オンコに会いに行こう

日本カモシカセンター(2006/11末閉園)で、その白い神秘的な姿で人を魅了していた、シロイワヤギの「オンコ(♀)」
今は横浜市立金沢動物園で元気にしています。カモシカセンターの閉園を惜しまれている方、もう一度オンコに会いに行ってみませんか?

(2007/3/14)金沢動物園にて
オンコ

てなわけで、またfuchakaさんの動物園へ行こうの記事を受けて、オンコです。
金沢動物園へは、京急「金沢文庫駅」からバスが出ており(※平日は直通がなく、最寄の停留所は「夏山坂上」になることだけ注意)、交通の便は悪くありません。
オンコとの再会を阻むのは・・・
「(観覧場所から展示場までの)距離」、そして四頭のそっくりさん :Dm です。

まず、距離に関しては、双眼鏡を持って行くことをお勧めします。オペラグラス程度のものではなく、像が安定するしっかりしたものが望ましいところです。バードウォッチングをしている人が知り合いに居れば、「8倍くらいのまともな双眼鏡貸して」と言ってみましょう。
(金沢では8倍は欲しいところなのですが、通常の動物園では6~7倍くらいの双眼鏡がベストだと思っています。8倍だと像が大きくなりすぎるケースがけっこうあるからです。私は8倍使ってますが :Dm )
双眼鏡はどこの動物園でも使うと楽しいアイテムですので、お持ちでない方はちょっと奮発して購入されてみては? (双眼鏡の選択はまた奥の深い世界 :Dm 一記事書けてしまうかも)

そっくりさん対策ですが、前回の記事の説明では分かりづらいと思い、「シロイワヤギ判別基準」をまとめてみました。えっと、オンコが二枚しかありませんが、消去法で見つけてください :Dm
ニホンカモシカの同定において、角のライン(成長の過程で刻まれる年輪)の違いを判断基準にするという文章を見かけたことがあり、シロイワヤギもそうかも、と思って見比べてみたら、見事に個体差があるものなんですね。

では、皆さんが無事にオンコに会えますように。

# :(m 次回こそはオオカミの記事を・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。