毛深い・・・?

東山動物園に行くと、いつもチェックするのはオオカミと、ボンゴと、ラン丸と、
シマハイエナ(写真載せてませんが、よく挨拶してくれます)と・・・、
ツチブタ! なのですが、いつも左隅で寝転がってて、なかなか
動いている姿を見せてくれないので、さっと覗いて写真を撮らずに出るのですが、

あれ???

(2010/7/17) 東山動物園

毛が生えてる!!!


以前紹介したときはこんな感じ。というか、ずっとこんな風に
ザラザラした肌でひっかき傷(仲間同士でじゃれ合って付いたものだと
思います)だらけの風貌だったのですが、
本来のツチブタって、顔と尻尾以外は薄っすらと黒い毛で包まれてる
生き物だったんですね。
動物園での姿しか見てないとそれが普通だと思ってしまいますね・・・。
まぁ、こんな風に毛が回復?したのには、スタッフの方の努力や
何らかの改善があったのでしょうね。よかったよかった。

さて、東山では今年もナイトZOOが始まってますね。
2009年の様子は以下の記事でもちょっと紹介しましたが・・・。
東山から、号外
去年もそうでしたが、今年も、収容が困難になるため、シンリンオオカミの
夜間展示はありません、というお話です。

あと、こちら「夜行性・・・・・なの?」に書きましたが、あまりにも酷かった
フラッシュ撮影について、今年はしっかりと公式サイト(ブログ)
ナイトZOO 守ってほしいお願い」でも案内が出ており、
少しは動物たちにとっても少しは安心ですね。
ただ、今年は公然と酒類の販売がされているわけで、酔っ払って
暴れる人が出たりしないことを願います。

(8/12 追記) ナイトZOO特需でアクセス数がかなり増えてるようですが、
現地の情報とか無くてすみません(去年のお話は上記過去記事に
少しありますが・・・)。
ここでお願いしたいのは、動物たちが慣れない夜の展示で負担を
感じないよう、気を遣ってあげて欲しい、ということです。
カメラをお持ちの方は、フラッシュが光らないモードにして行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>