仔オオカミお披露目式次第

ちょっと日が経ってしまって速報性がアレですが、天王寺動物園のチュウゴクオオカミ、
2010年生まれの仔オオカミの報告です。

(2010/4/17) 天王寺動物園
ユジン
今回は7子の母になったユジンさん、頑張ったね。
今年は産後のやつれた感じがしないのがポイント!

ユジン
今年はまだ仔オオカミの目の開かないうちから、ユジンさんが連れ回す行動が見られます。
(去年は、仔オオカミが自分で歩けるようになってから、だったと思います)
父母以外の群れの構成員(去年生まれの仔など)が居るときにこういう動きがみられるようですね。

ユジン&仔オオカミ
元元待望の弟ですよ! (クリックするとよく分かります)

ユジン
おっぱいの様子はこんな感じです。なかなかガードが固い!?

ユジン
授乳をするので、かなり喉が渇くようです。

楽楽&仔オオカミ&元元?
で、こらくさんのところくろしおさんのところで報じられてるように、
楽楽がヘルパーとなって仔オオカミの世話を・・・・というか、引っ張り回してます :Dm

獣医さんに経緯を教えてもらいました。(ちょっとうろ覚えーの)
7日、仔オオカミ誕生
11日、寝室の扉を解放
  楽楽が仔オオカミを見に行ってユジンさんに顔を噛まれる(当日だっけ?)
13日、楽楽のヘルパーが認められ、寝室で同居開始(他の個体は別居)
1?日、お披露目開始(翌日には・・・だっけ?)

餌は鶏と肉(牛?)が与えられているのですが、楽楽は鶏は食って、
肉はユジンさんのために藁に隠しておくのだそうです。偉い、偉い。
(でも、元元や萌萌が持ち出して食ってたぞー)
楽楽がヘルパーをしてくれているので、今年のユジンさんは余裕があるのだそうです
(だから、やつれてないのね)

で、この楽楽なんですが、去年の仔オオカミを見ている方なら、
記憶にあるかもしれません。
「みんなが寝ているときに、ひとりだけフラフラ歩き回っていた子」
です :Dm
大丈夫? と心配になってたあの子がねぇ、立派になりましたよ!

楽楽&仔オオカミ&元元
「元元は触っちゃだめ!」
「ええ~~っ!?」

萌萌&楽楽&仔オオカミ
「萌萌は触っていいよ~」
(※一応、元元にも触らせてあげてました)
他のオオカミが無茶をしないように気を遣いながら、群れの一員になる仔を
紹介(匂いの確認)しているような感じです。

この日、17日の時点で、チュンサン以外の四頭(楽楽、萌萌、元元、明明)は、
寝室へ好き勝手に入っています。
ただ、萌萌は楽楽の次くらいに許されてるそうですが、元元、明明はユジンさんに怒られます。

楽楽&チュンサン
ヘルパーに選ばれた楽楽ですが、特にそれを鼻にかけてる様子もなく、
仔オオカミを連れていないときはみんなに甘えたり、追いかけっこしたりしています。
ユジンさんにがっつりやられた傷をチュンサンが舐めてあげているところ。
楽楽本狼は、ちょっとかゆいみたいです。

チュンサン
チュンサンは、新しい仔にはあまり関心がなく、去年生まれの仔の面倒をよく見ている、
というお話だったのですが・・・、これ、去年もそうだったのですが、
巣穴を守るような位置についてます。やっぱ頼りになるパパ!
元元が肉食ってるとこに鼻を鳴らしておねだりしていたのは、
おいらの胸にしまっておこう(といいつつ、書く)

チュンサン
そして、この時期特に顕著になる、「コヨーテ狩り」
(※隣のコヨテ舎に居る動物=コヨーテを獲物に見立てて接近する行動をします。
 仔オオカミのために餌を獲ってるつもりなのか・・・)
でも、いつもとなんか微妙に動きが違う、と思ったら・・・

フク
隣で出ていたのは、コウくんじゃなくて、フクの方でした。
いつも左隅か寝室入口で寝そべってる彼女ですが、陽気に誘われたようで。

フク
福山時代は近くまで来てくれたんですけどねぇ。
呼んでも1メートル強くらいまでしか来てくれなかった。

(追記) 2010/4/21(水)の様子
・午前中(10時頃?)に仔オオカミが4頭(!)出ていたとのこと(目撃者多数)
・去年生まれの子供たちが、赤ちゃんを引っ張り合ったらしい
・仔オオカミたちの世話は、去年生まれの♀三頭がよくみている様子
 意外な伏兵? 明明が巣穴に入りっぱなし。楽楽と世話係の覇権争いか!?
 集中力低め気まぐれ萌萌は、抑え気味
・元元はちょっと蚊帳の外(オオカミも男の子はあまりヘルパーしないのか)
・ユジンさん、授乳のとき以外は娘たちに任せっ切りです
・チュンサンはしっかり巣穴の入り口をガード
なかなか楽しいことになっています。

そして・・・・、ドール舎に驚愕の変化がっ!? 以下、次号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。