葛城~金剛 夜間縦走

夜の山歩きしてきました。
近鉄御所~櫛羅(くじら)の滝~大和葛城山~水越峠~パノラマ台~金剛山頂~伏見峠~久留野峠~JR北宇智 (太字はダイトレ)
GPSの統計表示では21.7kmの道程。コース詳細はこちらをご覧ください。
ほぼ新月なので、星空に期待したのと、下山して先月開店した奈良の某ラーメン屋さんにちょうど間に合うのと、その足で天王寺動物園に行けば、週末を三倍楽しめるじゃないかっ! という思惑で、夜を選んだのですが・・・あまりにも疲労が激しくて動物園は行けなかったです :(m

山頂で、日の出直後の空を撮影。すっかり秋の透明な空。そして、心地よい風。

金剛山頂 金剛山頂 金剛山頂 金剛山頂
(※周辺光低下があるものは、現像時につけたもので、レンズの性能ではありません)

もっと、おおっと目を奪われるような情景あったのだけど、早朝の山の醍醐味は独り占め・・・じゃなくて、すみません、ラーメン屋の時間押しててカメラしまっちゃってたのでした。
山頂で猫のミーコ(♂だけどミーコ)にも会えたのだけど、撮れなかったので、昔の写真をひとつ。
ミーコ
去年は御在所ばかり行ってたので、金剛山は(捺印所まで行ったのは)ほぼ2年振りだったんだね。

さて、下山中にまた、イノシシくんに出会いました。
下山コース久留野道(久留野峠~白高大明神)は、金剛山のコースの中でも、特にイノシシの土耕跡が多く見られます。
金剛山のイノシシは六甲の人馴れしたイノシシと違い、ほとんど姿を見せないのですが、このコースなら会えるかもという期待が見事、的中。
少し牙が目立って見えたようなので、おそらくオスのイノシシくんは、私の足音に気付いた瞬間、登山道を暴走。ものすごい速さで逃げ去ったのでした。地面に残った生々しい蹄の跡。平地では分かりませんが、山の中では人間が真似できる速度じゃありません。あの勢いで襲われたらちょっと怖いのですが :Dm
イノシシってのはとても臆病な動物で、普通はこのように人間を見たら逃げます。元は昼行性だったものが、人間との衝突を避けるため夜行性になった(目の構造が夜の行動に適していない)と言われています。
六甲のように人馴れしたイノシシの方が実は怖かったりするんです。
金剛山奈良側の麓の農家さんはこの時期、イノシシ対策の柵を作ったり大変そうです。里山の動物たちと人間のいい関係が作れればよいのですが・・・。

イノシシくんの逃走経路はあっさりと見失ってしまいました。写真は・・・無理、あれじゃ撮れません :(m ラーメンの時間が押してて・・・じゃなくて :Dm ああいう野生動物の姿を追いかけられるように体力付けようと頑張ってるのですが、まだまだですねぇ。
ところで、このコースでは、スギヒラタケが生えていることがあります。前に登ったときに「美味しそうなキノコがあるなぁ」と見ていて、調べたら食べられるということ。いつか採りに行こうと思っていたら・・・毒性が発見されて新聞を賑わせたのは有名な話? :Dm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。