京都のキツネたち

前回からの続き・・・、あのフェネックギツネの「ミミゾウ」くんに・・・・・

(2009/1/2) 京都市動物園
案内
お嫁さんが来てましたっ!!!

ユミ
名前は「ユミ」ちゃん。2007/4/16に井の頭自然文化園で生まれた女の子です。

ユミ
快活で器量良しで・・・、とにかくかわいいっ!

ユミ
カプセルの中はちょっと見せられないもの(ミルワーム ←虫がダメな人は検索もしないように)が
入ってるので、毛皮スタンプで消してます :Dm

で、ミミゾウくんなんですが、ユミちゃんを見て逃げ回ってます・・・ :(m
早く仲良くなるといいんですが・・・・・。

ミミゾウくん
ミミゾウくんは写真写り悪い子なので、これは2007/6/10の再掲。

二頭の見分け方は、一緒に出てたらそんなに難しくありません。
優しい顔をしてるのが、ユミ。ちょっとしかめっ面なのがミミゾウ :(m です。

京都には、ホンドギツネも居ます。たぶん、♂と♀のカップル。
ホンドギツネ
きりっとした顔の方が(たぶん)♀

ホンドギツネ
おっとりした感じの方が♂。

ホンドギツネ
♂が近付くと、何故か怒る♀

ホンドギツネ
仕方なく、陽だまりで寝そべる♂

イヌ科の中では、一番種類(名前に「キツネ」が付いてるもの)の多いキツネの仲間ですが、
日本では、大別して四種類、アカギツネ、ホッキョクギツネ、オオミミギツネ、フェネックしか居ないようですね。
面白いのは、キタキツネを飼育している動物園が北海道にしかないこと。
ホンドギツネとキタキツネは同じアカギツネの亜種なので、東北あたりでも展示してくれると楽しいと思うのですが・・・。おそらく、動物園のキツネの血統は、地元で保護した個体由来のものが多いからなんでしょうね。

ってことで、ちょっとマイナーな扱いになりがちなキツネたちの紹介でした。

京都のキツネたち” へのコメントが 3 点あります

  1. あぁ ユミちゃんに会うの忘れてました・・・
    可愛い子ですね ミミゾウくんと仲良くしてほしいですね

    二日はジュンちゃん出てました・・・
    ずっと座ったままでした。
    休みがちですね 

  2. リッピさま、どうもです。

    そうなんですよね、ジュンちゃん、二日には出てたんですよね。
    だから逆にそんなに症状は悪くないのかな、と思いたいですが。
    バックヤードで飼育員さんにベタベタしてる姿を見てるので、
    早く直で会ってみたいです。
    しっとりした鼻でぺたぺたされたい。

    ユミちゃん、かわいいですよー。
    関西わんこ勢もペアリングが進んで嬉しい限りです。

  3. はじめまして。
    伏見区いわやまちょで工務店をしている大工のゴマちゃんです。
    今年、じたく近くでに2回同じ場所で、キツネだと思いますが、夕方出会いました。尻尾は長くふわふわ。北海道でよく見た北キツネに似ていたので間違いないと思います。
    京都のキツネの生態をしっている方教えてください(・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。