和歌山かもしか牧場への行き方案内

日本カモシカセンターから移転した三頭のニホンカモシカたち。新居での元気な姿を確認してお伝えしようと、ワクワクしながら訪問した結果、残念な報告をすることになってしまいました。(前回の記事 参照)
この話題をどう扱っていいのか、まだ自分の中で整理できていません。
動物の移転にはこういった話は付きまといます。人間には与り知らぬ要素が災いすることもあります。施設にも何らかの問題があったのか(後日、カモシカセンターのかたも「(カモシカの飼育は)難しいんですよ」みたいなことを言われてましたが・・・)、専門家ではないので分かりませんが、ただ忘れられていくだけではなく、多くの人が自分の目で見て心に留めておくことが大切なのではないかと思います。

と、堅い話はこのへんで :Dm ムサシくんに会いたい人へ
かもしか牧場への案内をお伝えします。

遠いぞ! かもしか牧場
かもしか牧場案内

かもしか牧場は、田辺市熊野の旧大塔村、百間山(ひゃっけんざん)渓谷にあります。JR紀伊田辺駅からバスで約80分という山奥で、バスも一日2本(※2往復じゃないよ!)しかないので、覚悟 :Dm が必要です。
(※時刻については、直前に各交通機関へ再確認して下さい。ダイヤの変更・路線廃止等があっても、責任は負いかねます)

【行き】
天王寺 08:01(土休08:02) JR特急スーパーくろしお1号 ~ 紀伊田辺 09:57
(青春18切符利用であれば、6時半前 7時前(訂正しました)に大阪駅を出発するくらいでプランが作れます)
紀伊田辺 10:50 明光バス 百間行き ~ 終点 百間口 (乗車時間約80分)
※平成19年2月21日改正ダイヤ
かもしか牧場案内
バス乗り場は、銅像前の横断歩道を渡って駅の向かい側のビルにあります

百間口バス停下車スグ 正面に、入園券販売所(兼 管理事務所 兼 売店)があります。

【帰り】
百間口 14:50 明光バス 紀伊田辺駅行き ~ 終点 紀伊田辺 (乗車時間約80分)
紀伊田辺 16:41 JR特急くろしお30号 ~ 天王寺 18:31

と、ご覧のように、日帰りだと2時間40分ほどしか現地に居られません :(m
ただ、べったり2時間40分、カモシカを眺め続けても居られないと思いますので、時間潰しを。
かもしか牧場が隣接している百間山渓谷のハイキングコースは、「雨乞いの滝」あたりで折り返せば、ゆっくり歩いて2時間かからないくらいの距離です。けっこう登りのある山道なので、ハイキングに適した靴を。「ふたおい釜」のあたり、岩場に入れるところがありますが、滑るので手すりのない位置まで行かないようにしましょう。

ムサシくんは警戒心の強い子です。おどかさないようにやさしく声をかけて、ゆっくりした動きで観察してあげて下さい。気に入ってもらえたら寄って来ます(ちょっと離れた位置で、こっちが観察されちゃう :Dm ) 離れていくときは、無理に追いかけてストレスをかけないようにしてあげて下さいね。
(カモシカくらいの大きさの動物にとっては、直立した人間は自分よりちょっと大きい動物に見えます。しゃがんであげた方が警戒されないようです)

意外と近くに居るけれど、多くの人がよく知らない隣人。日本の固有種で天然記念物でもあり、近年では食害を起こす害獣でもある、そんなニホンカモシカについて、関心を持ってくれる人が増えたらいいな、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。