別れと出会いの天王寺

リッピさんの「動物園でお散歩」の記事でブチハイエナの「優」くん・・・じゃなくて「優」ちゃんの訃報を知りました。
天王寺動物園の機関紙「なきごえ」にも掲載されています。
「優」は天王寺のサバンナゾーンができてからしばらくは、現在ドールのアインくんが入っているケージで独りで過ごしていました。当時は♂だと判断されていた優は、ハイエナが母系社会(ハイエナの群れの形態を「クラン」といいます。最近では、ネットゲームなどでおなじみの言葉ですね :Dm )であるため、別居することになっていたのです。(父親の「秀」も別居です)
しかし・・・、亡くなってから判明したのでしょうか、実は「♀」だったのだそうで・・・ええっ!?
ハイエナは雌雄の同定が難しい動物ということですが、ここまで判らないものなんですねぇ。
正しい性別が判っていたら、母の「愛」と一緒に「蓮」くんの子育てヘルパーの姿なども見られたかもしれません。
遊び好きの子だったので、仲間と一緒にしてあげたかったですね。

旧サイトからの再録で「優」ちゃん動画 (2006/12/8)

サバンナゾーンでこの姿を多くの人に見てもらいたくて、登場を心待ちにしていましたが、バックヤードで人知れず亡くなってしまったのが悲しいです。
も一つ悲しいのは、まともな写真がこれくらいしか残ってないこと。
愛と綱引きしてるシーンもあったはずですが、フィルムで撮ってた頃のでPCに取り込まれてないのはピンぼけだったからですね :(m 腕の悪さが呪わしい・・・
愛&優
(2005/5/27) 愛と優(えっと、どっちだ!? 多分、右・・・)

「優」の冥福を祈ります。

さて、機関紙「なきごえ」の同日(3/31)のDIARYなのですが・・・
『福山市立動物園よりコヨテの雌の福子をいただきました』
とあります・・・

えっ!? 福子っ!?!?

福山の福子って・・・あの「フク」だよね?
福山市立動物園物語『双子のコヨーテ フクとトク』のフクだよね?
まだまだ好奇心いっぱいでいつも遠くを見つめていて、鶏頭と馬肉が好きなフクだよね?
オイラが7回会いに行って、7回目は猛獣舎の整備中で会えなかったフクだよね?
そっか、あのとき(4/6)にはもう天王寺に来てたのかっ!

(2007/1/20) 福山市立動物園
フク?
白っぽい毛の子が、「フク」(♀)トク?
茶色っぽいのが「トク」(♀)、と教えてもらいました。
でも、ちょっと見分け方は微妙なのです・・・。どっちの子が来てるのかな? フクと思われる子の方は、右目の瞳の下に黒い点があるのです。

再会が楽しみです :Dm
しかし、フクもトクも高齢(11歳)なんですよね・・・。天王寺の♂くんと同居しても繁殖は難しいかもしれません。年齢を感じさせないくらい元気(食欲がね・・・)なヤツらなんですが。
福山の猛獣舎は改装中です。トクの方にもパートナーがやってくるんでしょうか。フクとはベタベタするような仲ではなかったけど、ずっと一緒に暮らしてたんだもんねぇ。4/6、独りでケージの中を走っていたトクが少し心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。