天王寺の裏側ッ!

てなわけで、7/6(日)に行われた、サポーター限定イベント「動物園裏側ガイド」に参加してまいりました。
この手の定員制イベントはあまり参加しないのですが(家族連れの方に機会を譲ってあげた方がいいし・・・でもサポーター限定となると、けっこう年配の単独の方が多いみたい?)、天王寺は色々やってくれそうだし、ちょこちょこ参加してみるかっと、期限ぎりぎりに申し込んでみました。実際は定員に達しなかったみたいですね。実は今回のイベントは、既に一般向けイベントとして土日なんかにやっているものの延長みたいなものだったようで、次回以降はサポーター向けならではのイベントを考えていきたい、という話もありました。せっかくなので、どんどん参加しましょう>サポーターの皆様。

さて、ガイドの対象動物は当日まで内緒、だったので、もしかしてワンコ舎公開なんてことになったら、一足早くフク(福子:コヨーテ)に会えるかな~なんて期待したのですが・・・、
選ばれたのは、「ゾウ」「キリン」「ライオン」「調理場・動物病院」の4つ。グループに分かれての見学でした。
私はゾウ舎のグループ。春子さんとラニー博子にご対面、です。

まずは寝室の見学から。といっても広くて、天井高くて、レンズに収まらないので撮ってないのですが :Dm
天王寺には4つ、ゾウの寝室があって、春子さんと博子が空き部屋を挟んで二つを使ってます。残り一つはオスが来たときに備えての特別頑丈な部屋です。予定は無いそうですが。

(2008/7/6) 天王寺動物園
春子さんの食事
定番のお食事内容から。
右のバケツはリンゴ。左のバケツはゾウ専用の飼料。飼育員さんは飼料の味見をするそうです。「私も食べてみていいですか」と言いそうになったけど、やめときました。
黄色いラインが引いてありますが、これは、「ゾウの鼻が届かない」ライン。道具類は絶対、これより内側には置かないようにするのです。でも、このライン、格子からめっちゃ遠いよ!

足跡
寝室から、運動場に出る通路に残った足跡です。ゾウは慎重な動物なので、必ず同じところに足を置くため、こうして足跡が残るそうです。

ラニー博子
見学者たちが気になって仕方がない、ラニー博子39歳(40歳って書かれてる場合も??)
60歳の春子さんと仲が悪いのは有名な話?
人の手で育てられた博子は、ゾウらしい考え方を学ぶことができず、わがままで強引な性格なんだそうですよ。 何かと春子さんと比べられて、「博子はなあ・・・」みたいに言われてますが、私は出来の悪い子?の方が好きだったり。
実際にはかなり危険なゾウということで、飼育員さん方の苦労が偲ばれます。

春子さん
こちらは春子さん。人間で言うと90歳近いおばあちゃんです。賢くて思いやりのある、リーダー格のゾウだそうです。飼育員さんが解説するときに、「このひと(=春子さん)は──」と言ってしまってるのが印象的でした。
普段は遠くで砂浴びしている姿しか見えないですが、こんなに近くで見られました。

こんな感じの楽しい一時間でした。
サポーターのイベントは今後もどんどん充実していきそうで楽しみです。
そして、実は、天王寺に新たに来園した二頭のコアラ(昨日から公開されてる・・・はず?)の愛称募集、はサポーター限定で行われるようですね(うーん、サポーター増員作戦なんでしょうか)。期限は7/31までなので、コアラに名前を付けたいぞって人は、この機会にサポーターに加盟されてはいかがですか? :Dm

さて、おまけの蓮くん劇場
成長してオトナっぽい顔つきになってきた、ブチハイエナの蓮くんですが・・・
愛&蓮
母、「愛」とゴロゴロしてます。やっぱりまだまだ小さい蓮くん(奥)

蓮くん
水場から、おもちゃの骨をゲットしてきました。

愛&蓮
そこへ、もう一つの骨を咥えた母ちゃんが・・・。
蓮:「えっ? 何、なに?」

愛
なんと、母ちゃん、骨を独り占めっ

蓮くん
水場をもう一度さらっても何も出てこない。蓮くん涙目でした :(m

天王寺の裏側ッ!” へのコメントが 2 点あります

  1. こんばんわ。はじめましてです。

    天王寺動物園のバックヤードツアー、行きたかったですけど、
    申し込むと、その分、子供さんが弾かれたら嫌なので遠慮したんですが。。。
    定員割れでしたか?(笑)
    行けば良かった。。。(ーー;)

    詳細なレポートありがとうございます。
    雰囲気が伝わってきてありがたかったです。
    では、また。

  2. タテメオヤジさま、はじめまして。

    前のプレイベントのときもそうでしたが、天王寺のサポーターは
    金額設定の関係か、オトナの方がほとんどなので、
    あまり遠慮する必要はなさそうです :Dm ?
    (東山や王子はまた構成が違ってくるんでしょうね)
    プレイベントでは「お手伝い」系の企画を希望される声も多く、
    園の方も色々考えてくれるそうなので、楽しみです。
    ゾウ舎の見学は今後も一般向けに行われると思います。
    これでも、上の紹介記事では、もっといっぱい聞けた「面白い話」を
    すっぱり省略してしまっていますので、機会がありましたら、
    ご参加されてみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。