雨の日はいつもと違う顔!? ~王子動物園~

日曜の王子動物園は突然の激しい雨に見舞われて・・・。

ちょっと遅い時間に出かけた動物園。馴染みの顔にちょっと挨拶するだけに寄ったのですが、入り口近くでバラバラと強い雨。他のお客は慌てて退散したり、団子になって雨宿りしたりしている中、雨の日の動物たちの様子が見られるっ! と嬉々として入園する馬鹿1名 :Dm

「助けて・・・」
ヤギたち
屋根の下から追い出された「すすむ」くん。
オトナたちが怖くて戻れない・・・もう涙目 :(m

小雨の中の動物園は何度か歩いたことがありますが、この日は叩きつけるような激しい雨。いちばん雨がきついときに、動きのありそうなヤギの広場を覗いてみると・・・雨が大嫌いなヤギたちは、屋根の下に逃げ込んだうえ、(飼育員さんになんとかしろと?)メェメェの大合唱。
ここ2~3ヶ月ほど柵の中に隔離されていた、子ヤギのすすむ(♂)&きょうこ(♀)は、雨宿り所から追い出されてしまいました。(他のヤギに追い回されるので隔離されてたのでしょうが、仲間と認められてないことが裏目に出たのか・・・)
さらに雨が強くなって飼育員さんも見かねたのか、いつもより早い時間に畜舎へ入れてもらい、体を拭かれて夕食をもらったようでした。
ヤギたちはこうして、全員避難。他にしまわれて :Dm たのは、エゾヒグマ、ウマグマ、ニホンツキノワグマの「濃いクマ」連合、そしてパンダ・・・だけかな?
そう、大雨だからといって、動物たちが片っ端からしまわれちゃうわけじゃないんです。

自主的に雨宿りしていたのは、ニホンジカやカンガルー(近縁種のワラビーはお散歩!?)、キリンたち(一頭だけ、平然とお外で雨水をナメナメしてたのはシンペイくん?)。レッサーパンダも屋根の下。
他の動物は、ほとんど普段と変わらないんです。
特にホッキョクグマは豪雨の中、いつもの敷き物状態、まるで意に介してません。雷が鳴って、一度立ち上がって観客を沸かせたけれど、また寝直し。まるで阪神○震災のときの私のようだ :(m

雨で元気になる動物たちも居ます。 

いつも寝ているカピバラたちも異様に元気 :Dm
カピバラ
雨、好きなの?

雨が大嫌いなヤギと同じウシ科のシタツンガも、なんとなくいつもより活き活きしてるように見えたけど・・・アフリカ出身でも湿地帯の動物なんだって。
一番激しかったのが、コツメカワウソ。普段にも増して、走る・泳ぐ・走る・泳ぐ・・・。
この日は、雨の強いうちに見て回れなかったところもあり、次の機会にはまだまだ違う顔を見せてもらえそうです。

天気が悪くなると敬遠されがちな動物園ですが、王子ではほとんどの動物がそのまま見られます。
一度、雨の日に出かけてみてはいかがでしょうか? :Dm

雨の日はいつもと違う顔!? ~王子動物園~” へのコメントが 2 点あります

みかづき伽狼 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。