和歌山かもしか牧場~ムサシに会いに

カモシカ追っかけ隊、行ってまいりました。
和歌山県百間山(ひゃっけんざん)渓谷かもしか牧場。
ムサシ
表題が「ムサシ~」になっているわけですが・・・、まず残念なお知らせがあります。
御在所日本カモシカセンターで人気者だったニホンカモシカのチビタン、亡くなっておりました。
かもしか牧場へ到着し、出迎えてくれた職員さんのお話によると、御在所から転居した二頭、チビタン(♂)とコマキ(♀)、そして元から和歌山に居たハル(♀)が相次いで死亡したとのことでした。
現在、ここに居るのは、御在所からの転居組であるムサシ(♂)、一頭のみとなってしまいました。
(帰って調べると、ニュースが検索に上がるようになってましたので、詳細を日本カモシカセンターに追記しました)
チビタンはすごく人懐こい子で、指を差し出すと眼下腺でマーキングしてくれるんです。今日はいっぱいチビタンと、何度も手を拭きながら遊ぼうと、ハンカチを多めに持っていったのですが・・・ :(m
自分はどちらかというと割り切って考える方なんですが、帰りの電車で、チビタンの話題を改めてまとめようかと、「チビタンはよく動くので写真撮り辛かったなー」、「まだ公開していない写真残ってるかなー」、「ビデオカメラ回した日はゴーラルとヒマラヤタールばっかり撮ってたけど、チビタンは映ってたかなー」、などと考えてるうちに、涙が出てました。

さて、気を取り直して、ムサシくん(♂)
閉園となった御在所日本カモシカセンターのカモシカたちの消息追っかけレポートです。
ムサシ
ずーっと見つめてるのに、カメラを向けるとスッと顔を反らすムサシ

被毛はフサフサ、溜めフンも形・色艶良く :Dm 健康そうです。
一頭になってしまったけど、元気な姿を見せてくれました。
御在所に居たときと変わらず、ちょっと警戒心が強そうだけど、おっとりマイペースな雰囲気。この性格が幸いして、転居もストレスにならなかったのでしょうか。太く長く生きて欲しいものです。
ここ、かもしか牧場の放飼場は、斜面を利用してあって、カモシカの運動能力を存分に発揮できるようになっています。ムサシは・・・やっぱり動きがおっとりしてるのですが :Dm

帰り際に・・・挨拶してくれた?
ムサシ
いつもジーッと見てるだけのムサシくんですが、この日、帰ろうとして最後に見上げると、何度か鼻を突き出すようにして挨拶してくれました(ウシ科が相手に関心を持ってるときの動きです)。
動物に心が伝わった! とか、そういうのは信じていないクチで、「人間と同じところがあって、人間と違うところもある」のが動物の魅力であると思っているのですが・・・ちょっと嬉しくなった瞬間でした。

御在所では少なからず人の視線を感じていた生活、それを思い出させてあげることでムサシを元気付けられるんじゃないかと思います。今はムサシ一頭だけですが、周辺の渓谷はハイキングコースとして楽しめますので、皆さんも会いに行ってあげてください。
(近いうちに、交通機関案内などをまとめてみます)

和歌山かもしか牧場~ムサシに会いに” へのコメントが 6 点あります

  1. 初めまして。
    こちらは大阪府在住のt-mと申します。よろしく :)m

    実はt-mも昨年11月末で閉鎖された三重県御在所岳の日本カモシカセンター、11月中旬の日曜日、寒い吹雪の中をカモシカ達に初めて会いに行きました。特にチビタンがとても人懐こくって、その後和歌山の方へもいつか会いに行こうと思っていました。
    それがチビタンを初め、コマキやハルもあっという間に天国へ旅立ってしまったなんて :…あまりにも可哀想でなりません…。・゜・(ノД`)・゜・。

    たった一度だけだったけど、チビタンに出会った事は、t-mにとってとても忘れられない貴重な思い出となりました。 :(m
    ただ一匹だけ残ったムサシくんには、是非チビタン達の分まで頑張って元気に過ごして欲しいと、願わずにはいられません…つД`)

  2. t-mさま、初めまして。
    チビタンは人馴れしていて、カモシカに触れる(私は眼下腺でマーキングしてもらった :Dm まぁ、ホントは柵に手を入れちゃダメなんですが)という貴重な体験を与えてくれる存在だっただけに悔やまれますね。
    ここではあまり批判的な話は書きたくないのですが、今回の件の裏に「組織」の問題という如何ともし難いものがあります。転居した動物たちに関しては転居先の裁量に任せ、介入しないものであるそうです(企業体、自治体の仕事である以上、当然ですね)。
    和歌山での訃報は、カモセンに伝えられてなかったんです(これ、書いちゃっていいかな・・・ちょっと悔しいんで。あまり広めたり騒ぎ立てたりしないで下さいね)。
    動物園が閉鎖するってことはそういうことなんですよ。
    今回の顛末の背景に、我々の動物に対する無関心があるのではないかとも思っています。

    チビタンに会って、そして別れたことで、以前にも増して思うのは、動物園の動物は私たちに色々なことを教えてくれる特別な存在であるということ。外見だけをもてはやしたり、感傷的になるだけでなく、彼らから何か学び取らなければなぁと思います。

  3. みかづき伽狼さま、ご返事有難う御座います。

    >あまり広めたり騒ぎ立てたりしないで下さいね
    ハイ、別にt-mからは何もするつもりは有りませんよ。どうぞご安心を(^^)
    ただいずれは日本カモシカセンターの元関係者達にも、その哀しい知らせは耳に入るかとは思いますが…(T_T)

    チビタンとはたった一度だけの出会いだったけど、みかづき伽狼さまの仰る通り、人間以上にチビタンから沢山色々な事を教えてもらった気がします。いつになるかは分からないけど、たった一匹になってしまったムサシ君にも、是非会いに行きたいと思っています…

  4. 補足です。
    カモシカたちの訃報は、3/8の記事でカモセンまで登ってゴーラル・シャモアの行き先を聞いた際に、話の流れの中で私が伝えています。
    誤解のなきよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。