怖いお兄さんは好きですか

久々の更新になってしまいましたが、天王寺、ちょこちょこ観察には行ってました、チュウゴクオオカミたちの近況~!

(2010/9/25) 天王寺動物園

お客さんの居ないうちに、オオカミたちと思いっきりかけっこ。楽しい~~~。
よくガラス越しにじゃれついてくれるのですが、カメラを向けると・・・うう、撮れない。
朝イチしか遊んでくれなかった去年の子に比べ、今年生まれの子はノリノリです。
(といっても、朝イチで挨拶してくれるのは去年の子で、彼女らと走ると、
 今年の子にもエンジンかかるような感じ)


仔オオカミたちの顔、けっこう個性が出てきました。
(違うことは分かるんだけど、名前と結びつかないから覚えられない・・・)
この子は萌萌と同じでフカフカ遺伝子を受け継いでます。
でも、まんまるに見えるのは今のうちだけかな?


当の萌萌は一時期、みんなにガブガブされて毛が薄くなってましたが、
ちょっとずつフッサり感が回復。
それでも、最初の年ほどフカフカにはならないようです。
あ、またこの子は怪我しちゃってー(先週からですが、治りが遅いみたい?)
たぶん、楽楽あたりと取っ組み合いしてて引き際を誤ったのではないかな。


優劣はしっかり付いてる、萌萌と楽楽ですが、たまにこうやって楽楽が順位の確認をします。


近頃天王寺オオカミ舎で流行りの優位ポジション。
何故か、お尻を相手に乗っける。そして何故か他の個体に伝染する。


去年の子と違って、今年の仔オオカミたちはもうそれなりに順位付けの取っ組み合いをしています。
(お兄さんお姉さんが圧力をかけてくるのと、頭数が多いのとで社会性が身についてくるのが
 早いみたいです)
パパ、チュンサンもしっかり家長の立場をアピール。
顔は怖いですが、デモンストレーションなので本気で怒ってるわけじゃないです。
怒った後は甘噛みで毛繕いをしてあげたりと飴ムチ作戦。


群れで二番手のポジションに収まった元元。
(昔は気が小さい方で楽楽に押されるかと思ったのですが、楽楽が気まぐれな性格だったためか、結局元元が2009年生まれの子の中ではトップになりましたね)
チュンサンに倣って、態度の大きい子を見つけては叱りつけます。
お客様からは「エラそうにしててムカつく~」と、かなり株を落としてしまった元元ですが、
群れの秩序を維持するには必要なこと。
怒られたからって仔オオカミが元元を嫌うわけじゃないんですよ。


仔オオカミたちに人気があるのは、母、ユジンさん。まだ好きにじゃれつかせてくれるので。
去年の子もしてましたが、何故か母の背中の毛を引っ張るのが好き?
さすがにしばらくやってると怒られます。

コメント投稿は締め切りました。