亭主淡白宣言

すでにあちこちで話題になってますが、
天王寺動物園のチュウゴクオオカミ、「チュンサン」と「ユジン」さんがペアリング大成功!ということで・・・・ッ!

スタッフブログの記事はこちら『チュウゴクオオカミの2世誕生に期待!

色々と書きたいことがあるのですが、残業疲れで・・・・・
ひとまず、眠気を押して、チュンサン応援動画を作ってみたので、ご覧になってください。

まぁ、応援と言いつつ・・・・

—-
(2009/1/21) 追記

チュンサンはちょっと変わり者だと思ってます。

オオカミ王ロボって有名ですよね。あのお話、オオカミのことを色々知った後で読むとなかなか興味深いのです。
シートンは実在の動物を基にかなり脚色して書いてます。悪魔のように賢く、部下も少数精鋭しか連れていないというロボですが・・・あれ?
典型的な、アルファの番に、数頭の子供が居るファミリー狼ですよ?
実在のロボは何度か繁殖しながらも子供を全部死なせちゃってる(群れが大きくならない)、割と平凡なオオカミだったと思うんです(あの作品でオオカミに憧れを抱いてる人には申し訳ないけれど)。

で、そんなロボがですね、妻のブランカには頭が上がらなかったわけで、
あとは私が見てきたオオカミたち、羽村のオークや多摩ロボパパ、富山サスケパパ・・・、みんな女性に甘いタイプなわけで、オオカミのオスってそういうものなんだと思ってたんですが、
我らがチュンサン、
チュンサン
あれ?

同居してから、何度か見に行ってるチュンサンとユジンさんの様子ですが、
一緒に遠吠えしーの、一緒にマーキングしーの、してる割には、チュンサンの態度がそっけない。
となりのアインくん(ドール)なんかはもう、必死にシュタインの後を追い掛け回してるわけです。
この日(2009/1/9)は交尾が確認される直前、いつもはお尻の穴をしっかり塞ぐようにしてる尻尾を持ち上げて(※オス・メスともにやります。肛門腺の匂いを誇示してるのだと思いますが・・・。これが発情期のサインだったのかもしれません)、誘いまくりのユジンさんを完全無視!?
窓の外をじーっと眺め続けるチュンサンなのでした。

いやあ、無事、ペアリングできたということで、嬉しいと同時に、ちょっと驚き。
チュンサン、珍しい「亭主関白タイプ」のオオカミなのかもしれませんねぇ。

—-
以前に公開していた、チュンサンが天王寺に来た頃(2006/12/8)の動画ですが
(※ブラウザで直接開いた場合は、見た後、戻るボタンで戻ってください)、

天王子オオカミ動画1 チュウゴクオオカミくん 忙しいやつ (2.1MB MPEG-1)
天王子オオカミ動画2 遠吠え始めました (2.0MB MPEG-1)
天王子オオカミ動画3 動くものが好きっ (0.9MB MPEG-1)

こんな感じで落ち着きの無い子でした(今も?)。
今回の動画もそうですが、寝るのと遠吠えとおもちゃで遊ぶのとを同時にやりたくなってやっちゃうオオカミって・・・、ちょっと他では見ないよなぁ。やはり変わり者という印象です。天才肌なのかもしれません・・・?
今後も、チュンサン(たち)の活躍に期待、です。

・・・いや、子育てがちょっと心配 :Dm

亭主淡白宣言” へのコメントが 2 点あります

  1. おかもさま、初めまして。
    —-
    情報、ありがとうございます。10月になってますが、1月、ですよね :Dm
    交尾可能期に入って豹変したのか!? チュンサン。
    発情期が終わってアツアツの関係が続くようになってたらいいな、
    と思いつつ、ちょっと忙しくてなかなか会いにいけません。
    (とか言って、名古屋に行ってるわけだけど・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。