛繕い。
弟たちにもこんな感じでね。

ユジン
ユジンさんのおっぱい。7頭の子供たちが吸うので、4/17より膨らんでいるよう。
ちょっと痛そうな感じですね。
(萌萌も吸おうとしていますが・・・・・ :xm )

(追記)
さてさて、スタッフブログに今年の仔オオカミ情報が~~
もう性別確認されたようで、なんと・・・・
♂ 一頭、 ♀ 六頭 !!!
って、ことで、元元涙目です。
連れ回されてる子が♂だったので、もっと割合高いかと思ってましたが、1/7の1だったとは・・・。
オオカミは頭数が多くなると、♂のグループと♀のグループで2ラインの序列ができると
思うのですが、これだと、今年生まれの♂の子は下っ端確定でちょっとかわいそうですね。
あと、同腹の子は互いにホルモンの影響を受け合うそうなので、
♂の子はちょっと♀っぽい雰囲気になるかもしれません。観察してみてね。

仔オオカミお披露目式次第

ちょっと日が経ってしまって速報性がアレですが、天王寺動物園のチュウゴクオオカミ、
2010年生まれの仔オオカミの報告です。

(2010/4/17) 天王寺動物園
ユジン
今回は7子の母になったユジンさん、頑張ったね。
今年は産後のやつれた感じがしないのがポイント!

ユジン
今年はまだ仔オオカミの目の開かないうちから、ユジンさんが連れ回す行動が見られます。
(去年は、仔オオカミが自分で歩けるようになってから、だったと思います)
父母以外の群れの構成員(去年生まれの仔など)が居るときにこういう動きがみられるようですね。

ユジン&仔オオカミ
元元待望の弟ですよ! (クリックするとよく分かります)

ユジン
おっぱいの様子はこんな感じです。なかなかガードが固い!?

ユジン
授乳をするので、かなり喉が渇くようです。

楽楽&仔オオカミ&元元?
で、こらくさんのところくろしおさんのところで報じられてるように、
楽楽がヘルパーとなって仔オオカミの世話を・・・・というか、引っ張り回してます :Dm

獣医さんに経緯を教えてもらいました。(ちょっとうろ覚えーの)
7日、仔オオカミ誕生
11日、寝室の扉を解放
  楽楽が仔オオカミを見に行ってユジンさんに顔を噛まれる(当日だっけ?)
13日、楽楽のヘルパーが認められ、寝室で同居開始(他の個体は別居)
1?日、お披露目開始(翌日には・・・だっけ?)

餌は鶏と肉(牛?)が与えられているのですが、楽楽は鶏は食って、
肉はユジンさんのために藁に隠しておくのだそうです。偉い、偉い。
(でも、元元や萌萌が持ち出して食ってたぞー)
楽楽がヘルパーをしてくれているので、今年のユジンさんは余裕があるのだそうです
(だから、やつれてないのね)

で、この楽楽なんですが、去年の仔オオカミを見ている方なら、
記憶にあるかもしれません。
「みんなが寝ているときに、ひとりだけフラフラ歩き回っていた子」
です :Dm
大丈夫? と心配になってたあの子がねぇ、立派になりましたよ!

楽楽&仔オオカミ&元元
「元元は触っちゃだめ!」
「ええ~~っ!?」

萌萌&楽楽&仔オオカミ
「萌萌は触っていいよ~」
(※一応、元元にも触らせてあげてました)
他のオオカミが無茶をしないように気を遣いながら、群れの一員になる仔を
紹介(匂いの確認)しているような感じです。

この日、17日の時点で、チュンサン以外の四頭(楽楽、萌萌、元元、明明)は、
寝室へ好き勝手に入っています。
ただ、萌萌は楽楽の次くらいに許されてるそうですが、元元、明明はユジンさんに怒られます。

楽楽&チュンサン
ヘルパーに選ばれた楽楽ですが、特にそれを鼻にかけてる様子もなく、
仔オオカミを連れていないときはみんなに甘えたり、追いかけっこしたりしています。
ユジンさんにがっつりやられた傷をチュンサンが舐めてあげているところ。
楽楽本狼は、ちょっとかゆいみたいです。

チュンサン
チュンサンは、新しい仔にはあまり関心がなく、去年生まれの仔の面倒をよく見ている、
というお話だったのですが・・・、これ、去年もそうだったのですが、
巣穴を守るような位置についてます。やっぱ頼りになるパパ!
元元が肉食ってるとこに鼻を鳴らしておねだりしていたのは、
おいらの胸にしまっておこう(といいつつ、書く)

チュンサン
そして、この時期特に顕著になる、「コヨーテ狩り」
(※隣のコヨテ舎に居る動物=コヨーテを獲物に見立てて接近する行動をします。
 仔オオカミのために餌を獲ってるつもりなのか・・・)
でも、いつもとなんか微妙に動きが違う、と思ったら・・・

フク
隣で出ていたのは、コウくんじゃなくて、フクの方でした。
いつも左隅か寝室入口で寝そべってる彼女ですが、陽気に誘われたようで。

フク
福山時代は近くまで来てくれたんですけどねぇ。
呼んでも1メートル強くらいまでしか来てくれなかった。

(追記) 2010/4/21(水)の様子
・午前中(10時頃?)に仔オオカミが4頭(!)出ていたとのこと(目撃者多数)
・去年生まれの子供たちが、赤ちゃんを引っ張り合ったらしい
・仔オオカミたちの世話は、去年生まれの♀三頭がよくみている様子
 意外な伏兵? 明明が巣穴に入りっぱなし。楽楽と世話係の覇権争いか!?
 集中力低め気まぐれ萌萌は、抑え気味
・元元はちょっと蚊帳の外(オオカミも男の子はあまりヘルパーしないのか)
・ユジンさん、授乳のとき以外は娘たちに任せっ切りです
・チュンサンはしっかり巣穴の入り口をガード
なかなか楽しいことになっています。

そして・・・・、ドール舎に驚愕の変化がっ!? 以下、次号

東山オオカミ速報2010.04.18

仔オオカミの姿はまだ見られないとは分かっているのですが、
行ってしまうのです。バカだからー :Dm

ソニアの出産から、約一週間経ちました、東山動物園のシンリンオオカミの
様子をざざっと

(2010/4/18) 東山動物園
ジャック
状況を教えていただきましたー。

・右の運動場にハイラン、左のケージにジャックの組み合わせは変わらず
・仔オオカミの様子は、まだ声で確認されているだけ。
 自分で歩き始めるまでは確認できないだろう、とのことです。
 来週あたりではギリギリ分からないかなー、という感じ。GWまでには・・・?
・アオイはソニアの産室を覗き込んでガッツリやられたのだろうということ。
 麻酔して傷を縫合したけれど、直後から元気だそうで、
 そろそろ一週間、抜糸をしようかというところ。現在も病院で、オオカミ舎に居ません。
・ソニアが怒るので、ジャックは産室に近付けず、まだ子供のことを知らないはず、
 だそうで、認知を迫られたときの顔を見てみたいですね(ちょっと無理ですが)。

そして・・・・・、大事件がっ!!!

ジャック
あのジャックの遠吠えが・・・・・・・

上手くなってる!?

看板
以前はこんなこと書かれてしまうくらいだったのにねー。

ソニアもアオイも居なくて一人ヒマを持て余しているジャック、
寂しいのか、遠吠えしまくりです。これが朗々と響いて上手くなってるんですよー。
(そのうち動画でも・・・)
しかし、あのドジでカナヅチで遠吠えが下手と言われてたジャックが
やっとこ父親になったというのは感慨深いですね。
たぶん、カナヅチは治ってないと思いますけどっ!

ハイラン
ちょっとショックだったのは、同じように寂しい状態のハイラン、
ジャックが吠えると近寄って一緒に吠えようとするのですが、
声がヒーヒーと掠れてしまってうまく出ないのです。
秋田のサラの往年の状態よりはちょっと音が出てるだけマシですが・・・。
尻尾も先端のふさふさしたとこがごそっと取れたのか、短くなってます。
歩き回ってる様子はじゅうぶん元気そうなんですけどねぇ。

ユジンさん、おめでとう

こらくさんから教えていただきましたので、チェックチェック!

天王寺動物園、チュウゴクオオカミの赤ちゃん、無事誕生! とのことです。
ゆとりとみどり振興局にプレスリリースが出てますが、
なんと、7頭!!も生まれたそうです。
うーん、去年よりずっとユジンさんのお腹が大きい感じだったしなぁ。

写真は2010/3/31のもの
楽楽&ユジン
母ユジンを労う去年生まれの娘、楽楽
(換毛期に毛を抜き合う挨拶行動? なので、実際に「労ってる」と言えなくもないかな)

楽楽&ユジン
びよ~~~~~ん
「お母ちゃんの背中の皮、伸びるぅ~~」

楽楽&ユジン
何すんねんっ! がっつり叱りつけたあと、降参した楽楽の毛繕いをしてあげるユジンさんでした
(飴とムチか・・・)
よく見ると、ユジンさんが失禁した跡があります。7頭も子供が詰まってたからですね。

さてさて、去年のケースですと、
2~3週目くらいに自走式になった仔オオカミたちが巣穴代わりの寝室から
わいわいと飛び出してきたわけですが、
今年は去年生まれの若いオオカミが寝室の周りに居ますので、「あれ」があるかも・・・。
多摩のモロ母さんがやっていた「謎のお披露目式」です。
生まれたばかりの仔を連れ回すんですよ。
(目的はわかんないんですが、若いオオカミがヘタなことをしないように、
 仲間が増えたことを教えてるんでしょうか)
てなわけで、すでに寝室の扉は公開されているというお話ですので、
今年は、もういつ仔オオカミの姿を見ることができるかわかりません。
とっくにお披露目されてるかも!?
気になる方は、天王寺に足を運んでみてください。

くろしおさんのところでもさっそく記事にされてます。ご覧になってください。
2010年、チュウゴクオオカミ&コアラの赤ちゃん誕生♪
(4/16 追記)
予想通りというか、もうお披露目があったみたいですよ!!
なんといきなりの赤ちゃんお目見え!!!」(くろしおさんとこ)

ところで、ZOO×ZAQの今月のお誕生日・・・間違いまくってるように見えるんですが :xm
かろうじて元元だけ合ってるかなー? 楽楽は萌萌でしょ!

(2010/4/17) 追記
ユジン&仔オオカミ
お披露目は毎日一回は行われているようです。
来週過ぎると目が開いてくると思います。まっくろくろすけ状態の
仔オオカミを見たい人は早いうちにどうぞー。

東山から嬉しいお報せ

frogさんの「晴れときどき・・・動物園?」の記事で報じられてます通り、

東山動物園のシンリンオオカミ、ソニアが出産しました!!

って、ええっ!?
2/13の記事「狭いながらも楽しい・・・!?」で、ジャックとソニアが
微妙な感じでしたが、今年は繁殖無いかな・・・と予想していたのに反して、
嬉しい大誤算です。

公式情報はこちら

ジャック&ソニア
これは2009/8/16の様子。ソニアがまだまだ緊張してます。
これが12月になって・・・・という話はまたまとめてみたいと思います。

今年のGWあたりはとんでもないことになりそうです。
それはそうと、天王寺はどうなったんだろう!? (やっぱ北海道行ったのがダメなの??)