弱気なお姉さんは好きですか

二日連続の天王寺です。ちょっと気になることがあったりなんかしたりして。

(2010/9/26) 天王寺動物園

久し振りに、プレイバウしてくれた元元(げんげん)。でも、ガラスが邪魔ですぐ気を逸らせてしまうんだよなー。
じゃれつかれて血まみれにされたいです(オオカミ同士で育ってるので、相手に毛皮と
皮下脂肪があること前提で遠慮がないはず)。
元元(げんげん)、昨日は怒りまくったので、今日は仔オオカミに甘い顔するキャンペーン中。


父にも甘噛みで。上からのポジションだけどチュンサンが怒らないのは、
元元(げんげん)のことを認めてるからでしょう。いい感じです。
私も甘噛みされたい わ~~~。
でもおまえ、さっき明明(みんみん)の首についたウンコにスリスリしてただろー。


で、その明明(みんみん)なんですが、昨日は全然カメラのフレームに収まってなくて、
気になってたのです。今日は首にウンコつけてたので分かりやすかったぜ!
↑ はユジンさんに挨拶中の明明(みんみん)。


で、何で明明(みんみん)の存在が希薄になっていたかというと、7頭の仔オオカミたちと
完全に混ざっちゃっていたからです。他のお兄さんお姉さんは、飛びかかってくる
仔オオカミたちを軽くいなして堂々とした感じなのですが、
明明(みんみん)は一緒になって追っかけっこ。
去年生まれの4頭の中では一番下っ端になってしまった明明(みんみん)ですが、
順位付けの取っ組み合いが始まった2010年生まれの仔オオカミたちの中に
同レベルで混ざってしまってます。
こういう下位のオオカミって、精神的に子供なのでしょうね。
走り回ってかなり嬉しそうです。
ただ、そのうち体格の良くなってきた子に負けてしまうこともあるでしょう。


恒例の水浴び。ノリノリなのは、いつもの楽楽と明明(みんみん)。
ここに萌萌(もんもん)がちょこちょこと加わり、仔オオカミたちが突っ込む、という状況です。


がっつりと誰かの軟便を毛皮に塗り込んでしまった仔オオカミ。
みんな、軽く様子を見てますが、特に激しく反応してません。
オオカミはこんな風に仲間の臭いを自分の体に着ける習性があります、が・・・
これはちょっと見た目的に・・・・・。


仔オオカミたちがかなり大きくなったので、体格的に紛れてしまって存在が分かりにくいのが、ユジンさん。
走り回ってるときは尻尾が持ち上がってるので分かるのですが、
寝そべってると、あれ? と思うことがあります。
顔で見分けられる人は、このクールな目つきを目印に!


あるいは、この謎のウダウダ転がりを・・・。ユジンさん以外はあまりやらないです。
しかし、クール台無し!

以下、オオカミの話題ですが、ちょっと二次元の話なので、興味のある方だけどうぞ。

日本では公開されないAlpha and Omega 3Dが見たいよ ー、BruRay待てないよ ー、
とネットで色々探してるうちに、同じオメガ狼が主人公のWEBコミックを見つけました。

Skaillaさんの
Over the Mountains and Far Away
(順不同だったり欠落があったりしますので、 こちら を見た方がいいかも。
 トップページの構成が変わると一覧が無くなるかもしれませんが)

すみません、全部英語です。(でも、オオカミ好きなら頑張って訳せば
だいたい分かると思います)

主人公WolpyはGANGVARの群れのオメガ狼。異母兄弟でベータ狼のSanseniteに、
お前はオメガだから獲物を見張っておけ、と言われ、ふてくされてるうちに
息を吹き返した獲物が逃げてしまい・・・、
というお話。
変に擬人化されてなく、オオカミがオオカミらしく行動してて、
彼らの住む世界に引き込まれます。
オメガ狼がオメガ狼らしく、他のオオカミもそのランクに相応しい行動をします。
バックボーンがよく作り込まれてて、想像が膨らみます。
三年越しの大作。個人でこれだけのものを作るのってすごいなぁ。
ついキャラクターシートも眺めてしまいましたが、なかなか奥が深い。

というか、キャラクターシートを見ないと分かりにくいのでちょっと解説を。
最初の狩りはGANGVARの狩り部隊で、Wolpy♂の兄、Sansenite♂がリーダー。
他のメンバーは、Dawnsoul♀(Sanseniteは彼女に惚れてる。DawnsoulはWolpyに惚れてる。)、
Pazu♂とMoondance♀のカップル、そして下っ端Wolpy(意外と活躍してる)

Sanseniteが呼びに行ったアルファはWolpyと共通の父、Urten。

Wolpyを手助けするのは、はぐれ狼のTreavor♂(彼はWolpyの失敗と同じ経験がある)

 エルクの死体を見張っていたのは、LOGANファミリーのRacher♀
 (これは、ファミリー間抗争の予兆?)
とりあえず、こんな感じ。

Wolpyの表情が可愛いよ ~。Sanseniteとの確執も気になります。
実際のオオカミもそうですが、血を分けた兄弟が群れの中で違うランクに
なるとこういう関係になってしまうのは仕方ないこと。
でも、感情移入してしまいます。
SanseniteがWolpyを認めることってこの先ずっと無いのかな ー、
Dawnsoul(吊し上げ食らったWolpyを庇ってるオオカミです)は何で
Wolpyに惚れたのかな ー。Sanseniteとの三角関係はどうなるのかな ー。

さて、我らが明明(みんみん)はどうなっていくんでしょうね。
このサイトではオメガとかアルファとかいう表現はなるべく使わないように
してます(言葉による先入観で決め付けて物事を見誤らないようにしたいので)が、
立場的には明明(みんみん)はオメガ狼になります。
子供たちに人気があるのはいいけれど ・・・。
うーん、次の繁殖シーズンで大きな動きがありそうで怖い。

弱気なお姉さんは好きですか” へのコメントが 4 点あります

  1. うーん、どれが誰だか分からないチュウゴクオオカミ達。しばらく通わないと全く見分けがつきません。今年生まれの子達も、もう親と同じ位の大きさになっているでしょうね。
    シンリンオオカミは毛色が白や黒やグレーや様々ですが、チュウゴクオオカミは皆このような茶色っぽい色なんですか?せめて色だけでも違えば区別がつきやすいかも知れません。
    ところで、みかづき伽狼さんにお願いがあります。
    来月、絵画の個展を開催します。みかづきさんが撮られた写真(ジャックの遠吠え)を元に絵を描いて出品したいのですが、よろしいでしょうか?
    自分の写真だけでは間に合わず、狼の写真を公開されている他の方にもお願いして、「元の写真は○○様」旨の説明を入れる事で了解を頂きました。
    絵の解説の一部に「資料写真/みかづき伽狼様」という一文を付け加えるつもりです。勝手なお願いですみませんが、どうか宜しく…。

    • Mikaさま
      お久し振りです。

      今、仔オオカミたちは両親と同じくらいの背丈になってます。
      天王寺は元々、親オオカミ2頭が小柄なので。
      ただ、この時期の子供は毛がフカフカで
      ボリュームがあるように見えますが、中身は親より軽量です。
      6枚目の写真とか、もう見分けつかないですよね。
      でも、ちょっとずつ模様や毛並、目つきが違うのです。
      チュウゴクオオカミにも黒い個体が生まれることもあり、
      昔、天王寺にも居たそうです。ただ、シンリンオオカミほど毛色に
      違いが出ません。
      ヨーロッパだともう少し濃いめに模様の違いが出るのですが、
      同じ模様になっちゃうと見分けつきません。

      さて、写真のご利用ですが、当サイトの写真はご自由にお使いいただいて
      構いません。クレジットも無しでいいのですが、
      出自を明確にしないとややこしくなりそうな場合は、WoofWorks名義で
      お願いします。「伽狼」は読み方知らないと読めないですし :Dm

  2. おかげ様で、絵が完成しました。作品に「資料提供/WoofWorks様」というクレジットを入れる事にさせて頂きます。ありがとうございました。
    展覧会まであと2週間になりましたが、先日、東山に行って来ました。
    久しぶりにアオイにも会えました。夏より毛がふさふさして可愛く?なっていました。ジャックファミリーも涼しくなったせいもあって、元気に走り回っていました。
    詳細はブログでご覧下さい。

    • Mikaさま
      絵の完成、おめでとうございます。
      ブログ拝見しました~~~。
      子供たちのネームプレートが出来たのはうれしいですね。
      シンリンはやっぱこの若さだと足がヒョロ長くて頼りない感じ。
      チュウゴクはけっこうオトナに近い体型になってるんですけどね。
      アオイはもっとフカフカのクマっ子になるはずなので、
      真冬にも会いに行ってあげてください。

      さて、某祭りの準備、準備。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。