京都の一件はとても残念です。
多忙で(あと、TV見ないので・・・)あまり詳しい情報は掴めてないのですけど、京都は自分の中ではかなり好きな動物園の一つで、「飼育員さんの姿がよく見える」園です。おとぎの国の開国時間などには園のあちこちから飼育員さんが集まってきて盛り上げてくれますし、案内板(XXタイムズとか)の充実っぷりも嬉しいものです。
ただ、飼育員さんがあちこち顔を出して、担当と思われる動物以外の動物の解説をしたりもしていて、頑張っている動物園だなあ、と思っていたのが、もしかしたら人手不足の表出だったのかもしれないと考えるとやるせなくなります。
批判されても仕方ないような経営の施設ではなく、事故が起こったのがよりによって京都だったというのが悔しいです。

亡くなられた飼育員さんのご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。